新型Car-Feeling

新型車の徹底比較をしています!

【重要!】冷却水の役割と適切な補充方法や交換方法は?料金はいくら?

投稿日:


動車の冷却水の役割について、あまり深く考える方は少ないのでは無いでしょうか。

冷却水は自動車を長時間走行させるために無くてはならない物ですが、量が不足していたり漏れが生じていると大きな不具合を招いてしまうため、日頃から点検を行う必要があります。

この記事では、冷却水の具体的な役割と、適切な交換補充の方法など冷却水の必要性とメンテナンスについて説明していきます。

冷却水・ラジエター液・クーラント液ってどこにあるの?

冷却水やラジエター液は、エンジンルーム内にあるリザーバータンクや、ラジエターと呼ばれる冷却装置の中に充填されています。

リザーバータンクが搭載されている車種に於いては、このタンクから冷却水の量や汚れ具合を確認する事が可能です。

冷却水やラジエター液は他のブレーキフルードやウォッシャー液などの液体と区別がつきやすいよう、赤系や緑系の液体が用いられてます。

色の違いによって成分が異なる事はありませんが、製造メーカーによって液の色が異なります。

冷却水の役割は?

自動車のエンジンは複数の部品が常に稼働しており、その摩擦やガソリンを爆発させたときの影響で高温状態になっていきます。

冷却水の役割はこのラジエターやエンジンを冷やす役割を担っており、冷却水でラジエターやエンジンを冷やさなければ、エンジンは5分~10分程度でオーバーヒートを起こし自動車を走らせることはできません。

つまり、長時間エンジンを稼働させるために冷却水は不可欠な物で、オーバーヒートを防ぐ重要な役割を担っているのです。

中古車の比較はこちらから↓

冷却水は水道水で代用できるの?その理由は?

冷却水は基本的に不純物の少ない液体を利用するため、水道水を冷却水の代用品として使用できません。

これは水道水に含まれるミネラルなどの成分が原因で、ラジエターやエンジン内部に錆が発生してしまいます。

さらに、寒冷地では気温が下がり凍結することによって、ラジエターやエンジン内部が膨張し、破損を招いてしまいます。

冷却水の漏れなどの応急処置として、一時的に水道水を冷却水の代わりに使用する事は可能ですが、処置が完了した後は必ず指定された冷却水を注入する必要があります。

冷却水が漏れていたときの応急処置はどうすればいいの?

冷却水は量が不足していたり、無くなってしまうとエンジンなどの冷却が行われずオーバーヒートを起こしてしまうため、漏れを発見した場合には早急に対処しなければなりません。

いちばん多い原因は、ラジエターホースからの漏れです。

ラジエターホースから漏れている場合は、その部分をガムテープなどで一時的に補修を行う事で、冷却水の漏れを止めることができます。

しかし、このような応急処置では補修は不十分なので、その後は新しいホースへ交換する必要があります。

冷却水が漏れる原因は?

冷却水が漏れてしまう原因は幾つかありますが、最も多い事例として挙げられるのは冷却水をラジエターなどに送るホースの破損です。

ラジエターホースは殆どの車両で、厚さ5mm程のゴム製の物を使用しておりエンジンに空気を送るなどのホースと比べると、厚みがあり耐久性も優れています。

ところが、天然ゴムを使用しているため劣化は避けられない部品です。

このラジエターホースが劣化によってヒビや破れなどの破損を起こすことで、冷却水が徐々に漏れ出すというのが最も多い原因です。

また、軽度の事故やラフロードの多走行などによってラジエター自体にヒビが入り、冷却水が漏れ出すと言う事もあります。

冷却水をなぜ点検するの?理由は?

冷却水は水道水などと比べて不純物が殆ど混じっていない「蒸留水」を使用します。

タンクに注入された「蒸留水」は徐々に蒸発し自然と減ってきてしまいます。

この状態を放置しておくと、ラジエターなどの冷却能力が低下し、エンジンがオーバーヒートを引き起こしてしまうため、日頃から冷却水の量を点検する必要があるのです。

また、冷却水を通すホースなどが劣化によって破損すると、急激に冷却水の水位が下がりオーバーヒートの原因にもなるため、定期的に冷却水を点検する必要があります。

オーバーヒートの予防と応急処置の方法は?

