新型Car-Feeling

新型車の徹底比較をしています!

シエンタ vs フリード 比較【燃費、価格、室内、外観など】

更新日:


ンパクトサイズのミニバンとして人気を集めているTOYOTA シエンタと、HONDA フリードについて比較しながら紹介したいと思います。

シエンタ vs フリード ボディサイズの比較


シエンタのボディサイズは全長が4235mm、全幅が1695mm、全高は1675mmとなっています。

それに対してフリードは全長が4265mm、全幅が1695mm、全高は1710mmとなっていて、フリードの方が全長が30mm長く、全高が35mm高くなっています。

同クラスの車種としてサイズは同等と見ても良いでしょう。

シエンタ vs フリード 外観の比較

シエンタの外観デザイン


トヨタ シエンタ・モデリスタセレクション

 

シエンタの外観デザインは無難なデザインが多いとされるトヨタ車の中でも異彩を放っており、非常に若々しく新鮮味があるデザインとなっています。

フリードの外観デザイン

それに対してフリードはミニバンらしさが濃厚なデザインとなっていて、パッと見でホンダ車と分かるデザインをしています。

両モデルともファミリーカーとして、運転席からの視界に優れていますが、比較するとフリードの方が視界に優れています。

その理由として、前方視界は両モデル共にすぐれているのですが、フリードの方がサイドウインドウの下端を低く抑えており側方視界に優れているからです。

シエンタ vs フリード 室内サイズの比較

室内サイズの広さを決める大きな要因であるホイールベースに関してはフリードの方が2740mmで、シエンタは2750mmとなっていて、シエンタの方が10mm長くなっています。

また、1列目と2列目の室内空間の広さは両車共に互角となっていますが、3列目シートに関してはフリードの方が人が、座ったときのひざ先のスペースが広くなっています。

荷室の空間に関しては、2WDで比較すると床面地上高はシエンタが505mm、フリードは480mmとなっており、25mmの差ですがフリードの方が積載性に優れています。

また、3列目シートの格納機能に関しては、両車で大きく異なっています。

シエンタは2列目シートの下にコンパクトに収納、対してフリードはミニバンとして一般的な左右に跳ね上げる方式を採用しています。

その為、3列目シートを格納した際の荷室の容積に関しては、シエンタの方が広くなっていると言えます。

シエンタ vs フリードエンジンと燃費の比較

シエンタとフリードは両車共に、ガソリン仕様とハイブリッド仕様の2種類が用意されています。

ガソリンエンジンの馬力

ガソリンエンジンはどちらも1500ccの自然吸気エンジンとなっていますが、シエンタは最高出力が109馬力なのに対して、フリードは131馬力となっています。

ハイブリッドエンジンの馬力

ハイブリッド仕様に関しても、シエンタのシステム出力が100馬力であるのに対して、フリードのシステム出力は137馬力となっています。

ガソリン仕様とハイブリッド仕様ともにフリードの方が力強いと言えるでしょう。

シエンタの燃費

燃費に関してはシエンタはガソリン仕様が15.4〜20.6km/Lとなっており、ハイブリッド仕様は27.2km/Lとなっています。

フリードの燃費

それに対してフリードはガソリン仕様が16.4〜19.0km/Lとなっており、ハイブリッド仕様は25.2〜27.2km/Lとなっていることから、全般的にシエンタ方が燃費性能に優れていると言えます。

マンション探しは情報戦です!
未公開物件から探せば、
無駄な時間を使わなくて済みます。
▼     ▼

シエンタ vs フリード 価格の比較

シエンタとフリードの売れ筋グレードで比較すると、シエンタは「ハイブリッドG」のFF車7人乗りの232万9855円です。

フリードは「ハイブリッドGホンダセンシング」のFF車7人乗りの251万7600円となるので、シエンタの方が大幅に安く見えます。

ところが、フリードには自動ブレーキなど先進予防安全システムや、LEDヘッドライトが標準装備されているのに対して、シエンタではこれらの装備がメーカーオプションとなっているので、装備を同等にすると価格差はほぼ無くなります。

シエンタ vs フリード 比較まとめ

シエンタ・フリードともにコンパクトミニバンとして、非常に完成度が高い車となっています。

燃費性能を重視するならばシエンタ、予防安全システムを重視するならフリードの方が優れていると言えるでしょう。

※絶対に損をしない!新車の値引きの裏技」をすべてを見せます!

