新型Car-Feeling

新型車の徹底比較をしています!

【クルマ購入体験談】メルセデス Cクラスの4MATICステーションワゴンを購入

更新日:


30代後半 滋賀県在住 男性

レクサスから輸入車へ乗り換え


私は今年2017年8月に車を乗り換えました。以前はレクサスIS250に乗っていましたが、今回は輸入車を購入しようと考えディーラーに行っていろいろな車を試乗しました。

 

今回私が購入の候補に挙げたのは「アウディ・A4」、「メルセデスベンツ・Cクラス」、「BMW・3シリーズ」3つで、まずはメルセデスから試乗してみることにしました。

以前と雰囲気がすっかり変わったメルセデスCクラスに試乗


実は私は以前、メルセデスベンツのCクラスに乗っていましたので、その時にお世話になったディーラーに行ってみました。

すると当時私の担当だったセールスマンがまだそのお店に在籍していて彼が担当してくれました。
現行型のCクラスは以前のモデルに比べるととてもオシャレになっていて、びっくりしました。

以前のCクラスはインテリアがとても機能的にできていましたが、オシャレという感覚は全くなく味気ない車でした。

しかし、現行型はインテリアがとてもオシャレなデザインになっていてびっくりしました。

またシートに座ってみると運転席から見える雰囲気も変わっていて、「これはメルセデスではない」という感じでした。

運転してみると、以前乗っていたCクラスがより高級で乗りやすくなったという感じでした。

サスペンションは硬めで、ブレーキが効く感覚も以前のメルセデスで、「これこれ!」という感覚がよみがえってきました。

運転して楽しいという感覚はあまりないけれど、とても安心感があるメルセデス独特の雰囲気です。

初めて乗るBMWに試乗


次はBMWに試乗してみました。

BMWには一度も試乗したことが無かったのでどんな車なのか緊張していましたが、想像通りにスポーティな車でした。

メルセデスよりもよく曲がるという感じで、とても運転していて楽しくさせてくれる車でした。
しかし今回試乗したのは最もよく売れている「320i」でしたが、少しパワー不足に感じました。

メルセデスに比べてパワーが足りないという事は無いのですが、運転が楽しいだけにパワー不足を感じてしまうという感じでした。

下取り車の買取相場を調べる

アウディ A4 クワトロに試乗


そして最後に試乗したのがアウディA4のクワトロです。

実はこの車が本命で、試乗する時点ではほぼ購入する気持ちでしたが、セールスマンの対応があまりよくありませんでした。

車の事をよく理解していない感じで私の質問にも的確に答えてくれませんでしたし、あまり売る気がしませんでした。

また車の方も思っていたよりも大きく、ちょっとビックリしました。

運転した感覚ですが、ハンドルやペダル類が思いのほか軽くこちらもちょっとビックリしました。

またパワーは試乗した中で一番ありますが、ツインクラッチ式のトランスミッションには違和感を感じましたので、買う気が失われていきました。

マンション探しは情報戦です!
未公開物件から探せば、
無駄な時間を使わなくて済みます。
▼     ▼

メルセデスCクラスの4MATICステーションワゴンを購入


今回車を乗り換えて子供を連れてスキーに行きたいので、私は出来れば4WDモデルが欲しいと思っておりアウディのクワトロを考えていました。

そこでメルセデスのディーラーに行ってセールスマンにそのことを話すと、Cクラスにも4MATICモデルがあるし、ステーションワゴンならすぐに納車できる、と教えてくれました。

その時まではセダンだけを考えていましたが、この話を聞いてステーションワゴンもいいなあと思い車を見てみると、荷室も広いのでこれを購入しようと決意しました。

Cクラスのセダンは後席があまり広くないのでちょっと躊躇していましたが、ステーションワゴンなら頭上空間の圧迫感もないですし広々しています。

また運転した感覚もセダンと変わりませんので、今回の新車には大満足しています。

 

※絶対に損をしない!新車の値引きの裏技」をすべてを見せます!

新車を購入するなら安く買いたいですよね?

