新型Car-Feeling

新型車の徹底比較をしています!

新型カムリ ハイブリッドの値引きに有効な、4台のライバル車はこれだ!

投稿日:


トヨタ 新型カムリは日本カー・オブ・ザイヤー 2017-2018の10ベストカーに選出された人気車です。

 

ここでは新型カムリを購入する際の値引きをしてもらう為のノウハウを紹介します。

新型カムリハイブリッドのライバル車はこれだ!

値引き交渉をするためにも今どんな車が販売されているのか?

新型カムリのライバルになりそうな車はどれなのか?をピックアップする必要があります。

日産 ティアナ XL

北米ではアルティマという名前で販売されている人気車です。

 

ボディサイズはほぼ同等ですが、両車とも大きめの車体なので運転には注意が必要です。

 

モダンリビングをコンセプトにしていて、オットマンを備えた助手席がセールスポイントです。

価格ではティアナのほうが安いですが国内の販売台数ではカムリが上回ってます。

ホンダ アコードHYBRID LX

歴代のアコードに比べて一回り大きくなり、ハイブリッドシステムでカリムと比べ、アコードの方が少しボディサイズが大きいがほぼ同サイズです。

 

燃費はアコードの方が圧倒的に優れています。

 

価格はアコードが高いが、基本的に同タイプの車のためカムリにとってもっともライバルになる車かも知れません。

マツダ アテンザセダン XD

ハイブリッド車ではなため燃費はそこまで良くないですが、SKYACTIV-D 2.2を搭載するアテンザは上質な運転感覚を楽しめます。

 

価格はカムリよりも高いです。

VW パサートGTE

輸入車でカリムに似た車はパサートでしょう。

 

プラグインハイブリットを採用していて走行モードは3つあります。

 

1.完全電気自動車モード

2.池が無くなった時のハイブリッドモード

3.電気とエンジン両方のパワーをフルに使って走るスポーツモード(GTEモード)

 

価格はカリムよりも割高です。

ライバル社はこんな感じです。

新型カムリハイブリッドの値引き交渉について

それでは値引き交渉について掘り下げていきます。

ライバル車のピックアップ

先程触れたライバル車の値段などを調べておき競合させます。

1回の商談で限界まで値引きしてもらうのは無理なので焦らずにやりましょう。

 

車種も決まって価格次第ではすぐに買うという状態で臨むと値引きしてもらいやすいです。

車の査定額を出しておく

ディーラーの下取り価格が適正かどうかの判断のためにも、下取り車の価格を調べておくべきです。

 

高く売るためにも3社以上に査定してもらっておきましょう。

ディーラーと競合させる

トヨタで取り扱う販売店がトヨタ店、トヨペット店、ネッツ店、カローラ店と別れているので、ディーラー同士で競合させることが出来ます。

モデルチェンジ前を狙う

国産車は4年サイクルくらいモデルチェンジが行われます。

当然モデルチェンジが行われると旧型のモデルは売れにくくなります。

なのでディーラーは値引き額を大幅に下げる可能性が高いです。

 

欲しい車であればモデルチェンジ前を狙うのも1つの手です。

決算時期を狙う

自動車会社は決算の締め切りが3月9月12月にあります。

この時期には特別なキャンペーンが行われることが多く特別値引きが出やすいです。

ザックリ分けるとこんなイメージです。

 

しかし安く買いたいからといってディーラーに無理を言うのはやめましょう。

もし車を買った場合メンテナンスなどでまたお世話になる事があります。

ディーラーとは良い関係を築きましょう。

まとめ

ここまで値引き交渉に役立つライバル車や値引き方法を紹介してきました。

 

車は高い買い物で長い付き合いになっていくものです。

 

購入する時は焦らずディーラーや査定などに足を運んで自分の納得できる条件で買いましょう。

 

最後に参考までに一般的な、新型発売時は車両本体価格から10万円、オプションから5万円の値引き額相場となっています。

※絶対に損をしない!新車の値引きの裏技」をすべてを見せます!

新車を購入するなら安く買いたいですよね?