オーバーヒートの予防

オーバーヒートの予防はとくに特別な点検などを行う必要はありません。

一般的な自動車には、スピードメーターなどのメーター部分に水温計が付いており、冷却水の温度を車内から確認する事が可能です。

メーターパネル部分の、「H」表示に近いほど冷却水の温度が高く、「C」表示に近いほど、冷却水が低温であることを示しています。

しかしながら、水温計の表示や設置は法律で義務付けられている訳ではありませんので、コストカットを重視した車種や、サイズの小さなメーターパネルを採用している車種には搭載されていない事もあるため注意が必要です。

最近の自動車は、一昔前の自動車と比べて故障やオーバーヒート起こしにくい構造となっていますが、水温計が搭載されていないので、オーバーヒートが気になる方は、別途で水温計を追加することも可能です。

水温計はオーバーヒートの予防に最適ですからね。

オーバーヒートを起こしてしまったときの応急処置は?

もしも、水温の異常を示す警告灯が点灯した場合には、オーバーヒートを起こす可能性が非常に高い状態となっているため、1度停車しエンジンを停止する必要があります。

その後、冷却水の量を確認し、量が減っている場合には、なんらかの原因で冷却水が漏れている可能性があります。

そんなときは応急処置として水道水を入れ、一時的に冷却水の量を増やすことでオーバーヒートを回避することが可能です。

しかし、水道水には不純物が多く混じっているので、ラジエターやエンジンなどが錆びてしまう恐れがあるため、早急に冷却水の補充や漏れを止める必要があります。

冷却水の補充をしないとどうなるの?

冷却水は、エンジンやラジエターを冷やす重要な役割を担っているため、冷却水の量が少ないとオーバーヒートを起こしやすい状態となってしまいます。

また、冷却水の中には低温状態でも凍ることが無いように不凍液が入っています。

しかし、冷却水の量が減り補充を怠ると一部分が凍ってしまい、エンジンを始動することができなかったり、冷却不足によって白煙を上げたり、不完全燃焼による異臭が発生する場合があります。

そのため、冷却水は常に一定の量を保つ必要があります。

冷却水の補充手順は?

冷却水の補充は特別な技術を必要としないため、自動車整備士の資格を持っていなくても簡単に行う事ができます。

具体的な補充手順をお伝えします。

 

① はじめに、カー用品店やホームセンターなどで補充用冷却水を用意します。

② 次にエンジンルーム内にあるリザーバータンクと呼ばれる、冷却水を溜めるタンクに補充用冷却水を入れれば補充は完了です。

 

補充液はメーカー指定の濃度まで蒸留水で薄めることができますが、寒冷地では濃度が薄いと凍ってしまう恐れがあるため、50%ほどが補充液を薄める目安となります。

冷却水の種類にはどんなものがあるの?

基本的には冷却水に複数の種類があると言う事はありませんが、大別するならば、冷却水には濃度が50%の物と80%以上の高濃度の物に分類されます。

製造を行うメーカーによっては赤系や緑系など色が異なる冷却水がありますが、この色は冷却水の成分に違いがあると言う事はありません。

しかしながら、赤系の冷却水に緑系の冷却水を混ぜてしまうと、成分や冷却効果に問題はありませんが、整備を行う者が冷却装置などに異常があるのではないかと困惑することもあるため、混ぜて使用することは辞めておきましょう。

冷却水を交換するタイミングは?

冷却水を交換するタイミングですが、日常の走行で水温が安定している場合や特に汚れが目立たないという場合には、2年~3年に1度の交換が目安とされています。

初回の車検を通過すると、次回からは2年に1度の車検間隔となりますので、車検ごとに冷却水を交換するのが一般的です。

しかし、日常点検などで変色や異物等の汚れが確認できる場合には、エンジンやラジエターの冷却に支障が出る恐れがあるため、交換の目安と言われる期間よりも早く冷却水を交換しなくてはなりません。

オーバーヒートなどのトラブルを避けるためにも、定期的な日常点検を行う事をおすすめします。

冷却水の交換手順と必要な道具は?

