新型Car-Feeling

新型車の徹底比較をしています!

C-HR ハイブリッドの口コミ評価はすこぶる高い!

投稿日:

「C-HR ハイブリッド」外観への口コミ


C-HRの外観は、デビュー当初から大変話題となっていました。

モーターショーにおいて発表されたコンセプトカーがほぼそのままの形で登場することとなり、従来のSUVにはない大胆なデザインで、賛否が分かれるところですが、ユーザーの口コミ評価はおおむね良好です。

やはり、このデザインが気に入って購入したというユーザーが多いので、口コミ評価が高くなるのも当然かもしれません。

デザイナーによるとダイヤモンドをモチーフにして造形していったとのことですが、流れるような流線形ではなくごつごつとしたメリハリ感があり、力強く、特に大きく張り出したフェンダーが印象的です。

フロントデザインに関しては切れ上がった長いヘッドライトが独特で、リアのリボンのようなライトはプリウスPHVに似ています。

また真横から見ると、非常に躍動感があり、C-HRのスポーティな印象を際立たせます。

男性向きのデザインかと思いきや、意外と女性にも人気があるようです。

「C-HR ハイブリッド」内装への口コミ

インテリアデザインは秀逸です。非常に綺麗で、高品質。文句なしとの口コミ評価が目立ちます。

内装では評価の高いトヨタですが、C-HRではその本気度がうかがえます。プラスチッキーな安っぽさがなく、ダライバーズシートに座るとつつかれ感がうまく演出されており、暗い室内の雰囲気がより一層ドライバーを刺激します。

手触りの良い本革のステアリング、シートもしっかり感があって疲れにくいと高評価です。ただ、センターコンソールが使いにくいとの声があります。

コップを入れることができるようになっているのですが、斜めにうねっているのでその他のものを置くことができません。ややデザインに凝り過ぎた印象です。

「C-HR ハイブリッド」燃費への口コミ

ハイブリッドですので燃費に期待するところは大きいのですが、ユーザーの実燃費は概ね20km/L前後となっています。

十分満足できる燃費性能と言って良いでしょう。

道路状況や運転の仕方によってはカタログの数値に近い30km/L前後まで伸びることもあります。

ただ、同じプラットフォームに同じハイブリッドシステムを持つプリウスと比較すると、ついつい飛ばしたくなってしまうドライバーが多く、そうすると燃費性能もダウンしてしまいます。

EVモードでの走行もスムーズで長続きするので、燃費に心がけて運転すれば、SUVでは圧倒的な驚異性能を実現することでしょう。

「C-HR ハイブリッド」その他の口コミ

C-HRハイブリッドはライバル不在の魅力があります。

それはやはり大胆な内外装のデザインの魅力とハイブリッドシステムが採用されていることが大きいです。

ホンダヴェゼルやマツダCR-3などはがライバルとして挙げられることがあますが、車格的にはC-HRのほうが上で、ユーザーは比較対象としていない人が多いようです。

また価格も200万円台に収まっており、値引きも30万円以上と緩んできているのも魅力との声が聞かれました。

CR-3などはいまだに5万円引きで抑えてくるので、価格が逆転してしまう現象となっているようです。

マンション探しは情報戦です!
未公開物件から探せば、
無駄な時間を使わなくて済みます。
▼     ▼

まとめ

今までにない魅力的なデザインのSUVに乗ってみたいという方には、CH-Rは大変おすすめのクルマで、ユーザーの満足度も高いものとなっています。

力強い外観デザインと高品質な内装デザインは男性にも、女性にも人気があります。

また、ハイブリッドシステムは非常に低燃費を実現してくれるので経済的です。

足回りがしっかりしており、かなりスポーティな味付けなので運転していても楽しいです。

価格も200万円台で収まります。

※絶対に損をしない!新車の値引きの裏技」をすべてを見せます!

新車を購入するなら安く買いたいですよね?

