新型Car-Feeling

新型車の徹底比較をしています!

HONDA ディーラーとサブディーラーとの違いは?【スッキリしました!】

投稿日:


https://www.honda.co.jp/

車の販売店には「ディーラー」と「販売店(サブディーラー)」がありますが、この違いは何か考えてみたいと思います。

またどのようなディーラーで、車を購入するのがベストなのかも検討してみたいと思います。

ディーラーとは

ディーラーとはメーカーと「特約店契約」を結んでいる販売店のことを指しており、ディーラーはメーカーから直接、車を仕入れて販売することができるのが特徴です。

ホンダの場合、「Honda Cars」というディーラーですべてのホンダ車を扱っています。

 

以前は「プリモ店」、「クリオ店」、「ベルノ店」に分かれており、それぞれ取り扱っている車が異なっていましたが、現在はこれらの販売店がHonda Carsに統一されました。

ニッサンもかつてはいくつかの販売チャンネルがあり、販売している車が異なっていましたが、現在ではホンダと同じように販売チャンネルは1つに統一されています。

ちなみにトヨタは「トヨタ店」「トヨペット店」「ネッツ店」「カローラ店」と4つの販売チャンネルがありますが、それぞれ取り扱っている車種が異なっています。

サブディーラーとは

サブディーラーとはメーカーと特約店契約を結ばず、ディーラーから車を仕入れている販売店のことを指しています。

サブディーラーの場合、複数のメーカーの車を取り扱えるのが特徴です。

例えばホンダ「フィット」とトヨタ「ヴィッツ」の両方を取り扱えますので、顧客の要望に合わせて車を販売できます。

ディーラーとサブディーラーの違い

サブディーラーの違いはメーカーと特約店契約を結んでいない点にあります。

ホンダディーーラーの場合、ホンダ車しか取り扱えませんが、サブディーラーならいろいろな車を取り扱えます。

中には国産車、輸入車の両方を扱っているサブディーラーもあります。

車を購入するときはディーラーと販売店のどちらが良い?

実際に車を購入するときはやはりディーラーの方がおすすめです。

ディーラーの営業マンはメーカーで研修を受けていますので車についてしっかりとして知識を持っています。

例えば新しいモデルが発売されたときなどは、メーカーの施設などで研修が行われますが、販売店の場合そうしたことはありません。

また修理の面でもディーラーが優れています。

ディーラーのメカニックもメーカーで研修を受けていますので、どんなトラブルにも対応してくれますので安心です。

この点、販売店はそういうわけには生きません。

整備が上手くいかない場合は、ディーラーのメカニックに修理を依頼することもあります。そうした意味ではディーラーは信頼できます。

マンション探しは情報戦です!
未公開物件から探せば、
無駄な時間を使わなくて済みます。
▼     ▼

どうやって資本の違いを見分ければいいの?

ディーラーか販売店かを見分けるのはとても簡単です。

メーカーのホームページで店舗検索をしてみると、ディーラーが表示されます。

自宅周辺の販売店を探してみると、看板などが掲げられていてディーラーだと思っていたお店が実は販売店ということはよくあります。

メーカー資本とは?

メーカー資本とはメーカーの資本が入っているディーラーのことを指してます。

ホンダはメーカー資本のディーラーがたくさんあるのが特徴で、日本全国にメーカー資本のディーラーがあります。

これはウィキペディアで調べることができます。

↓↓ウィキペディア「メーカー資本のディーラー」

https://ja.wikipedia.org/wiki/日本車ディーラー

 

地場資本とは?

地場資本とはメーカー資本が入っていないディーラーのことを指しています。

以前はホンダにも地場資本のディーラーがたくさんありましたが、最近は減ってきました。

地場資本のディーラーを経営しているのは地元の企業で地域に根ざした販売店を経営しています。

ちなみに、トヨタの販売店はこの地元資本がほとんどで、地元の名士といわれる人たちが経営しているケースが多いという特徴があります。

資本の違いを見分ける方法は?

