新型Car-Feeling

新型車の徹底比較をしています!

新型アルファード vs 新型CX-8【外観、室内、燃費、価格など】

更新日:

新型アルファード vs 新型CX-8 ボディーサイズの比較

新型アルファードのボディーサイズ


2018年1月にマイナーチェンジが行われたトヨタ・新型アルファードのボディーサイズは、全長4945~4950mm、全幅1850mm、全高1935~1950mmとなっており、先代モデルである20系アルファードと比べると全長は100mm、全幅は10mm、全高は最大で約90mmほどボディーサイズが大きくなりました。

新型CX-8のボディーサイズ

一方のマツダ・新型CX-8ですが、ミニバン車に変わる多人数SUVとして2017年の12月に販売が開始されました。

ボディーサイズは、全長4900mm、全幅1840mm、全高1730mmとなっており、アルファードと比べると全長は最大で50mm、全高は約200mmほど小さくなっていますが、全幅に関してはほぼ同サイズとなっています。

【関連記事】
フォレスターXTとアルファードV6を比較【燃費、価格、室内、外観など】

新型アルファードのおすすめ オプションパーツ 4選 2018年

トヨタ 新型アルファードの口コミ評判や評価まとめ!【外観、内装、燃費など】

新型アルファード VS 新型ランドクルーザープラドを比較【外観、室内、燃費など】

マツダ CX-8 おすすめ オプションパーツ 4選 2018年

CX-8のライバル車はいない?気になる値引きはいくら?

新型アルファード vs CX-8 外観の比較

新型アルファードのデザインはは四角い箱形のミニバン車であるのに対して、新型CX-8はノーズ部が長くSUVの形をしている事が両車の大きな違いです。

さらにアルファードはミニバン車の代表的な特徴でもある、電動式スライドドアをリアドアに採用していますが、CX-8はSUVであるため一般的な乗用車に用いられるヒンジドアがフロント・リアドアに採用されています。

また、自動車の顔とも言えるフロントフェイス部分に於いて、アルファードはクラウンやカムリなどと共通する大型フロントグリルを基調としたデザインである「キーンルック」と呼ばれるスタイルを採用し高級感と躍動感を演出しています。

一方のCX-8はマツダ社が共通のデザインテーマとして掲げている「魂動(こどう)」を採用し、造形美と生き物の生命感を表現した、流れるようなデザインとなっており、こちらは欧米車を意識した顔立ちとなっています。

新型アルファード vs CX-8 室内サイズの比較

新型アルファードの室内サイズ

新型アルファードの室内サイズは、長さ3210mm、幅1590mm、室内高1400mmとなっており、国内で販売されているミニバン車としては最大クラスの広さを誇ります。

さらに3列目シートを跳ね上げ、2列目シートのスライド量を多くすることができるため、数字以上の広さを実感する事が可能です。

新型CX-8の室内サイズ

一方の新型CX-8の室内サイズは、長さ2690mm、幅1540mm、室内高1250mmとなっています。

ミニバン車のアルファードと比べると、ボンネット部分が長い事やボディーの全高サイズが低いこともあり、室内サイズの広さはアルファードに軍配が挙がります。

ですが、国内で販売されているSUVの中ではトップクラスに匹敵する広さを誇っています。

また、シートアレンジの種類が多く2列目のシートを折りたたんでラゲッジルームにもできる事から、荷物の積載量に関してはCX-8の方が有利と言えます。

新型アルファード vs CX-8 エンジン・燃費の比較

新型アルファードのエンジンと燃費

新型アルファードにはハイブリッド車とガソリン車の2種類が用意されています。

ハイブリッド車には2.5L直列4気筒のエンジンとハイブリッドモーターの組み合わせで、18.4~19.4km/Lの燃費となっています。

ガソリン車は3.5L V6エンジンと2.5L直列4気筒エンジンの設定があり、燃費はそれぞれ3.5Lエンジンで10.6~10.8km/L、2.5L直列4気筒エンジンで11.4~11.6km/Lとなっています。

新型CX-8のエンジンと燃費

一方の新型CX-8ですが、こちらはスカイアクティブDと言う、ディーゼルエンジンのみの設定となっており、2.2L水冷直列4気筒DOHC16バルブ直噴ターボエンジンが全車に共通で搭載されています。

燃費は2WDモデル17.6km/L、4WDモデルで17.0km/Lとなっており、高速走行時にはさらに燃費の向上が見込めるエンジンとなっています。

新型アルファード vs CX-8 価格の比較

新型アルファードの価格

新型アルファードの価格帯は約335万円~750万円となっており、

ガソリン車の標準ボディータイプで335万円~

同じガソリン車のエアロボディータイプで369万円~

ハイブリッド車の標準ボディータイプで436万円~

同じハイブリッド車のエアロボディータイプで461万円~

となっています。

新型CX-8の価格

一方の新型CX-8の価格帯は約320万円~420万円となっており、

ベースグレードであるXDで約320万円~

ベースグレード車に安全装備などを追加したXD PROACTIVEで約353万円~

XD PROACTIVEグレードに高級シート表皮などを採用した、最上級グレードXD L Packageで420万円となっており、4WDモデルはそれぞれ約23万円ほど価格が上乗せされます。

