新型Car-Feeling

新型車の徹底比較をしています!

C-HR vs CX-3 比較【価格、燃費、安全性能など】

更新日:


最近ではコンパクトSUVが人気のジャンルとなっており、各社から様々なモデルが登場しています。

今回は代表的なモデルである、トヨタ C-HRと、マツダ CX-3について、比較しながら紹介したいと思います。

 

C-HRの概要について

トヨタ C-HRは、トヨタの次世代世界戦略クロスオーバーSUVとして2016年に登場しました。

C-HRは同クラスのクロスオーバーSUVとしては、珍しく運動性能に高いこだわりを持ち、世界一の難関コースとして知られる、ニュルブルリンクで走行テストが行われたり、ヨーロッパの一般道路での、ステアリングやサスペンションのチューニング等が行われています。

CX-3の概要について

CX-3はマツダが誇る新世代技術である「スカイアクティブ・テクノロジー」と、デザインテーマの「魂動」を全面採用した、新世代車種の第5弾として登場しました。

C-HR vs CX-3 動力性能を比較

C-HRの動力性能

トヨタ C-HRには2種類のエンジンが用意されています。

1つ目1200cc直列4気筒エンジンで最高出力116馬力・最大トルクは18.9kgf•mとなっています。

2つ目は1800cc直列4気筒エンジンに、ハイブリッドシステムが組み合わされたもので、エンジンの最高出力98馬力・最大トルクは14.5kgf•mです。

モーターの最高出力は72馬力・最大トルクは16.6kgf•mとなっています。

 

C-HRは駆動方式によってエンジンが決められており、ガソリンエンジンモデルは4WDになっていてハイブリッドモデルはFFとなっています。

CX-3の動力性能

対して、マツダCX-3ですが、当初は1500cc直列4気筒ディーゼルターボエンジンのみの採用で、最高出力105馬力・最大トルクは27.5kgf•mとなっていました。

しかし、2017年7月から海外市場で既に導入されていた、2000cc直列4気筒エンジン(最高出力148馬力・最大トルク19.6kgf•m)が、日本でも新たに設定されました。

CX-3に関してはガソリンモデル・ディーゼルエンジン共に4WDとFFモデルが設定されています。

C-HR vs CX-3 安全性能を比較

C-HRの安全性能

C-HRは全モデルに、衝突回避支援パッケージである「トヨタ・セーフティセンス P」が設定されており、ミリ波レーダーと単眼カメラを併用した検知センサーによって、自動ブレーキが歩行者に対して10〜80km/hで作動します。 車両に対しては10km/h以上で作動します。

その他にも、走行時に車線からはみ出る可能性がある場合には、ドライバーに知らせる「レーンディパーチャーアラート」や、ヘッドライトのハイビーム・ロービームを自動で切り替える「オートマチックハイビーム」や、「全車速追従機能付レーダークルーズコントロール」が、トヨタ・セーフティセンス Pに含まれています。

CX-3の安全性能

CX-3にも、全モデルに先進安全技術「セーフティ・サポカーS」が標準装備されており、単眼カメラと超音波センサーを併用した検知センサーによって、歩行者に対しては自車が10〜80km/hで作動し、車両に対しては自車が4〜80km/hで作動します。

その他にも、「AT誤発進抑制制御」や車線逸脱の可能性がある場合には、ドライバーに知らせる「車線逸脱警報システム」や、ヘッドライトのハイビーム・ロービームを自動で切り替える「ハイビーム・コントロールシステム」があります。

その他にも、後方から接近する車両を検知して、ドアミラー鏡面にインジゲーターで知らせる「ブラインド・スポット・モニタリング」や、「リア・クロス・トラフィック・アラート」を標準装備としています。

C-HR vs CX-3 価格と燃費を比較

気になる価格についてですが、

C-HRの1.2L直噴ターボ(2WD、4WD)の価格は、約250万円~280万円。
燃費はJC08モード15.4km/Lです。

1.8L+モーター(2WD、4WD)が、約260万円~290万円となっています。
燃費はJC08モード30.2km/Lです。

 

一方、CX-3は2.0Lガソリン車(2WD、4WD)の価格が、約210万円~270万円
燃費は2WDがJC08モード17km/Lで、4WDがJC08モード16.6km/Lです。

1.5Lクリーンディーゼル直噴ターボ(2WD、4WD)が、約240万円~300万円となっています。
燃費は2WDがJC08モード23~25km/Lで、4WDがJC08モード21~23.4km/Lです。

 

 

比較まとめ

両モデルともに最新の安全技術を標準装備しており、オプション設定により更に充実させることも出来ます。

しかし、標準装備されている安全技術を比較すると、全車速追従機能付レーダークルーズコントロールが用意されているC-HRの方が優れていると言えるでしょう。

※絶対に損をしない!新車の値引きの裏技」をすべてを見せます!

