新型Car-Feeling

新型車の徹底比較をしています!

スズキ 新型スペーシア 試乗動画やカスタム&ノーマルのカラーバリエーション(車色)を全部公開!

更新日:


スズキ 新型スペーシア2017年12月14日に発売が開始されました!

この記事では新型スペーシアのノーマル&カスタムタイプの試乗動画や、カラーバリエーションなどについてお伝えしていきますね。

 

現行型スペーシアの特徴について


↑↑現行スペーシアの試乗インプレッション動画

現行型のスペーシアは2013年にスズキから登場した、軽ハイトワゴンというジャンルなのですが、各社が強力なライバル車を登場させている激戦区ということもあり、特にホンダのN-BOXやダイハツのタントと比べると、販売数で差が開けられているという現状があります。

ダイハツ タント

 

 ホンダNBOX

 

しかし、スペーシアは車としての魅力で大きく劣るという訳ではなく、軽自動車とは思えない広大な室内空間や32.0km/Lという高い燃費性能を両立している他、軽自動車としては初採用となるステレオカメラを使用した衝突被害軽減システムであるデュアルカメラブレーキサポートを搭載されています。

また、外装に関してもスペーシアは「ノーマルタイプ」・「カスタム」・「カスタムZ」の3種類が用意されており、内部構造に関しては全モデル共通ですが、好みに応じた顔を選択することが出来るのです。

新型スペーシアの試乗動画まとめ

2017年12月14日に新型スペーシアが発売されてから、試乗動画を投稿されている方が増えてきましたので、購入時の参考になると思いますので、いくつか紹介します。


スズキ 2017/12 新型スペーシア HYBRID X 試乗してきました、凄い進化を遂げていました、かわいいだけじゃない、実用車でした。

 


【FULLHD】スズキ 2017/12 新型スペーシア HYBRID X 試乗インプレッション(市街地)

 


インプレッション!新型スペーシア・カスタム MK55S

 


SWKブログ動画「新型スペーシアカスタム紹介」

 

現行型スペーシアが販売台数でライバルに劣った理由

このように現行型のスペーシアは非常に魅力的な軽自動車なのですが、販売台数で他の軽自動車との差が開けられています。

理由としては、ホンダのN-BOXですが、ホンダ独自のセンタータンクレイアウトが実現する多彩なシートアレンジ。

ダイハツのタントのピラーレススライドドアであるミラクルドアによる乗降性の高さといった、一目で違いが分かるような構造的な特徴が無いため、独自性に欠けており、魅力的に見えないようです。

また、スペーシアは先代モデルであるパレットから改名したのですが、車名の認知度がイマイチでブランドを確立できていないことも、販売数で差が開けられている理由だとされています。



新型スペーシアのカラーバリエーション(各14色)

カラーバリエーションが豊富な新型スペーシアですが、ノーマル車とカスタム車の設定色を各14色全部お見せします。

ノーマル車

オフブルーメタリック
ホワイト2トーンルーフ(XAD)

 

ツールグリーンパールメタリック
ブラック2トーンルーフ(DAC)

 

チアフルピンクメタリック
ホワイト2トーンルーフ(XAE)

 

ピュアホワイトパール
ブラック2トーンルーフ(C2H)

 

オフブルーメタリック(ZYW/XYW)

 

ツールグリーンパールメタリック(ZYS/XYS)

 

チアフルピンクメタリック(ZYT/XYT)

 

ピュアホワイトパール(ZVR/XVR)

 

ブルーイッシュブラックパール3(ZJ3/XJ3)

 

フェニックスレッドパール(ZLB/XLB)

 

アーバンブラウンパールメタリック(ZSF/XSF)

 


シフォンアイボリーメタリック(ZVG/XVG)

 

シルキーシルバーメタリック(Z2S/X2S)

 

ブリスクブルーメタリック(ZWY/XWY)

 

カスタム車

ブリスクブルーメタリック
ブラック2トーンルーフ(CZW)

 

 

ピュアホワイトパール
ブラック2トーンルーフ(C2H)

 

 

アクティブイエロー
ブラック2トーンルーフ(CGK)

 

 

フェニックスレッドパール
ブラック2トーンルーフ(A6R)

 

 

ブレイブカーキパール
ブラック2トーンルーフ(DAB)

 

 

ブリスクブルーメタリック(ZWY)

 

 

ピュアホワイトパール(ZVR)

 

 

アクティブイエロー(ZWH)

 

 

フェニックスレッドパール(ZLB)

 

 

ブレイブカーキパール(ZWZ)

 

ムーンライトバイオレット
パールメタリック(ZVJ)

 

ブルーイッシュブラックパール3(ZJ3)

 

スチールシルバーメタリック(ZVC)

 

アーバンブラウン
パールメタリック(ZSF)

 


新型スペーシアの特徴について

新型スペーシアでは次世代型軽量プラットフォームが導入される予定となっていて、現行型スペーシアでも、ライバルモデルよりも軽量な車重840kgを実現しています。

ところが、新型スペーシアには更なる軽量化が進められて800kgを切ってくるとされています。

それに対してダイハツのタントは最軽量モデルでも、重量が920kgとなっているので軽量ボディでは圧倒的にスペーシアが有利となりました。

また、燃費性能も現行型でもトップクラスの性能を誇っていましたが、軽量化が行われたことで燃費性能も大幅に向上されていることが予想されます。

その他にも現行型スペーシアにも搭載されている、スズキの誇るマイルドハイブリッド技術である「S-エネチャージ」が、新型スペーシアでは更なる進化が行われています。


新型スペーシアを脅かすライバル車、新型ワゴンR

新型ワゴンR

ライバル車、新型ワゴンRには、S-エネチャージが導入されることが予想されており、現行型スペーシアと比較すると今までよりも積極的に駆動力として、モーターが使用されており、短距離ながらモーター単独でもクリープで進むことが可能となります。