比較まとめ

ここまで新型アルファードと新型CX-8の様々な比較を行ってきました。

車内の居住性や高級感、さらに次世代の先進安全装備や使い勝手の良い電動スライドドアなどに於いては、新型アルファードに軍配が挙がります。

ですが、総合的な燃費面・ランニングコストや車を運転する楽しさ、走行性能に於いては新型CX-8の方が優れていると言えます。

乗車人数は両車共にほぼ同人数となっておりベースグレードの価格も大きく差がある訳ではありませんので、人を乗せる機会が多く、ミニバン車にも高級感を求めたいと言う方は新型アルファード。

人や荷物を乗せる機会が多いけれども、ミニバン車と言うファミリーカーのジャンルに抵抗がある方は、SUVである新型CX-8を選択すると良いでしょう。

※絶対に損をしない!新車の値引きの裏技」をすべてを見せます!

新車を購入するなら安く買いたいですよね?

関西人の私は損をするのがイヤです。(ドケチでもあります。)

私もあなたと同じように損をせずに誰よりも安く買いたいので、いろいろ聞いたり調べてみました。

その結果は・・・

 

なんと!! 50万円値引き額が上がり、めちゃ安く買うことができたんです。

本当は値引き方法をナイショにしておこうと思ったのですが、ここまで記事を読んで頂いたお礼に、公開することにしました。

本当はは高く売れたことを自慢したいだけだったりして。。

 

・・・というわけで、

私が使った、3つの裏ワザを無料でプレゼントすることにしました。

誰でもカンタンにできる方法なので、実践して損はしません。

興味の無い方は、Yahoo!トップページに飛んでください。
https://www.yahoo.co.jp/

 

【裏ワザ1】購入候補の車よりも、安い価格帯ライバル車と競わせる!

まず、 購入候補車のライバル車を調べましょう。

 

ライバル車の選定ポイントは、 購入候補車よりも価格帯が若干低い車を選ぶことです。

そうすることで・・

「車としては 購入予定の車の方が魅力的なんですが、ライバル車(購入候補車よりも価格帯が若干低い車)の方が価格的に魅力的なので迷っているんです。」

という値引きへのアピールを意思表示できます。

そして、これから紹介する「裏技2と裏技3」の方法を使うことで、値引き交渉において、あなたが優位に立つことが出来ます。

 

【裏ワザ2】車メーカーのクレジットカードを使う!

ほとんど知られていない値引きテクとして、車メーカーのクレジットカードを使うという方法があります。

実はクレジットカードの売上も、ディーラーの成績に反映されるんですね。

ディーラーとしてはクレジットカードを使ってくれるなら、値引きしてもプラスになるので、大幅値引きが可能になります。

【裏ワザ3】無料一括査定で高額買取をしてもらう!

この中で、1番簡単で1番効果が高い方法です。

忘れがちだけど、現在乗っている愛車をそのままディーラーに下取ってもらってはいけません。

 

しっかりと他の買取店などでも見積もりを取って、下取り額を競合させましょう。

ただ、複数ある買取店で下取りを出してもらうのも、メンドクサイと思います。

そこでオススメなのが、「ネットの無料一括査定」です。

 

この方法ならカンタン3分で、あなたの車を最高額で売ることができます。

これなら、忙しいあなたでも出来ますよね。

買取査定は本当にピンきりで、最大で60万円くらい差がでることもあるそうです。

一番オススメなのが、「カーセンサーの簡単ネット査定」です。

私もこのサイトで、7年落ちのヴィッツを査定してもらったところ、50万円という見積が出てビックリしたのを覚えています。

一括見積りせずに、数万円程度で下取りに出して損しなくて本当によかったです。

ただ、疑い深い私は、あまりにも下取り価格が高かったのでいろいろ調べました。

 

どうやら高額買取してくれる店は、東南アジアに輸出してるみたいです。

だから、ボロボロの車でも、相場よりも高く買取ってくれるらしいです。

なので損したくない方は「カーセンサーの簡単ネット車査定」で、
無料一括見積りをすることをおすすめします。

最後に・・

私が調べに調べた値引きの裏ワザはいかがでしたか?

あなたも徹底的に値引きして、これからの相棒になる、新しい車を出来るだけ安く購入してくださいね。

そのはじめの一歩として、まずは車を無料一括査定してみましょう。

3分程度で、50万円もお得になる可能性がありますからね。。。

カーセンサーの簡単ネット査定の詳細はコチラ

買取額は毎日変動するので、すぐにでも査定を申し込んでおいた方がいいと思います。

翌日、10万円も買取額が下がってしまっていたら、ガッカリしますからね。

 

 

-TOYOTA, マツダ
-,

Copyright© 新型Car-Feeling , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.