新型Car-Feeling

新型車の徹底比較をしています!

中古車のNBOXカスタムの魅力と選ぶポイントとは?

更新日:


いま、ダントツの売れ行きで人気爆発なのがホンダのNBOXです。

プリウスやアクア、あるいは同じホンダのフィットなどを、置き去りにする形で売れに売れまくってます。

そして、このNBOXの上級車種として位置づけられているのがNBOXカスタムですが、その名の通りNBOXに少し手が加えられており、外観や内装がシャープかつスポーティになっています。

 

2017年にNBOXはフルモデルチェンジして、新車はさらに高い価格設定に!

2017年9月1日にNBOXはフルモデルチェンジが行われました。

注目は新開発のプラットフォームやパワートレインが新開発されたこと、また先進安全装備の「ホンダセンシング」がなんと全車に標準装備されたことです。

優れた走行性能はさらに磨きがかけられ、その上に高い安全性能も手に入れたわけです。

ただ、性能向上の代償として、新型NBOXカスタムの車両価格は10万円程度値上がってしまい、NAエンジン車で170万円~188万円、ターボエンジン車になると190万~208万と、軽自動車の枠を超えたような価格設定となってしまいました。

今、中古車のNBOXカスタムに注目!

フルモデルチェンジが行われた新型車は、確かに魅力的なのですが、逆に注目されるようになるのが中古車です。

その理由は価格が下がる可能性が高いからです。

通常フルモデルチェンジが行われると、中古車の相場は下落します。

これは人気のNBOXカスタムでも変わりません。多くの消費者の目が新型に集まってしまうので、市場価値が下がってしまうのが原因です。

中古車市場でもNBOXカスタムは人気があり、車両価格の高止まりが続いていたので、少しでも安く手に入れたいと考えていた人にとってはありがたいことでしょう。

新型車に比べれば性能は劣りますが、基本性能の高さや機能性の高さなど、旧型でも十分魅力的です。

中古車の比較はこちらから↓

中古車のNBOXカスタムを選ぶ際のポイント

中古車のNBOXカスタムを選ぶ際のポイントは、年式と走行距離です。

最も古いものになると2011年式となります。

この場合は新車から7年落ちということになるので、車検が切れて4回目の車検を取らなければならないタイミングになってきます。

車検残の有無は要チェックです。

ところで年式が古い中古車は価格は安くなりますが、当然その分コンディションも悪くなります。

そのためせっかく安く購入することができても、すぐに故障してしまうリスクがあります。

そこで、もし年式が古い中古車を探すのなら、走行距離ができるだけ少ないものを探すことをおすすめします。

NBOXカスタム中古車検索(なびくる+中古車お探しサービス)

 

年式が古くても走行距離が少なければ、エンジンや足回り、さららにはボディ全体に対するダメージが少ないので、まだまだ長く乗り続けていくことができる可能性が高くなります。

ちなみに、年式が新しくても走行距離が非常に多いものよりも、コンディション的には良い確率が高いです。

事故車は避けよう

いくら安いとは言え、修復歴ありは避けたほうが無難です。

どこか不具合が発生するリスクがあります。

確かに、最近の修復技術は目を見張るものがありますが、中古車といえど決して安い買い物ではないわけですから、問題なく安心して乗れることを第一優先すべきでしょう。

たとえ、事故歴があってもフレームまでダメージを負っていない場合は、「修復歴あり」とはなりません。

悩ましい人気のNBOXカスタム

NBOXカスタムは、中古車市場でも人気の高さが裏目に出て、販売価格は高止まりしています。

2011年式でも程度の良いものは100万円前後し、50万円を下回るものはまず見かけません。50万円前後を見つけても、走行距離が10万キロ以上のものがほとんどです。

購入前には必ず試乗をしよう!

欲しいクルマを見つけたなら、必ず試乗・・しましょう。

試乗することなしに購入すると、後からトラブルのもととなる可能性があります。

クルマ自体に問題はなくても、思っていたのとは乗り心地が違うなど、後悔することもあり得ます。

遠方で試乗できないときは、信頼できるお店から購入すると失敗が無い・・です。

※絶対に損をしない!新車の値引きの裏技」をすべてを見せます!

