新型Car-Feeling

新型車の徹底比較をしています!

マツダ 新型 CX-8の口コミ評判や評価まとめ 2018!ナッパレザーとは?【外観、内装、燃費など】

更新日:


マツダ 新型 CX-8は事前にモーターショーなどでお披露目されており、専門化並びにユーザーからも高い評価を受けています。

Twitterなどにも多くの評価口コミが投稿されているのを見かけます。

そこで、マツダ 新型 CX-8の外観や内装、燃費についての評判や評価をまとめましたので、お伝えします。

 

「マツダ 新型 CX-8」外観への口コミ評判

新型 CX-8 の見た目についての評判や評価を聞いてみました・・・

 

 マツダの代表的なクロスオーバーSUVと言えばCX-5が有名です。

ところが、この新型CX-8はCX-5よりも多人数で乗ることを意識したつくりとなっており、全長が400ミリほど長くなっています。

しかし全体像は間延びすることなく、しっかりと纏まりが感じられる仕上がりです。

どちらかと言えば少しゴージャス感が増した大人のクロスオーバーと言えるのではないでしょうか。

 フロントマスクは2018年も人気が揺るがないであろうMAZDA独自の、デザインというべき、シャープでスポーティなラインを保っており、男らしい力強さが感じられるフロントグリルとのマッチングも抜群です。

 最上級グレードモデルのXD L Packageを選ぶと、ヘッドライトがユニット内シグネチャーLEDランプ仕様となり、さらにキリッと引き締まった印象を与えることが可能です。

 ルーフレールやサイドガーニッシュなども、標準装備となり、全体的に完成度を高めてくれます。

 

「マツダ 新型 CX-8」内装への口コミ評判

 新型CX-8の内装デザインを手がけたのは女性です。

コンセプトは「TIMELESS EDGY」意味を説明すると、いつまでも変わらない刺激的なデザインであるという思いが込められているようです。

 実際の内装はとても高級感に満ちていてラグジュアリーで、素材ひとつひとつに本物のこだわりが見え隠れしています。そのひとつがダッシュボードや前列のドア付近に配されているウッドパネル。

本杢(ほんもく)という本当の木を用いているので、温かみのある美しい質感を演出しています。

  またシートに用いる※ナッパレザーも本来使われているものよりも、ドットの感覚が狭くきめ細かな印象を受けます。

ナッパレザーとは、ベンツなどの高級車のシートで使用されている、レザー素材です。
ナッパレザーの特徴は上質な質感にあります。
触ると、とても柔らかい手触りに心を奪われると言っても、大げさではないぐらいの上質感と丈夫さが魅力です。

 運転席は乗り込んだ時に、ワクワクしそうな雰囲気で、ステアリングは手に馴染む本革仕様でメッキパーツがキラリと光ります。

 7インチWVGAセンターディスプレイは、視認性を高めるためダッシュボート上に設けられ、さまざまな情報を提供してくれます。

「マツダ 新型 CX-8」燃費についての口コミ評判

 やはりこのご時世気になるのが燃費ではないでしょうか。
このCX-8にはマツダが誇るスカイアクティブ―Dと呼ばれるクリーンディーゼルエンジンが採用されており、燃費も上々な結果をみせています。

 一般的な市街地モードでは12.7キロ、スムーズに流れる郊外モードでは15.7キロ、高速道路になると18.0キロとさらに伸びることになります。

 実燃費に近い指針となるJC08モードでは17.6キロなので、十分に実用的な水準を満たしているといってもいいと思われます。

またディーゼルエンジンなので燃料は軽油となり月々の費用も抑えられ家計の負担も軽減してくれます。

関連記事
>>マツダ 新型 CX-8 エンジン・動力性能・サイズ・内装は?

 

「マツダ 新型 CX-8」その他の口コミ評判

  新型CX-8はレジャーから街乗りまでシーンを選ばない車となっています。

レジャーでは750キロまでのトレーラーなら普通免許で牽引できるとされ、ボートなどを持ち運びできたりします。

 

  そしてCX-8の特徴のひとつが3列シートであることで、大人数でも乗り込みやすいように、ドアの開閉角度やシートのスライド幅が意識されています。

またレイアウトも多彩で、シートを倒せば荷台にも早変わり大容量の荷物が積み込めます。

 心憎い演出が、ラゲッジスペースのサブトランクボックス。

ここにも、いろんなものが収納可能で、カスタム時のスピーカーの取り付けスペースにもなるようです。

 マツダのこだわりの安全性についても、アクセルやブレーキなどのペダルレイアウトが、踏み間違えを防ぐように、ペダル間にゆとりを持たせています。

さらに、アクセルペダルには長時間のドライブでも、疲れづらいとされる床に、ペダルがついているオルガン式を採用しています。

※絶対に損をしない!新車の値引きの裏技」をすべてを見せます!

