新型Car-Feeling

新型車の徹底比較をしています!

中古アウディA4セダン VS 新車アクセラの比較【外観、室内、燃費、価格、値引きなど】

更新日:


アウディA4セダンは、1994年に初代モデルの販売が開始された日本ではトヨタ・マークXなどと同じ部類に属する欧州型ミドルセダン車です。

このクラスのセダン車は、トヨタ・カローラなどのファミリーカーと比べて室内空間がゆったりと設計されており、大人が複数名座っても快適に過ごせる事が特徴です。

日本では国産ミドルセダン車の価格に数十万円上乗せするだけで欧州車に乗る事ができると言う観点から人気の車種であり、中古車であっても良好な状態である車両が多い事から、敢えて中古のA4セダンを狙うユーザーも多く存在します。

一方のアクセラは、2003年に販売が開始されたマツダ車を代表するファミリーカーの1つとなっており、1960年代~1990年代にかけて大ヒットを記録したファミリアの後継車種としても知られています。

現在のアクセラは3代目のモデルであり、欧州車を意識したデザインやクリーンディーゼルエンジンを採用するなど日本車としては独自路線を歩んでおり、新車購入であっても手ごろな価格で欧州車気分を味わう事ができる事から、ロングヒットを継続しています。

中古アウディA4セダン VS 新車アクセラのボディーサイズを比較

中古アウディA4セダンのボディーサイズ

A4セダンのボディーサイズは、初代モデルから3代目となるモデルまでは全長:約4,448~4,590mm、全幅:1,730~1,800mm、全高:1,415~1,450mmとなっています。

また、ボディーサイズの拡大を行った4代目以降のモデルは全長:約4,700~4,735mm、全幅:1,820~1,840mm、全高:1,410~1,430mmとなっています。

新車アクセラのボディーサイズ

一方のアクセラのボディーサイズは新車で購入する事のできる現行モデルの場合で、全長:約4,470~4,580mm、全幅:1,795 mm、全高:1,455~1,480mmとなっており、旧モデルのA4セダンと比べ大きな差はありません。

中古アウディA4セダン VS 新車アクセラの外観を比較

中古アウディA4セダンの外観

中古アウディA4セダンの外観は、欧州車特有の丸みを帯びたデザインとなっており、初代モデルから現行モデルまでキープコンセプトでモデルチェンジが行われています。

2005年に販売が開始された3代目モデルからは、現在のアウディ車の基軸ともなる大型のフロントグリルが採用されており、ミドルセダン車でありながらも力強さと高級感を演出しています。

また、2008年に販売が開始された4代目モデルからは現在、日本車でも主流となっているアイライン型の車幅灯が採用され、後期型モデルではこちらも昨今流行となっているシーケンシャル型ウインカーが採用されるなど、電装系のヴィジュアルアップが早い段階から導入されている事も大きな特徴です。

新車アクセラの外観

一方のアクセラは2013年のモデルチェンジを機に、力強さと風のイメージをコンセプトとした魂動デザインが採用されており、ファミリーセダン車でありながらも高級感と重厚感を表現した外観となっています。

また、ヘッドライトやテールライトを強力細くデザインしシャープさと風の流れをイメージしている事も大きな特徴となっており、欧州車を強く意識したデザインとなっている事からドイツやイタリアなどの欧州圏で高い評価を得ています。

中古アウディA4セダン VS 新車アクセラの室内サイズを比較

中古アウディA$セダンの室内サイズ

A4セダンの室内サイズは、詳細な主要諸元が残っていない事から残念ながら旧モデルのサイズは不明となっており、現在確認できる現行モデルで室内幅:1,476mm、室内高:1,039mmとなっており室内長は不明です。

3代目モデルまでのA4セダンは、現行モデルよりもボディーサイズが1回りほど小さいため、これよりも室内サイズはやや狭くなっていると考えられます。

新車アクセラの室内サイズ

一方のアクセラの室内サイズは室内長:1,845mm、室内幅:1,505mm、室内高:1,170mmとなっており、現行のA4セダンと比べると殆ど変わりはないため、大人が複数名座ってもゆったりと過ごす事のできる空間が確保されています。

中古アウディA4セダン VS 新車アクセラのエンジン・燃費を比較

中古アウディA4セダンのエンジンと燃費

A4セダンの旧型モデルに搭載されているエンジンは主に1.6L~2.8Lの物が主流となっており、ガソリン・ディーゼルの2種類が設定されています。

ただし、1994年の初代モデルから2008年まで製造された3代目モデルまでは詳細な燃費は公表されていないため、残念ながら不明となっています。

確認できるのは4代目モデル2.0Lガソリンターボモデルで13.60km/L~13.80km/L、現行モデルの1.4L・2.0Lガソリンターボモデルで16.60km/Lとなっています。

新車アクセラのエンジンと燃費

一方のアクセラには1.5Lエンジン、2.2Lディーゼルターボエンジン、2.0Lハイブリッド兼用エンジンの3種類のエンジンが搭載されており、燃費は1.5L直噴自然吸気モデルで17.8~20.6km/L、2.2Lディーゼルターボモデルで18.0~21.6km/L、2.0Lハイブリッドモデルで28.0~30.8km/Lとなっています。

中古アウディA4セダン VS 新車アクセラの価格を比較

中古アウディA4セダンの価格

中古アウディA4セダンの価格には大きな幅があり、現行モデルである5代目モデルの場合で約230万円~580万円程度、一世代前の4代目モデルで約45万円~280万円程度が平均的な価格となります。

