新型Car-Feeling

新型車の徹底比較をしています!

映画「去年の冬、きみと別れ」2018年3月に公開!原作や出演者は?

投稿日:


この記事では、2018年3月に公開される予定の日本映画『去年の冬、きみと別れ』の原作や出演者、スタッフなどについて、ご紹介します。

映画「去年の冬、きみと別れ」の原作者について


まず最初にご紹介したいのは、この映画は日本の小説が原作になっているということです。
小説も同じタイトルで、作者は中村文則さんです。

中村さんはフリーター出身の小説家です。2002年に新潮新人賞という文学賞を受賞して、小説家デビューしています。

その後もさまざまな作品で、いろいろな文学賞を受賞しています。ですから、小説家として、とても高く評価されていることが分かります。

ちなみに『アメトーーク!』の『読書芸人』の回に大プッシュされた小説『教団X』も、中村さんの作品です。

映画「去年の冬、きみと別れ」の原作について

小説『去年の冬、きみと別れ』は、サスペンス系の小説です。
中村さんのこれまでの作品の中で一番の出来と言われており、すでにベストセラーになっています。

現在は、紙書籍の文庫版の他に、電子書籍としても出版されています。電子書籍版ならアプリやブラウザで読めますから、予習感覚で読んでおくのもオススメです。

気になるストーリーは、「主人公が、ある事件の真相を追っていくうちに、どんどん深みにはまっていき、衝撃の結末を迎える」、というものです。

しかも、美しさや切なさもあるお話というのですから、映画への期待も高まります。

去年の冬、きみと別れ (幻冬舎文庫)

 


映画「去年の冬、きみと別れ」の出演者について

岩田剛典さん

G 岩田剛典 三代目J Soul Brothers from EXILE TRIBE (DVD付)

映画版の主役は、EXILE / 三代目 J Soul Brothersの岩田剛典さんです。

岩田さんについては、「俳優のイメージが、あまり無い」という方も、いらっしゃるかも知れません。

でも、実は岩田さんは、今まで映画やテレビドラマに何本も出演しています。

中でも、テレビドラマ『砂の塔〜知りすぎた隣人』では、最終回の演技によって、強い印象を残しました。

今回、主役を引き受けたことについては、岩田さん自身、「チャレンジ」「やり甲斐のある役どころ」と語っています。

岩田さんにとって、俳優として大きく飛躍するチャンスと言えるでしょう。

また、岩田さん以外の主な出演者には、山本美月さん、斎藤工さん、浅見れいなさん、土村芳さん、北村一輝さんの5人がキャスティングされています。

山本美月さん

山本美月さんは、モデル出身の女優さんです。

これまでに、映画やテレビドラマにたくさん出演されています。
最近ではHey! Say! JUMPの伊野尾慧とW主演した映画『ピーチガール』などがあります。

ピーチガール 豪華版(初回限定生産) [DVD]

斎藤工さん

斎藤工 蜷川実花 東京編 (写真集)

斎藤工さんは、説明の必要がないくらい、有名なイケメン俳優さんです。

映画『去年の冬、きみと別れ』の予告では、イケメンなだけでなく、謎を秘めたミステリアスな雰囲気全開です。映画での演技が今から楽しみです。

浅見れいなさん

アンバランス

浅見れいなさんは、モデルと女優の両方をこなしており、たくさんの作品に重要な役で出演しています。

土村芳さん

土村芳さんは、NHKの朝ドラ『べっぴんさん』の君枝役で、一躍、有名になった女優さんです。

連続テレビ小説 べっぴんさん 完全版 ブルーレイ BOX1 [Blu-ray]

2017年放送のテレビドラマ『恋がヘタでも生きてます』にも、主要キャストとして出演しています。

恋がヘタでも生きてます DVD-BOX

北村一輝さん

北村一輝さんは、濃いお顔が印象的なバリバリの役者さんです。

KILLERS/キラーズ(字幕版)

コミカルな作品からシリアスな作品まで、そして時代劇から現代劇まで、幅広い作品で活躍しています。



監督・脚本について

映画『去年の冬、きみと別れ』の監督は瀧本智行さん、脚本は大石哲也さんです。

瀧本さんはこれまで、映画『脳男』や『グラスホッパー』などで監督をしています。

グラスホッパー スタンダード・エディション [Blu-ray]

サスペンス系の作品を何本も監督していますから、この映画にはぴったりです。

大石さんはこれまで、テレビドラマ『金田一少年の事件簿』や映画『デスノート』など、たくさんの作品で脚本をしています。

DEATH NOTE デスノート the Last name

豊富な経験で原作の魅力をどう活かしてくれるのか、注目です。



※絶対に損をしない!新車の値引きの裏技」をすべてを見せます!

