新型Car-Feeling

新型車の徹底比較をしています!

日産 新型リーフ フルモデルチェンジ後の走行距離や充電時間は?

更新日:


日産の環境先進技術の代表とも言えるリーフがフルモデルチェンジしました。初代の発売から7年を経て新型となります。

日産が満を持して登場させただけあって、飛躍的な性能向上を実現させています。これから具体的にどこが良くなったか? ご紹介していきます。

新型リーフとなって走行距離がパワーアップ!


新型リーフのパワーに注目!旧型のリーフも電動モーターの特徴を生かし、アクセル踏んで間髪入れずに力強く加速していましたが、新型リーフは最高出力110kW、最大トルク320N・mのパワーがあります。

旧型は最高出力80kW、最大トルク280N・mだったので、その速さは折り紙付きです。

次はバッテリーの容量。たくさんバッテリーを積んでいると、一回の充電でたくさんの距離が走れます。

旧型はバッテリー容量は24kWhと30kWhの2種類がありました。24kWhの車の一回の充電で走れる距離は228km、30kWhの車は280kmでした。

新型は40kWhという、たくさんのバッテリーを積んでいます。それによって1回の充電で何と、400kmも走れちゃいます。かなりの走行距離ですね。

旧型の30kWhの車と比べると、約1.4倍多く走れちゃいます。これなら遠出もバッテリーの残りは大丈夫かな?という心配も減りますね。

ただ、バッテリーをたくさん積んでいると、満タンになるまで充電の時間がかかってしまうという困った事が起こります。

でも大丈夫。日産は家で早く充電できる様、充電器を用意しました。これで旧型と同じ約8時間でバッテリーが空っぽから満タンまでできます。夜、寝ているときに充電すればOKですね。




すごく便利なプロパイロット&プロパイロットパーキング


日産の先進技術の一つにプロパイロットとプロパイロットパーキングという機能があります。プロパイロットは高速道路などで走っているとき、前の車がいたら自動で車間距離を取って走ってくれたり、道路の白線を見てハンドルを自動で切ってくれる便利な機能です。

まだ完全な自動運転とはいかず、運転手さんがきちんとハンドルを握って周りに気を付けながら運転する必要がありますが、車が運転を大分頑張って手助けしてくれるので、運転手さんは大助かりです。

次はプロパイロットパーキング。これは駐車を車が自動でしてくれる機能です。方法は簡単。駐車したい場所のそばで止まって、ボタンを押すだけ。

ハンドルやアクセル・ブレーキすべてを全部、車がやってくれます。これはもう完全な自動運転! 駐車が苦手な運転手さんにはとてもありがたい機能です。




とってもかっこよくなった新型リーフのデザイン

新型リーフのYouTube動画

旧型のどちらかというと可愛らしいデザインから一転、シャープでカッコいいデザインになりました。

最近の日産車が取り入れている、フロントのV型のグリル形状、そこから左右へ伸びている細くて鋭いヘッドランプ、リヤのブーメラン型のブレーキランプなど、クールでカッコいいですね。




新型リーフの未来感がある静かな室内


室内に入ってみると、目を引くのはメーターのモニターです。メーターは速度計の隣に大きいカラーの液晶モニターが設置されます。

ここには、プロパイロットの作動状況や、パワーメーター、予想充電時間表示、バッテリー容量、エアコンやオーディオなどの情報を表示することが出来ます。

とても便利で近未来感がありますね。 さらに走り出すと体感できるのですが、とにかく静かです。エンジンではなくモーターで走るので、それは当たり前でしょ?と思うかもしれませんが、同じモーターで動く電車って結構うるさいので、実はモーターも決して静かではないんです。

でも、リーフは音を吸収する材料を適切に使うことにより、静かで快適な車内を実現しました。

新型リーフ、いかがでしたでしょうか。旧型もすごかったのに、それに輪をかけて高性能で便利な車になりました。ぜひディーラーに行って体感してみてください。

※絶対に損をしない!新車の値引きの裏技」をすべてを見せます!

新車を購入するなら安く買いたいですよね?

