新型Car-Feeling

新型車の徹底比較をしています!

新型スペーシア  vs NBOX  比較【優れているのはどっちの軽自動車?】

更新日:


軽自動車で人気のミニバンを購入するときに、スズキ 新型スペーシアと、ホンダ NBOXで迷うと思います。

そこで、この記事では両車のメリットやデメリットについて、比較して行きたいと思います。

 

 

新型スペーシアがNBOXよりも優れている点

 

新型スペーシアのスリムサーキュレーター

新型スペーシアがNBOXよりも優れている点は、快適に車の中で過ごすための装備です。

そのなかでも目を引く装備が、スリムサーキュレーターです。

スリムサーキュレーターは前席と後席の温度差をなくす為の機能です。

薄型で大きな荷物を積んでも邪魔にならず、空気を循環してくれるので、エアコン効率もよくなります。

他にもエアコンの、風の出る部分も手でつまみを回して風量を調整できるようになりました。

直接風にあたるのは嫌だけど、人によって暑い寒いというのを解消しました。

このように新型スペーシアでは、車内の風の流れについてとても力を入れたということがわかります。

新型スペーシアは画期的なヘッドアップディスプレイ

次にどうしても紹介したい装備が、軽自動車で初めてのヘッドアップディスプレイです。

 

車の運転中に前方から視線をはずすことなく、速度等、運転に必要な情報をフロントガラスに映し出してくれます。

また、ナビゲーションと連動しているので、ナビゲーションにわざわざ視線を送る必要がなくなりました。

これは安全面の改革と言っても良いと思います。

新型スペーシアは価格が安く購入しやすい!

 

新型スペーシア vs N-BOX スペック比較表

  新型スペーシア N-BOX
グレード HYBRID X G・EX Honda SENSING
駆動方式 2WD 2WD
トランスミッション CVT CVT
価格(税込み) 1,468,800円 1,596,240円
燃費(JC08モード) 28.2km/L 27.0km/L
全長 3,395mm 3,395mm
全幅 1,475mm 1,475mm
全高 1,785mm 1,790mm
ホイールベース 2,460mm 2,520mm
乗車人数 4人 4人
車両重量 870kg 930kg
エンジン方式 水冷直列3気筒DOHC 水冷直列3気筒DOHC i-VTEC
排気量 658cc 658cc
最高出力(エンジン) 38kW(52PS)/6,500rpm 43kW(58PS)/7,300rpm
最大トルク(エンジン) 60N・m(6.1kg・m)/4,000rpm 65N・m(6.6kg・m)/4,800rpm
最高出力(モーター) 2.3kW(3.1PS)/1,000rpm
最大トルク(モーター) 50N・m(5.1kg・m)/100rpm
燃料 無鉛レギュラーガソリン 無鉛レギュラーガソリン

NBOXと新型スペーシアを比較すると、新型スペーシアのほうが約10万程度安いです(低グレードの比較)。

10万円変わると、だいぶ変わってくると思います。

節約するのも良いですし、その分でオプションをたくさんつける等、様々なお金の使い道を選択できると思います。

スズキ 新型スペーシア おすすめのオプションパーツ 4選
ホンダ 新型NBOXのおすすめ オプションパーツ 8選

 

新型スペーシアは安全の為の最新装備が凄い!

その装備は、軽自動車で初めての全方位モニター用カメラです。

車の前後左右に4つのカメラを設置してあり、様々なアングルから車を見ることができます。

前方、横方向、後方に加え、車の周辺360度を立体的に見ることができる3Dビューを搭載したことです。

新型スペーシアはスーツケースをモチーフにデザインされているので、四角形です。

角があると、どうしても死角ができやすくなるのが車です。それを解消してくれた装備なのです。

出発時に周囲を確認できるというのは、小さなお子さんがいる家庭では安心できると思います。

この装備がついたことによって、基本安全、予防安全、衝突安全と安全に関しては、現在発売されている軽自動車の車種でトップクラスです。

ここまで安全について考えを形にできるということは、とても凄いことだと思います。今後の安全面の考え方の進む方向にさらに期待したいです。

下取り車の買取相場を調べる

NBOXが新型スペーシアよりも優れている点

 

NBOXはボディーカラーが多彩

NBOXはボディーカラーとルーフカラーが別々の色を選べます。

外国車でよく見る2色のカラーリングです。

 

ボディーの色は、一番最初に目に入ってくる部分なのでインパクトが違います。

視覚効果もあり、車をスッキリ、ポップに、上品に見せてくれます。

ボディーカラーと合わせてスマートキーも2色のカラーリングになります。

現在は9種類を展開していますが、今後のバリエーションが楽しみな部分でもあります。

このようにNBOXの値段は抑えられて、カラーリングが個性的なとても魅力ある車だと思います。

 

NBOXはインテリアのデザインが上質

NBOX インテリア画像

 

新型スペーシアのインテリア画像

 