全校的には常に500台以上の中古車が流通していますので、様々な条件から希望に近い車両を選ぶ事が可能です。

新車アクセラの価格

一方の新車アクセラの価格は、ベース車両となる1.5Lガソリンエンジンモデルで182万円からとなっており、最上級グレードに位置づけられる2.2Lディーゼルターボエンジンモデルで約331万円となっています

中古アウディA4セダン VS 新車アクセラの値引きを比較

中古アウディA4セダンの値引き

 

中古アウディA4セダンは、モデルによって大きな価格差があり中古車という事もあるため、詳細な平均値引き額には大きなばらつきが生じます。

特に認定中古車(ディーラー系)の場合には、程度の良い物が多く販売店からの手厚い保障を受ける事ができるため、その分値引き額が少なくなる傾向にあるようです。

新車アクセラの値引き

一方のアクセラの値引き額は、車両本体の場合で15万円~25万円程度が平均的な値引き額となっており、セダンに限っては30万円を超える値引きも期待する事が可能です。

アクセラは、2019年内にフルモデルチェンジを行う事が予想されているため、今後更に値引き額が大きくなる可能性がありますので、購入を検討している場合には情報収集を行うと良いでしょう。

※絶対に損をしない!新車の値引きの裏技」をすべてを見せます!

新車を購入するなら安く買いたいですよね?

関西人の私は損をするのがイヤです。(ドケチでもあります。)

私もあなたと同じように損をせずに誰よりも安く買いたいので、いろいろ聞いたり調べてみました。

その結果は・・・

 

なんと!! 50万円値引き額が上がり、めちゃ安く買うことができたんです。

本当は値引き方法をナイショにしておこうと思ったのですが、ここまで記事を読んで頂いたお礼に、公開することにしました。

本当はは高く売れたことを自慢したいだけだったりして。。

 

・・・というわけで、

私が使った、3つの裏ワザを無料でプレゼントすることにしました。

誰でもカンタンにできる方法なので、実践して損はしません。

興味の無い方は、Yahoo!トップページに飛んでください。
https://www.yahoo.co.jp/

 

【裏ワザ1】購入候補の車よりも、安い価格帯ライバル車と競わせる!

まず、 購入候補車のライバル車を調べましょう。

 

ライバル車の選定ポイントは、 購入候補車よりも価格帯が若干低い車を選ぶことです。

そうすることで・・

「車としては 購入予定の車の方が魅力的なんですが、ライバル車(購入候補車よりも価格帯が若干低い車)の方が価格的に魅力的なので迷っているんです。」

という値引きへのアピールを意思表示できます。

そして、これから紹介する「裏技2と裏技3」の方法を使うことで、値引き交渉において、あなたが優位に立つことが出来ます。

 

【裏ワザ2】車メーカーのクレジットカードを使う!

ほとんど知られていない値引きテクとして、車メーカーのクレジットカードを使うという方法があります。

実はクレジットカードの売上も、ディーラーの成績に反映されるんですね。

ディーラーとしてはクレジットカードを使ってくれるなら、値引きしてもプラスになるので、大幅値引きが可能になります。

【裏ワザ3】無料一括査定で高額買取をしてもらう!

この中で、1番簡単で1番効果が高い方法です。

忘れがちだけど、現在乗っている愛車をそのままディーラーに下取ってもらってはいけません。

 

しっかりと他の買取店などでも見積もりを取って、下取り額を競合させましょう。

ただ、複数ある買取店で下取りを出してもらうのも、メンドクサイと思います。

そこでオススメなのが、「ネットの無料一括査定」です。

 

この方法ならカンタン3分で、あなたの車を最高額で売ることができます。

これなら、忙しいあなたでも出来ますよね。

買取査定は本当にピンきりで、最大で60万円くらい差がでることもあるそうです。

一番オススメなのが、「カーセンサーの簡単ネット査定」です。

私もこのサイトで、7年落ちのヴィッツを査定してもらったところ、50万円という見積が出てビックリしたのを覚えています。

一括見積りせずに、数万円程度で下取りに出して損しなくて本当によかったです。

ただ、疑い深い私は、あまりにも下取り価格が高かったのでいろいろ調べました。

 

どうやら高額買取してくれる店は、東南アジアに輸出してるみたいです。

だから、ボロボロの車でも、相場よりも高く買取ってくれるらしいです。

なので損したくない方は「カーセンサーの簡単ネット車査定」で、
無料一括見積りをすることをおすすめします。

最後に・・

私が調べに調べた値引きの裏ワザはいかがでしたか?

あなたも徹底的に値引きして、これからの相棒になる、新しい車を出来るだけ安く購入してくださいね。

そのはじめの一歩として、まずは車を無料一括査定してみましょう。

3分程度で、50万円もお得になる可能性がありますからね。。。

カーセンサーの簡単ネット査定の詳細はコチラ

買取額は毎日変動するので、すぐにでも査定を申し込んでおいた方がいいと思います。

翌日、10万円も買取額が下がってしまっていたら、ガッカリしますからね。

少ない負担でどうしても新車を手に入れたいなら、

カーリースが良い選択です。

詳細はバナーをクリック!
↓        ↓

カーリースだと、車検基本料、自動車税、登録時・継続時の諸費用などが全部コミコミで、月々たったの8,000円から契約できます。

-マツダ, アウディ

Copyright© 新型Car-Feeling , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.