新型Car-Feeling

新型車の徹底比較をしています!

新型シエンタ ハイブリッド Gの値引きに有効な4つのライバル車はこれだ!

更新日:


2015年7月に2代目となるフルモデルチェンジを12年ぶりに果たしたトヨタ・シエンタですが、2018年9月には新グレードと安全装備を追加したマイナーチェンジが行われました。

新型シエンタには、ベースグレードであるXと装備を追加した上級グレードであるGが設定されており、マイナーチェンジを機に新たに2列シートである「FUNBASE」や特別仕様車である「Cuero」がGグレードに追加されています。

これら新型シエンタ・ハイブリッド Gグレードの各種類をできる限り安く購入するには、他のライバル車との比較が大きなポイントとなりますが、ここでは新型シエンタ・ハイブリッド Gにライバル車について解説していきます。

新型シエンタ ハイブリッドGのライバル車これだ!

HONDA フリード


1つ目のライバル車は、ホンダ・フリードです。

フリードは2008年の販売開始以来、シエンタの最大のライバル車として鎬を削っている存在でもあり、2017年9月にはシエンタと同様に2代目となるフルモデルチェンジが行われました。

中でも「フリードHYBRID G・Honda SENSING」グレードは、シエンタと同等の装備品が標準搭載されており価格帯も近い事から最も新型シエンタ・ハイブリッド Gのライバル車となる車種でもあります。

また、新型シエンタ・ハイブリッド Gに新たに設定された「FUNBESE G」は2列シート仕様となっており、こちらも2列シート仕様である「フリード・プラス HYBRID G・Honda SENSING」が最大のライバル車となります。

スズキ ソリオ / ダイハツ トール

2つ目のライバル車は、スズキ・ソリオやダイハツ・トールなどです。

こちらはミニバン車では無く2列シート仕様のハイルーフコンパクトカーと言う位置づけですが、新型シエンタ・ハイブリッド Gや2列シート仕様であるFUNBESE Gのライバル車となり得る車種でもあります。

 

昨今ではSUVブームの影響もあり、新型シエンタの様なSSクラスミニバン車のラインナップは各社共に縮小傾向にありますが、その中にあってハイルーフミニバン型コンパクトカーと言うのは非常に大きな存在となっています。

そのため、新型シエンタ・ハイブリッド Gの値引きを引き出すためには同クラスであるホンダ・フリードや排気量が同じクラスのハイルーフコンパクトカーをライバル車として競合させると良いでしょう。

新型シエンタ ハイブリッド Gの値引き交渉はこうやる!

新型シエンタ・ハイブリッド Gは2018年9月にマイナーチェンジを行いましたが、実際の平均値引き額は車体本体のみで約10万円~12万円程度が相場となっており、マイナーチェンジを行ったばかりという事でかなり渋い状況となっています。

マイナーチェンジ前の平均的な値引き額は車体本体のみで約15万円~22万円程度だったことを考えると、この先徐々に値引き額は増えるものと考えられます。

そのため、現在の限界値引き額に近づけるためには、ライバル車との比較が不可欠であり下取り車の金額を高くしてもらう方法やオプション関係での値引きを中心に値引き交渉を行うと良い傾向傾向にあります。

特にライバル車であるホンダ・フリードHYBRID G・Honda SENSINGとの見積もり比較は大きな値引き効果があり、新型シエンタ・ハイブリッド Gと同様にフリードでも粘り強い交渉を行う事がシエンタの限界値引き額を引き出すコツでもあります。

値引きに向けての注意!

ただ、ここで注意をしておきたい点は、1度や2度の交渉では両車とも限界値引き額を引き出す事はできないと言う点です。

各販売店は、値引き比較の交渉材料にされていると言う事を前提に価格の提示を行いますので、初期交渉での値引き額は限界額の3割~5割程度になる事が殆どです。

そのため、新型シエンタ・ハイブリッド Gに対してフリードを交渉材料の比較対象として使えるものにする為には、フリードを本気で購入したい、または迷っているという意志を販売員に伝えなければ限界値引き額を引き出す事はできないのです。

 

また、現在は車両本体の値引きが渋い状況となっているため、できる限り高額で下取りを行ってもらう事も大切な交渉の1つなっており、あまりにも評価が低い場合には大手中古車買取店やネット一括査定などを利用する事も視野に入れる必要が有ります。