関西人の私は損をするのがイヤです。(ドケチでもあります。)

私もあなたと同じように損をせずに誰よりも安く買いたいので、いろいろ聞いたり調べてみました。

その結果は・・・

 

なんと!! 50万円値引き額が上がり、めちゃ安く買うことができたんです。

本当は値引き方法をナイショにしておこうと思ったのですが、ここまで記事を読んで頂いたお礼に、公開することにしました。

本当はは高く売れたことを自慢したいだけだったりして。。

 

・・・というわけで、

私が使った、3つの裏ワザを無料でプレゼントすることにしました。

誰でもカンタンにできる方法なので、実践して損はしません。

興味の無い方は、Yahoo!トップページに飛んでください。
https://www.yahoo.co.jp/

 

【裏ワザ1】購入候補の車よりも、安い価格帯ライバル車と競わせる!

まず、 購入候補車のライバル車を調べましょう。

 

ライバル車の選定ポイントは、 購入候補車よりも価格帯が若干低い車を選ぶことです。

そうすることで・・

「車としては 購入予定の車の方が魅力的なんですが、ライバル車(購入候補車よりも価格帯が若干低い車)の方が価格的に魅力的なので迷っているんです。」

という値引きへのアピールを意思表示できます。

そして、これから紹介する「裏技2と裏技3」の方法を使うことで、値引き交渉において、あなたが優位に立つことが出来ます。

 

【裏ワザ2】車メーカーのクレジットカードを使う!

ほとんど知られていない値引きテクとして、車メーカーのクレジットカードを使うという方法があります。

実はクレジットカードの売上も、ディーラーの成績に反映されるんですね。

ディーラーとしてはクレジットカードを使ってくれるなら、値引きしてもプラスになるので、大幅値引きが可能になります。

【裏ワザ3】無料一括査定で高額買取をしてもらう!

この中で、1番簡単で1番効果が高い方法です。

忘れがちだけど、現在乗っている愛車をそのままディーラーに下取ってもらってはいけません。

 

しっかりと他の買取店などでも見積もりを取って、下取り額を競合させましょう。

ただ、複数ある買取店で下取りを出してもらうのも、メンドクサイと思います。

そこでオススメなのが、「ネットの無料一括査定」です。

 

この方法ならカンタン3分で、あなたの車を最高額で売ることができます。

これなら、忙しいあなたでも出来ますよね。

買取査定は本当にピンきりで、最大で60万円くらい差がでることもあるそうです。

一番オススメなのが、「カーセンサーの簡単ネット査定」です。

私もこのサイトで、7年落ちのヴィッツを査定してもらったところ、50万円という見積が出てビックリしたのを覚えています。

一括見積りせずに、数万円程度で下取りに出して損しなくて本当によかったです。

ただ、疑い深い私は、あまりにも下取り価格が高かったのでいろいろ調べました。

 

どうやら高額買取してくれる店は、東南アジアに輸出してるみたいです。

だから、ボロボロの車でも、相場よりも高く買取ってくれるらしいです。

なので損したくない方は「カーセンサーの簡単ネット車査定」で、
無料一括見積りをすることをおすすめします。

最後に・・

私が調べに調べた値引きの裏ワザはいかがでしたか?

あなたも徹底的に値引きして、これからの相棒になる、新しい車を出来るだけ安く購入してくださいね。

そのはじめの一歩として、まずは車を無料一括査定してみましょう。

3分程度で、50万円もお得になる可能性がありますからね。。。

カーセンサーの簡単ネット査定の詳細はコチラ

買取額は毎日変動するので、すぐにでも査定を申し込んでおいた方がいいと思います。

翌日、10万円も買取額が下がってしまっていたら、ガッカリしますからね。

少ない負担でどうしても新車を手に入れたいなら、

カーリースが良い選択です。

詳細はバナーをクリック!
↓        ↓

カーリースだと、車検基本料、自動車税、登録時・継続時の諸費用などが全部コミコミで、月々たったの8,000円から契約できます。

-TOYOTA

Copyright© 新型Car-Feeling , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.