新型Car-Feeling

新型車の徹底比較をしています!

日産 ノートNISMO Sの魅力的なデザインと後部座席の広さは?

更新日:

 


最近よく見かけるようになった日産のNISMO(ニスモ)シリーズ。

その中でも特に好きなのがノートNISMO Sです。

 

もう一目惚れと言っても良いです。

ニッサンのコンパクトカーであるノートはご存知かと思いますが、そのノートがNISMOからスポーツタイプとして販売されています。

その中でもノートNISMO Sは、最近では珍しい1.6Lの5速マニュアル車(MT車)です。

 

「S」では無い「ノートNISMO」も1.2Lオートマティック車(AT車)として販売されていますが、遊び心や走る楽しさ、車を操る楽しさを求めるのであれば断然ノートNISMO Sです。

【関連記事】
新型スイフトスポーツ vs 新型ノートニスモs 比較




ノートNISMO Sのデザインはどうでしょうか?

 

何と言ってもボディのデザインがカッコいいのです。普通のノートと似て非なるもの。

今でこそボディがツートンカラーというのもちらほら見かけるようになりましたが、NISMOのトレードマークともいえるレッドとホワイト(車体はパールホワイト)をあしらった車体は、スタイリッシュとしか言えません。

 

数車種NISMOシリーズとして販売されていますが、このノートNISMO Sがデザインはダントツでお気に入りです。

他のコンパクトカーとは差別化を図ったNISMOオリジナルのカッコよさが際立ちますが、性別を問わず愛されるようデザインされ、存在感を感じるけれど決して出しゃばらない、そんな魅力があります。

ニッサンエンブレムの横にある「NISMO S」のロゴもさりげなくてカッコいいですよ。



ノートNISMO Sのエンジン音が言霊を吐き出す!

エンジン始動後はMT車なのでエンジンの回転数やエンジン音を意識するのですが、それが車と会話しているように感じてきます。

 

これはAT車ではあまり意識しないMT車ならではの楽しみの一つではないでしょうか。そしてもちろん音も良いのです。品のあるその重低音は私のハートを心地よく刺激します。



ノートNISMO Sの内装が気になる?コンパクトカーって狭くない?

シートは専用のスエード調スポーツシートです。しかもオプションとはいえあのレカロのセミバケットシートも選ぶことができるのです。

スポーツカーって後部座席が異常に狭いと思われがちですが、それはこのノートNISMO Sには当てはまりません。

 

車内空間はコンパクトカーとは思えないほど広く、後部座席にも大人がゆったりと座れるほどのスペースが確保されていますし、ブラックを基調とした内装インテリアもとても高級感があります。

大人4人の1泊2日のキャンプくらいなら、テントをはじめ必要な荷物を十分乗せることができる広さがあり、後部座席は120センチ程度の子供であれば立つこともできます。

いざ、ノートNISMO Sに試乗!

実際にノートNISMO Sび試乗してみると、1.6Lとは思えないような加速の良さを体感することができます。

 

一般的な2.0LのAT車と比べてもノートNISMO Sの方が排気量が大きいのかな?と思う程です。

 

高速走行をしていると良くわかるのですが、アクセルを踏み込むとタイムラグを感じることなくダイレクトにエンジンが反応してくれるので、ストレスを感じることなく力強い加速を生み出してくれます。

本音を言えば6速MTであってほしいところですが、日常生活で街乗り程度では5速MTで十分。高速走行以外では6速は使わないでしょう。

 

足回りもしっかりしているので、高速走行でもふらつくことは一切ありません。かといってサスペンションが固すぎることもないので乗り心地はバツグンです。

坂道も不安を感じる事なく力強く上りますし、コンパクトカーのDNAもしっかり受け継いでいるので小回りもきく。駐車場ではとても重宝しますよ。

ファミリーカーとしても意外と使えるのです。



ノートNISMO Sは車好きの心をくすぐられる国産車

車好きの心をあらゆる角度からくすぐってくるこのノートNISMO S。「車が好きな人が作ったんだろうな」というのが伝わってきます。

大人の贅沢ですが、走りの楽しさを知ることができ、機械だけれど家族

それが車で、それを教えてくれるのがこの日産ノートNISMO Sです。

※絶対に損をしない!新車の値引きの裏技」をすべてを見せます!