新車を購入するなら安く買いたいですよね?

関西人の私は損をするのがイヤです。(ドケチでもあります。)

私もあなたと同じように損をせずに誰よりも安く買いたいので、いろいろ聞いたり調べてみました。

その結果は・・・

 

なんと!! 50万円値引き額が上がり、めちゃ安く買うことができたんです。

本当は値引き方法をナイショにしておこうと思ったのですが、ここまで記事を読んで頂いたお礼に、公開することにしました。

本当はは高く売れたことを自慢したいだけだったりして。。

 

・・・というわけで、

私が使った、3つの裏ワザを無料でプレゼントすることにしました。

誰でもカンタンにできる方法なので、実践して損はしません。

興味の無い方は、Yahoo!トップページに飛んでください。
https://www.yahoo.co.jp/

 

【裏ワザ1】購入候補の車よりも、安い価格帯ライバル車と競わせる!

まず、 購入候補車のライバル車を調べましょう。

 

ライバル車の選定ポイントは、 購入候補車よりも価格帯が若干低い車を選ぶことです。

そうすることで・・

「車としては 購入予定の車の方が魅力的なんですが、ライバル車(購入候補車よりも価格帯が若干低い車)の方が価格的に魅力的なので迷っているんです。」

という値引きへのアピールを意思表示できます。

そして、これから紹介する「裏技2と裏技3」の方法を使うことで、値引き交渉において、あなたが優位に立つことが出来ます。

 

【裏ワザ2】車メーカーのクレジットカードを使う!

ほとんど知られていない値引きテクとして、車メーカーのクレジットカードを使うという方法があります。

実はクレジットカードの売上も、ディーラーの成績に反映されるんですね。

ディーラーとしてはクレジットカードを使ってくれるなら、値引きしてもプラスになるので、大幅値引きが可能になります。

【裏ワザ3】無料一括査定で高額買取をしてもらう!

この中で、1番簡単で1番効果が高い方法です。

忘れがちだけど、現在乗っている愛車をそのままディーラーに下取ってもらってはいけません。

 

しっかりと他の買取店などでも見積もりを取って、下取り額を競合させましょう。

ただ、複数ある買取店で下取りを出してもらうのも、メンドクサイと思います。

そこでオススメなのが、「ネットの無料一括査定」です。

 

この方法ならカンタン3分で、あなたの車を最高額で売ることができます。

これなら、忙しいあなたでも出来ますよね。

買取査定は本当にピンきりで、最大で60万円くらい差がでることもあるそうです。

一番オススメなのが、「カーセンサーの簡単ネット査定」です。

私もこのサイトで、7年落ちのヴィッツを査定してもらったところ、50万円という見積が出てビックリしたのを覚えています。

一括見積りせずに、数万円程度で下取りに出して損しなくて本当によかったです。

ただ、疑い深い私は、あまりにも下取り価格が高かったのでいろいろ調べました。

 

どうやら高額買取してくれる店は、東南アジアに輸出してるみたいです。

だから、ボロボロの車でも、相場よりも高く買取ってくれるらしいです。

なので損したくない方は「カーセンサーの簡単ネット車査定」で、
無料一括見積りをすることをおすすめします。

最後に・・

私が調べに調べた値引きの裏ワザはいかがでしたか?

あなたも徹底的に値引きして、これからの相棒になる、新しい車を出来るだけ安く購入してくださいね。

そのはじめの一歩として、まずは車を無料一括査定してみましょう。

3分程度で、50万円もお得になる可能性がありますからね。。。

カーセンサーの簡単ネット査定の詳細はコチラ

買取額は毎日変動するので、すぐにでも査定を申し込んでおいた方がいいと思います。

翌日、10万円も買取額が下がってしまっていたら、ガッカリしますからね。

 

 

-マツダ

Copyright© 新型Car-Feeling , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.