新型Car-Feeling

新型車の徹底比較をしています!

トヨタ アルファード Gタイプ 2006年式の中古車の比較

更新日:

 

我が家の愛車・トヨタ アルファードGタイプ 2006年式の中古車


我が家の人気者は、トヨタの今人気のミニバン車、トヨタ アルファードGタイプです。

【関連記事】
トヨタ 新型アルファードの口コミ評判や評価まとめ!【外観、内装、燃費など】

トヨタ 新型アルファード マイナーチェンジ(ハイブリッドを含む)価格&グレード、スペック&装備 口コミは?

【車一括査定口コミ体験談】アルファードG、2007年式で走行距離14万kmの買取額にショック!

 

中古車で購入して以来、現在まで主に行楽など家族で利用していますが、年式は既に2006年でモデルはGタイプであり、購入してからは既に7年以上は経っているでしょう。

現在の新車としてのアルファードは勿論、後継車としてはヴェルファイアなども売りだされています。

しかし、このような新車は当時よりも勿論、性能的には良いでしょうが、新車としては300万円以上もする車です。

従って、普通のサラリーマンでは中々手が出せず、残念ながら中古車に決めてしまいました。

中古車での売り出し価格は120数万円でしたので、まずまずの値段と思いました。

実際に登録されてから10年以上経つ車体ですが、当時の走行距離が1・5万kmと新車に近い状態であったので、その価格や程度に魅せられて購入したものです。



外観のエクステリア関係

外観のエクステリア関係は現在の最近の新型モデルと比較するとやや古い感じはしますが、基本的な外観は余り変わらず、今でもスッキリ感はありますし、同型車であるニッサンのエルグランドよりは車体も低く滑な感じで好きでした。

 

又、内装もランク下の普通タイプよりGタイプは高級感があっていいようです。

特に高級シートや正面のウッドパネル、ウッドハンドルに操作部分はラバーが貼ってあり、安定したハンドルさばきが出来ます。

 

室内装備の上質感もあり、運転席のシートの自動化や外の様子を探るフロントやバックにカメラが付いているのもよく、特に、バックの時は非常にありがたいです。

中古車の比較はこちらから↓

運転のしやすさはピカイチ

モニター、ナビ関係もDVDはリアモニターも付いていて子供たちには大変評判がよく充実装備といったところです。

乗り心地に関しては、大型乗用車の割にはスムーズな加速が出来ますし、ハンドリングの良さ、それにミニバンということも有り視界の良さは抜群で、従って運転の良さは十分です。

 

特に、スムーズな加速、はんどつさばきの安定性、エンジン音や走行性の滑らかさは、我ら熟年層には優しい車で、長距離運転でも余り疲れを感じないで運転できます。

アルファードはハイオクガソリン指定車ですが、ノーマルガソリンでも問題は内容で、当然ながら燃料代の安いで、ノーマルガソリンを使用しています。

 

ただ、エアコンを頻繁に使うと燃費がやや悪くなり、リッター約8キロから10キロ程度の燃費ですが、この車の快適さを考えると此れで十分だとは思いますね。

 

それと、我ら家族はスキーをしますので雪山用の4WDというのがまた充分に役に立っているのです。



トヨタ アルファード VS ヴェルファイア 比較

このような愛車のアルファードですが、我が家でもそろそろ新しい車に乗り換える時期が来たとして、家族揃って定番のミニバンを物色しています。

 

ところで、国内の乗用車でもチョットした大型のミニバンといえば、日産はエルグランド、トヨタはアルファード、ホンダ系という車種があっていずれも人気のようですが、最近では街や観光地などで見受けられるのは、ややトヨタのアルファードが多いようにも感じてました。

 

我が家でも、そろそろ車の乗り換え時期ということで、特にミニバン車に注目して探していましたが先般、中古車センターでトヨタの新型アルファードを見つけたのです。

 

気になって、車の状況、特に内装や外観から現状性能面までよくよく観察したところ、大変気に入ったので家族とも相談して一応は購入目標にしていたのです。

ところが、アルファードを買おうとしている時に、チョット引っかかるのが同じトヨタのヴェルファイアという同系の車です。

 

別な中古車センターで見つけたのですが、しかし、車種が比較的新しいせいもあって、やや、アルファードよりは価格は高めだったですが、気になりました。

 

この車は車体が全く同じように見えて、兄弟車とも言われているようで、値段は兎も角として、チョット考えさせられました。

基本的な動力性能、走行性能、燃費性能など全く同じ両車の中から1台を選ぶのは何が一番大きい要因なのでしょうか。

 