関西人の私は損をするのがイヤです。(ドケチでもあります。)

私もあなたと同じように損をせずに誰よりも安く買いたいので、いろいろ聞いたり調べてみました。

その結果は・・・

 

なんと!! 50万円値引き額が上がり、めちゃ安く買うことができたんです。

本当は値引き方法をナイショにしておこうと思ったのですが、ここまで記事を読んで頂いたお礼に、公開することにしました。

本当はは高く売れたことを自慢したいだけだったりして。。

 

・・・というわけで、

私が使った、3つの裏ワザを無料でプレゼントすることにしました。

誰でもカンタンにできる方法なので、実践して損はしません。

興味の無い方は、Yahoo!トップページに飛んでください。
https://www.yahoo.co.jp/

 

【裏ワザ1】購入候補の車よりも、安い価格帯ライバル車と競わせる!

まず、 購入候補車のライバル車を調べましょう。

 

ライバル車の選定ポイントは、 購入候補車よりも価格帯が若干低い車を選ぶことです。

そうすることで・・

「車としては 購入予定の車の方が魅力的なんですが、ライバル車(購入候補車よりも価格帯が若干低い車)の方が価格的に魅力的なので迷っているんです。」

という値引きへのアピールを意思表示できます。

そして、これから紹介する「裏技2と裏技3」の方法を使うことで、値引き交渉において、あなたが優位に立つことが出来ます。

 

【裏ワザ2】車メーカーのクレジットカードを使う!

ほとんど知られていない値引きテクとして、車メーカーのクレジットカードを使うという方法があります。

実はクレジットカードの売上も、ディーラーの成績に反映されるんですね。

ディーラーとしてはクレジットカードを使ってくれるなら、値引きしてもプラスになるので、大幅値引きが可能になります。

【裏ワザ3】無料一括査定で高額買取をしてもらう!

この中で、1番簡単で1番効果が高い方法です。

忘れがちだけど、現在乗っている愛車をそのままディーラーに下取ってもらってはいけません。

 

しっかりと他の買取店などでも見積もりを取って、下取り額を競合させましょう。

ただ、複数ある買取店で下取りを出してもらうのも、メンドクサイと思います。

そこでオススメなのが、「ネットの無料一括査定」です。

 

この方法ならカンタン3分で、あなたの車を最高額で売ることができます。

これなら、忙しいあなたでも出来ますよね。

買取査定は本当にピンきりで、最大で60万円くらい差がでることもあるそうです。

一番オススメなのが、「カーセンサーの簡単ネット査定」です。

私もこのサイトで、7年落ちのヴィッツを査定してもらったところ、50万円という見積が出てビックリしたのを覚えています。

一括見積りせずに、数万円程度で下取りに出して損しなくて本当によかったです。

ただ、疑い深い私は、あまりにも下取り価格が高かったのでいろいろ調べました。

 

どうやら高額買取してくれる店は、東南アジアに輸出してるみたいです。

だから、ボロボロの車でも、相場よりも高く買取ってくれるらしいです。

なので損したくない方は「カーセンサーの簡単ネット車査定」で、
無料一括見積りをすることをおすすめします。

最後に・・

私が調べに調べた値引きの裏ワザはいかがでしたか?

あなたも徹底的に値引きして、これからの相棒になる、新しい車を出来るだけ安く購入してくださいね。

そのはじめの一歩として、まずは車を無料一括査定してみましょう。

3分程度で、50万円もお得になる可能性がありますからね。。。

カーセンサーの簡単ネット査定の詳細はコチラ

買取額は毎日変動するので、すぐにでも査定を申し込んでおいた方がいいと思います。

翌日、10万円も買取額が下がってしまっていたら、ガッカリしますからね。

少ない負担でどうしても新車を手に入れたいなら、

カーリースが良い選択です。

詳細はバナーをクリック!
↓        ↓

カーリースだと、車検基本料、自動車税、登録時・継続時の諸費用などが全部コミコミで、月々たったの8,000円から契約できます。

-自動車購入体験談

Copyright© 新型Car-Feeling , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.