関西人の私は損をするのがイヤです。(ドケチでもあります。)

私もあなたと同じように損をせずに誰よりも安く買いたいので、いろいろ聞いたり調べてみました。

その結果は・・・

 

なんと!! 50万円値引き額が上がり、めちゃ安く買うことができたんです。

本当は値引き方法をナイショにしておこうと思ったのですが、ここまで記事を読んで頂いたお礼に、公開することにしました。

本当はは高く売れたことを自慢したいだけだったりして。。

 

・・・というわけで、

私が使った、3つの裏ワザを無料でプレゼントすることにしました。

誰でもカンタンにできる方法なので、実践して損はしません。

興味の無い方は、Yahoo!トップページに飛んでください。
https://www.yahoo.co.jp/

 

【裏ワザ1】購入候補の車よりも、安い価格帯ライバル車と競わせる!

まず、 購入候補車のライバル車を調べましょう。

 

ライバル車の選定ポイントは、 購入候補車よりも価格帯が若干低い車を選ぶことです。

そうすることで・・

「車としては 購入予定の車の方が魅力的なんですが、ライバル車(購入候補車よりも価格帯が若干低い車)の方が価格的に魅力的なので迷っているんです。」

という値引きへのアピールを意思表示できます。

そして、これから紹介する「裏技2と裏技3」の方法を使うことで、値引き交渉において、あなたが優位に立つことが出来ます。

 

【裏ワザ2】車メーカーのクレジットカードを使う!

ほとんど知られていない値引きテクとして、車メーカーのクレジットカードを使うという方法があります。

実はクレジットカードの売上も、ディーラーの成績に反映されるんですね。

ディーラーとしてはクレジットカードを使ってくれるなら、値引きしてもプラスになるので、大幅値引きが可能になります。

【裏ワザ3】無料一括査定で高額買取をしてもらう!

この中で、1番簡単で1番効果が高い方法です。

忘れがちだけど、現在乗っている愛車をそのままディーラーに下取ってもらってはいけません。

 

しっかりと他の買取店などでも見積もりを取って、下取り額を競合させましょう。

ただ、複数ある買取店で下取りを出してもらうのも、メンドクサイと思います。

そこでオススメなのが、「ネットの無料一括査定」です。

 

この方法ならカンタン3分で、あなたの車を最高額で売ることができます。

これなら、忙しいあなたでも出来ますよね。

買取査定は本当にピンきりで、最大で60万円くらい差がでることもあるそうです。

一番オススメなのが、「カーセンサーの簡単ネット査定」です。

私もこのサイトで、7年落ちのヴィッツを査定してもらったところ、50万円という見積が出てビックリしたのを覚えています。

一括見積りせずに、数万円程度で下取りに出して損しなくて本当によかったです。

ただ、疑い深い私は、あまりにも下取り価格が高かったのでいろいろ調べました。

 

どうやら高額買取してくれる店は、東南アジアに輸出してるみたいです。

だから、ボロボロの車でも、相場よりも高く買取ってくれるらしいです。

なので損したくない方は「カーセンサーの簡単ネット車査定」で、
無料一括見積りをすることをおすすめします。

最後に・・

私が調べに調べた値引きの裏ワザはいかがでしたか?

あなたも徹底的に値引きして、これからの相棒になる、新しい車を出来るだけ安く購入してくださいね。

そのはじめの一歩として、まずは車を無料一括査定してみましょう。

3分程度で、50万円もお得になる可能性がありますからね。。。

カーセンサーの簡単ネット査定の詳細はコチラ

買取額は毎日変動するので、すぐにでも査定を申し込んでおいた方がいいと思います。

翌日、10万円も買取額が下がってしまっていたら、ガッカリしますからね。

少ない負担でどうしても新車を手に入れたいなら、

カーリースが良い選択です。

詳細はバナーをクリック!
↓        ↓

カーリースだと、車検基本料、自動車税、登録時・継続時の諸費用などが全部コミコミで、月々たったの8,000円から契約できます。

-TOYOTA

Copyright© 新型Car-Feeling , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.