新型Car-Feeling

新型車の徹底比較をしています!

新型ハイエース300系 おすすめオプションパーツ5選&必要ないオプション2選

更新日:


TOYOTA 新型ハイエース300系のアクセサリーカタログなどで、オプションを選ばれると思いますが、どのオプションにするか迷ってしまうと思います。

そこでこの記事では、おすすめのオプションを5つと、必要無いかな?と思うオプションを2つ紹介していきます。

おすすめオプション1つ目 リヤアシストグリップ 価格7,128円

新型ハイエース300系におすすめのオプション1つ目は「リヤアシストグリップ」です。


商用車の代表格でもあるトヨタ・ハイエースシリーズですが、居住性や利便性が良くミニバン車の代わりとして選択されることも多い車種でもあります。

しかし、商用車として設計が行われている為、使い勝手の良さなどは考慮されていないのが現状でもあります。

特にハイエースの様な1BOXタイプの車は、地上から床までの位置が高くなっている事が多く乗り降りの際には、どこかに捉まりながら乗降をすると言う場面が多くなっています。

その為、ハイエースを商用車としてではなく乗用車として使用する際におすすめのオプションとなっており、小さなお子さんやお年寄りなどを乗せる事が多い場合に是非装備しておきたいおすすめのオプションです。

おすすめオプション2つ目 レスキューマンIII 価格2,484円

新型ハイエース300系におすすめのオプション2つ目は「レスキューマンIII」です。

名前を聞いただけでは、どの様なオプションなのか想像がつかない方も多いともいますが、万が一車内に閉じ込められてしまった場合や、ドアの開閉が行えないと言う緊急事態に窓ガラスを割り脱出するためのアイテムです。

昨今では急なゲリラ豪雨や大雨などによる水害が多発しています。

車のドアというのは、ドアの1/3~半分くらいまでの高さ(ハイエースで例えるとサイドミラーから20cmほど下の位置)まで水位があると水圧の影響でドアが開かなくなってしまいます。

また、その程度まで水に浸かってしまうと電気系統がショートしてしまいパワーウィンドウなどが動作せず、車内からの脱出が困難になる場合があります。

その様な緊急事態に窓ガラスを割って車外へ避難するための命を守るオプションで、シートベルトカッターと一体型になっており万が一の事態に備えたおすすめのオプションです。

おすすめオプション3つ目 モデリスタコンプリート・マルチトランスポーター・アクセサリーコンセント

新型ハイエース300系におすすめのオプション3つ目は「モデリスタコンプリート・マルチトランスポーター・アクセサリーコンセント」です。

商用車や乗用車として利用されることの多いハイエースシリーズですが、数多くの物を運搬できる空間を備えていることから、昨今では車中泊のできるキャンピングカーの代わりとして購入する方も増えています。

このマルチトランスポーターシリーズは、ベッドキットの設置や自転車などの運搬に適したアウトドア向けの特別架装となっており、中でも家庭用コンセントを使用できるこのオプションは非常におすすめのオプションです。

100V・100Wと使用用途は少々限られてしまいますが、重たく大きなインバーター機器を持ち歩く必要も無く、車内の壁やインパネにコンセントジャックが埋め込まれているため邪魔になることもありません。

車内で電子機器を使用することが多い方におすすめのオプションです。

おすすめオプション4つ目 TRDショックアブソーバーセット

新型ハイエース300系におすすめのオプション4つ目は「TRDショックアブソーバーセット」です。

トヨタ自動車のレーシング部門であるTRDから発売されている足回りを強化するオプションです。

ハイエースシリーズは商用車として開発された為、コストカットや耐久性を重視した車でもあります。

その為、人が快適に移動する事や走行性能の安定性と言う面では、乗用車に劣ってしまう部分があります。

特に荷物の運搬を念頭に考えられている事からサスペンションなどは非常に非力な構造のもを採用しており、乗り物酔いなどを起こしやすい車でもあります。

そんな悩みを解消するオプションが、このショックアブソーバーセットで乗り心地が激変するアイテムです。

ハイエースをミニバン車の様な乗用車として使用する方におすすめのオプションとなっており、高速走行時でも安定した走りを望んでいる方におすすめです。

マンション探しは情報戦です!
未公開物件から探せば、
無駄な時間を使わなくて済みます。
▼     ▼

おすすめオプション5つ目 TRDメンバーブレースセット

新型ハイエース300系におすすめのオプション5つ目は「TRDメンバーブレースセット」です。

トヨタ自動車のレーシング部門であるTRDから発売されているボディ剛性を強化する為のオプションとなっています。

商用車として設計が行われているハイエースシリーズですが、荷物の運搬を主な使用目的としているため、走行時の安定性などは他の乗用車と比べて劣る部分があります。

ところが、このメンバーブレースを装着する事によってボディ剛性を高めることができ、車体の不要な歪みを抑える事ができるため走行安定性を高める事ができるオプションとなっています。

車体の捻れや歪みが大きいハイエースの様な1BOX車に最適なオプションで、乗用車として使用を考えている方におすすめのオプションです。

別途で販売されているTRDショックアブソーバーセットと組み合わせることで、メンバーブレースの性能を大きく引き出すことができる為、このオプションを選択する場合にはショックアブソーバーセットと同時に選ぶ事をおすすめします。