車に乗ると毎回目に入る、付き合いの長い部分です。NBOXは、クロームメッキを使用していたりと、高級感、上品、洗練されているところです。

 

新型スペーシアは、どっちかというとポップで、ファミリー向けというイメージがあります。

そんなインテリアでも、NBOXの収納面は充実しています。

収納を比較すると新型スペーシアは14箇所、NBOXは20箇所と、NBOXのほうが収納が多いことがわかります。

ティッシュペーパー等の車内で必要なものが研究されており、使用する時の使いやすさまでも計算されているので、本当にかゆいところに手が届くという表現がぴったりの収納です。

これだけ収納があれば、どこにしまったのかわからないということがなくなります。

このようにNBOXは、乗り手を選ぶことなく、どの年齢の方が乗っても使いやすいインテリアを考えて作られたのだと思います。

 

※絶対に損をしない!新車の値引きの裏技」をすべてを見せます!

新車を購入するなら安く買いたいですよね?

関西人の私は損をするのがイヤです。(ドケチでもあります。)

私もあなたと同じように損をせずに誰よりも安く買いたいので、いろいろ聞いたり調べてみました。

その結果は・・・

 

なんと!! 50万円値引き額が上がり、めちゃ安く買うことができたんです。

本当は値引き方法をナイショにしておこうと思ったのですが、ここまで記事を読んで頂いたお礼に、公開することにしました。

本当はは高く売れたことを自慢したいだけだったりして。。

 

・・・というわけで、

私が使った、3つの裏ワザを無料でプレゼントすることにしました。

誰でもカンタンにできる方法なので、実践して損はしません。

興味の無い方は、Yahoo!トップページに飛んでください。
https://www.yahoo.co.jp/

 

【裏ワザ1】購入候補の車よりも、安い価格帯ライバル車と競わせる!

まず、 購入候補車のライバル車を調べましょう。

 

ライバル車の選定ポイントは、 購入候補車よりも価格帯が若干低い車を選ぶことです。

そうすることで・・

「車としては 購入予定の車の方が魅力的なんですが、ライバル車(購入候補車よりも価格帯が若干低い車)の方が価格的に魅力的なので迷っているんです。」

という値引きへのアピールを意思表示できます。

そして、これから紹介する「裏技2と裏技3」の方法を使うことで、値引き交渉において、あなたが優位に立つことが出来ます。

 

【裏ワザ2】車メーカーのクレジットカードを使う!

ほとんど知られていない値引きテクとして、車メーカーのクレジットカードを使うという方法があります。

実はクレジットカードの売上も、ディーラーの成績に反映されるんですね。

ディーラーとしてはクレジットカードを使ってくれるなら、値引きしてもプラスになるので、大幅値引きが可能になります。

【裏ワザ3】無料一括査定で高額買取をしてもらう!

この中で、1番簡単で1番効果が高い方法です。

忘れがちだけど、現在乗っている愛車をそのままディーラーに下取ってもらってはいけません。

 

しっかりと他の買取店などでも見積もりを取って、下取り額を競合させましょう。

ただ、複数ある買取店で下取りを出してもらうのも、メンドクサイと思います。

そこでオススメなのが、「ネットの無料一括査定」です。

 

この方法ならカンタン3分で、あなたの車を最高額で売ることができます。

これなら、忙しいあなたでも出来ますよね。

買取査定は本当にピンきりで、最大で60万円くらい差がでることもあるそうです。

一番オススメなのが、「カーセンサーの簡単ネット査定」です。

私もこのサイトで、7年落ちのヴィッツを査定してもらったところ、50万円という見積が出てビックリしたのを覚えています。

一括見積りせずに、数万円程度で下取りに出して損しなくて本当によかったです。

ただ、疑い深い私は、あまりにも下取り価格が高かったのでいろいろ調べました。

 

どうやら高額買取してくれる店は、東南アジアに輸出してるみたいです。

だから、ボロボロの車でも、相場よりも高く買取ってくれるらしいです。

なので損したくない方は「カーセンサーの簡単ネット車査定」で、
無料一括見積りをすることをおすすめします。

最後に・・

私が調べに調べた値引きの裏ワザはいかがでしたか?

あなたも徹底的に値引きして、これからの相棒になる、新しい車を出来るだけ安く購入してくださいね。

そのはじめの一歩として、まずは車を無料一括査定してみましょう。

3分程度で、50万円もお得になる可能性がありますからね。。。

カーセンサーの簡単ネット査定の詳細はコチラ

買取額は毎日変動するので、すぐにでも査定を申し込んでおいた方がいいと思います。

翌日、10万円も買取額が下がってしまっていたら、ガッカリしますからね。

少ない負担でどうしても新車を手に入れたいなら、

カーリースが良い選択です。

詳細はバナーをクリック!
↓        ↓

カーリースだと、車検基本料、自動車税、登録時・継続時の諸費用などが全部コミコミで、月々たったの8,000円から契約できます。

-HONDA, スズキ
-,

Copyright© 新型Car-Feeling , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.