新型Car-Feeling

新型車の徹底比較をしています!

車の本革シート&布シートの【 メリットとデメリットは?】

更新日:



車を購入するときに、本革シートにするか布シートにするか迷う人もたくさんいると思います。

一般的には布シートが標準で装備され、本革シートがオプションという車が多いと思いますが、高級車の場合本革シートが標準装備されていることが多いと思います。

この記事では本革シート(レザーシート)と布シート(ファブリックシート)の特徴やメリット&デメリットについてお伝えしていきます。

本革シートの特徴


本革シートは耐久性や撥水性に優れているという特徴があります。

乗り降りが多い場合、布シートの場合どうしても生地が傷んできますが、本革シートはそうした心配がありませんし、飲み物をこぼしてもすぐに拭くことができます。

本革シートのメリット

本革シートは高級感があるというのが最大のメリットです。高級車には本革シートというセオリーがありますが、高級な本革シートは薄いうえに質感がとてもよく座り心地が良いのが特徴です。

特にレクサスのセミニアンレザーは質感の良さで定評があります。

本革シートのデメリット

一方、本革シートは蒸れにくいというデメリットがあります。

特に夏の暑い時期だと背中が暑くなってくるのでシートベンチレーションは必須のアイテムです。

しかし、このシートベンチレーションを装着している車はまだまだ少ないので、エアコンの効きが弱い車などは注意が必要です。また冬などはシートの表面が冷たいというデメリットもあります。

このため多くの車はシートヒーターを供えています。

布シートの特徴

https://toyota.jp/porte/interior/seat/

布シートは価格が安いというのが特徴で、大衆車を中心に採用されています。

また様々なカラーや柄を作れるというのも特徴です。

コンパクトカーには黒などの無地の地味な布にしたり、スポーツカーにはチェック柄などの少し派手な布にすることもできます。

布シートのメリット

布シートは身体が滑りにくく、しっかりフィットするというメリットがあります。

また蒸れにくいというメリットもあり、夏には本革シートに比べると過ごしやすいという特徴があります。

布シートの布が吸音材の役割も果たしますので、車に乗ってドアを閉めた時に本革シートに比べると「シーン」という感じがあるのも布シートの特徴です。

布シートのデメリット

布シートのデメリットは、飲み物などをこぼした時にふき取ることができないという点です。

このため子供さんなどがいる家庭は黒いシートを選ぶとか、シートカバーをかぶせるなど注意する必要があります。

また臭いも付きやすいというデメリットがありますので、長期間使っていると臭いが付いて臭くなる傾向があります。

本革シートと布シートの違い

本革シートと布シートの最大の違いは「価格」です。

本革シートのオプションを装着するとどのくらい高くなるのかは車によって異なりますが、大衆車などで約20万円くらい、高級車になると3~50万円くらい高くなります。

また最近は本革シートをオプションで選ぶとシートヒーターも付いてくるケースが多いと思いますが、シートベンチレーションはまだまだ少ないです。

本革シートの掃除の仕方や、メンテナンスについて

本革シートにはコーティングがされていますので、特にメンテナンスは必要ないといわれていますが、ディーラーで純正のクリームなどが販売されていますのでこうしたものを購入して定期的にメンテナンスするのがおススメです。

布シートの掃除や,メンテナンスについて

布シートは飲み物をこぼしてしまったときにシミが付いてしまいますので、できるだけこうしたことにならないように注意する必要がありますが、もしこぼしてしまったときは専門の業者で掃除してもらうのがおススメです。

スチームなどを使ってきれいに掃除してくれますので、自分で掃除しようとせず少し高価ですが専門の業者にお任せしましょう。

革や布のシートカバーは必要?

シートカバーはシートの汚れを防止するものですので、汚れた時にすぐに拭ける革シートにはシートカバーは必要ありません。

一方、布シートにはシートカバーを装着する価値があると思います。特に小さなお子さんがいる家庭ではシートカバーを装着しておいて、もしもの時に備えておいた方が安心です。

シートカバー購入時の注意点等

シートカバーを購入するときには純正品がおススメです。

純正品の場合シートの形にぴったり合うように作られていますので、シートカバーを付けていない状態と同じような座り心地を味わうことができます。

一方、既製品はぴったりフィットしないことがありますので、少し高価でも純正品がおススメです。

まとめ

以上本革シートと布シートの特徴についてまとめてみました。本革シートは高級感がありますが、革によって質感が異なります。

レクサスなどが採用しているセミニアンレザーは薄くてとても質感が良いですが、分厚い革はあまり質感が良いとは言えませんので、購入するときはこうした革の分厚さを注意したほうが良さそうです。

