新型Car-Feeling

新型車の徹底比較をしています!

TOYOTA ルーミーの限界値引きを引き出すには?

更新日:


TOYOTA ルーミーは2016年にトヨタ自動車から発売された、5人乗りハイトワゴン車です。

この車は、2000年2月~2016年7月まで販売されたトヨタ・bBの後継車種として新たに導入されました。

また、ダイハツ社が製造している「トール」をトヨタに供給するOEM車でもあります。

兄弟車が多い事も有名で、トヨタカローラ店からは「ルーミー」、同じトヨタのトヨペット店・ネッツ店からは「タンク」、ダイハツ社からは「トール」、スバル社からは「ジャスティ」と言う名前で販売されています。

 

気になるルーミーの値引き額は?

ルーミーの値引き額は販売から1年以上が過ぎた事もあり、販売開始直後のの値引き額と比べるとかなり大きくなっています。

具体的な平均値引き額は約17~20万円が相場となっており、発売当初の値引き額が約5~7万円だった事を考えると、値引き額が約3倍と大幅に増えている事が分かります。

通常期でこの平均値引き額ですので決算期や年度末期には、さらに値引きが期待できそうです。

また、一部では車両価格だけで20万円以上の値引きをしてもらったケースもあるようです。

限界の値引き額を提示してもらうには?

大幅な値引きが見込めるトヨタ・ルーミーですが、少しでも値引き額を増やしたいと思っている方も多いと思います。

その為には、まず兄弟車同士で価格を競わせると良いと思います。

このルーミーは、元々ダイハツ・トールをベースに製造されている事からダイハツ店でトールの見積もりを最初に出してもらうと、値引き交渉がし易いと思います。

また、兄弟車でトヨペット・ネッツ店から販売されているタンクの見積もりを貰っておく事も効果的です。

スバル・ジャスティについては、このジャンルの車種の販売にあまり力を入れていない為か、値引きに関しては消極的な様です。

販売店としての実績や販売台数のノルマなどの関係から場合に因っては、同じカローラ店の別の店舗でルーミーの見積もりを出して貰うと、値引き額が多くなる事もありますので、何軒か店舗を廻まわるといいでしょう。

中古車の比較はこちらから↓

兄弟車で値引き額の差があまり無い場合は?

現状では値引き額の大きいルーミーですが、兄弟車以外のライバル車を競合させる事で、さらに値引き額をアップさせる事も可能です。

この兄弟車以外でルーミーの最大のライバル車と言われているのが「スズキ・ソリオ」「スズキ・ソリオバンディット」とされています。

このソリオは、ルーミーと同じハイトワゴン車で、このジャンルの人気に火を付けた車種の1つでもある事から、交渉材料として見積もりを貰っておくと効果的です。

その他の車種としては「三菱自動車・デリカD2」「トヨタ・スペイド」「ホンダ・フィット」などの車種を競合させると良いと思います。

車両の値引き額に限界を感じたらオプション品で勝負

兄弟車やライバル車との値引き額に限界を感じたら、最後はオプション品で値引き交渉をしてみましょう。

ドアバイザーやフロアマットなどは、大幅に値引きをして貰える可能性の高いオプション品でもあります。

また、フロアマットについてはカタログには載っていない販売店オリジナルの物もある為、無料サービスに近い価格で提供して貰えるケースもありますので、相談してみると良いと思います。

その他、ETCやエアロパーツの装着工賃やボディーコーティングの施工工賃なども交渉次第では大幅な値引きや無料になる場合がありますので是非、相談してみては如何でしょうか?

※絶対に損をしない!新車の値引きの裏技」をすべてを見せます!

新車を購入するなら安く買いたいですよね?

関西人の私は損をするのがイヤです。(ドケチでもあります。)

私もあなたと同じように損をせずに誰よりも安く買いたいので、いろいろ聞いたり調べてみました。

その結果は・・・

 

なんと!! 50万円値引き額が上がり、めちゃ安く買うことができたんです。

本当は値引き方法をナイショにしておこうと思ったのですが、ここまで記事を読んで頂いたお礼に、公開することにしました。

本当はは高く売れたことを自慢したいだけだったりして。。

 

・・・というわけで、

私が使った、3つの裏ワザを無料でプレゼントすることにしました。

誰でもカンタンにできる方法なので、実践して損はしません。

興味の無い方は、Yahoo!トップページに飛んでください。
https://www.yahoo.co.jp/

 

【裏ワザ1】購入候補の車よりも、安い価格帯ライバル車と競わせる!

まず、 購入候補車のライバル車を調べましょう。

 

ライバル車の選定ポイントは、 購入候補車よりも価格帯が若干低い車を選ぶことです。

そうすることで・・

「車としては 購入予定の車の方が魅力的なんですが、ライバル車(購入候補車よりも価格帯が若干低い車)の方が価格的に魅力的なので迷っているんです。」

という値引きへのアピールを意思表示できます。

そして、これから紹介する「裏技2と裏技3」の方法を使うことで、値引き交渉において、あなたが優位に立つことが出来ます。

 

【裏ワザ2】車メーカーのクレジットカードを使う!

ほとんど知られていない値引きテクとして、車メーカーのクレジットカードを使うという方法があります。

実はクレジットカードの売上も、ディーラーの成績に反映されるんですね。

ディーラーとしてはクレジットカードを使ってくれるなら、値引きしてもプラスになるので、大幅値引きが可能になります。

【裏ワザ3】無料一括査定で高額買取をしてもらう!

この中で、1番簡単で1番効果が高い方法です。

忘れがちだけど、現在乗っている愛車をそのままディーラーに下取ってもらってはいけません。

 

しっかりと他の買取店などでも見積もりを取って、下取り額を競合させましょう。

ただ、複数ある買取店で下取りを出してもらうのも、メンドクサイと思います。

そこでオススメなのが、「ネットの無料一括査定」です。

 

この方法ならカンタン3分で、あなたの車を最高額で売ることができます。

これなら、忙しいあなたでも出来ますよね。

買取査定は本当にピンきりで、最大で60万円くらい差がでることもあるそうです。

一番オススメなのが、「カーセンサーの簡単ネット査定」です。

私もこのサイトで、7年落ちのヴィッツを査定してもらったところ、50万円という見積が出てビックリしたのを覚えています。

一括見積りせずに、数万円程度で下取りに出して損しなくて本当によかったです。

ただ、疑い深い私は、あまりにも下取り価格が高かったのでいろいろ調べました。

 

どうやら高額買取してくれる店は、東南アジアに輸出してるみたいです。

だから、ボロボロの車でも、相場よりも高く買取ってくれるらしいです。

なので損したくない方は「カーセンサーの簡単ネット車査定」で、
無料一括見積りをすることをおすすめします。

最後に・・

私が調べに調べた値引きの裏ワザはいかがでしたか?

あなたも徹底的に値引きして、これからの相棒になる、新しい車を出来るだけ安く購入してくださいね。

そのはじめの一歩として、まずは車を無料一括査定してみましょう。

3分程度で、50万円もお得になる可能性がありますからね。。。

カーセンサーの簡単ネット査定の詳細はコチラ

買取額は毎日変動するので、すぐにでも査定を申し込んでおいた方がいいと思います。

翌日、10万円も買取額が下がってしまっていたら、ガッカリしますからね。

 

 

-TOYOTA

Copyright© 新型Car-Feeling , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.