冷却水の交換は、補充を行うのとは異なり少々厄介な場面がありますが、手順を守れば自動車整備士の資格が無くても行う事が可能です。

冷却水の交換手順をお伝えします。

 

① はじめに、カー用品店やホームセンターなどで冷却水を購入し、冷却水がしっかりと注入できて、中の空気を抜くことができるクーラントチャージャーや、冷却水チャージャーと呼ばれる道具を合わせて用意します。

 

② 道具が揃ったところで冷却水の交換を始めますが、交換手順として絶対に守らなければならないのは、エンジンが冷えた状態で冷却水の交換を始めると言う事です。

冷却水を交換するにはラジエターに付いているドレンコックと呼ばれる栓を緩めて、古い冷却水を抜いて行きますが、エンジンが温まっている状態でこのコックを緩めてしまうと、高温状態の冷却水が飛び出してくる恐れがあります。

高温の冷却水で大やけどをしてしまう危険があるため、必ずエンジンが冷えた状態で作業を始めます。

③ 次に一度ドレンコックを閉め、リザーバータンクへ蒸留水などの不純物の無い液体を注入し、エンジンを数分始動させた後、エンジンを停止し冷えるのを待ってから、再度ドレンコックを緩め液体を抜き出します。

この2回の抜き出しによって残留する古い冷却水をほぼ抜きとることができるのです。

④ ドレンコックを閉めたら、クーラントチャージャーなどの道具を使用して、新しい冷却水を注入していきます。

リザーバータンクには「FULL」・「LOW」などの冷却水を入れる目安の表示がありますので、極力「FULL」ゲージに近い量を注入して下さい。

⑤ 新しい冷却水が注入し終わったら、最後にニップルと呼ばれる栓を緩めて、タンク内の余分な空気を抜き、冷却水が僅かに出てきたら冷却水の交換は完了です。

リザーバータンクが付いていない場合の冷却水の管理方法は?

最近ではエンジンルームにハイブリッドシステムが搭載される場合や、車種の設計によってリザーバータンクが設置されていない場合があります。

この様な場合に冷却水の管理はどの様にして行うのでしょうか。

結論から先に言ってしまうと、冷却水は直接ラジエターで管理することになります。

汚れ具合や量が確認し辛いと言うデメリットがありますが、交換手順や補充などはリザーバータンクと同様の手順で行う事が可能です。

冷却水の補充と交換、気になる!それぞれの費用は?

冷却水の値段は内容量によって異なりますが、補充液など容量の少ない400ml~500ml入りの物で500円~800円程度。

一般的に交換を行うのに必要な2L以上の物で1500円~2000円程度が冷却水の価格です。

エンジン排気量の大きい車種は8L~10L程必要になる場合があるため、価格としては1万円前後が冷却水を交換するのに必要な金額となります。

冷却水の補充に関しては大きな作業が無いため、作業工賃を含めても5000円以内で収まることが一般的ですが、交換をカー用品店や自動車整備工場へ作業を依頼する場合には2時間~3時間程の作業工賃が発生します。

2時間~3時間程の工賃は3000円~6000円程度が相場と言われているため、冷却水の交換を単体で依頼した場合には20000円程度の費用が必要となってきます。

>>楽天で冷却水を見る

まとめ

ここまで冷却水の役割や交換など、自動車に於ける冷却水の重要性について説明してきましたが、冷却水はエンジンのオーバーヒートを防ぐ大事な役割を担っています。

そのため、量が不足していたり漏れを起こしていると、オーバーヒートを起こしやすい状態となってしまうため、日頃から冷却水の点検を行う事が大切な事となります。

補充などは特に難しい作業ではありませんが、交換に関しては道具やある程度の知識が必要な場合があり、火傷などの怪我を負うリスクもあります。

そのため、個人での交換に不安がある場合にはカー用品店や整備工場へ依頼をすると良いでしょう。

※絶対に損をしない!新車の値引きの裏技」をすべてを見せます!

