新型Car-Feeling

新型車の徹底比較をしています!

トヨタ アルファード マイナーチェンジ(ハイブリッドを含む)価格&グレード、スペック&装備 口コミは?

アルファードとは、トヨタ自動車から販売されている最高級ミニバンです。

同じトヨタから販売されている最高級セダン、クラウンのミニバンタイプと呼ばれることもあります。

日本におけるミニバンとは、ワゴンタイプであり3列シートの車を指します。

このアルファードは、2002年に最上級ワゴンだったグランドハイエース、グランビアの後継車としてデビューしました。

 

2002年といえばこういった曲がよくFMラジオで流れていましたね。


宇多田ヒカル - traveling



当時はミニバンブームの真っ直中でしたが、グランドハイエース、グランビアが使用しているパーツが、商用車のハイエースなどとあまり変わらなかったことから、販売が思わしくありませんでした。

それで、思考を変えて高級感を前面に出すべく開発されたのがアルファードだったのです。

結果は?大当たりで、その高級感と装備の充実度からミニバンのクラウンとまで呼ばれる様になったのです。

特に内装はホテルの一室の様な作りで、高級感を味わうことが出来ます。

子供を乗せる為のファミリーカーと言うよりは、大人向けの車といった感じでしょうか。

 

3代目アルファードがマイナーチェンジ

アルファードのフロントマスクって、ブサイクだっていう人が多いと思いますか?
>>トヨタ  アルファードの口コミ評判や評価まとめ!【外観、内装、燃費など】

その3代目アルファードが、2017年12月25日にマイナーチェンジを行うと多くのメディアが発表しています。

元々、完成しきっているアルファードのマイナーチェンジですので、外観や内装面については、大幅な変更はありません。

外装面ではバンパーやアルミホイールなどのデザインを小規模変更する他、フロント・フォグライト周りとリア・ドアガーニッシュ周りにメッキパーツを追加することと、欧州車やトヨタ・C-HRや高級ブランドであるレクサスなどが採用している、光が流れるウィンカーライト(シーケンシャルウィンカー)の採用が主な変更点となります。

内装面では、シート生地が全面革素材に変更、遮音ガラスの採用による静音化、木目調パネルのデザイン変更など挙げられます。

また、3列目シートの格納が現在の跳ね上げ式から、エスティマなどと同じ機構の自動床下収納式に変更される可能性があると言うことです。

アルファードのエンジン性能の向上は?

V6 3.5L 2GR-FE Dual VVT-iエンジン

 

2.5L 2AR-FE Dual VVT-iエンジン

現在、アルファードには3種類のエンジン形式が存在します。

1つ目はガソリン3.5Lエンジン

2つ目はガソリン2.5Lエンジン

3つ目はハイブリッド

 

このうち、2.5Lエンジンハイブリッドに関しては、エンジンの変更はありません。

しかし、3.5Lエンジンに関しては、レクサスGSなどのスポーツタイプ車に使われる2GR-FKSと言うハイパワー&低燃費エンジンに変更される予定となっています。

これにより、前エンジンからの馬力がさらに上がる見込みとなっています。

エンジンパワーの底上げとして、最近流行の「ダウンサイズターボエンジン」の採用も噂されていましたが、この2GR-FKSエンジンの採用で、ターボエンジンの搭載はどうやら見送りとなるようです。


アルファードに次世代安全装備の搭載

 


今回、マイナーチェンジを行う アルファードの一番の特徴が、トヨタ・セーフティセンスと言う安全機構の標準搭載です。

現在のアルファードは2015年にモデルチェンジが行われましたので、決して古いモデルではありません。

しかし、この2年の間に自動車の事故防止などの機能は劇的に進化を遂げました。

残念ながら2015年当時、アルファードにはこの歩行者・運転者に対する安全装備のセットパックの設定はありませんでした。

高級車と言う事で、クルーズコントロールなどの機能は備わっていますが、それらは安全機構という名目の機能では無かったのです。

そのアルファードの唯一の弱点であった歩行者・運転者に対する安全機構が、今回のマイナーチェンジで解消されることになりました。

搭載されるのはトヨタ・セーフティセンスPと言う、トヨタ・レクサスを含めた中でも最高の安全基準の満たす装備です。

レーダーの監視による歩行者や先動車への追突防止や、今回新たに追加される次世代機能の1つに、自転車への追突防止などを盛り込んだ安全機構となっています。

この装備の標準化は、もしもの時の事を考えると過信してはいけませんが、非常に心強い装備になると思います。


アルファード スペック&装備

 

 