新車を購入するなら安く買いたいですよね?

関西人の私は損をするのがイヤです。(ドケチでもあります。)

私もあなたと同じように損をせずに誰よりも安く買いたいので、いろいろ聞いたり調べてみました。

その結果は・・・

 

なんと!! 50万円値引き額が上がり、めちゃ安く買うことができたんです。

本当は値引き方法をナイショにしておこうと思ったのですが、ここまで記事を読んで頂いたお礼に、公開することにしました。

本当はは高く売れたことを自慢したいだけだったりして。。

 

・・・というわけで、

私が使った、3つの裏ワザを無料でプレゼントすることにしました。

誰でもカンタンにできる方法なので、実践して損はしません。

興味の無い方は、Yahoo!トップページに飛んでください。
https://www.yahoo.co.jp/

 

【裏ワザ1】購入候補の車よりも、安い価格帯ライバル車と競わせる!

まず、 購入候補車のライバル車を調べましょう。

 

ライバル車の選定ポイントは、 購入候補車よりも価格帯が若干低い車を選ぶことです。

そうすることで・・

「車としては 購入予定の車の方が魅力的なんですが、ライバル車(購入候補車よりも価格帯が若干低い車)の方が価格的に魅力的なので迷っているんです。」

という値引きへのアピールを意思表示できます。

そして、これから紹介する「裏技2と裏技3」の方法を使うことで、値引き交渉において、あなたが優位に立つことが出来ます。

 

【裏ワザ2】車メーカーのクレジットカードを使う!

ほとんど知られていない値引きテクとして、車メーカーのクレジットカードを使うという方法があります。

実はクレジットカードの売上も、ディーラーの成績に反映されるんですね。

ディーラーとしてはクレジットカードを使ってくれるなら、値引きしてもプラスになるので、大幅値引きが可能になります。

【裏ワザ3】無料一括査定で高額買取をしてもらう!

この中で、1番簡単で1番効果が高い方法です。

忘れがちだけど、現在乗っている愛車をそのままディーラーに下取ってもらってはいけません。

 

しっかりと他の買取店などでも見積もりを取って、下取り額を競合させましょう。

ただ、複数ある買取店で下取りを出してもらうのも、メンドクサイと思います。

そこでオススメなのが、「ネットの無料一括査定」です。

 

この方法ならカンタン3分で、あなたの車を最高額で売ることができます。

これなら、忙しいあなたでも出来ますよね。

買取査定は本当にピンきりで、最大で60万円くらい差がでることもあるそうです。

一番オススメなのが、「カーセンサーの簡単ネット査定」です。

私もこのサイトで、7年落ちのヴィッツを査定してもらったところ、50万円という見積が出てビックリしたのを覚えています。

一括見積りせずに、数万円程度で下取りに出して損しなくて本当によかったです。

ただ、疑い深い私は、あまりにも下取り価格が高かったのでいろいろ調べました。

 

どうやら高額買取してくれる店は、東南アジアに輸出してるみたいです。

だから、ボロボロの車でも、相場よりも高く買取ってくれるらしいです。

なので損したくない方は「カーセンサーの簡単ネット車査定」で、
無料一括見積りをすることをおすすめします。

最後に・・

私が調べに調べた値引きの裏ワザはいかがでしたか?

あなたも徹底的に値引きして、これからの相棒になる、新しい車を出来るだけ安く購入してくださいね。

そのはじめの一歩として、まずは車を無料一括査定してみましょう。

3分程度で、50万円もお得になる可能性がありますからね。。。

カーセンサーの簡単ネット査定の詳細はコチラ

買取額は毎日変動するので、すぐにでも査定を申し込んでおいた方がいいと思います。

翌日、10万円も買取額が下がってしまっていたら、ガッカリしますからね。

 

 

-TOYOTA, マツダ
-,

Copyright© 新型Car-Feeling , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.