また革シートを装着したときはシートベンチレーションは装着するのがおススメで快適度が全く異なります。

一方、布シートは体にぴったりフィットし、色々な色や柄を選ぶことができ、バリエーションはたくさんあります。

しかし、汗がシートに染みついたりしてにおいの原因になったり、シミが付きやすかったりいろいろなデメリットもあります。

ですので本革シートか布シートか迷っている人は両方とも座ってみて、座り心地を確かめてみて納得したうえで本革シートのオプションを選ぶのが良いと思います。

※絶対に損をしない!新車の値引きの裏技」をすべてを見せます!

新車を購入するなら安く買いたいですよね?

関西人の私は損をするのがイヤです。(ドケチでもあります。)

私もあなたと同じように損をせずに誰よりも安く買いたいので、いろいろ聞いたり調べてみました。

その結果は・・・

 

なんと!! 50万円値引き額が上がり、めちゃ安く買うことができたんです。

本当は値引き方法をナイショにしておこうと思ったのですが、ここまで記事を読んで頂いたお礼に、公開することにしました。

本当はは高く売れたことを自慢したいだけだったりして。。

 

・・・というわけで、

私が使った、3つの裏ワザを無料でプレゼントすることにしました。

誰でもカンタンにできる方法なので、実践して損はしません。

興味の無い方は、Yahoo!トップページに飛んでください。
https://www.yahoo.co.jp/

 

【裏ワザ1】購入候補の車よりも、安い価格帯ライバル車と競わせる!

まず、 購入候補車のライバル車を調べましょう。

 

ライバル車の選定ポイントは、 購入候補車よりも価格帯が若干低い車を選ぶことです。

そうすることで・・

「車としては 購入予定の車の方が魅力的なんですが、ライバル車(購入候補車よりも価格帯が若干低い車)の方が価格的に魅力的なので迷っているんです。」

という値引きへのアピールを意思表示できます。

そして、これから紹介する「裏技2と裏技3」の方法を使うことで、値引き交渉において、あなたが優位に立つことが出来ます。

 

【裏ワザ2】車メーカーのクレジットカードを使う!

ほとんど知られていない値引きテクとして、車メーカーのクレジットカードを使うという方法があります。

実はクレジットカードの売上も、ディーラーの成績に反映されるんですね。

ディーラーとしてはクレジットカードを使ってくれるなら、値引きしてもプラスになるので、大幅値引きが可能になります。

【裏ワザ3】無料一括査定で高額買取をしてもらう!

この中で、1番簡単で1番効果が高い方法です。

忘れがちだけど、現在乗っている愛車をそのままディーラーに下取ってもらってはいけません。

 

しっかりと他の買取店などでも見積もりを取って、下取り額を競合させましょう。

ただ、複数ある買取店で下取りを出してもらうのも、メンドクサイと思います。

そこでオススメなのが、「ネットの無料一括査定」です。

 

この方法ならカンタン3分で、あなたの車を最高額で売ることができます。

これなら、忙しいあなたでも出来ますよね。

買取査定は本当にピンきりで、最大で60万円くらい差がでることもあるそうです。

一番オススメなのが、「カーセンサーの簡単ネット査定」です。

私もこのサイトで、7年落ちのヴィッツを査定してもらったところ、50万円という見積が出てビックリしたのを覚えています。

一括見積りせずに、数万円程度で下取りに出して損しなくて本当によかったです。

ただ、疑い深い私は、あまりにも下取り価格が高かったのでいろいろ調べました。

 

どうやら高額買取してくれる店は、東南アジアに輸出してるみたいです。

だから、ボロボロの車でも、相場よりも高く買取ってくれるらしいです。

なので損したくない方は「カーセンサーの簡単ネット車査定」で、
無料一括見積りをすることをおすすめします。

最後に・・

私が調べに調べた値引きの裏ワザはいかがでしたか?

あなたも徹底的に値引きして、これからの相棒になる、新しい車を出来るだけ安く購入してくださいね。

そのはじめの一歩として、まずは車を無料一括査定してみましょう。

3分程度で、50万円もお得になる可能性がありますからね。。。

カーセンサーの簡単ネット査定の詳細はコチラ

買取額は毎日変動するので、すぐにでも査定を申し込んでおいた方がいいと思います。

翌日、10万円も買取額が下がってしまっていたら、ガッカリしますからね。

 

 

-自動車あれこれ

Copyright© 新型Car-Feeling , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.