関西人の私は損をするのがイヤです。(ドケチでもあります。)

私もあなたと同じように損をせずに誰よりも安く買いたいので、いろいろ聞いたり調べてみました。

その結果は・・・

 

なんと!! 50万円値引き額が上がり、めちゃ安く買うことができたんです。

本当は値引き方法をナイショにしておこうと思ったのですが、ここまで記事を読んで頂いたお礼に、公開することにしました。

本当はは高く売れたことを自慢したいだけだったりして。。

 

・・・というわけで、

私が使った、3つの裏ワザを無料でプレゼントすることにしました。

誰でもカンタンにできる方法なので、実践して損はしません。

興味の無い方は、Yahoo!トップページに飛んでください。
https://www.yahoo.co.jp/

 

【裏ワザ1】購入候補の車よりも、安い価格帯ライバル車と競わせる!

まず、 購入候補車のライバル車を調べましょう。

 

ライバル車の選定ポイントは、 購入候補車よりも価格帯が若干低い車を選ぶことです。

そうすることで・・

「車としては 購入予定の車の方が魅力的なんですが、ライバル車(購入候補車よりも価格帯が若干低い車)の方が価格的に魅力的なので迷っているんです。」

という値引きへのアピールを意思表示できます。

そして、これから紹介する「裏技2と裏技3」の方法を使うことで、値引き交渉において、あなたが優位に立つことが出来ます。

 

【裏ワザ2】車メーカーのクレジットカードを使う!

ほとんど知られていない値引きテクとして、車メーカーのクレジットカードを使うという方法があります。

実はクレジットカードの売上も、ディーラーの成績に反映されるんですね。

ディーラーとしてはクレジットカードを使ってくれるなら、値引きしてもプラスになるので、大幅値引きが可能になります。

【裏ワザ3】無料一括査定で高額買取をしてもらう!

この中で、1番簡単で1番効果が高い方法です。

忘れがちだけど、現在乗っている愛車をそのままディーラーに下取ってもらってはいけません。

 

しっかりと他の買取店などでも見積もりを取って、下取り額を競合させましょう。

ただ、複数ある買取店で下取りを出してもらうのも、メンドクサイと思います。

そこでオススメなのが、「ネットの無料一括査定」です。

 

この方法ならカンタン3分で、あなたの車を最高額で売ることができます。

これなら、忙しいあなたでも出来ますよね。

買取査定は本当にピンきりで、最大で60万円くらい差がでることもあるそうです。

一番オススメなのが、「カーセンサーの簡単ネット査定」です。

私もこのサイトで、7年落ちのヴィッツを査定してもらったところ、50万円という見積が出てビックリしたのを覚えています。

一括見積りせずに、数万円程度で下取りに出して損しなくて本当によかったです。

ただ、疑い深い私は、あまりにも下取り価格が高かったのでいろいろ調べました。

 

どうやら高額買取してくれる店は、東南アジアに輸出してるみたいです。

だから、ボロボロの車でも、相場よりも高く買取ってくれるらしいです。

なので損したくない方は「カーセンサーの簡単ネット車査定」で、
無料一括見積りをすることをおすすめします。

最後に・・

私が調べに調べた値引きの裏ワザはいかがでしたか?

あなたも徹底的に値引きして、これからの相棒になる、新しい車を出来るだけ安く購入してくださいね。

そのはじめの一歩として、まずは車を無料一括査定してみましょう。

3分程度で、50万円もお得になる可能性がありますからね。。。

カーセンサーの簡単ネット査定の詳細はコチラ

買取額は毎日変動するので、すぐにでも査定を申し込んでおいた方がいいと思います。

翌日、10万円も買取額が下がってしまっていたら、ガッカリしますからね。

少ない負担でどうしても新車を手に入れたいなら、

カーリースが良い選択です。

詳細はバナーをクリック!
↓        ↓

カーリースだと、車検基本料、自動車税、登録時・継続時の諸費用などが全部コミコミで、月々たったの8,000円から契約できます。

-日産

Copyright© 新型Car-Feeling , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.