新車を購入するなら安く買いたいですよね?

関西人の私は損をするのがイヤです。(ドケチでもあります。)

私もあなたと同じように損をせずに誰よりも安く買いたいので、いろいろ聞いたり調べてみました。

その結果は・・・

 

なんと!! 50万円値引き額が上がり、めちゃ安く買うことができたんです。

本当は値引き方法をナイショにしておこうと思ったのですが、ここまで記事を読んで頂いたお礼に、公開することにしました。

本当はは高く売れたことを自慢したいだけだったりして。。

 

・・・というわけで、

私が使った、3つの裏ワザを無料でプレゼントすることにしました。

誰でもカンタンにできる方法なので、実践して損はしません。

興味の無い方は、Yahoo!トップページに飛んでください。
https://www.yahoo.co.jp/

 

【裏ワザ1】購入候補の車よりも、安い価格帯ライバル車と競わせる!

まず、 購入候補車のライバル車を調べましょう。

 

ライバル車の選定ポイントは、 購入候補車よりも価格帯が若干低い車を選ぶことです。

そうすることで・・

「車としては 購入予定の車の方が魅力的なんですが、ライバル車(購入候補車よりも価格帯が若干低い車)の方が価格的に魅力的なので迷っているんです。」

という値引きへのアピールを意思表示できます。

そして、これから紹介する「裏技2と裏技3」の方法を使うことで、値引き交渉において、あなたが優位に立つことが出来ます。

 

【裏ワザ2】車メーカーのクレジットカードを使う!

ほとんど知られていない値引きテクとして、車メーカーのクレジットカードを使うという方法があります。

実はクレジットカードの売上も、ディーラーの成績に反映されるんですね。

ディーラーとしてはクレジットカードを使ってくれるなら、値引きしてもプラスになるので、大幅値引きが可能になります。

【裏ワザ3】無料一括査定で高額買取をしてもらう!

この中で、1番簡単で1番効果が高い方法です。

忘れがちだけど、現在乗っている愛車をそのままディーラーに下取ってもらってはいけません。

 

しっかりと他の買取店などでも見積もりを取って、下取り額を競合させましょう。

ただ、複数ある買取店で下取りを出してもらうのも、メンドクサイと思います。

そこでオススメなのが、「ネットの無料一括査定」です。

 

この方法ならカンタン3分で、あなたの車を最高額で売ることができます。

これなら、忙しいあなたでも出来ますよね。

買取査定は本当にピンきりで、最大で60万円くらい差がでることもあるそうです。

一番オススメなのが、「カーセンサーの簡単ネット査定」です。

私もこのサイトで、7年落ちのヴィッツを査定してもらったところ、50万円という見積が出てビックリしたのを覚えています。

一括見積りせずに、数万円程度で下取りに出して損しなくて本当によかったです。

ただ、疑い深い私は、あまりにも下取り価格が高かったのでいろいろ調べました。

 

どうやら高額買取してくれる店は、東南アジアに輸出してるみたいです。

だから、ボロボロの車でも、相場よりも高く買取ってくれるらしいです。

なので損したくない方は「カーセンサーの簡単ネット車査定」で、
無料一括見積りをすることをおすすめします。

最後に・・

私が調べに調べた値引きの裏ワザはいかがでしたか?

あなたも徹底的に値引きして、これからの相棒になる、新しい車を出来るだけ安く購入してくださいね。

そのはじめの一歩として、まずは車を無料一括査定してみましょう。

3分程度で、50万円もお得になる可能性がありますからね。。。

カーセンサーの簡単ネット査定の詳細はコチラ

買取額は毎日変動するので、すぐにでも査定を申し込んでおいた方がいいと思います。

翌日、10万円も買取額が下がってしまっていたら、ガッカリしますからね。

少ない負担でどうしても新車を手に入れたいなら、

カーリースが良い選択です。

詳細はバナーをクリック!
↓        ↓

カーリースだと、車検基本料、自動車税、登録時・継続時の諸費用などが全部コミコミで、月々たったの8,000円から契約できます。

-日産

Copyright© 新型Car-Feeling , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.