新型Car-Feeling

新型車の徹底比較をしています!

「トヨタ RAV4 アドベンチャー」のおすすめ オプション&必要ないオプション

出典:https://toyota.jp/rav4/

トヨタ RAV4 アドベンチャーを購入するときに、メーカーディーラーオプションを選ぶと思いますが、どのオプションを選べばいいのか悩んでしまうと思います。

この記事ではおすすめメーカー&ディーラーオプションを2つ、そして必要ないメーカー&ディーラーオプションを紹介したいと思います。

 

おすすめメーカーオプション 1つ目「ステアリングヒーター+快適温熱シート+シートベンチレーション」

出典:https://corollaokinawa.jp/rav4/utility

トヨタ RAV4 アドベンチャーのおすすめ メーカーオプション1つ目は「ステアリングヒーター+快適温熱シート+シートベンチレーション(約63,800円)」

シートベンチレーションはシートから冷風が出てきますので夏の暑い時に大変便利で、高級車などにはよく装着されていますが、RAV4のような価格の安い車にはほとんど装着されていません。

 

またステアリングヒーターと温熱シートも寒いときには重宝しますので、大変便利なアイテムだと思います。

これが約64,000円で装着できますので、大変おすすめです。

おすすめメーカーオプション 2つ目「デジタルインナーミラー」

出典:https://www.toyota-mobi-tokyo.co.jp/carlineup/rav4/feature

トヨタ RAV4 アドベンチャーのおすすめ メーカーオプション2つ目は「デジタルインナーミラー(約44,000円)」

これは車の後方に装着されたカメラの映像をルームミラーに映し出すアイテムで、最近多くの車にオプション設定されるようになってきました。

 

デジタルインナーミラーは通常のミラーより広角で映し出すことができますので、より視野が広がり安全性の向上に繋がります。

またスイッチ操作で通常のミラーのように使うことも可能です。

RAV4のような大きな車はどうしても死角が大きくなりますのでおすすめです。

おすすめメーカーオプション 3つ目「アクセサリーコンセント」

トヨタ RAV4 アドベンチャーのおすすめ メーカーオプション3つ目は「アクセサリーコンセント(約8,800円)」

これはトランクルームに設置されるコンセントで、100V・100Wまで出力することができます。

 

ちなみにハイブリッドは1500Wまで使えます。アドベンチャーはガソリンエンジンですのでたいしたことはありませんが、バッテリーを充電したり様々な用途に使用することができます。

価格も8,800円であまり高価ではありませんので、レジャーで車を使う機会が多い人は装着されることをおすすめします。

必要ないメーカーオプション「LEDリヤフォグランプ」

トヨタ カローラ ツーリングの必要ないメーカーオプションは「LEDリヤフォグランプ

リヤフォグランプは霧の中を走行している時に、後続車に自車の存在を知らせるためのアイテムで、ヨーロッパ車には標準装備されていることが多いです。

しかし、最近の車に装着されているLEDのテールライトはとても明るくなっていますので、自車の存在を知らせるのは十分で、リヤフォグランプは必要ないと思います。

 

実際に、高速道路を走行しているときにリヤフォグランプを使っている車はほとんど見かけません。

 

おすすめディーラーオプション 1つ目「霜取りウォッシャー」

出典:https://toyota.jp/pages/contents/request/webcatalog/rav4/rav4_acc_202104.pdf

トヨタ RAV4 アドベンチャーのおすすめ ディーラーオプション1つ目は「霜取りウォッシャー(約30,800円)」

霜取りウォッシャーはトヨタ車のみに装着されているアイテムで、ウインドゥオッシャー液を温めた状態で散布して、フロントガラスに着いた霜を溶かします。

 

スキーなどに行ってなかなか窓の霜が取れず困った経験がある人も多いと思いますが、これがあればすぐに取れますので大変便利なアイテムです。

 

価格もあまり高くありませんしウインタースポーツなどをする人には必須のアイテムだと思います。

 

おすすめディーラーオプション 2つ目「リバース連動ミラー」

出典:https://toyota.jp/pages/contents/request/webcatalog/rav4/rav4_acc_202104.pdf

トヨタ RAV4 アドベンチャーのおすすめ ディーラーオプション2つ目は「リバース連動ミラー(約16,500円)」

リバース連動ミラーはバックギアに入れると、地面を見やすいようにドアミラーの角度が変わるシステムで、高級車などには標準で装備されているアイテムです。

またドライブやパーキングに入れると、自動的に基の角度に戻ります。

 

RAV4のようなボディが大きな車は後方を確認するのが結構大変ですし、死角も大きくなりますので、ぜひとも装着したいアイテムです。

 

価格も割安ですので、すべての人におすすめです。

 

おすすめディーラーオプション 3つ目「トノカバー」

出典:https://toyota.jp/pages/contents/request/webcatalog/rav4/rav4_acc_202104.pdf

トヨタ RAV4 アドベンチャーのおすすめ メーカーオプション3つ目は「トノカバー(約23,500円)」

トノカバーはトランクに装着するロール状のカバーで、中の荷物を外から見えないようにすることができます。

治安のよい日本ではオプション装備のことが多いですが、盗難の多い海外では標準装備されることが一般的です。

 

またトノカバーはもし事故が起こったときに、荷物が飛び出てこない効果もありますので、安全性の向上にも繋がると思います。

 

