新型Car-Feeling

新型車の徹底比較をしています!

車のドアが閉まらないときの自分で出来る応急処置は?修理代はいくら?

更新日:


車のドアが急に閉まらなくなると、どうしたらいいかアタフタして困ってしまいますよね。

車のドアは開閉ができて当たり前の物ですが、いざドアが閉まらないなどのトラブルに見舞われると、なかなか対処ができないものです。

この記事ではでは車のドアが急に閉まらなくなった時対処法原因について解説していきます。

車のドアを外側から閉められない場合の原因

車のドアを外側から閉められない場合の原因は幾つか挙げられますが、代表的なのは物が挟まっている場合です。

自動車に乗車する際は必ずシートベルトを着用しますが、降車時にシートベルトがうまく巻き取られずベルトやバックル部分がドアロック装置やドアストライカーなどに挟まってしまうと外からドアを閉めることができなくなってしまいます。

次に考えられるのは、ドアの外側に付いているドアハンドルの故障です。

ドアハンドルを引くと、ドアに付いているドアロックと呼ばれる装置と連動して開閉が行われますが、何らかの原因よってこの連動が行えなくなってしまうとドアロック部分が常にロック状態となってしまい、ドアを閉めることができなくなってしまいます。

車のドアを外側から閉められない場合の対処方法

車のドアを外側から閉められない場合の対処方法ですが、シートベルトやバックルなど物が挟まっている場合には、取り除くことでドアを閉めることが可能です。

シートベルトの巻き取りが悪い場合には、経年劣化や汚れ等によって巻き取りにくい状態となっていますので、シートベルトを全て引き出し中性洗剤などで洗浄すると巻き取り具合が良くなる場合があります。

外側のドアハンドルに問題がある場合は、室内側のドアノブを引くとドアロックが連動しロック状態が解除されてドアを閉めることが可能です。

ドアノブとドアロックの連動ができない原因の1つに油切れが起きロック部分の動作が鈍くなるという問題があるため、ドアの内外にあるドアノブを幾度か引き注油をする事で問題が解決する場合があります。

上記の対処法を試しても改善されない場合は、ドアハンドルやドアロック部分が故障している可能性が高いため修理が必要となります。

緊急を要する場合は速やかに、「JAFロードサービス」を呼びましょう!

連絡先:JAFロードサービス救援コール

電話: 0570-00-8139
短縮ダイヤル
#8139

(全国共通・年中無休・24時間受付)

JAFロードサービスの入会が必要な方はこちら

中古車の比較はこちらから↓

車のドアを内側から閉められない場合の原因

車のドアを内側から閉められない場合の原因ですが、可能性として高いのはドアノブからドアロックまでを結ぶワイヤーの破損や不具合が挙げられます。

ドアノブは、引くと内部のワイヤーが引っ張られドアロックを解除し、元に戻すとロック状態になると言う連動した装置ですが、経年劣化や何らかの衝撃が加わった事によりワイヤーがドアノブから外れてしまったり伸びてしまうと連動動作が行えなくなり、内側からドアを閉めることができなくなってしまいます。

また、ミニバン車など電動スライドドアを装着している車に限られることですが、傾斜のある場所でスライドドアを開いてしまうとドアを内側から閉められなくなってしまう場合があります。

これは傾斜がついていることで電動スライドドアが閉まる際に、負荷が掛かっているまたは、物が挟まっていると感知してしまい閉めることができなくなってしまうと言う事が原因です。

車のドアを内側から閉められない場合の対処方法

ドアを内側から閉められない場合の対処方法ですが、ドアノブとドアロックを結ぶワイヤーに問題がある場合には、ドアの外側にあるノブと内側にあるノブを幾度か同時に引くことで、ワイヤーのたるみなどが解消されドアが閉まる場合があります。

ドアロック部分は大半の自動車で、内側のドアノブと外側のドアハンドルを結ぶワイヤーが独立した構造となっています。

内側のドアノブやワイヤーに問題がある場合でも、ドアの外にあるドアノブは正常に動作する事が多いです。

そのため、内側のドアノブに問題がある場合は、外側のドアハンドルを引いてドアロック状態を解除すると内側からでもドアを閉めることが可能です。

ミニバン車などの電動スライドドアが内側から閉められない場合には、1度スライドドアを全開にしスライドドアが固定されている状態にします。

次に、電動スライドドアが装備されている車には必ず装着されている、電動スライドドアの動作スイッチをオフ状態にします。

スイッチをオフ状態にする事によって、手動でスライドドアを開閉することができるため、傾斜や挟み込みの誤検知がされなくなり内側からでもドアを閉めることが可能な状態になります。

スライドドアはかなりの重量があり、ドアが勢いよく閉まってしまうことがあるため注意が必要です。

上記の対処法を行っても改善されない場合には、ドアノブやワイヤー、ドアロック装置が故障している可能性がありますので修理が必要となってきます。

緊急を要する場合は速やかに、「JAFロードサービス」を呼びましょう!

連絡先:JAFロードサービス救援コール

電話: 0570-00-8139
短縮ダイヤル
#8139

(全国共通・年中無休・24時間受付)

JAFロードサービスの入会が必要な方はこちら

修理を依頼した場合の修理代はいくら?

ドアが完全に閉まらない場合、走行中に突然ドアが開いてしまうなど大変危険な状態にあるため、早急に修理を行わなければなりませんが実際の修理代はどのくらい掛かるのでしょうか?