このようなハイブリッド技術は、ライバルモデルには用意されていないので、新型スペーシアの更なる燃費性能の向上とハイブリッド技術の搭載は大きな強みになると思います。

また、新型スペーシアでは安全装備でも大幅に強化されています。

目玉となっているのは、軽自動車では初採用となるガラス投影型のカラーヘッドアップディスプレイです。

フロントガラスに必要な情報がカラーで表示されるために非常に見やすく、視線移動も少なくて済むので衝突被害軽減システムと共に、安全運転に大きく寄与してくれることが期待されています。

新型スペーシアの天井にあるティッシュ入れについての口コミがありました。
>>スズキ 新型スペーシア 口コミ評判や評価を掲載!【外観、内装、燃費など】

新型スペーシアの発売日

このように大幅に性能を向上させた、新型スペーシアの正式な発売日は2017年12月14日です!

軽自動車のジャンルの中では最も勢いのある軽ハイトワゴンのカテゴリーで、ライバルモデルに負ける訳にはいかないので、公開されている情報以外にも隠し球が用意されていることが予想されています。

新型スペーシアのみんなからの評判と口コミ

新型スペーシアのみんなの評判や口コミを見ていきましょう。

※絶対に損をしない!新車の値引きの裏技」をすべてを見せます!

新車を購入するなら安く買いたいですよね?

関西人の私は損をするのがイヤです。(ドケチでもあります。)

私もあなたと同じように損をせずに誰よりも安く買いたいので、いろいろ聞いたり調べてみました。

その結果は・・・

 

なんと!! 50万円値引き額が上がり、めちゃ安く買うことができたんです。

本当は値引き方法をナイショにしておこうと思ったのですが、ここまで記事を読んで頂いたお礼に、公開することにしました。

本当はは高く売れたことを自慢したいだけだったりして。。

 

・・・というわけで、

私が使った、3つの裏ワザを無料でプレゼントすることにしました。

誰でもカンタンにできる方法なので、実践して損はしません。

興味の無い方は、Yahoo!トップページに飛んでください。
https://www.yahoo.co.jp/

 

【裏ワザ1】購入候補の車よりも、安い価格帯ライバル車と競わせる!

まず、 購入候補車のライバル車を調べましょう。

 

ライバル車の選定ポイントは、 購入候補車よりも価格帯が若干低い車を選ぶことです。

そうすることで・・

「車としては 購入予定の車の方が魅力的なんですが、ライバル車(購入候補車よりも価格帯が若干低い車)の方が価格的に魅力的なので迷っているんです。」

という値引きへのアピールを意思表示できます。

そして、これから紹介する「裏技2と裏技3」の方法を使うことで、値引き交渉において、あなたが優位に立つことが出来ます。

 

【裏ワザ2】車メーカーのクレジットカードを使う!

ほとんど知られていない値引きテクとして、車メーカーのクレジットカードを使うという方法があります。

実はクレジットカードの売上も、ディーラーの成績に反映されるんですね。

ディーラーとしてはクレジットカードを使ってくれるなら、値引きしてもプラスになるので、大幅値引きが可能になります。

【裏ワザ3】無料一括査定で高額買取をしてもらう!

この中で、1番簡単で1番効果が高い方法です。

忘れがちだけど、現在乗っている愛車をそのままディーラーに下取ってもらってはいけません。

 

しっかりと他の買取店などでも見積もりを取って、下取り額を競合させましょう。

ただ、複数ある買取店で下取りを出してもらうのも、メンドクサイと思います。

そこでオススメなのが、「ネットの無料一括査定」です。

 

この方法ならカンタン3分で、あなたの車を最高額で売ることができます。

これなら、忙しいあなたでも出来ますよね。

買取査定は本当にピンきりで、最大で60万円くらい差がでることもあるそうです。

一番オススメなのが、「カーセンサーの簡単ネット査定」です。

私もこのサイトで、7年落ちのヴィッツを査定してもらったところ、50万円という見積が出てビックリしたのを覚えています。

一括見積りせずに、数万円程度で下取りに出して損しなくて本当によかったです。

ただ、疑い深い私は、あまりにも下取り価格が高かったのでいろいろ調べました。

 

どうやら高額買取してくれる店は、東南アジアに輸出してるみたいです。

だから、ボロボロの車でも、相場よりも高く買取ってくれるらしいです。

なので損したくない方は「カーセンサーの簡単ネット車査定」で、
無料一括見積りをすることをおすすめします。

最後に・・

私が調べに調べた値引きの裏ワザはいかがでしたか?

あなたも徹底的に値引きして、これからの相棒になる、新しい車を出来るだけ安く購入してくださいね。

そのはじめの一歩として、まずは車を無料一括査定してみましょう。

3分程度で、50万円もお得になる可能性がありますからね。。。

カーセンサーの簡単ネット査定の詳細はコチラ

買取額は毎日変動するので、すぐにでも査定を申し込んでおいた方がいいと思います。

翌日、10万円も買取額が下がってしまっていたら、ガッカリしますからね。

少ない負担でどうしても新車を手に入れたいなら、

カーリースが良い選択です。

詳細はバナーをクリック!
↓        ↓

カーリースだと、車検基本料、自動車税、登録時・継続時の諸費用などが全部コミコミで、月々たったの8,000円から契約できます。

-スズキ
-

Copyright© 新型Car-Feeling , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.