新車を購入するなら安く買いたいですよね?

関西人の私は損をするのがイヤです。(ドケチでもあります。)

私もあなたと同じように損をせずに誰よりも安く買いたいので、いろいろ聞いたり調べてみました。

その結果は・・・

 

なんと!! 50万円値引き額が上がり、めちゃ安く買うことができたんです。

本当は値引き方法をナイショにしておこうと思ったのですが、ここまで記事を読んで頂いたお礼に、公開することにしました。

本当はは高く売れたことを自慢したいだけだったりして。。

 

・・・というわけで、

私が使った、3つの裏ワザを無料でプレゼントすることにしました。

誰でもカンタンにできる方法なので、実践して損はしません。

興味の無い方は、Yahoo!トップページに飛んでください。
https://www.yahoo.co.jp/

 

【裏ワザ1】購入候補の車よりも、安い価格帯ライバル車と競わせる!

まず、 購入候補車のライバル車を調べましょう。

 

ライバル車の選定ポイントは、 購入候補車よりも価格帯が若干低い車を選ぶことです。

そうすることで・・

「車としては 購入予定の車の方が魅力的なんですが、ライバル車(購入候補車よりも価格帯が若干低い車)の方が価格的に魅力的なので迷っているんです。」

という値引きへのアピールを意思表示できます。

そして、これから紹介する「裏技2と裏技3」の方法を使うことで、値引き交渉において、あなたが優位に立つことが出来ます。

 

【裏ワザ2】車メーカーのクレジットカードを使う!

ほとんど知られていない値引きテクとして、車メーカーのクレジットカードを使うという方法があります。

実はクレジットカードの売上も、ディーラーの成績に反映されるんですね。

ディーラーとしてはクレジットカードを使ってくれるなら、値引きしてもプラスになるので、大幅値引きが可能になります。

【裏ワザ3】無料一括査定で高額買取をしてもらう!

この中で、1番簡単で1番効果が高い方法です。

忘れがちだけど、現在乗っている愛車をそのままディーラーに下取ってもらってはいけません。

 

しっかりと他の買取店などでも見積もりを取って、下取り額を競合させましょう。

ただ、複数ある買取店で下取りを出してもらうのも、メンドクサイと思います。

そこでオススメなのが、「ネットの無料一括査定」です。

 

この方法ならカンタン3分で、あなたの車を最高額で売ることができます。

これなら、忙しいあなたでも出来ますよね。

買取査定は本当にピンきりで、最大で60万円くらい差がでることもあるそうです。

一番オススメなのが、「カーセンサーの簡単ネット査定」です。

私もこのサイトで、7年落ちのヴィッツを査定してもらったところ、50万円という見積が出てビックリしたのを覚えています。

一括見積りせずに、数万円程度で下取りに出して損しなくて本当によかったです。

ただ、疑い深い私は、あまりにも下取り価格が高かったのでいろいろ調べました。

 

どうやら高額買取してくれる店は、東南アジアに輸出してるみたいです。

だから、ボロボロの車でも、相場よりも高く買取ってくれるらしいです。

なので損したくない方は「カーセンサーの簡単ネット車査定」で、
無料一括見積りをすることをおすすめします。

最後に・・

私が調べに調べた値引きの裏ワザはいかがでしたか?

あなたも徹底的に値引きして、これからの相棒になる、新しい車を出来るだけ安く購入してくださいね。

そのはじめの一歩として、まずは車を無料一括査定してみましょう。

3分程度で、50万円もお得になる可能性がありますからね。。。

カーセンサーの簡単ネット査定の詳細はコチラ

買取額は毎日変動するので、すぐにでも査定を申し込んでおいた方がいいと思います。

翌日、10万円も買取額が下がってしまっていたら、ガッカリしますからね。

 

 

-映画

Copyright© 新型Car-Feeling , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.