一般的にドアノブは、どの車種でも大きさや構造がほぼ同じ物となっているため、車種によって大きく値段が変わることはありません。内側のドアノブで 5,000円程度、外側のドアハンドルで 8,000円程度が部品代の相場となります。

これに工賃が 3,000円くらい発生しますので、総額 10,000円 前後がドアノブを修理する際の相場となります。

ドアロック装置に関しても殆どの車種で同じ構造の物が装着されているため、価格が大きく変わることはありません。ドアロック装置の価格は大半の場合で 10,000円 前後となっており、これに工賃を加えた 15,000円くらいがドアロック装置を修理する際の相場となります。

まとめ

ここまで車のドアが急に閉まらなくなった時の対処法や原因について解説していきましたが、様々な理由から突然ドアが閉まらなくなるトラブルが発生します。

大半の場合は、内外のドアノブを幾度か操作し注油などを行う事で対処を行う事ができますが、ワイヤーやドアロック装置その物が破損している場合には修理が必要となってきます。

また、今回例を挙げた原因以外にもドアと自動車本体を固定するヒンジ部分の劣化や歪みによって、ドアが閉まらなくなるなどの症状が出る場合がありますので、対処法を行っても再発する場合には販売店などに相談する事をおすすめします。

【関連記事】
車のドアが開かないときの自分で出来る応急処置は?修理代はいくら?

電動ドアミラー本体または、ミラーだけが動かない場合の対処法

※絶対に損をしない!新車の値引きの裏技」をすべてを見せます!

新車を購入するなら安く買いたいですよね?

関西人の私は損をするのがイヤです。(ドケチでもあります。)

私もあなたと同じように損をせずに誰よりも安く買いたいので、いろいろ聞いたり調べてみました。

その結果は・・・

 

なんと!! 50万円値引き額が上がり、めちゃ安く買うことができたんです。

本当は値引き方法をナイショにしておこうと思ったのですが、ここまで記事を読んで頂いたお礼に、公開することにしました。

本当はは高く売れたことを自慢したいだけだったりして。。

 

・・・というわけで、

私が使った、3つの裏ワザを無料でプレゼントすることにしました。

誰でもカンタンにできる方法なので、実践して損はしません。

興味の無い方は、Yahoo!トップページに飛んでください。
https://www.yahoo.co.jp/

 

【裏ワザ1】購入候補の車よりも、安い価格帯ライバル車と競わせる!

まず、 購入候補車のライバル車を調べましょう。

 

ライバル車の選定ポイントは、 購入候補車よりも価格帯が若干低い車を選ぶことです。

そうすることで・・

「車としては 購入予定の車の方が魅力的なんですが、ライバル車(購入候補車よりも価格帯が若干低い車)の方が価格的に魅力的なので迷っているんです。」

という値引きへのアピールを意思表示できます。

そして、これから紹介する「裏技2と裏技3」の方法を使うことで、値引き交渉において、あなたが優位に立つことが出来ます。

 

【裏ワザ2】車メーカーのクレジットカードを使う!

ほとんど知られていない値引きテクとして、車メーカーのクレジットカードを使うという方法があります。

実はクレジットカードの売上も、ディーラーの成績に反映されるんですね。

ディーラーとしてはクレジットカードを使ってくれるなら、値引きしてもプラスになるので、大幅値引きが可能になります。

【裏ワザ3】無料一括査定で高額買取をしてもらう!

この中で、1番簡単で1番効果が高い方法です。

忘れがちだけど、現在乗っている愛車をそのままディーラーに下取ってもらってはいけません。

 

しっかりと他の買取店などでも見積もりを取って、下取り額を競合させましょう。

ただ、複数ある買取店で下取りを出してもらうのも、メンドクサイと思います。

そこでオススメなのが、「ネットの無料一括査定」です。

 

この方法ならカンタン3分で、あなたの車を最高額で売ることができます。

これなら、忙しいあなたでも出来ますよね。

買取査定は本当にピンきりで、最大で60万円くらい差がでることもあるそうです。

一番オススメなのが、「カーセンサーの簡単ネット査定」です。

私もこのサイトで、7年落ちのヴィッツを査定してもらったところ、50万円という見積が出てビックリしたのを覚えています。

一括見積りせずに、数万円程度で下取りに出して損しなくて本当によかったです。

ただ、疑い深い私は、あまりにも下取り価格が高かったのでいろいろ調べました。

 

どうやら高額買取してくれる店は、東南アジアに輸出してるみたいです。

だから、ボロボロの車でも、相場よりも高く買取ってくれるらしいです。

なので損したくない方は「カーセンサーの簡単ネット車査定」で、
無料一括見積りをすることをおすすめします。

最後に・・

私が調べに調べた値引きの裏ワザはいかがでしたか?

あなたも徹底的に値引きして、これからの相棒になる、新しい車を出来るだけ安く購入してくださいね。

そのはじめの一歩として、まずは車を無料一括査定してみましょう。

3分程度で、50万円もお得になる可能性がありますからね。。。

カーセンサーの簡単ネット査定の詳細はコチラ

買取額は毎日変動するので、すぐにでも査定を申し込んでおいた方がいいと思います。

翌日、10万円も買取額が下がってしまっていたら、ガッカリしますからね。

 

 

-自動車あれこれ

Copyright© 新型Car-Feeling , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.