新車を購入するなら安く買いたいですよね?

関西人の私は損をするのがイヤです。(ドケチでもあります。)

私もあなたと同じように損をせずに誰よりも安く買いたいので、いろいろ聞いたり調べてみました。

その結果は・・・

 

なんと!! 50万円値引き額が上がり、めちゃ安く買うことができたんです。

本当は値引き方法をナイショにしておこうと思ったのですが、ここまで記事を読んで頂いたお礼に、公開することにしました。

本当はは高く売れたことを自慢したいだけだったりして。。

 

・・・というわけで、

私が使った、3つの裏ワザを無料でプレゼントすることにしました。

誰でもカンタンにできる方法なので、実践して損はしません。

興味の無い方は、Yahoo!トップページに飛んでください。
https://www.yahoo.co.jp/

 

【裏ワザ1】購入候補の車よりも、安い価格帯ライバル車と競わせる!

まず、 購入候補車のライバル車を調べましょう。

 

ライバル車の選定ポイントは、 購入候補車よりも価格帯が若干低い車を選ぶことです。

そうすることで・・

「車としては 購入予定の車の方が魅力的なんですが、ライバル車(購入候補車よりも価格帯が若干低い車)の方が価格的に魅力的なので迷っているんです。」

という値引きへのアピールを意思表示できます。

そして、これから紹介する「裏技2と裏技3」の方法を使うことで、値引き交渉において、あなたが優位に立つことが出来ます。

 

【裏ワザ2】車メーカーのクレジットカードを使う!

ほとんど知られていない値引きテクとして、車メーカーのクレジットカードを使うという方法があります。

実はクレジットカードの売上も、ディーラーの成績に反映されるんですね。

ディーラーとしてはクレジットカードを使ってくれるなら、値引きしてもプラスになるので、大幅値引きが可能になります。

【裏ワザ3】無料一括査定で高額買取をしてもらう!

この中で、1番簡単で1番効果が高い方法です。

忘れがちだけど、現在乗っている愛車をそのままディーラーに下取ってもらってはいけません。

 

しっかりと他の買取店などでも見積もりを取って、下取り額を競合させましょう。

ただ、複数ある買取店で下取りを出してもらうのも、メンドクサイと思います。

そこでオススメなのが、「ネットの無料一括査定」です。

 

この方法ならカンタン3分で、あなたの車を最高額で売ることができます。

これなら、忙しいあなたでも出来ますよね。

買取査定は本当にピンきりで、最大で60万円くらい差がでることもあるそうです。

一番オススメなのが、「カーセンサーの簡単ネット査定」です。

私もこのサイトで、7年落ちのヴィッツを査定してもらったところ、50万円という見積が出てビックリしたのを覚えています。

一括見積りせずに、数万円程度で下取りに出して損しなくて本当によかったです。

ただ、疑い深い私は、あまりにも下取り価格が高かったのでいろいろ調べました。

 

どうやら高額買取してくれる店は、東南アジアに輸出してるみたいです。

だから、ボロボロの車でも、相場よりも高く買取ってくれるらしいです。

なので損したくない方は「カーセンサーの簡単ネット車査定」で、
無料一括見積りをすることをおすすめします。

最後に・・

私が調べに調べた値引きの裏ワザはいかがでしたか?

あなたも徹底的に値引きして、これからの相棒になる、新しい車を出来るだけ安く購入してくださいね。

そのはじめの一歩として、まずは車を無料一括査定してみましょう。

3分程度で、50万円もお得になる可能性がありますからね。。。

カーセンサーの簡単ネット査定の詳細はコチラ

買取額は毎日変動するので、すぐにでも査定を申し込んでおいた方がいいと思います。

翌日、10万円も買取額が下がってしまっていたら、ガッカリしますからね。

少ない負担でどうしても新車を手に入れたいなら、

カーリースが良い選択です。

詳細はバナーをクリック!
↓        ↓

カーリースだと、車検基本料、自動車税、登録時・継続時の諸費用などが全部コミコミで、月々たったの8,000円から契約できます。

-TOYOTA, HONDA

Copyright© 新型Car-Feeling , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.