新車を購入するなら安く買いたいですよね?

関西人の私は損をするのがイヤです。(ドケチでもあります。)

私もあなたと同じように損をせずに誰よりも安く買いたいので、いろいろ聞いたり調べてみました。

その結果は・・・

 

なんと!! 50万円値引き額が上がり、めちゃ安く買うことができたんです。

本当は値引き方法をナイショにしておこうと思ったのですが、ここまで記事を読んで頂いたお礼に、公開することにしました。

本当はは高く売れたことを自慢したいだけだったりして。。

 

・・・というわけで、

私が使った、3つの裏ワザを無料でプレゼントすることにしました。

誰でもカンタンにできる方法なので、実践して損はしません。

興味の無い方は、Yahoo!トップページに飛んでください。
https://www.yahoo.co.jp/

 

【裏ワザ1】購入候補の車よりも、安い価格帯ライバル車と競わせる!

まず、 購入候補車のライバル車を調べましょう。

 

ライバル車の選定ポイントは、 購入候補車よりも価格帯が若干低い車を選ぶことです。

そうすることで・・

「車としては 購入予定の車の方が魅力的なんですが、ライバル車(購入候補車よりも価格帯が若干低い車)の方が価格的に魅力的なので迷っているんです。」

という値引きへのアピールを意思表示できます。

そして、これから紹介する「裏技2と裏技3」の方法を使うことで、値引き交渉において、あなたが優位に立つことが出来ます。

 

【裏ワザ2】車メーカーのクレジットカードを使う!

ほとんど知られていない値引きテクとして、車メーカーのクレジットカードを使うという方法があります。

実はクレジットカードの売上も、ディーラーの成績に反映されるんですね。

ディーラーとしてはクレジットカードを使ってくれるなら、値引きしてもプラスになるので、大幅値引きが可能になります。

【裏ワザ3】無料一括査定で高額買取をしてもらう!

この中で、1番簡単で1番効果が高い方法です。

忘れがちだけど、現在乗っている愛車をそのままディーラーに下取ってもらってはいけません。

 

しっかりと他の買取店などでも見積もりを取って、下取り額を競合させましょう。

ただ、複数ある買取店で下取りを出してもらうのも、メンドクサイと思います。

そこでオススメなのが、「ネットの無料一括査定」です。

 

この方法ならカンタン3分で、あなたの車を最高額で売ることができます。

これなら、忙しいあなたでも出来ますよね。

買取査定は本当にピンきりで、最大で60万円くらい差がでることもあるそうです。

一番オススメなのが、「カーセンサーの簡単ネット査定」です。

私もこのサイトで、7年落ちのヴィッツを査定してもらったところ、50万円という見積が出てビックリしたのを覚えています。

一括見積りせずに、数万円程度で下取りに出して損しなくて本当によかったです。

ただ、疑い深い私は、あまりにも下取り価格が高かったのでいろいろ調べました。

 

どうやら高額買取してくれる店は、東南アジアに輸出してるみたいです。

だから、ボロボロの車でも、相場よりも高く買取ってくれるらしいです。

なので損したくない方は「カーセンサーの簡単ネット車査定」で、
無料一括見積りをすることをおすすめします。

最後に・・

私が調べに調べた値引きの裏ワザはいかがでしたか?

あなたも徹底的に値引きして、これからの相棒になる、新しい車を出来るだけ安く購入してくださいね。

そのはじめの一歩として、まずは車を無料一括査定してみましょう。

3分程度で、50万円もお得になる可能性がありますからね。。。

カーセンサーの簡単ネット査定の詳細はコチラ

買取額は毎日変動するので、すぐにでも査定を申し込んでおいた方がいいと思います。

翌日、10万円も買取額が下がってしまっていたら、ガッカリしますからね。

 

 

-自動車あれこれ

Copyright© 新型Car-Feeling , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.