新型Car-Feeling

新型車の徹底比較をしています!

日産 新型マーチ フルモデルチェンジ!内装や価格の予想は?日本発売日は2018年いつ?

更新日:



日産の伝統のコンパクトカーであるマーチが、2018年にフルモデルチェンジが実施され新型マーチとして生まれ変わります。

フルモデルチェンジする、日産 新型マーチがどのような外装や内装に変更され、いくらで販売されるのか紹介したいと思います。

日産 マーチについて


日産マーチは1982年に初代モデルが販売開始され、かつてはトヨタ・スターレットと日本のコンパクトカーの人気を2分する人気モデルでした。

↓↓初代マーチのCM動画

こんなマッチ(近藤真彦さん)のマーチといったキャッチコピーでデビューした、マーチもありましたね。

現行モデルは2010年に販売が開始された4代目で、扱いやすいコンパクトなボディに大人4人が快適に移動できる、合理的なパッケージが特徴となっています。

しかし、現在ではコンパクトカーの販売シェアはホンダのフィットや、TOYOTAヴィッツに奪われた状態が続いており、奪われた人気を取り戻す為に2018年にフルモデルチェンジが実施されるという訳です。

あと数か月でおめ見えしますね。

新型マーチのエクステリアについて


新型マーチはすでにヨーロッパ市場ではマイクラという車名で販売が開始されています。

ヨーロッパで販売されているマイクラのエクステリアのままで、日本市場でも販売されるのかは未知数ですが、新型マーチも同様のデザインコンセプトを引き継ぐはずです。

マイクラのスペック表
全長 3999mm
全幅 1743mm
全高 1455mm
ホイールベース  2525mm

エンジン

 直列3気筒 0.9L ターボ(出力:90ps/14.3kgm)

直列3気筒 1L 自然吸気(出力:73ps/9.7kgm)

↓↓日産マイクラの動画


日産 マーチ 「マイクラ」 2017


日産 新型MICRA

現行モデルが可愛らしい印象を持っているのに対して、新型マーチでは躍動感がみなぎるデザインとなります。

中古車の比較はこちらから↓

新型マーチの内装や装備品について


写真:日産マイクラ

現行型マーチのインテリアは、落ち着いた色合いとデザインが魅力となっていますが、新型マーチのインテリアはマイクラのインテリアを見る限り、スポーティー感を重視したデザインとなることが予想されます。

コックピットやインパネにはボディカラーと同一の、カラーリングを大胆に施すことで見た目の印象を鮮やかに仕上げています。

また、新型マイクラにはインフォメーションディスプレイとして7インチの大型モニターが装備されており、オーディオやカーナビ、携帯電話といった機器と連携することができる他、Apple CarPlayとも連動することが可能です。

このインフォメーションディスプレイは利便性が高いこともあり、新型マーチにも用意される可能性は高いと思います。

これらの先進的な装備と質感が高く仕上げられた内装によって、マーチのインテリアはクラス以上の物となっています。

新型マーチの動力性能について

新型マーチに関しては、2種類のエンジンが用意されることが予想されています。

1200cc直列3気筒エンジン

最高出力が80馬力となっており、目標燃費はJC08モードで27.0km/Lとなっています。

1200cc直列3気筒エンジン+スーパーチャージャー

最高出力は98馬力で目標燃費はJC08モードで27.5km/Lとなっています。

欧州仕様のマイクラにはトランスミッションにMTが用意されていますが、日本仕様のマーチではエクストロニックCVTのみが用意されることが予想されています。

ただし、現行型マーチと同様にスポーツモデルのニスモ仕様が販売されると、MTが用意されるでしょう。

また新型マーチは小型車なので駆動方式はFF(ベースモデル)となりますが、雪道を走る際には必須となる4WDモデルも用意される見込みです。



新型マーチの販売開始時期と販売価格について


新型マーチの販売は2017年度内の販売を目指していたようでしたが、開発が遅れてしまったことで2018年となる見込みです。

そして気になる販売価格に関しては、1,200,000円~1,600,000円と予想されており、現行型と比べると1段高くなることが予想されています。

これはボディーサイズが大型化したことと、日産が誇る先進装備が搭載されることを考えると当然と言えるでしょう。

※絶対に損をしない!新車の値引きの裏技」をすべてを見せます!

