新型Car-Feeling

新型車の徹底比較をしています!

セレナe-power VS エスクァイアの比較【燃費、価格、室内、外観など】

更新日:


日産のセレナe-powerエスクァイアの気になるポイントを比較していきたいと思います。

 

セレナe-power vs エスクァイア ボディサイズを比較

セレナe-powerのボディーサイズ


セレナe-powerのボディーサイズは全長4690mm(ハイウェイスターは4770mm)×全幅1695mm(ハイウェイスターは1740mm)×全高1865mmとなっており、標準的な5ナンバーサイズミニバン車となっています。

ハイウェイスターの場合にはエアロバンパーが装着されるため、全長が5ナンバーサイズ(全長4700mm以下)をオーバーしてしまうことから、ナンバー区分は3ナンバーとなりますが税金などに変更はありません。

エスクァイアのボディーサイズ


一方のエスクァイアですが、全長4695mm×全幅1695mm×全高1825mmとなっており、セレナe-powerとほぼ同じサイズとなっています。

エスクァイアにはセレナe-powerハイウェイスターの様な、エアロバンパー仕様の設定がありません。

なので、販売店オプションで装着が可能な、エアロ装備を装着しない限りは5ナンバーのみのサイズ展開となっています。

また、エスクァイアの方が約40mm全高が低くなっており、風による横揺れはエスクァイアの方が若干少なくなります。

セレナe-power vs エスクァイア  外観を比較

セレナe-powerの外観

セレナe-powerの外観はボンネットの先端に掛けて緩やかな丸みを帯びており、箱形が一般的なミニバン車において珍しいデザインとなっています。

また、日産車のシンボルデザインでもあるVモーションと言われる、フロントグリルを採用しメッキ加飾を施すことで、アクセントを加えたデザインとなっています。

そして、フロントバンパーからボディー側面に掛けて、緩やかな凹凸を付けたデザインとなっており、こちらもフロントグリル同様にアクセントを加えたデザインとなっています。

エスクァイアの外観

一方のエスクァイアですが、同じトヨタ自動車から販売されているノア・ヴォクシーの装備をグレードアップした高級車仕様となっています。

フロントグリルなどにはメッキ加飾を多く採用し、アルファードを意識した四角い箱形のデザインとなっています。

ボディー側面はセレナe-powerの様な、アクセントを加えたデザインを採用していませんが、ステンレスベルトモールを装着しているため、上質感を演出しており色によるアクセントが加えられています。

見た目の上質感はエスクァイアのほうが上ですが、スポーツ感ではセレナe-powerの方が上になるでしょう。

セレナe-power vs エスクァイア  室内サイズを比較

セレナe-powerの室内サイズ

セレナe-powerの室内サイズは室内長3170mm~3240mm×室内幅1545mm×室内高1400mmとなっています。

エスクァイアの室内サイズ

それに対して、エスクァイアは室内長2930mm×室内幅1540mm×室内高1400mmとなっており、室内長に関しては圧倒的にセレナe-powerの方が広くなっています。

室内幅と室内高は両車とも、ほぼ同じサイズとなっているため、ゆったりとした室内空間を求めるのであれば、セレナe-powerに軍配が挙がります。

内装の高級感や作り込みなどは、合成皮革などを多用し上質感を演出しているエスクァイアに軍配が挙がりますので、用途によって決めると良いでしょう。

セレナe-power vs エスクァイア  エンジンと燃費を比較

セレナe-powerのエンジン

セレナe-powerに搭載されるエンジンは、1.2リットルDOHC3気筒エンジンで、このエンジンによって発電された電気を、モーターに供給する事で走行を行っています。

搭載されているモーターはEM57型と呼ばれるモーターで、最大馬力が136psを誇ります。

街中などの低速走行が多い場所では、十分な馬力と言えますが、高速道路の追い越しや峠道などではパワー不足を感じるかも知れません。

セレナe-powerの燃費

セレナe-powerの燃費はJC08モードで、26.2km/Lとなっており、同クラスのミニバン車としてはトップクラスの燃費性能を誇ります。

エスクァイアのエンジン

一方のエスクァイアですが、ハイブリッド車の場合は2ZR-FXEと言うエンジンと5JMと言うモーターを組み合わせて走行しています。

2ZR-FXEエンジンの最高馬力は99ps、5JMモーターの最大馬力は82psとなっています。

こちらも、セレナe-powerと同様に、低速走行の多い街中などでは快適に走行する事が可能ですが、高速域や峠道などではパワー不足を感じます。

トランスミッションが電気式CVTを採用している事もあり、変速時のシフトショックはありません。

ところが、加速までに時間が掛かるため、一度スピードを緩めると元のスピードに戻すまで時間が掛かります。

エスクァイアの燃費

燃費はJC08モードで23.8km/Lとなっておりセレナe-powerよりも劣ります。

エスクァイアのガソリン車に搭載されているエンジンは、3ZR-FAEという2.0リットルDOHCエンジンで、最大馬力は152psとなっており、こちらは高速域や峠道などでも快適に走行する事が可能です。

セレナe-powerや、エスクァイアのハイブリッド車よりも走行性能では勝っています。

ですが、ハイブリッドシステム非搭載と言う事で、燃費はJC08モードで16km/Lとなっており、セレナe-powerと比べると約10km/Lもの差が生まれますので注意して下さい。