ここからは必要ないオプションを紹介していきます。

必要ないオプション1つ目 トヨタ NEO G-Child Baby・ジュニアシート 価格41,040円

新型ハイエース300系に必要ない・おすすめしないオプション1つ目は「トヨタ NEO G-Child Baby・ジュニアシート」です。

昨今の道路交通法改正によって6歳未満の幼児を乗車させる場合にはチャイルドシートの設置が義務付けられています。

このチャイルドシート・ジュニアシートはトヨタ自動車の純正品であり国土交通省の安全基準を満たしている物ですが、問題なのは取り付け方法にあります。

この2つのシートはISOFIXと言うチャイルドシート自体を自動車のシートに固定して装着を行う設置方法ではなく、シートベルトを介して装着を行う商品です。

このシートベルト式のチャイルドシートやジュニアシートは、走行によるシートのズレや揺さぶりが多く、揺れや振動の大きいハイエースには向いていないため必要が無いと判断しました。

必要ないオプション2つ目 モデリスタ 本革調シートカバー 価格70,000~80,000円

新型ハイエース300系に必要ない・おすすめしないオプション2つ目は「モデリスタ 本革調シートカバー」です。

こちらのオプションは、トヨタ自動車の子会社であるモデリスタが販売しているハイエース専用設計のシートカバーとなっており、モデリスタの刻印も入っている質の良いシートカバーオプションです。

シートカバー自体は車内の質感アップや汚れを防止すると言う意味で必要が無いという事は決してありません。

問題なのは価格の高さです。ハイエースのフロント・リヤを合わせた1台分をオプションとして選んだ場合、\70,000~\80,000と言う価格になりますが、本革調のシートカバーとしてはかなりの高額な部類となります。

社外品でシートカバーを専門に製造しているメーカーの商品ですと「本革調」ではなく本物の「本革」のシートカバーが購入出来る金額となるため、必要ないオプションと判断しました。

※絶対に損をしない!新車の値引きの裏技」をすべてを見せます!

新車を購入するなら安く買いたいですよね?

関西人の私は損をするのがイヤです。(ドケチでもあります。)

私もあなたと同じように損をせずに誰よりも安く買いたいので、いろいろ聞いたり調べてみました。

その結果は・・・

 

なんと!! 50万円値引き額が上がり、めちゃ安く買うことができたんです。

本当は値引き方法をナイショにしておこうと思ったのですが、ここまで記事を読んで頂いたお礼に、公開することにしました。

本当はは高く売れたことを自慢したいだけだったりして。。

 

・・・というわけで、

私が使った、3つの裏ワザを無料でプレゼントすることにしました。

誰でもカンタンにできる方法なので、実践して損はしません。

興味の無い方は、Yahoo!トップページに飛んでください。
https://www.yahoo.co.jp/

 

【裏ワザ1】購入候補の車よりも、安い価格帯ライバル車と競わせる!

まず、 購入候補車のライバル車を調べましょう。

 

ライバル車の選定ポイントは、 購入候補車よりも価格帯が若干低い車を選ぶことです。

そうすることで・・

「車としては 購入予定の車の方が魅力的なんですが、ライバル車(購入候補車よりも価格帯が若干低い車)の方が価格的に魅力的なので迷っているんです。」

という値引きへのアピールを意思表示できます。

そして、これから紹介する「裏技2と裏技3」の方法を使うことで、値引き交渉において、あなたが優位に立つことが出来ます。

 

【裏ワザ2】車メーカーのクレジットカードを使う!

ほとんど知られていない値引きテクとして、車メーカーのクレジットカードを使うという方法があります。

実はクレジットカードの売上も、ディーラーの成績に反映されるんですね。

ディーラーとしてはクレジットカードを使ってくれるなら、値引きしてもプラスになるので、大幅値引きが可能になります。

【裏ワザ3】無料一括査定で高額買取をしてもらう!

この中で、1番簡単で1番効果が高い方法です。

忘れがちだけど、現在乗っている愛車をそのままディーラーに下取ってもらってはいけません。

 

しっかりと他の買取店などでも見積もりを取って、下取り額を競合させましょう。

ただ、複数ある買取店で下取りを出してもらうのも、メンドクサイと思います。

そこでオススメなのが、「ネットの無料一括査定」です。

 

この方法ならカンタン3分で、あなたの車を最高額で売ることができます。

これなら、忙しいあなたでも出来ますよね。

買取査定は本当にピンきりで、最大で60万円くらい差がでることもあるそうです。

一番オススメなのが、「カーセンサーの簡単ネット査定」です。

私もこのサイトで、7年落ちのヴィッツを査定してもらったところ、50万円という見積が出てビックリしたのを覚えています。

一括見積りせずに、数万円程度で下取りに出して損しなくて本当によかったです。

ただ、疑い深い私は、あまりにも下取り価格が高かったのでいろいろ調べました。

 

どうやら高額買取してくれる店は、東南アジアに輸出してるみたいです。

だから、ボロボロの車でも、相場よりも高く買取ってくれるらしいです。

なので損したくない方は「カーセンサーの簡単ネット車査定」で、
無料一括見積りをすることをおすすめします。

最後に・・

私が調べに調べた値引きの裏ワザはいかがでしたか?

あなたも徹底的に値引きして、これからの相棒になる、新しい車を出来るだけ安く購入してくださいね。

そのはじめの一歩として、まずは車を無料一括査定してみましょう。

3分程度で、50万円もお得になる可能性がありますからね。。。

カーセンサーの簡単ネット査定の詳細はコチラ

買取額は毎日変動するので、すぐにでも査定を申し込んでおいた方がいいと思います。

翌日、10万円も買取額が下がってしまっていたら、ガッカリしますからね。

少ない負担でどうしても新車を手に入れたいなら、

カーリースが良い選択です。

詳細はバナーをクリック!
↓        ↓

カーリースだと、車検基本料、自動車税、登録時・継続時の諸費用などが全部コミコミで、月々たったの8,000円から契約できます。

-TOYOTA
-

Copyright© 新型Car-Feeling , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.