価格もあまり高くありませんので、すべての人におすすめのアイテムです。

必要ないディーラーオプション「カーナビ」

出典:https://toyota.jp/rav4/option/?padid=from_rav4_top_navi-menu_option

トヨタ RAV4 アドベンチャーの必要ないディーラーオプションは「カーナビ」です。

RAV4にはディスプレイオーディオが装着されており、スマホとナビをつなぐと、スマホのナビ画面を車のモニターに映し出すことが可能です。

 

オプションのナビを装着すると、従来のようなナビとして使うことができますが、価格は約237,600円(9インチ)、約151,800円(7インチ)で意外と高額ですので、特に必要はないと思います。

どうしても従来のようなナビを使いたい人のみが装着すればよいアイテムだと思います。

トヨタ RAV4 アドベンチャーのオプション まとめ

以上、RAV4アドベンチャーのオプションについて紹介しました。

シートベンチレーションはアドベンチャーのみに装着できるアイテムで、価格もあまり高くないのでぜひとも装着したいですね。

それ以外のオプションも良心的な価格設定だと思います。

※絶対に損をしない!新車の値引きの裏技」をすべて見せます!

新車を購入するなら安く買いたいですよね?

関西人の私は損をするのがイヤです。(ドケチでもあります。)

私もあなたと同じように損をせずに誰よりも安く買いたいので、いろいろ聞いたり調べてみました。

その結果は・・・

 

なんと!! 50万円値引き額が上がり、めちゃ安く買うことができたんです。

本当は値引き方法をナイショにしておこうと思ったのですが、ここまで記事を読んで頂いたお礼に、公開することにしました。

本当はは高く売れたことを自慢したいだけだったりして。。

 

・・・というわけで、

私が使った、3つの裏ワザを無料でプレゼントすることにしました。

誰でもカンタンにできる方法なので、実践して損はしません。

興味の無い方は、Yahoo!トップページに飛んでください。
https://www.yahoo.co.jp/

 

【裏ワザ1】購入候補の車よりも、安い価格帯ライバル車と競わせる!

まず、 購入候補車のライバル車を調べましょう。

 

ライバル車の選定ポイントは、 購入候補車よりも価格帯が若干低い車を選ぶことです。

そうすることで・・

「車としては 購入予定の車の方が魅力的なんですが、ライバル車(購入候補車よりも価格帯が若干低い車)の方が価格的に魅力的なので迷っているんです。」

という値引きへのアピールを意思表示できます。

そして、これから紹介する「裏技2と裏技3」の方法を使うことで、値引き交渉において、あなたが優位に立つことが出来ます。

 

【裏ワザ2】車メーカーのクレジットカードを使う!

ほとんど知られていない値引きテクとして、車メーカーのクレジットカードを使うという方法があります。

実はクレジットカードの売上も、ディーラーの成績に反映されるんですね。

ディーラーとしてはクレジットカードを使ってくれるなら、値引きしてもプラスになるので、大幅値引きが可能になります。

【裏ワザ3】無料一括査定で高額買取をしてもらう!

この中で、1番簡単で1番効果が高い方法です。

忘れがちだけど、現在乗っている愛車をそのままディーラーに下取ってもらってはいけません。

 

しっかりと他の買取店などでも見積もりを取って、下取り額を競合させましょう。

ただ、複数ある買取店で下取りを出してもらうのも、メンドクサイと思います。

そこでオススメなのが、「ネットの無料一括査定」です。

 

この方法ならカンタン3分で、あなたの車を最高額で売ることができます。

これなら、忙しいあなたでも出来ますよね。

買取査定は本当にピンきりで、最大で60万円くらい差がでることもあるそうです。

一番オススメなのが、「カーセンサーの簡単ネット査定」です。

私もこのサイトで、7年落ちのヴィッツを査定してもらったところ、50万円という見積が出てビックリしたのを覚えています。

一括見積りせずに、数万円程度で下取りに出して損しなくて本当によかったです。

ただ、疑い深い私は、あまりにも下取り価格が高かったのでいろいろ調べました。

 

どうやら高額買取してくれる店は、東南アジアに輸出してるみたいです。

だから、ボロボロの車でも、相場よりも高く買取ってくれるらしいです。

なので損したくない方は「カーセンサーの簡単ネット車査定」で、
無料一括見積りをすることをおすすめします。

最後に・・

私が調べに調べた値引きの裏ワザはいかがでしたか?

あなたも徹底的に値引きして、これからの相棒になる、新しい車を出来るだけ安く購入してくださいね。

そのはじめの一歩として、まずは車を無料一括査定してみましょう。

3分程度で、50万円もお得になる可能性がありますからね。。。

カーセンサーの簡単ネット査定の詳細はコチラ

買取額は毎日変動するので、すぐにでも査定を申し込んでおいた方がいいと思います。

翌日、10万円も買取額が下がってしまっていたら、ガッカリしますからね。

少ない負担でどうしても新車を手に入れたいなら、

カーリースが良い選択です。

詳細はバナーをクリック!
↓        ↓

カーリースだと、車検基本料、自動車税、登録時・継続時の諸費用などが全部コミコミで、月々たったの8,000円から契約できます。

-TOYOTA

Copyright© 新型Car-Feeling , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.