マンション探しは情報戦です!
未公開物件から探せば、
無駄な時間を使わなくて済みます。
▼     ▼

セレナe-power vs エスクァイア  価格を比較

セレナe-powerの価格

セレナe-powerの価格は、約297万円からとなっており、最上位グレードであるハイウェイスターVは約340万円となっています。

エスクァイアの価格

一方のエスクァイアですが、ハイブリッド車は約315万円からとなっており、最上級グレードであるハイブリッドGi PremiumPackageは約336万円となっています。

内装の質感などを加味すると、エスクァイアのハイブリッド車の方が総合的には安いという事になります。

また、エスクァイアのガソリン車については、約267万円から約300万円となっており、ハイブリッドシステムを除いた価格という意味では適正な価格と言えます。

価格に関しては、値引き額などが入っていないメーカー希望価格となっていますので、条件によってはさらに価格が下がると見込まれます。

比較まとめ

セレナe-powerとエスクァイアを比較してきましたが、質感やゴージャス感という観点ではエスクァイアに軍配が挙がります。

一方のセレナe-powerは、エスクァイアの登場から約4年後の発売と言う事で最先端の安全装備や運転技術が搭載されており、システム面ではセレナe-powerに軍配が挙がるでしょう。

充実した質感の高い装備品を求める場合は「エスクァイア」、最先端の安全装備や運転技術などを求める場合には「セレナe-power」を選択すると良いと思います。

※絶対に損をしない!新車の値引きの裏技」をすべてを見せます!

新車を購入するなら安く買いたいですよね?

関西人の私は損をするのがイヤです。(ドケチでもあります。)

私もあなたと同じように損をせずに誰よりも安く買いたいので、いろいろ聞いたり調べてみました。

その結果は・・・

 

なんと!! 50万円値引き額が上がり、めちゃ安く買うことができたんです。

本当は値引き方法をナイショにしておこうと思ったのですが、ここまで記事を読んで頂いたお礼に、公開することにしました。

本当はは高く売れたことを自慢したいだけだったりして。。

 

・・・というわけで、

私が使った、3つの裏ワザを無料でプレゼントすることにしました。

誰でもカンタンにできる方法なので、実践して損はしません。

興味の無い方は、Yahoo!トップページに飛んでください。
https://www.yahoo.co.jp/

 

【裏ワザ1】購入候補の車よりも、安い価格帯ライバル車と競わせる!

まず、 購入候補車のライバル車を調べましょう。

 

ライバル車の選定ポイントは、 購入候補車よりも価格帯が若干低い車を選ぶことです。

そうすることで・・

「車としては 購入予定の車の方が魅力的なんですが、ライバル車(購入候補車よりも価格帯が若干低い車)の方が価格的に魅力的なので迷っているんです。」

という値引きへのアピールを意思表示できます。

そして、これから紹介する「裏技2と裏技3」の方法を使うことで、値引き交渉において、あなたが優位に立つことが出来ます。

 

【裏ワザ2】車メーカーのクレジットカードを使う!

ほとんど知られていない値引きテクとして、車メーカーのクレジットカードを使うという方法があります。

実はクレジットカードの売上も、ディーラーの成績に反映されるんですね。

ディーラーとしてはクレジットカードを使ってくれるなら、値引きしてもプラスになるので、大幅値引きが可能になります。

【裏ワザ3】無料一括査定で高額買取をしてもらう!

この中で、1番簡単で1番効果が高い方法です。

忘れがちだけど、現在乗っている愛車をそのままディーラーに下取ってもらってはいけません。

 

しっかりと他の買取店などでも見積もりを取って、下取り額を競合させましょう。

ただ、複数ある買取店で下取りを出してもらうのも、メンドクサイと思います。

そこでオススメなのが、「ネットの無料一括査定」です。

 

この方法ならカンタン3分で、あなたの車を最高額で売ることができます。

これなら、忙しいあなたでも出来ますよね。

買取査定は本当にピンきりで、最大で60万円くらい差がでることもあるそうです。

一番オススメなのが、「カーセンサーの簡単ネット査定」です。

私もこのサイトで、7年落ちのヴィッツを査定してもらったところ、50万円という見積が出てビックリしたのを覚えています。

一括見積りせずに、数万円程度で下取りに出して損しなくて本当によかったです。

ただ、疑い深い私は、あまりにも下取り価格が高かったのでいろいろ調べました。

 

どうやら高額買取してくれる店は、東南アジアに輸出してるみたいです。

だから、ボロボロの車でも、相場よりも高く買取ってくれるらしいです。

なので損したくない方は「カーセンサーの簡単ネット車査定」で、
無料一括見積りをすることをおすすめします。

最後に・・

私が調べに調べた値引きの裏ワザはいかがでしたか?

あなたも徹底的に値引きして、これからの相棒になる、新しい車を出来るだけ安く購入してくださいね。

そのはじめの一歩として、まずは車を無料一括査定してみましょう。

3分程度で、50万円もお得になる可能性がありますからね。。。

カーセンサーの簡単ネット査定の詳細はコチラ

買取額は毎日変動するので、すぐにでも査定を申し込んでおいた方がいいと思います。

翌日、10万円も買取額が下がってしまっていたら、ガッカリしますからね。

少ない負担でどうしても新車を手に入れたいなら、

カーリースが良い選択です。

詳細はバナーをクリック!
↓        ↓

カーリースだと、車検基本料、自動車税、登録時・継続時の諸費用などが全部コミコミで、月々たったの8,000円から契約できます。

-日産

Copyright© 新型Car-Feeling , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.