新型Car-Feeling

新型車の徹底比較をしています!

セレナe-power vs ステップワゴンスパーダの比較【燃費、価格、室内、外観など】

更新日:


セレナe-powerと、ステップワゴンスパーダの比較をしていきたいと思います。

 

セレナe-power vs ステップワゴンスパーダ  ボディーサイズを比較

セレナe-powerのボディーサイズ


2018年3月に発売されたセレナe-powerですが、ボディーサイズは2016年に発売されたC27型セレナ・ガソリンモデルと同じ、全長4690mm(ハイウェイスター:4770mm)×全幅1695mm(ハイウェイスター:1740mm)×全高1865となっており、大きなサイズ変更はありません。

ハイウェイスターは、エアロバンパーなどの装着によって、サイズが他のグレードよりも数ミリ大きくなっているため、ナンバープレート区分が変わりますが、税金が上がるなどの問題はありません。

ステップワゴンスパーダのボディーサイズ


一方のステップワゴンスパーダですが、全長4760mm×全幅1695mm×全高1840mmとなっており、全高はステップワゴンスパーダの方が若干低くなっているものの、セレナe-powerとの差はほぼ無く、同じサイズとなっています。

また、スパーダ以外のG・EX、G、Bグレードもセレナe-powerハイウェイスター以外のグレードと同じサイズになっています。

セレナe-power vs ステップワゴンスパーダ 外観を比較

セレナe-powerの外観

セレナe-powerの外観はガソリンモデルと同じく、日産車のシンボルデザインであるVモーションと呼ばれるフロントグリルを採用し、フロントバンパーからボディーへと流れるようなデザインとなっています。

全体的には典型的な箱形のミニバン車ですが、フロント回りは若干の丸みを帯びたデザインとなっています。

ヘッドライトユニットは2段式となっており、トヨタ・ヴォクシーや日産・エルグランドを彷彿させるデザインです。

ステップワゴンスパーダの外観

一方のステップワゴンスパーダですが、セレナe-powerよりも箱形感が強いデザインとなっており、マイナーチェンジ前のモデルと比べても印象が大きく変わっています。

これは、オデッセイやアコードなどに搭載されている、ハイブリッドユニットを搭載するスペースを作る必要があったためで、フロントグリルやヘッドライトのデザイン変更が行われました。

このRP型ステップワゴンスパーダの1番の特徴は、発売当時大きな話題となったわくわくゲートと呼ばれるバックドアで、従来の跳ね上げ式バックドアに加えて横開きもでもバックドアを開閉出来ることです。

背の高いミニバン車は、バックドアを開ける際に後方のスペースを確保しなければなりませんが、横開きの場合にはこのスペースが3分の1程度で済むことから多くの支持を得ています。

荷物の積載についてはステップワゴンスパーダの方が優勢と言えます。

セレナe-power vs ステップワゴンスパーダ 室内サイズを比較

セレナe-powerの室内サイズ

セレナe-powerの室内サイズは室内長3170~3240mm×室内幅1545mm×室内高1400mmとなっています。

ステップワゴンスパーダの室内サイズ

一方のステップワゴンスパーダですが、室内長322mm×室内幅1500mm×室内高1405mmとなっています。

両車とも室内サイズは殆ど変わりませんが、セレナe-powerの方が45mm室内幅が広く、室内空間についてはセレナe-powerの方が優勢と言えます。

また、セレナe-powerは明るめのカラーが室内色として用意されていますので、室内空間を広く感じる事ができるでしょう。

セレナe-power vs ステップワゴンスパーダ エンジンと燃費を比較

セレナe-powerのエンジンと燃費

セレナe-powerには1.2リットルDOHC3気筒エンジンが搭載されていますが、これはエンジンの代わりとなるモーターの発電機として使用される物で、実際にこのエンジンで全ての走行する訳ではありません。

セレナe-powerが走行するのに使用されるモーターはEM57型モーターとなっており日産・リーフなどにも搭載されているモーターです。

最大馬力は136psとガソリン車の150psには及びませんが高速道路を走行する場合でも問題のない出力になっています。

燃費は26.2km/Lとなっており、このクラスのミニバン車としては、トップクラスの燃費を誇ります。

ステップワゴンスパーダのエンジンと燃費

一方のステップワゴンスパーダですが、エンジンはハイブリッド車が2.0リットルDOHC i-VTECエンジン+モーター、ガソリンターボ車が1.5リットルDOHCエンジンを搭載しています。