新車を購入するなら安く買いたいですよね?

関西人の私は損をするのがイヤです。(ドケチでもあります。)

私もあなたと同じように損をせずに誰よりも安く買いたいので、いろいろ聞いたり調べてみました。

その結果は・・・

 

なんと!! 50万円値引き額が上がり、めちゃ安く買うことができたんです。

本当は値引き方法をナイショにしておこうと思ったのですが、ここまで記事を読んで頂いたお礼に、公開することにしました。

本当はは高く売れたことを自慢したいだけだったりして。。

 

・・・というわけで、

私が使った、3つの裏ワザを無料でプレゼントすることにしました。

誰でもカンタンにできる方法なので、実践して損はしません。

興味の無い方は、Yahoo!トップページに飛んでください。
https://www.yahoo.co.jp/

 

【裏ワザ1】購入候補の車よりも、安い価格帯ライバル車と競わせる!

まず、 購入候補車のライバル車を調べましょう。

 

ライバル車の選定ポイントは、 購入候補車よりも価格帯が若干低い車を選ぶことです。

そうすることで・・

「車としては 購入予定の車の方が魅力的なんですが、ライバル車(購入候補車よりも価格帯が若干低い車)の方が価格的に魅力的なので迷っているんです。」

という値引きへのアピールを意思表示できます。

そして、これから紹介する「裏技2と裏技3」の方法を使うことで、値引き交渉において、あなたが優位に立つことが出来ます。

 

【裏ワザ2】車メーカーのクレジットカードを使う!

ほとんど知られていない値引きテクとして、車メーカーのクレジットカードを使うという方法があります。

実はクレジットカードの売上も、ディーラーの成績に反映されるんですね。

ディーラーとしてはクレジットカードを使ってくれるなら、値引きしてもプラスになるので、大幅値引きが可能になります。

【裏ワザ3】無料一括査定で高額買取をしてもらう!

この中で、1番簡単で1番効果が高い方法です。

忘れがちだけど、現在乗っている愛車をそのままディーラーに下取ってもらってはいけません。

 

しっかりと他の買取店などでも見積もりを取って、下取り額を競合させましょう。

ただ、複数ある買取店で下取りを出してもらうのも、メンドクサイと思います。

そこでオススメなのが、「ネットの無料一括査定」です。

 

この方法ならカンタン3分で、あなたの車を最高額で売ることができます。

これなら、忙しいあなたでも出来ますよね。

買取査定は本当にピンきりで、最大で60万円くらい差がでることもあるそうです。

一番オススメなのが、「カーセンサーの簡単ネット査定」です。

私もこのサイトで、7年落ちのヴィッツを査定してもらったところ、50万円という見積が出てビックリしたのを覚えています。

一括見積りせずに、数万円程度で下取りに出して損しなくて本当によかったです。

ただ、疑い深い私は、あまりにも下取り価格が高かったのでいろいろ調べました。

 

どうやら高額買取してくれる店は、東南アジアに輸出してるみたいです。

だから、ボロボロの車でも、相場よりも高く買取ってくれるらしいです。

なので損したくない方は「カーセンサーの簡単ネット車査定」で、
無料一括見積りをすることをおすすめします。

最後に・・

私が調べに調べた値引きの裏ワザはいかがでしたか?

あなたも徹底的に値引きして、これからの相棒になる、新しい車を出来るだけ安く購入してくださいね。

そのはじめの一歩として、まずは車を無料一括査定してみましょう。

3分程度で、50万円もお得になる可能性がありますからね。。。

カーセンサーの簡単ネット査定の詳細はコチラ

買取額は毎日変動するので、すぐにでも査定を申し込んでおいた方がいいと思います。

翌日、10万円も買取額が下がってしまっていたら、ガッカリしますからね。

 

 

-日産

Copyright© 新型Car-Feeling , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.