アルファード 主要スペック比較表
ハイブリッド2.5L ガソリン3.5L ガソリン
全長mm491549154915
全幅mm185018501850
全高mm189518951895
ホイールベースmm300030003000
最低地上高mm165160160
室内長mm321032103210
室内幅mm159015901590
室内高mm140014001400
車両重量kg2495~26051920~20202040~2100
乗車定員 名7~87~87
エンジン直列4気筒DOHC+モーター直列4気筒DOHCV6気筒DOHC
最大出力
ps/rpm
152/5700182/6000280/6200
最大トルク
kgf・m/rpm
21.0/4400~480024.0/470035.1/4100
燃料タンク容量 L657575

 

アルファードのグレードと価格表

ざっくりですが、各グレードの価格表を作成しました。

特別仕様車定員排気量価格(消費税込)
特別仕様車 S“AパッケージTYPE BLACK” 2WD7名3.5L3,926,291円
特別仕様車 SA“TYPE BLACK” 4WD7名3.5L4,511,455円
特別仕様車 S“AパッケージTYPE BLACK” 2WD7名2.5L3,926,291円
特別仕様車 S“AパッケージTYPE BLACK” 4WD7名2.5L4,176,655円
Executive Lounge定員排気量価格(消費税込)
HYBRID Executive Lounge7名2.5L+モーター7,036,691円
Executive Lounge[3.5L]7名3.5L6,522,218円
Executive Lounge[3.5L]7名305L6,716,618円


HYBRID G定員排気量価格(消費税込)
HYBRID G“Fパッケージ”7名2.5L+モーター5,356,800円
HYBRID G7名2.5L+モーター4,775,563円
HYBRID X定員排気量価格(消費税込)
HYBRID X7名2.5L+モーター4,155,055円
HYBRID X8名2.5L+モーター4,113,818円
HYBRID X“サイドリフトアップシート装着車”7名2.5L+モーター4,188,000円
HYBRID SR定員排気量価格(消費税込)
HYBRID SR“Cパッケージ”7名2.5L+モーター5,501,127円
HYBRID SR7名2.5L+モーター4,919,891円
HYBRID SR“サイドリフトアップシート装着車”7名2.5L+モーター4,860,000円
Gグレード定員排気量価格(消費税込)
GF[3.5L]2WD7名3.5L4,842,327円
GF[3.5L]4WD7名3.5L5,036,727円
GF“サイドリフトアップシート装着車”[3.5L]2WD7名3.5L4,349,000円
GF“サイドリフトアップシート装着車”[3.5L]4WD7名3.5L 4,529,000円
G[2.5L]2WD7名2.5L3,995,018円
G[2.5L]4WD7名2.5L4,245,382円
G[2.5L]2WD8名2.5L3,953,782円
G[2.5L]4WD8名2.5L4,204,145円
G“サイドリフトアップシート装着車”[2.5L]2WD7名2.5L3,968,000円
G“サイドリフトアップシート装着車”[2.5L]4WD7名2.5L4,200,000円
Xグレード定員排気量価格(消費税込)
X[2.5L]2WD8名2.5L3,197,782円
X[2.5L]4WD8名2.5L3,448,145円
X“サイドリフトアップシート装着車”[2.5L]2WD7名2.5L3,304,000円
X“サイドリフトアップシート装着車”[2.5L]4WD7名2.5L3,536,000円
SAグレード定員排気量価格(消費税込)
SA“Cパッケージ”[3.5L]2WD7名3.5L4,585,091円
SA“Cパッケージ”[3.5L]4WD7名3.5L4,779,491円
S“Cパッケージ”[2.5L]2WD7名2.5L4,173,709円
S“Cパッケージ”[2.5L]4WD7名2.5L4,424,073円
Sグレード定員排気量価格(消費税込)
SA[3.5L]2WD7名3.5L4,145,237円
SA[3.5L]4WD7名3.5L4,339,637円
S“A Package”[2.5L]2WD7名2.5L3,754,473円
S“A Package”[2.5L]4WD7名2.5L4,004,837円
S[2.5L]2WD7名2.5L3,578,727円
S[2.5L]4WD7名2.5L3,829,091円
S[2.5L]2WD8名2.5L3,537,491円
S[2.5L]4WD8名2.5L3,787,855円
S“サイドリフトアップシート装着車”[2.5L]2WD7名2.5L3,568,000円
S“サイドリフトアップシート装着車”[2.5L]4WD7名2.5L3,800,000円

 

まとめ


今回のマイナーチェンジでは、外観・内装面などにおいて特に大きな変化はありませんが、セーフティーセンスの搭載は非常に大きな意味があると思います。トヨタ自動車の安全面に対する義務を感じました。

価格はガソリン車が約325万円~、ハイブリッド車は約410万円~と一般的なミニバンよりも高い設定となっていますが、その値段に見合った妥協のない素晴らしい車の作りとなっています。

ファミリータイプのミニバンに物足りなさを感じている方は、きっと満足感を得られる車の1つとなるでしょう。

アルファードのみんなの口コミ評判は?

