新型Car-Feeling

新型車の徹底比較をしています!

新型ステップワゴン スパーダのおすすめオプションパーツ5選&必要ないオプションパーツ2選

投稿日:

 


新型ステップワゴンスパーダのアクセサリーカタログなどで、オプションを選ばれると思いますが、どのオプションにするか迷ってしまうと思います。

そこでこの記事では、おすすめのオプションを5つと、必要無いかな?と思うオプションを2つ紹介していきます。

おすすめオプション NO.1「前席i-サイドエアバッグシステム+サイドカーテンエアバッグシステム」

1つ目の新型ステップワゴンスパーダにおすすめのオプションは「前席i-サイドエアバッグシステム+サイドカーテンエアバッグシステム」です。

こちらのオプションは、万が一の事故時に横からの衝突にも対応したサイドエアバッグシステムとなっており、新車注文時のみ発注を行う事ができるメーカーオプションとなっています。

新型ステップワゴンスパーダの場合、G・EXグレードには様々なオプション品が標準装備されていますが、GやBグレードなどはEXと比べて安全装備などが省かれている事が特徴です。

このエアバッグの特徴はフロントシート部分だけでは無く、セカンドシートからリヤシート部分までエアバッグが膨らむ構造となっています。

 

そのため、主にフロントシートの使用だけでは無くリヤシートを使用する事も多いファミリー世帯から人気のオプションとなっています。

EX程の装備品は必要ないが、安全装備だけは徹底したいと考えるGグレードなどの購入検討者おすすめのオプションです。

おすすめオプション NO.2「ハンズフリースライドドア」

2つ目の新型ステップワゴンスパーダにおすすめのオプションは「ハンズフリースライドドア」です。

こちらのオプションは、助手席側パワースライドドアのドアハンドルに触れることなくドアを開閉することのできるオプションとなっており、納車後も後付けする事が可能なディーラーオプションとなっています。

昨今では欧州車のリヤハッチ部分を中心に、両手で荷物を持ったままでもセンサー部部に足をかざすだけでドアの開閉が行えると言う事から注目を浴びました。

 

日本では主にミニバン車の電動スライドドアに応用されている機能ですが、赤ちゃんや子供を抱っこしなければならない世代や1度に多くの買い物を行うなど車を利用する際に、両手が塞がる事の多い方におすすめのオプションです。

価格は29160円です。

おすすめオプション NO.3「アドバンスドルームミラー」

3つ目の新型ステップワゴンスパーダにおすすめのオプションは「アドバンスドルームミラー」です。

このオプションは、リヤゲート部分に設置されたカメラの映像をルームミラーに映し出すことのできるオプションとなっており、EXグレードを含めた全てのグレードに装着が可能なディーラーオプションとなります。

昨今ではHIDやLEDヘッドライト搭載車が増え、非常に眩しい事から夜間に後方確認が行いづらいなどの問題が発生しています。

ですが、このアドバンスドルームミラーはカメラによって自動的に画面の明るさが調整される防眩機能を搭載しているため、夜間や悪天候時でも確実に後方確認を行う事が可能です。

また、市販品のワイドミラーの様に側面側を確認出来るほど視野角も広がる事から、自転車などの巻き込み防止にも役立つため、安全装備を充実させたいと考えている方におすすめのオプションです。

価格は84240円です。

おすすめオプション NO.4「ACコンセント」

4つ目の新型ステップワゴンスパーダにおすすめのオプションは「ACコンセント」です。

このオプションは、室内に家庭用コンセントジャックを増設する事のできるオプションとなっており、家電製品の使用やスマートフォンなどの充電に役立つオプションです。

昨今では、様々な機器を使用する事のできるUSBジャックなどが標準装備される事も多くなりましたが、その特性上、使用する電力の大きい家電製品は使う事ができないなど使い勝手が制限されてしまう事が問題でした。