新車を購入するなら安く買いたいですよね?

関西人の私は損をするのがイヤです。(ドケチでもあります。)

私もあなたと同じように損をせずに誰よりも安く買いたいので、いろいろ聞いたり調べてみました。

その結果は・・・

 

なんと!! 50万円値引き額が上がり、めちゃ安く買うことができたんです。

本当は値引き方法をナイショにしておこうと思ったのですが、ここまで記事を読んで頂いたお礼に、公開することにしました。

本当はは高く売れたことを自慢したいだけだったりして。。

 

・・・というわけで、

私が使った、3つの裏ワザを無料でプレゼントすることにしました。

誰でもカンタンにできる方法なので、実践して損はしません。

興味の無い方は、Yahoo!トップページに飛んでください。
https://www.yahoo.co.jp/

 

【裏ワザ1】購入候補の車よりも、安い価格帯ライバル車と競わせる!

まず、 購入候補車のライバル車を調べましょう。

 

ライバル車の選定ポイントは、 購入候補車よりも価格帯が若干低い車を選ぶことです。

そうすることで・・

「車としては 購入予定の車の方が魅力的なんですが、ライバル車(購入候補車よりも価格帯が若干低い車)の方が価格的に魅力的なので迷っているんです。」

という値引きへのアピールを意思表示できます。

そして、これから紹介する「裏技2と裏技3」の方法を使うことで、値引き交渉において、あなたが優位に立つことが出来ます。

 

【裏ワザ2】車メーカーのクレジットカードを使う!

ほとんど知られていない値引きテクとして、車メーカーのクレジットカードを使うという方法があります。

実はクレジットカードの売上も、ディーラーの成績に反映されるんですね。

ディーラーとしてはクレジットカードを使ってくれるなら、値引きしてもプラスになるので、大幅値引きが可能になります。

【裏ワザ3】無料一括査定で高額買取をしてもらう!

この中で、1番簡単で1番効果が高い方法です。

忘れがちだけど、現在乗っている愛車をそのままディーラーに下取ってもらってはいけません。

 

しっかりと他の買取店などでも見積もりを取って、下取り額を競合させましょう。

ただ、複数ある買取店で下取りを出してもらうのも、メンドクサイと思います。

そこでオススメなのが、「ネットの無料一括査定」です。

 

この方法ならカンタン3分で、あなたの車を最高額で売ることができます。

これなら、忙しいあなたでも出来ますよね。

買取査定は本当にピンきりで、最大で60万円くらい差がでることもあるそうです。

一番オススメなのが、「カーセンサーの簡単ネット査定」です。

私もこのサイトで、7年落ちのヴィッツを査定してもらったところ、50万円という見積が出てビックリしたのを覚えています。

一括見積りせずに、数万円程度で下取りに出して損しなくて本当によかったです。

ただ、疑い深い私は、あまりにも下取り価格が高かったのでいろいろ調べました。

 

どうやら高額買取してくれる店は、東南アジアに輸出してるみたいです。

だから、ボロボロの車でも、相場よりも高く買取ってくれるらしいです。

なので損したくない方は「カーセンサーの簡単ネット車査定」で、
無料一括見積りをすることをおすすめします。

最後に・・

私が調べに調べた値引きの裏ワザはいかがでしたか?

あなたも徹底的に値引きして、これからの相棒になる、新しい車を出来るだけ安く購入してくださいね。

そのはじめの一歩として、まずは車を無料一括査定してみましょう。

3分程度で、50万円もお得になる可能性がありますからね。。。

カーセンサーの簡単ネット査定の詳細はコチラ

買取額は毎日変動するので、すぐにでも査定を申し込んでおいた方がいいと思います。

翌日、10万円も買取額が下がってしまっていたら、ガッカリしますからね。

 

 

-HONDA
-

Copyright© 新型Car-Feeling , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.