特にハイブリッド車の最大馬力は215psとミニバン車の馬力としては、トップクラスのユニットとなっておりパワー不足を感じる事はありません。

燃費は25.0km/Lとセレナe-powerには及びませんが、このジャンルの車種としては、トップクラスを誇ります。

燃費や静粛性を重視する場合セレナe-power、走行性能を重視する場合にはステップワゴンスパーダを選ぶと良いでしょう。

セレナe-power vs ステップワゴンスパーダ 価格を比較

セレナe-powerの価格

セレナe-powerの価格は、セレナe-power x 2WDが 2,968,920円

セレナe-power ハイウェイスターの価格が、3,178,440円となっています。

ステップワゴンスパーダの価格

一方、ステップワゴンスパーダの価格はハイブリッド仕様が、3,300,480円~3,559,680円となっています。

ガソリン車は、2,852,280円~3,245,400円となっています。

セレナe-powerの方がお得感が感じられる価格だと思いました。

 

比較まとめ

両車ともボディーサイズに大きな違いはありませんので、外観や動力性能を判断基準にすると良いと思います。

街乗りなど低速域での走行が多い場合にはセレナe-powerの走行性能で十分ですが、高速域や山間部などのアップダウンの多い場所を走行するには、ステップワゴンスパーダの方がパワー不足を感じることなく運転ができるでしょう。

安全装備の標準搭載などで決めるのも良いと思います。

※絶対に損をしない!新車の値引きの裏技」をすべてを見せます!

新車を購入するなら安く買いたいですよね?

関西人の私は損をするのがイヤです。(ドケチでもあります。)

私もあなたと同じように損をせずに誰よりも安く買いたいので、いろいろ聞いたり調べてみました。

その結果は・・・

 

なんと!! 50万円値引き額が上がり、めちゃ安く買うことができたんです。

本当は値引き方法をナイショにしておこうと思ったのですが、ここまで記事を読んで頂いたお礼に、公開することにしました。

本当はは高く売れたことを自慢したいだけだったりして。。

 

・・・というわけで、

私が使った、3つの裏ワザを無料でプレゼントすることにしました。

誰でもカンタンにできる方法なので、実践して損はしません。

興味の無い方は、Yahoo!トップページに飛んでください。
https://www.yahoo.co.jp/

 

【裏ワザ1】購入候補の車よりも、安い価格帯ライバル車と競わせる!

まず、 購入候補車のライバル車を調べましょう。

 

ライバル車の選定ポイントは、 購入候補車よりも価格帯が若干低い車を選ぶことです。

そうすることで・・

「車としては 購入予定の車の方が魅力的なんですが、ライバル車(購入候補車よりも価格帯が若干低い車)の方が価格的に魅力的なので迷っているんです。」

という値引きへのアピールを意思表示できます。

そして、これから紹介する「裏技2と裏技3」の方法を使うことで、値引き交渉において、あなたが優位に立つことが出来ます。

 

【裏ワザ2】車メーカーのクレジットカードを使う!

ほとんど知られていない値引きテクとして、車メーカーのクレジットカードを使うという方法があります。

実はクレジットカードの売上も、ディーラーの成績に反映されるんですね。

ディーラーとしてはクレジットカードを使ってくれるなら、値引きしてもプラスになるので、大幅値引きが可能になります。

【裏ワザ3】無料一括査定で高額買取をしてもらう!

この中で、1番簡単で1番効果が高い方法です。

忘れがちだけど、現在乗っている愛車をそのままディーラーに下取ってもらってはいけません。

 

しっかりと他の買取店などでも見積もりを取って、下取り額を競合させましょう。

ただ、複数ある買取店で下取りを出してもらうのも、メンドクサイと思います。

そこでオススメなのが、「ネットの無料一括査定」です。

 

この方法ならカンタン3分で、あなたの車を最高額で売ることができます。

これなら、忙しいあなたでも出来ますよね。

買取査定は本当にピンきりで、最大で60万円くらい差がでることもあるそうです。

一番オススメなのが、「カーセンサーの簡単ネット査定」です。

私もこのサイトで、7年落ちのヴィッツを査定してもらったところ、50万円という見積が出てビックリしたのを覚えています。

一括見積りせずに、数万円程度で下取りに出して損しなくて本当によかったです。

ただ、疑い深い私は、あまりにも下取り価格が高かったのでいろいろ調べました。

 

どうやら高額買取してくれる店は、東南アジアに輸出してるみたいです。

だから、ボロボロの車でも、相場よりも高く買取ってくれるらしいです。

なので損したくない方は「カーセンサーの簡単ネット車査定」で、
無料一括見積りをすることをおすすめします。

最後に・・

私が調べに調べた値引きの裏ワザはいかがでしたか?

あなたも徹底的に値引きして、これからの相棒になる、新しい車を出来るだけ安く購入してくださいね。

そのはじめの一歩として、まずは車を無料一括査定してみましょう。

3分程度で、50万円もお得になる可能性がありますからね。。。

カーセンサーの簡単ネット査定の詳細はコチラ

買取額は毎日変動するので、すぐにでも査定を申し込んでおいた方がいいと思います。

翌日、10万円も買取額が下がってしまっていたら、ガッカリしますからね。

 

 

-日産, HONDA

Copyright© 新型Car-Feeling , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.