このオプションはこれらの問題を解決し、様々な家庭用機器を車内でも使用できるオプションとなっており、万が一の災害時でも機器を選ぶことなく家電製品を使用することが可能となります。

また、アウトドアなど電源の確保が難しい場合にも役立つオプションとなっているため、ステップワゴンの使い勝手を向上させたいと考えている方におすすめのオプションです。

マンション探しは情報戦です!
未公開物件から探せば、
無駄な時間を使わなくて済みます。
▼     ▼

おすすめオプション NO.5「ギャザーズナビゲーション・ステップワゴン専用10インチ プレミアム インターナビ」

5つ目の新型ステップワゴンスパーダにおすすめのオプションは「ギャザーズナビゲーション・ステップワゴン専用10インチ プレミアム インターナビ」です。

このオプションは、ステップワゴン専用に設計された大画面の純正ナビゲーションとなっており、メーカーオプションナビよりも拡張性に優れている点が特徴となります。

昨今では、社外品でも車種専用ナビゲーションの販売が行われていますがステアリングリモコン機能やガイドライン連動型バックカメラ機能が使用できないなど、イマイチ使い勝手が良くないという問題を抱えています。

ですが、こちらのナビの場合にはこれらの機能を最大限活かす事が可能となっています。

また、社外品のナビゲーションは家電製品と同じ扱いとなり保証期間が1年になる事が殆どですが、純正オプションの場合には最低でも3年の保証が付くなど、サポート面も充実しており高額な修理費用を抑えることができると言う観点からもおすすめのオプションとなっています。

価格は270000円です。

 

ここからは新型ステップワゴンスパーダに必要ないと思われるオプションをお伝えします。

必要ないオプション No.1「シートアンダーボックス」

1つ目の新型ステップワゴンスパーダに必要ないオプションは「シートアンダーボックス」です。


このオプションは、2列目シート座面の下部分に収納のためのコンソールボックスを設置するオプションとなっており、収納スペースがやや少ないステップワゴンにはありがたいオプションとなっています。

しがし、この機能は工夫次第でさらに大容量のスペースを確保する事が可能となり、100円均一ショップのトレイなどを利用しDIYで収納スペースを作り出すことも可能となっているため、必要の無いオプションと判断しました。

また、設置場所が2列目シート部分と言う事で、前席側を使用するドライバーなどにメリットが少ないと言う点も、理由の1つとして挙げられます。

価格は8640円です。

必要ないオプション No.2「マッドガード」

2つ目の新型ステップワゴンスパーダに必要ないオプションは「マッドガード」です。


このオプションは、悪天候時や悪路の走行時に泥などの跳ね上げを抑えボディーへの汚れや、傷を防止する役割のあるオプションとなっています。

しかし、新型ステップワゴンスパーダの場合には、最低地上高が150~155mmと他のミニバン車よりも、やや低く設計されています。

そのため、このオプションを装着してしまうと駐車場の車止め縁石やロック板などに接触し、バンパーが破損や変形をしてしまう危険性があるため必要の無いオプションであると判断しました。

また、このオプションを装着する事で社外製エアロパーツを装着する事ができなくなると言う点や、風の抵抗が増え燃費に悪影響を及ぼす可能性があると言う点も必要さを感じない1つの理由となっています。

価格は17280円~19440円です。

まとめ

今回新型ステップワゴンスパーダにおすすめのオプションと必要ないオプションを紹介してきましたが、おすすめする物はどれも実用性に富んでおり実際の装着率が高い物でもあります。

特にメーカーオプションは安全性の向上やリセールバリューに影響があるため、是非装着を行う事をおすすめします。

また、必要の無いオプションはユーザーの考え方次第で必要性の有無が変わってくるため、前述した理由などを参考にすると良いでしょう。

※絶対に損をしない!新車の値引きの裏技」をすべてを見せます!

新車を購入するなら安く買いたいですよね?