さらにオプション品の値引き額については、カタログには掲載されていない販売店完全オリジナル品や、同じ系列の商品でも還元率が大きく異なる物などが存在します。

そのため、事前に情報収集を行うまたは販売員に相談し値引率の高い物を優先して選択していくと良いでしょう。

まとめ

今回は新型シエンタ・ハイブリッド Gのライバル車や値引き交渉の方法を解説してきましたが、限界値引き額を引き出すには最大のライバル車であるホンダ・フリード ハイブリッドと競合させる事が最も有効的な手段と言えます。

また、フリードを交渉材料として使える物にするためには、少々面倒でも粘り強くホンダディーラーで見積もりを作成してもらう事が大切な事となりますので、購入したいまたは迷っている事を販売員に伝える事も値引き交渉で大切なポイントとなるでしょう。

※絶対に損をしない!新車の値引きの裏技」をすべてを見せます!

新車を購入するなら安く買いたいですよね?

関西人の私は損をするのがイヤです。(ドケチでもあります。)

私もあなたと同じように損をせずに誰よりも安く買いたいので、いろいろ聞いたり調べてみました。

その結果は・・・

 

なんと!! 50万円値引き額が上がり、めちゃ安く買うことができたんです。

本当は値引き方法をナイショにしておこうと思ったのですが、ここまで記事を読んで頂いたお礼に、公開することにしました。

本当はは高く売れたことを自慢したいだけだったりして。。

 

・・・というわけで、

私が使った、3つの裏ワザを無料でプレゼントすることにしました。

誰でもカンタンにできる方法なので、実践して損はしません。

興味の無い方は、Yahoo!トップページに飛んでください。
https://www.yahoo.co.jp/

 

【裏ワザ1】購入候補の車よりも、安い価格帯ライバル車と競わせる!

まず、 購入候補車のライバル車を調べましょう。

 

ライバル車の選定ポイントは、 購入候補車よりも価格帯が若干低い車を選ぶことです。

そうすることで・・

「車としては 購入予定の車の方が魅力的なんですが、ライバル車(購入候補車よりも価格帯が若干低い車)の方が価格的に魅力的なので迷っているんです。」

という値引きへのアピールを意思表示できます。

そして、これから紹介する「裏技2と裏技3」の方法を使うことで、値引き交渉において、あなたが優位に立つことが出来ます。

 

【裏ワザ2】車メーカーのクレジットカードを使う!

ほとんど知られていない値引きテクとして、車メーカーのクレジットカードを使うという方法があります。

実はクレジットカードの売上も、ディーラーの成績に反映されるんですね。

ディーラーとしてはクレジットカードを使ってくれるなら、値引きしてもプラスになるので、大幅値引きが可能になります。

【裏ワザ3】無料一括査定で高額買取をしてもらう!

この中で、1番簡単で1番効果が高い方法です。

忘れがちだけど、現在乗っている愛車をそのままディーラーに下取ってもらってはいけません。

 

しっかりと他の買取店などでも見積もりを取って、下取り額を競合させましょう。

ただ、複数ある買取店で下取りを出してもらうのも、メンドクサイと思います。

そこでオススメなのが、「ネットの無料一括査定」です。

 

この方法ならカンタン3分で、あなたの車を最高額で売ることができます。

これなら、忙しいあなたでも出来ますよね。

買取査定は本当にピンきりで、最大で60万円くらい差がでることもあるそうです。

一番オススメなのが、「カーセンサーの簡単ネット査定」です。

私もこのサイトで、7年落ちのヴィッツを査定してもらったところ、50万円という見積が出てビックリしたのを覚えています。

一括見積りせずに、数万円程度で下取りに出して損しなくて本当によかったです。

ただ、疑い深い私は、あまりにも下取り価格が高かったのでいろいろ調べました。

 

どうやら高額買取してくれる店は、東南アジアに輸出してるみたいです。

だから、ボロボロの車でも、相場よりも高く買取ってくれるらしいです。

なので損したくない方は「カーセンサーの簡単ネット車査定」で、
無料一括見積りをすることをおすすめします。

最後に・・

私が調べに調べた値引きの裏ワザはいかがでしたか?

あなたも徹底的に値引きして、これからの相棒になる、新しい車を出来るだけ安く購入してくださいね。

そのはじめの一歩として、まずは車を無料一括査定してみましょう。

3分程度で、50万円もお得になる可能性がありますからね。。。

カーセンサーの簡単ネット査定の詳細はコチラ

買取額は毎日変動するので、すぐにでも査定を申し込んでおいた方がいいと思います。

翌日、10万円も買取額が下がってしまっていたら、ガッカリしますからね。

 

 

-TOYOTA
-

Copyright© 新型Car-Feeling , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.