新型Car-Feeling

新型車の徹底比較をしています!

新型フォレスター VS エクストレイルを比較【外観、室内、燃費、価格など】

更新日:


スバルが遂にフルモデルチェンジした、新型フォレスターを発表し、7月に発売される事となりました。

今回の目玉はハイブリッドモデルの登場となるのですが、そこで同じくSUVとして長年人気を誇る、日産のエクストレイルと徹底比較をしてみる事にしました。

 

新型フォレスター VS エクストレイル ボディサイズを比較

新型フォレスター”アドバンス”のボディサイズ

全長:4625mm
全幅:1815mm
全高:1715mm(ルーフレール装着車+15mm)
ホイールベース:2670mm
車両重量:1660kg
乗車定員:5名
※アドバンス(ハイブリッドモデル)

エクストレイル”20Xハイブリッド”のボディサイズ

全長:4690mm
全幅:1820mm
全高:1730mm
ホイールベース:2705mm
車両重量:1640kg
乗車定員:5名

両車はどちらもグレードが豊富なので、出来るだけ同じランクの比較が良いと判断し、今回は二台ともハイブリッドモデルの比較としました。

エンジン排気量は後で記載しますがどちらも2000ccとなり、大きさから重量までほぼ同じとなります。

エクストレイルの方が全長が長い分、ホイールベースも長くなります。

新型フォレスター VS エクストレイル 外観を比較

スバルと日産という日本を代表するメーカーのクロスオーバーSUVという事で、どちらも存在感がある顔立ちが特徴となります。

個人的にはスバルの方が精悍であり若者ウケがしそうですが、対するエクストレイルは日産らしく今風のデザインが取り入れられています。

違いとしては、ヘッドライトが大きいのがフォレスター、反対に細長になっているのがエクストレイルとなります。

個人的には欧州車っぽい外観がフォレスター、日本車っぽいのがエクストレイルのように感じますが、どちらも良くできたデザインなのは確かとなります。

新型フォレスター VS エクストレイル 室内サイズを比較

新型フォレスター”アドバンス”の室内サイズ

室内長:2100mm
室内幅:1545mm
室内高:1270mm

エクストレイル”20Xハイブリッド”の室内サイズ

室内長:2005mm
室内幅:1535mm
室内高:1270mm

当然と言えばそれまでですが、ボディサイズがほぼ同じなので、室内サイズも僅差がありますが、瓜二つと言ってもおかしくないほど同じ数値となります。

この差なら、室内サイズの大きさで両車を気にする必要はないと思います。

トヨタ・ハリアー(ハイブリッドプレミアム アドバンスド)の室内サイズ

同じく国内で人気が高いトヨタ・ハリアー(ハイブリッドプレミアム アドバンスド)の室内サイズは以下の通りです。
室内長:1965mm
室内幅:1480mm
室内高:1220mm

ハリアーと比較すると、新型フォレスターとエクストレイルの大きさがより顕著となります。

新型フォレスター VS エクストレイル エンジンと燃費を比較

新型フォレスター”アドバンス”のエンジンと燃費

エンジン型式:FB20
エンジン形式:水平対向4気筒ガソリン直噴
総排気量:1995cc
最高出力:107kW(145PS)/6000rpm
最大トルク:188Nm(19.2kg-m)/4000rpm
モーター最高出力:10kW (13.6PS)
モーター最大トルク:65Nm(6.6kg-m)
燃費:18.6km/L (JC08モード)/14.0km/L(WLTCモード)

エクストレイル”20Xハイブリッド”のエンジンと燃費

エンジン型式:MR20DD
エンジン形式:DOHC直噴直列4気筒
総排気量:1997cc
最高出力:108kW(147PS)/6000rpm
最大トルク:207N・m(21.1kg-m)/4400rpm
モーター最高出力:30kW(41PS)
モーター最大トルク:160N・m(16.3kgf-m)
燃費:20.0km/L(JC08モード)

車を購入する際に、エンジンパワーや燃費を最も気にするものです。

今回のフォレスターとエクストレイルは車体大きななどがほぼ同じだけに、尚更となります。エンジンのみだと両車のパワーにそこまでの違いはありませんが、ハイブリッドのモーターでは意外な程の違いがありました。

 