ホンダの場合ディーラーのホームページの会社概要を見ても、メーカー資本か地元資本か見分けるのは難しいです。

また本田のホームページにもこうしたことについては掲載されていません。

 

しかし、ウィキペディアを見れば「連結子会社」、「関連会社」という項目にディーラーの会社名がたくさん掲載されていますので、これを参考にしてみてください。

また営業マンに直接聞いてみるのも良いと思います。

資本の違いは値引きにも影響するの?

資本の違いは値引きにはほとんど影響しないと思われます。

しかし、値引きをするときにいくつかのディーラーで見積もりをしてもらって最も安いディーラーで購入するということはできます。

ホンダは「Honda Cars」1チャンネルですが資本が異なるディーラーがいくつも乱立しています。

そこで異なる資本のディーラーを回って交渉して、最も安いお店から購入するというのがおすすめです。

メーカー資本ディーラーと、地場資本ディーラーの営業マンの違いは?

メーカー資本と地場資本で営業マンの違いは、あまりないといって問題ないと思います。

メーカー資本のディーラーにはメーカーの営業マンが出向しているケースがありますが、こうした営業マンだからといって値引き幅が大きくなるということはありません。

友達に紹介してもらうと値引きに有利、または損になる?

車を購入するときに友達の紹介で購入すると値引きは有利になるケースは意外とたくさんあります。

営業マンとしては少しでも成績を稼ぎたいので、顧客の紹介でアタ悪しいお客が来てくれると値引きしてくれる可能性は高いと思います。

しかし、顧客にもいろいろいて営業マンが嫌っている顧客もいます。

こういうケースではあまり値引きは引き出せないこともあります。

車は大金ですのでトラブルが生じるケースも結構ありますが、こうしたトラブルを抱えている顧客だと逆に嫌がられることも多いと思います。

一方、営業マンから信頼されている顧客の紹介だと、新しいお客も信頼できると考えますので値引きはしてくれると思います。

値引き交渉では、下取りがあった方が有利になるの?

値引き交渉では下取りがある方が有利になるケースはたくさんあります。

特に、モデルチェンジして間もないモデルやあまり値引きできないモデルの場合、通常よりも少し割高で下取りをして、それを値引きとすることはよくあります。

しかし、買取専門店の方が高く買い取ってくれることもありますので、注意が必要です。

競合値引きで注意すること

車を購入するときは、いくつかのディーラーで見積もりを作ってもらって交渉しますが、同じ資本のディーラーで交渉するのは御法度です。

例えば「Honda Cars A社B店」と「Honda Cars B社C店」なら問題ありませんが、「Honda Cars A社」のB店とD店で交渉するのは問題です。

ディーラーのホームページにはディーラーの経営母体が掲載されていますので、これを参考にしてください。

同じ販売店の系列同士を競合させてはいけない理由とは?

これは営業マン同士の競争になってしまうからです。

顧客を奪った、奪われたというトラブルになりますので、営業マンからの信頼も失ってしまいます。ですので可能な限りしない方が無難です。

特にホンダは「Honda Cars」という1つの販売チャンネルですので注意が必要です。

軽自動車の在庫車が狙い目な理由はとは?

軽自動車の在庫車は実はたくさんあります。

ディーラーがさばききれなかった分は中古車販売店に売却され、新古車として販売されています。

またディーラーにも在庫車がたくさんありますので、比較的割安に購入できます。特に最近の中古車は価格が高いのでこうした在庫車はおすすめだと思います。

在庫車はディーラーが見込み発注したものですので、人気のボディカラー、グレードのことが多いので、無難なカラーがほしいという人にはおすすめです。

まとめ

以上、ホンダのディーラーとサブディーラーについて考えてみましたが、車を購入するなら販売店よりもディーラーの方がおすすめです。

また、ディーラーでもメーカー系と地場系がありますが、こちらはどちらを選んでも特に大きな問題はないと考えて良いと思います。

販売店で購入するという人は販売店戸の個人的なつながりがあるというケースがありますが、田舎に行くとディーラーが少ないので、販売店から購入しているという人もたくさんいます。

販売店にはこうした特徴があり、顧客から車がほしいという相談をディーラーから仕入れて販売することができます。

また、値引きをするときはいくつかのディーラーで見積もりを作成してもらって、最も安いお店で購入するという人が多いですが、これも同じ経営母体のディーラーで交渉しないなどの注意点もあります。

※絶対に損をしない!新車の値引きの裏技」をすべてを見せます!

