新型Car-Feeling

新型車の徹底比較をしています!

新型スバルXV 対 新型ヴェゼルの比較【外観、室内、燃費、価格、値引きなど】

更新日:


新型スバルXVは2010年にインプレッサのクロスオーバーSUVモデルとしてデビューしました。

 

デビュー当時は「インプレッサXV」という車名でしたが、2代目のフルモデルチェンジを機に「新型スバルXV」へ車名変更が行われ、現在では3代目モデルが販売されています。

 

新型スバルXVの場合には元々がハッチバックタイプのインプレッサをベースに開発された「クロスオーバーSUV」となっているため、純粋なSUVでは無い事が特徴です。

 

一方のホンダ 新型ヴェゼルは2013年に販売が開始されたコンパクトSUVです。

 

元々は3代目フィットをベースにして設計されているため、車体自体は比較的に小さい事が特徴ですが、日本でも販売されていた「HR-V」の後継車種としてコンパクトSUVの地位を築いています。

新型スバルXV 対 新型ヴェゼルのボディーサイズを比較

新型スバルXVのボディーサイズ

新型スバルXVのボディーサイズは全長:4465mm、全幅:1800mm、全高:1550mmとなっており、日本に於いては標準的なハッチバック車のサイズとなっています。

 

クロスオーバーSUVと言う事もあり、同じスバルから販売されている本格SUVのフォレスターと比べると200mmほど全高が低くなっている事が特徴です。

新型ヴェゼルのボディーサイズ

一方の新型ヴェゼルは全長:4340mm、全幅:1770~1790mm、全高:1605mmとなっており、SUVでありながらもコンパクトカーをベースとしているため、新型スバルXVよりも一回りボディーサイズが小さくなっている事が特徴です。

新型スバルXV 対 新型ヴェゼルの外観を比較

新型スバルXVの外観

新型スバルXVの外観はインプレッサをコンセプトに設計されているため、ハッチバック車に似たフォルムをしています。

 

フロント部分は往年の名車であるレガシィをモチーフとした設計となっており、SUV感を表現するためプラスチック未塗装部品を随所に採用しています。

 

また、極力ラグジュアリー感を抑える為にメッキパーツなどの加飾を抑えている事が特徴です。

新型ヴェゼルの外観

一方の新型ヴェゼルはコンパクトSUVと言う事で、ボディーサイズは小さいながらもフォレスターやトヨタ・ハリアーなどと同じく本格SUVのフォルムをしています。

 

ボンネットはロングタイプの物を採用しているため、見た目的にはボディーサイズが大きく見える事も特徴です。

 

また、メッキパーツなどの加飾を随所に採用しSUVでありながらもラグジュアリー感を表現している点では、新型スバルXVよりも力強さが伝わる外観となっています。

新型スバルXV 対 新型ヴェゼルの室内サイズを比較

新型スバルXVの室内サイズ

新型スバルXVの室内サイズは室内長:2085mm、室内幅:1520mm、室内高:1200mmとなっています。

 

ハッチバック車の室内サイズとしては平均的な広さとなっていますが、外観と比較すると数字上はやや狭めの設計となっています。

 

また、ラゲッジスペースが少ないためロードバイクなど大きな荷物を乗せる事はできず、運搬の際にはルーフキャリアなどを使用する必要があります。

 

新型ヴェゼルの室内サイズ

一方の新型ヴェゼルの室内サイズは室内長:1930mm、室内幅:1485mm、室内高:1265mmとなっています。

 

コンパクトSUVでありながらも、新型スバルXVとほぼ同サイズの広さが確保されています。

 

こちらもSUVとしてはやや狭いラゲッジスペースとなっているため、大型の荷物を運搬するには向いていません。

 

そのため、両車とも人を乗せると言う事に重点を置いたSUVである事が分かります。

新型スバルXV 対 新型ヴェゼルのエンジン・燃費を比較

新型スバルXVのエンジンと燃費

新型スバルXVには1.6L DOHCエンジン、2.0L DOHCエンジン、2.0L DOHCエンジンとモーターの組み合わせであるハイブリッド車の3種類が設定されています。

 

燃費は1.6Lエンジンで16.2km/L、2.0Lエンジンで16.4km/L、2.0Lハイブリッドで19.2km/Lとなっています。

 

同クラスのコンパクトクロスオーバーSUVと比較すると平均的な燃費となっており、インプレッサと比べても大きな差はありません。

 

新型ヴェゼルのエンジンと燃費

一方の新型ヴェゼルには、 1.5L DOHCエンジンとこのエンジンにモーターを組み合わせたハイブリッド車の2種類が設定されています。

 

燃費はガソリン1.5Lエンジンが19.6~21.2km/L、ハイブリッド車は21.6~27.0km/Lとなっており、同クラスのSUVとしてはトップクラスを誇る低燃費を実現しています。

 

なお、新型ヴェゼルの場合には2WDと4WDとの間で燃費に大きな差が生まれる様です。

新型スバルXV 対 新型ヴェゼルの価格を比較

新型スバルXVの価格

新型スバルXVの価格はベース車両となる

1.6i EyeSightで約214万円~

 

標準的なモデルとなる

2.0i-L EyeSightで約250万円~

 

ハイブリッドシステムなど搭載した最上級モデルの

Adbanceが約280万円~

 

となっており、全てのモデルで駆動形式がAWD(4WD)を採用しています。

 