エクストレイルはモーターのパワーとトルクで大きく勝り、さらに燃費でも優れています。

これはカタログ上のデーターを参考にしているので、実際に試乗などをしないと本当の意味での体感とはなりませんが、日産のハイブリッド技術が優れているのも事実です。

新型フォレスター VS エクストレイル 価格を比較

新型フォレスター”アドバンス”の価格

価格:309万9600円
※他グレードの価格帯:約280万~309万

エクストレイル”20Xハイブリッド”の価格

価格:309万8520円
※他グレードの価格帯:約210万~360万

価格を単純に比較すると、比較したグレードに関してはほぼ同じとなります。

新型フォレスターはグレードが4種類のみですが、エクストレイルは実に豊富なバリエーションが揃っています。

比較まとめ

日本を代表するSUVでもある新型フォレスターとエクストレイルを比較して、発売されて時間が経過しているにも関わらずエクストレイルの能力が高い事に驚きました。

今回のフォレスターは完成度が高いと評判が良いのですが、それと比較しても遜色がないパワーや燃費を誇っています。

今回の情報だけだと、新型フォレスターに対してがっかりしたかも知れませんが、最新の先進安全装備が多数導入されているのです。

それでいて車体価格はお手頃とも言えるので、カタログの数値以上にお買い得なモデルとなるのが新型フォレスターなのです。

※絶対に損をしない!新車の値引きの裏技」をすべてを見せます!

新車を購入するなら安く買いたいですよね?

関西人の私は損をするのがイヤです。(ドケチでもあります。)

私もあなたと同じように損をせずに誰よりも安く買いたいので、いろいろ聞いたり調べてみました。

その結果は・・・

 

なんと!! 50万円値引き額が上がり、めちゃ安く買うことができたんです。

本当は値引き方法をナイショにしておこうと思ったのですが、ここまで記事を読んで頂いたお礼に、公開することにしました。

本当はは高く売れたことを自慢したいだけだったりして。。

 

・・・というわけで、

私が使った、3つの裏ワザを無料でプレゼントすることにしました。

誰でもカンタンにできる方法なので、実践して損はしません。

興味の無い方は、Yahoo!トップページに飛んでください。
https://www.yahoo.co.jp/

 

【裏ワザ1】購入候補の車よりも、安い価格帯ライバル車と競わせる!

まず、 購入候補車のライバル車を調べましょう。

 

ライバル車の選定ポイントは、 購入候補車よりも価格帯が若干低い車を選ぶことです。

そうすることで・・

「車としては 購入予定の車の方が魅力的なんですが、ライバル車(購入候補車よりも価格帯が若干低い車)の方が価格的に魅力的なので迷っているんです。」

という値引きへのアピールを意思表示できます。

そして、これから紹介する「裏技2と裏技3」の方法を使うことで、値引き交渉において、あなたが優位に立つことが出来ます。

 

【裏ワザ2】車メーカーのクレジットカードを使う!

ほとんど知られていない値引きテクとして、車メーカーのクレジットカードを使うという方法があります。

実はクレジットカードの売上も、ディーラーの成績に反映されるんですね。

ディーラーとしてはクレジットカードを使ってくれるなら、値引きしてもプラスになるので、大幅値引きが可能になります。

【裏ワザ3】無料一括査定で高額買取をしてもらう!

この中で、1番簡単で1番効果が高い方法です。

忘れがちだけど、現在乗っている愛車をそのままディーラーに下取ってもらってはいけません。

 

しっかりと他の買取店などでも見積もりを取って、下取り額を競合させましょう。

ただ、複数ある買取店で下取りを出してもらうのも、メンドクサイと思います。

そこでオススメなのが、「ネットの無料一括査定」です。

 

この方法ならカンタン3分で、あなたの車を最高額で売ることができます。

これなら、忙しいあなたでも出来ますよね。

買取査定は本当にピンきりで、最大で60万円くらい差がでることもあるそうです。

一番オススメなのが、「カーセンサーの簡単ネット査定」です。

私もこのサイトで、7年落ちのヴィッツを査定してもらったところ、50万円という見積が出てビックリしたのを覚えています。

一括見積りせずに、数万円程度で下取りに出して損しなくて本当によかったです。

ただ、疑い深い私は、あまりにも下取り価格が高かったのでいろいろ調べました。

 

どうやら高額買取してくれる店は、東南アジアに輸出してるみたいです。

だから、ボロボロの車でも、相場よりも高く買取ってくれるらしいです。

なので損したくない方は「カーセンサーの簡単ネット車査定」で、
無料一括見積りをすることをおすすめします。

最後に・・

私が調べに調べた値引きの裏ワザはいかがでしたか?

あなたも徹底的に値引きして、これからの相棒になる、新しい車を出来るだけ安く購入してくださいね。

そのはじめの一歩として、まずは車を無料一括査定してみましょう。

3分程度で、50万円もお得になる可能性がありますからね。。。

カーセンサーの簡単ネット査定の詳細はコチラ

買取額は毎日変動するので、すぐにでも査定を申し込んでおいた方がいいと思います。

翌日、10万円も買取額が下がってしまっていたら、ガッカリしますからね。

少ない負担でどうしても新車を手に入れたいなら、

カーリースが良い選択です。

詳細はバナーをクリック!
↓        ↓

カーリースだと、車検基本料、自動車税、登録時・継続時の諸費用などが全部コミコミで、月々たったの8,000円から契約できます。

-日産, スバル
-,

Copyright© 新型Car-Feeling , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.