新車を購入するなら安く買いたいですよね?

関西人の私は損をするのがイヤです。(ドケチでもあります。)

私もあなたと同じように損をせずに誰よりも安く買いたいので、いろいろ聞いたり調べてみました。

その結果は・・・

 

なんと!! 50万円値引き額が上がり、めちゃ安く買うことができたんです。

本当は値引き方法をナイショにしておこうと思ったのですが、ここまで記事を読んで頂いたお礼に、公開することにしました。

本当はは高く売れたことを自慢したいだけだったりして。。

 

・・・というわけで、

私が使った、3つの裏ワザを無料でプレゼントすることにしました。

誰でもカンタンにできる方法なので、実践して損はしません。

興味の無い方は、Yahoo!トップページに飛んでください。
https://www.yahoo.co.jp/

 

【裏ワザ1】購入候補の車よりも、安い価格帯ライバル車と競わせる!

まず、 購入候補車のライバル車を調べましょう。

 

ライバル車の選定ポイントは、 購入候補車よりも価格帯が若干低い車を選ぶことです。

そうすることで・・

「車としては 購入予定の車の方が魅力的なんですが、ライバル車(購入候補車よりも価格帯が若干低い車)の方が価格的に魅力的なので迷っているんです。」

という値引きへのアピールを意思表示できます。

そして、これから紹介する「裏技2と裏技3」の方法を使うことで、値引き交渉において、あなたが優位に立つことが出来ます。

 

【裏ワザ2】車メーカーのクレジットカードを使う!

ほとんど知られていない値引きテクとして、車メーカーのクレジットカードを使うという方法があります。

実はクレジットカードの売上も、ディーラーの成績に反映されるんですね。

ディーラーとしてはクレジットカードを使ってくれるなら、値引きしてもプラスになるので、大幅値引きが可能になります。

【裏ワザ3】無料一括査定で高額買取をしてもらう!

この中で、1番簡単で1番効果が高い方法です。

忘れがちだけど、現在乗っている愛車をそのままディーラーに下取ってもらってはいけません。

 

しっかりと他の買取店などでも見積もりを取って、下取り額を競合させましょう。

ただ、複数ある買取店で下取りを出してもらうのも、メンドクサイと思います。

そこでオススメなのが、「ネットの無料一括査定」です。

 

この方法ならカンタン3分で、あなたの車を最高額で売ることができます。

これなら、忙しいあなたでも出来ますよね。

買取査定は本当にピンきりで、最大で60万円くらい差がでることもあるそうです。

一番オススメなのが、「カーセンサーの簡単ネット査定」です。

私もこのサイトで、7年落ちのヴィッツを査定してもらったところ、50万円という見積が出てビックリしたのを覚えています。

一括見積りせずに、数万円程度で下取りに出して損しなくて本当によかったです。

ただ、疑い深い私は、あまりにも下取り価格が高かったのでいろいろ調べました。

 

どうやら高額買取してくれる店は、東南アジアに輸出してるみたいです。

だから、ボロボロの車でも、相場よりも高く買取ってくれるらしいです。

なので損したくない方は「カーセンサーの簡単ネット車査定」で、
無料一括見積りをすることをおすすめします。

最後に・・

私が調べに調べた値引きの裏ワザはいかがでしたか?

あなたも徹底的に値引きして、これからの相棒になる、新しい車を出来るだけ安く購入してくださいね。

そのはじめの一歩として、まずは車を無料一括査定してみましょう。

3分程度で、50万円もお得になる可能性がありますからね。。。

カーセンサーの簡単ネット査定の詳細はコチラ

買取額は毎日変動するので、すぐにでも査定を申し込んでおいた方がいいと思います。

翌日、10万円も買取額が下がってしまっていたら、ガッカリしますからね。

少ない負担でどうしても新車を手に入れたいなら、

カーリースが良い選択です。

詳細はバナーをクリック!
↓        ↓

カーリースだと、車検基本料、自動車税、登録時・継続時の諸費用などが全部コミコミで、月々たったの8,000円から契約できます。

-HONDA

Copyright© 新型Car-Feeling , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.