※絶対に損をしない!新車の値引きの裏技」をすべてを見せます!

新車を購入するなら安く買いたいですよね?

関西人の私は損をするのがイヤです。(ドケチでもあります。)

私もあなたと同じように損をせずに誰よりも安く買いたいので、いろいろ聞いたり調べてみました。

その結果は・・・

 

なんと!! 50万円値引き額が上がり、めちゃ安く買うことができたんです。

本当は値引き方法をナイショにしておこうと思ったのですが、ここまで記事を読んで頂いたお礼に、公開することにしました。

本当はは高く売れたことを自慢したいだけだったりして。。

 

・・・というわけで、

私が使った、3つの裏ワザを無料でプレゼントすることにしました。

誰でもカンタンにできる方法なので、実践して損はしません。

興味の無い方は、Yahoo!トップページに飛んでください。
https://www.yahoo.co.jp/

 

【裏ワザ1】購入候補の車よりも、安い価格帯ライバル車と競わせる!

まず、 購入候補車のライバル車を調べましょう。

 

ライバル車の選定ポイントは、 購入候補車よりも価格帯が若干低い車を選ぶことです。

そうすることで・・

「車としては 購入予定の車の方が魅力的なんですが、ライバル車(購入候補車よりも価格帯が若干低い車)の方が価格的に魅力的なので迷っているんです。」

という値引きへのアピールを意思表示できます。

そして、これから紹介する「裏技2と裏技3」の方法を使うことで、値引き交渉において、あなたが優位に立つことが出来ます。

 

【裏ワザ2】車メーカーのクレジットカードを使う!

ほとんど知られていない値引きテクとして、車メーカーのクレジットカードを使うという方法があります。

実はクレジットカードの売上も、ディーラーの成績に反映されるんですね。

ディーラーとしてはクレジットカードを使ってくれるなら、値引きしてもプラスになるので、大幅値引きが可能になります。

【裏ワザ3】無料一括査定で高額買取をしてもらう!

この中で、1番簡単で1番効果が高い方法です。

忘れがちだけど、現在乗っている愛車をそのままディーラーに下取ってもらってはいけません。

 

しっかりと他の買取店などでも見積もりを取って、下取り額を競合させましょう。

ただ、複数ある買取店で下取りを出してもらうのも、メンドクサイと思います。

そこでオススメなのが、「ネットの無料一括査定」です。

 

この方法ならカンタン3分で、あなたの車を最高額で売ることができます。

これなら、忙しいあなたでも出来ますよね。

買取査定は本当にピンきりで、最大で60万円くらい差がでることもあるそうです。

一番オススメなのが、「カーセンサーの簡単ネット査定」です。

私もこのサイトで、7年落ちのヴィッツを査定してもらったところ、50万円という見積が出てビックリしたのを覚えています。

一括見積りせずに、数万円程度で下取りに出して損しなくて本当によかったです。

ただ、疑い深い私は、あまりにも下取り価格が高かったのでいろいろ調べました。

 

どうやら高額買取してくれる店は、東南アジアに輸出してるみたいです。

だから、ボロボロの車でも、相場よりも高く買取ってくれるらしいです。

なので損したくない方は「カーセンサーの簡単ネット車査定」で、
無料一括見積りをすることをおすすめします。

最後に・・

私が調べに調べた値引きの裏ワザはいかがでしたか?

あなたも徹底的に値引きして、これからの相棒になる、新しい車を出来るだけ安く購入してくださいね。

そのはじめの一歩として、まずは車を無料一括査定してみましょう。

3分程度で、50万円もお得になる可能性がありますからね。。。

カーセンサーの簡単ネット査定の詳細はコチラ

買取額は毎日変動するので、すぐにでも査定を申し込んでおいた方がいいと思います。

翌日、10万円も買取額が下がってしまっていたら、ガッカリしますからね。

少ない負担でどうしても新車を手に入れたいなら、

カーリースが良い選択です。

詳細はバナーをクリック!
↓        ↓

カーリースだと、車検基本料、自動車税、登録時・継続時の諸費用などが全部コミコミで、月々たったの8,000円から契約できます。

-TOYOTA
-

Copyright© 新型Car-Feeling , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.