そのためFFやFR形式のモデルは設定されておらず、電気制御による駆動形式の変更も行う事ができません。

 

新型ヴェゼルの価格

一方の新型ヴェゼルはベース車両となる

ガソリン車G・Honda SENSINGグレードで約200万円~

 

ハイブリッド車のベースモデルでもある

HYBRID・Honda SENSINGグレードで約246万円~

 

となっており、

 

ガソリン車の最上級モデルである

RS・Honda SENSINGグレードは約248万円~

 

ハイブリッド車の最上級モデルである

HYBRID RS・Honda SENSINGグレードは約281万円~

 

となっています。

 

また、4WDモデルはそれぞれ約20万円程高く設定されています。

2車種の値引きについて

新型スバルXVの値引き額

新型スバルXVの平均的な値引き額は車体本体で約12~15万円程度、オプションは選択した数にもよりますが3万円~7万円程度が相場となっており、総額は約15~25万円程度が平均的な値引き額となっています。

一方新型ヴェゼルの平均的な値引き額はガソリンモデルの車体本体で約15~20万円程度、ハイブリッドモデルの車体本体で約20~25万円程度となっており、ハイブリッドモデルの方が値引き額が大きくなる傾向にあります。

 

また、オプション値引き額は新型スバルXVと同様に選択した数にもよりますが、20万円程度が限界値引き額となるようです。

新型ヴェゼルの値引き額

新型ヴェゼルの場合にはトヨタ・CH-Rが最大のライバル車と言われており、CH-Rの値引き額が大きい事から牽引される形で値引率が高くなっています。

※絶対に損をしない!新車の値引きの裏技」をすべてを見せます!

新車を購入するなら安く買いたいですよね?

関西人の私は損をするのがイヤです。(ドケチでもあります。)

私もあなたと同じように損をせずに誰よりも安く買いたいので、いろいろ聞いたり調べてみました。

その結果は・・・

 

なんと!! 50万円値引き額が上がり、めちゃ安く買うことができたんです。

本当は値引き方法をナイショにしておこうと思ったのですが、ここまで記事を読んで頂いたお礼に、公開することにしました。

本当はは高く売れたことを自慢したいだけだったりして。。

 

・・・というわけで、

私が使った、3つの裏ワザを無料でプレゼントすることにしました。

誰でもカンタンにできる方法なので、実践して損はしません。

興味の無い方は、Yahoo!トップページに飛んでください。
https://www.yahoo.co.jp/

 

【裏ワザ1】購入候補の車よりも、安い価格帯ライバル車と競わせる!

まず、 購入候補車のライバル車を調べましょう。

 

ライバル車の選定ポイントは、 購入候補車よりも価格帯が若干低い車を選ぶことです。

そうすることで・・

「車としては 購入予定の車の方が魅力的なんですが、ライバル車(購入候補車よりも価格帯が若干低い車)の方が価格的に魅力的なので迷っているんです。」

という値引きへのアピールを意思表示できます。

そして、これから紹介する「裏技2と裏技3」の方法を使うことで、値引き交渉において、あなたが優位に立つことが出来ます。

 

【裏ワザ2】車メーカーのクレジットカードを使う!

ほとんど知られていない値引きテクとして、車メーカーのクレジットカードを使うという方法があります。

実はクレジットカードの売上も、ディーラーの成績に反映されるんですね。

ディーラーとしてはクレジットカードを使ってくれるなら、値引きしてもプラスになるので、大幅値引きが可能になります。

【裏ワザ3】無料一括査定で高額買取をしてもらう!

この中で、1番簡単で1番効果が高い方法です。

忘れがちだけど、現在乗っている愛車をそのままディーラーに下取ってもらってはいけません。

 

しっかりと他の買取店などでも見積もりを取って、下取り額を競合させましょう。

ただ、複数ある買取店で下取りを出してもらうのも、メンドクサイと思います。

そこでオススメなのが、「ネットの無料一括査定」です。

 

この方法ならカンタン3分で、あなたの車を最高額で売ることができます。

これなら、忙しいあなたでも出来ますよね。

買取査定は本当にピンきりで、最大で60万円くらい差がでることもあるそうです。

一番オススメなのが、「カーセンサーの簡単ネット査定」です。

私もこのサイトで、7年落ちのヴィッツを査定してもらったところ、50万円という見積が出てビックリしたのを覚えています。

一括見積りせずに、数万円程度で下取りに出して損しなくて本当によかったです。

ただ、疑い深い私は、あまりにも下取り価格が高かったのでいろいろ調べました。

 

どうやら高額買取してくれる店は、東南アジアに輸出してるみたいです。

だから、ボロボロの車でも、相場よりも高く買取ってくれるらしいです。

なので損したくない方は「カーセンサーの簡単ネット車査定」で、
無料一括見積りをすることをおすすめします。

最後に・・

私が調べに調べた値引きの裏ワザはいかがでしたか?

あなたも徹底的に値引きして、これからの相棒になる、新しい車を出来るだけ安く購入してくださいね。

そのはじめの一歩として、まずは車を無料一括査定してみましょう。

3分程度で、50万円もお得になる可能性がありますからね。。。

カーセンサーの簡単ネット査定の詳細はコチラ

買取額は毎日変動するので、すぐにでも査定を申し込んでおいた方がいいと思います。

翌日、10万円も買取額が下がってしまっていたら、ガッカリしますからね。

 

 

-HONDA, スバル
-,

Copyright© 新型Car-Feeling , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.