関西人の私は損をするのがイヤです。(ドケチでもあります。)

私もあなたと同じように損をせずに誰よりも安く買いたいので、いろいろ聞いたり調べてみました。

その結果は・・・

 

なんと!! 50万円値引き額が上がり、めちゃ安く買うことができたんです。

本当は値引き方法をナイショにしておこうと思ったのですが、ここまで記事を読んで頂いたお礼に、公開することにしました。

本当はは高く売れたことを自慢したいだけだったりして。。

 

・・・というわけで、

私が使った、3つの裏ワザを無料でプレゼントすることにしました。

誰でもカンタンにできる方法なので、実践して損はしません。

興味の無い方は、Yahoo!トップページに飛んでください。
https://www.yahoo.co.jp/

 

【裏ワザ1】購入候補の車よりも、安い価格帯ライバル車と競わせる!

まず、 購入候補車のライバル車を調べましょう。

 

ライバル車の選定ポイントは、 購入候補車よりも価格帯が若干低い車を選ぶことです。

そうすることで・・

「車としては 購入予定の車の方が魅力的なんですが、ライバル車(購入候補車よりも価格帯が若干低い車)の方が価格的に魅力的なので迷っているんです。」

という値引きへのアピールを意思表示できます。

そして、これから紹介する「裏技2と裏技3」の方法を使うことで、値引き交渉において、あなたが優位に立つことが出来ます。

 

【裏ワザ2】車メーカーのクレジットカードを使う!

ほとんど知られていない値引きテクとして、車メーカーのクレジットカードを使うという方法があります。

実はクレジットカードの売上も、ディーラーの成績に反映されるんですね。

ディーラーとしてはクレジットカードを使ってくれるなら、値引きしてもプラスになるので、大幅値引きが可能になります。

【裏ワザ3】無料一括査定で高額買取をしてもらう!

この中で、1番簡単で1番効果が高い方法です。

忘れがちだけど、現在乗っている愛車をそのままディーラーに下取ってもらってはいけません。

 

しっかりと他の買取店などでも見積もりを取って、下取り額を競合させましょう。

ただ、複数ある買取店で下取りを出してもらうのも、メンドクサイと思います。

そこでオススメなのが、「ネットの無料一括査定」です。

 

この方法ならカンタン3分で、あなたの車を最高額で売ることができます。

これなら、忙しいあなたでも出来ますよね。

買取査定は本当にピンきりで、最大で60万円くらい差がでることもあるそうです。

一番オススメなのが、「カーセンサーの簡単ネット査定」です。

私もこのサイトで、7年落ちのヴィッツを査定してもらったところ、50万円という見積が出てビックリしたのを覚えています。

一括見積りせずに、数万円程度で下取りに出して損しなくて本当によかったです。

ただ、疑い深い私は、あまりにも下取り価格が高かったのでいろいろ調べました。

 

どうやら高額買取してくれる店は、東南アジアに輸出してるみたいです。

だから、ボロボロの車でも、相場よりも高く買取ってくれるらしいです。

なので損したくない方は「カーセンサーの簡単ネット車査定」で、
無料一括見積りをすることをおすすめします。

最後に・・

私が調べに調べた値引きの裏ワザはいかがでしたか?

あなたも徹底的に値引きして、これからの相棒になる、新しい車を出来るだけ安く購入してくださいね。

そのはじめの一歩として、まずは車を無料一括査定してみましょう。

3分程度で、50万円もお得になる可能性がありますからね。。。

カーセンサーの簡単ネット査定の詳細はコチラ

買取額は毎日変動するので、すぐにでも査定を申し込んでおいた方がいいと思います。

翌日、10万円も買取額が下がってしまっていたら、ガッカリしますからね。

少ない負担でどうしても新車を手に入れたいなら、

カーリースが良い選択です。

詳細はバナーをクリック!
↓        ↓

カーリースだと、車検基本料、自動車税、登録時・継続時の諸費用などが全部コミコミで、月々たったの8,000円から契約できます。

-HONDA

Copyright© 新型Car-Feeling , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.