両車の違いはヘッドライトアッセンブリーやフロントバンパーなどの、フロント周りのデザインを中心に差別化しているだけなのですが、フロント周りというのは人間でいうところの顔になりますので、同じ体を持っていても顔が違えば好みも違ってくるはずです。

ところで、アルファードとヴェルファイアが何故か似たような車が発売されるのか、利用者にとってはチョット疑問もありますよね。

 

現在、ミニバンの市場ではやはりというかファミリー層から若年、中年層まで、幅広く支持されているのトヨタのアルファードだそうですが、ところで同じ人気でも特に若者層に人気があるのはヴェルファイアだそうですね。

そんなことで、現在も新型アルファードにしようか、かっこいいヴェルファイアにしようか家族で検討中でございます。

 

しかし、何れにしても我が家ではトヨタ系の大型ミニバンに相変わらずの人気と評判の良さは変わりませんね。

※絶対に損をしない!新車の値引きの裏技」をすべてを見せます!

新車を購入するなら安く買いたいですよね?

関西人の私は損をするのがイヤです。(ドケチでもあります。)

私もあなたと同じように損をせずに誰よりも安く買いたいので、いろいろ聞いたり調べてみました。

その結果は・・・

 

なんと!! 50万円値引き額が上がり、めちゃ安く買うことができたんです。

本当は値引き方法をナイショにしておこうと思ったのですが、ここまで記事を読んで頂いたお礼に、公開することにしました。

本当はは高く売れたことを自慢したいだけだったりして。。

 

・・・というわけで、

私が使った、3つの裏ワザを無料でプレゼントすることにしました。

誰でもカンタンにできる方法なので、実践して損はしません。

興味の無い方は、Yahoo!トップページに飛んでください。
https://www.yahoo.co.jp/

 

【裏ワザ1】購入候補の車よりも、安い価格帯ライバル車と競わせる!

まず、 購入候補車のライバル車を調べましょう。

 

ライバル車の選定ポイントは、 購入候補車よりも価格帯が若干低い車を選ぶことです。

そうすることで・・

「車としては 購入予定の車の方が魅力的なんですが、ライバル車(購入候補車よりも価格帯が若干低い車)の方が価格的に魅力的なので迷っているんです。」

という値引きへのアピールを意思表示できます。

そして、これから紹介する「裏技2と裏技3」の方法を使うことで、値引き交渉において、あなたが優位に立つことが出来ます。

 

【裏ワザ2】車メーカーのクレジットカードを使う!

ほとんど知られていない値引きテクとして、車メーカーのクレジットカードを使うという方法があります。

実はクレジットカードの売上も、ディーラーの成績に反映されるんですね。

ディーラーとしてはクレジットカードを使ってくれるなら、値引きしてもプラスになるので、大幅値引きが可能になります。

【裏ワザ3】無料一括査定で高額買取をしてもらう!

この中で、1番簡単で1番効果が高い方法です。

忘れがちだけど、現在乗っている愛車をそのままディーラーに下取ってもらってはいけません。

 

しっかりと他の買取店などでも見積もりを取って、下取り額を競合させましょう。

ただ、複数ある買取店で下取りを出してもらうのも、メンドクサイと思います。

そこでオススメなのが、「ネットの無料一括査定」です。

 

この方法ならカンタン3分で、あなたの車を最高額で売ることができます。

これなら、忙しいあなたでも出来ますよね。

買取査定は本当にピンきりで、最大で60万円くらい差がでることもあるそうです。

一番オススメなのが、「カーセンサーの簡単ネット査定」です。

私もこのサイトで、7年落ちのヴィッツを査定してもらったところ、50万円という見積が出てビックリしたのを覚えています。

一括見積りせずに、数万円程度で下取りに出して損しなくて本当によかったです。

ただ、疑い深い私は、あまりにも下取り価格が高かったのでいろいろ調べました。

 

どうやら高額買取してくれる店は、東南アジアに輸出してるみたいです。

だから、ボロボロの車でも、相場よりも高く買取ってくれるらしいです。

なので損したくない方は「カーセンサーの簡単ネット車査定」で、
無料一括見積りをすることをおすすめします。

最後に・・

私が調べに調べた値引きの裏ワザはいかがでしたか?

あなたも徹底的に値引きして、これからの相棒になる、新しい車を出来るだけ安く購入してくださいね。

そのはじめの一歩として、まずは車を無料一括査定してみましょう。

3分程度で、50万円もお得になる可能性がありますからね。。。

カーセンサーの簡単ネット査定の詳細はコチラ

買取額は毎日変動するので、すぐにでも査定を申し込んでおいた方がいいと思います。

翌日、10万円も買取額が下がってしまっていたら、ガッカリしますからね。

 

 

-TOYOTA
-

Copyright© 新型Car-Feeling , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.