新型Car-Feeling

新型車の徹底比較をしています!

新型カローラフィールダーの値引き交渉とライバル車はこれだ!

投稿日:

 


新型カローラフィールダーを安く購入するには営業マンと値引き交渉を行うことが重要となります。

 

これを実践することによって総額が十万円以上も変わることもあるので是非とも実践してみて欲しいと思います。

新型カローラフィールダーのライバル車種について

購入する車を新型カローラフィールダーと決めていたとしても、値引き交渉の場でライバル車種も検討している雰囲気を伝えると交渉がし易くなるので、事前にライバル車種を調べておく方が良いでしょう。

ホンダ シャトル


新型カローラフィールダーと価格帯が近いステーションワゴンのホンダ シャトルは、新型カローラフィールダーと同様にハイブリッドモデルが設定されているので非常に有効なライバルとなります。

 

シャトルと新型カローラフィールダーのハイブリッド仕様同士を比較すると、燃費性能ではシャトルが34.0km/L、新型カローラフィールダー34.4km/Lとなっており、新型カローラフィールダーが有利となっています。

 

しかし、システム出力の面ではシャトルが137馬力であるのに対して、新型カローラフィールダーは100馬力と見劣りしています。

 

ステーションワゴンを選択するユーザーは多くの荷物を載せる機会が多いことが考えられるので、馬力の差を値引き交渉の材料にすると良いでしょう。

新型カローラフィールダーの値引き交渉について

商談に入る前の準備

まずは新型カローラフィールダーのライバル車種の情報調べて、販売されている最寄りのディーラーに関する情報を集めておきます。

 

また、新型カローラフィールダーはカローラ店の専売車種となっていますが、東京や大阪といった大都市では複数の経営母体が異なる会社がカローラ店の運営を行っているので、カローラ店同士で値引き交渉を行うことも可能となります。

 

また、県をまたげば経営している法人は異なるのでカローラ店同士の競合は可能です。

 

その為、最後の手段として経営の異なるカローラ店を複数リストアップして商談に備えておくと良いでしょう。

初回の商談にはこう挑む

商談では基本的に良い人に徹するようにして下さい。

 

初回の交渉から高圧的な態度で値引きの要求をしたり、無理を言って困らせるような客に対しては営業マンも条件面で頑張ろうと思ってくれなくなるからです。

 

その為、初回の商談ではショールームで現車を実際の目で確認したり、試乗すること雑誌やホームページで分らないフィーリングを確かめることに重点を置いて、営業マンから予算の範囲内かと聞かれても「高い」とか「安い」とか言わないように心掛けて下さい。

 

また、新型カローラフィールダーの他にも気になっている車があることをさり気なく伝えておくようにして、初回の値引き額は口頭ではなく必ず見積書に記載してもらうようにして下さい。

2回目以降の商談の挑み方

実際に購入を決める商談の場合には粘り強く条件を引き出すことを心掛けで臨んでください。

 

まず最終商談はディーラーが暇となる平日や休日の夕方以降にセットして下さい。

 

その方がディーラーもバタバタしておらずゆったりと対応出来るので値引きも引き出しやすくなるからです。

ディーラーの営業マンは何かと理由をつけて値引きに消極的

営業マンは「新型カローラフィールダーは人気車種で値引きが難しい」等と理由を付けて値引き交渉に乗って来ない場合もあります。

 

しかし、「新型カローラフィールダーかライバル車で迷っていて、最終的には価格で決めようと思う」などと伝えて、粘り強く交渉すれば、営業マンも店長と相談して思いった値引き金額を提示してくるでしょう。

 

また、ライバル車種との値引き交渉に反応しない場合には、別法人のカローラ店での購入も検討していることを伝えるなどして、営業マンを上手く値引き交渉に乗せるようにしてください。

 

このようにして引き出した限界ギリギリの値引きを含めた総額から、最後に「1万円以下の端数を切り捨てた金額になるなら契約します」と言ってダメ押しして購入するようにして下さい。

 

また、契約時にボディコーティングやフロアマットといったディーラーオプションを要望するのも有効な値引き方法となります。

※絶対に損をしない!新車の値引きの裏技」をすべてを見せます!

新車を購入するなら安く買いたいですよね?

関西人の私は損をするのがイヤです。(ドケチでもあります。)

私もあなたと同じように損をせずに誰よりも安く買いたいので、いろいろ聞いたり調べてみました。

その結果は・・・

 

なんと!! 50万円値引き額が上がり、めちゃ安く買うことができたんです。

本当は値引き方法をナイショにしておこうと思ったのですが、ここまで記事を読んで頂いたお礼に、公開することにしました。

本当はは高く売れたことを自慢したいだけだったりして。。

 

・・・というわけで、

私が使った、3つの裏ワザを無料でプレゼントすることにしました。

誰でもカンタンにできる方法なので、実践して損はしません。

興味の無い方は、Yahoo!トップページに飛んでください。
https://www.yahoo.co.jp/

 

【裏ワザ1】購入候補の車よりも、安い価格帯ライバル車と競わせる!

まず、 購入候補車のライバル車を調べましょう。

 

ライバル車の選定ポイントは、 購入候補車よりも価格帯が若干低い車を選ぶことです。

そうすることで・・

「車としては 購入予定の車の方が魅力的なんですが、ライバル車(購入候補車よりも価格帯が若干低い車)の方が価格的に魅力的なので迷っているんです。」

という値引きへのアピールを意思表示できます。

そして、これから紹介する「裏技2と裏技3」の方法を使うことで、値引き交渉において、あなたが優位に立つことが出来ます。

 

【裏ワザ2】車メーカーのクレジットカードを使う!

ほとんど知られていない値引きテクとして、車メーカーのクレジットカードを使うという方法があります。

実はクレジットカードの売上も、ディーラーの成績に反映されるんですね。

ディーラーとしてはクレジットカードを使ってくれるなら、値引きしてもプラスになるので、大幅値引きが可能になります。

【裏ワザ3】無料一括査定で高額買取をしてもらう!

この中で、1番簡単で1番効果が高い方法です。

忘れがちだけど、現在乗っている愛車をそのままディーラーに下取ってもらってはいけません。

 

しっかりと他の買取店などでも見積もりを取って、下取り額を競合させましょう。

ただ、複数ある買取店で下取りを出してもらうのも、メンドクサイと思います。

そこでオススメなのが、「ネットの無料一括査定」です。

 

この方法ならカンタン3分で、あなたの車を最高額で売ることができます。

これなら、忙しいあなたでも出来ますよね。

買取査定は本当にピンきりで、最大で60万円くらい差がでることもあるそうです。

一番オススメなのが、「カーセンサーの簡単ネット査定」です。

私もこのサイトで、7年落ちのヴィッツを査定してもらったところ、50万円という見積が出てビックリしたのを覚えています。

一括見積りせずに、数万円程度で下取りに出して損しなくて本当によかったです。

ただ、疑い深い私は、あまりにも下取り価格が高かったのでいろいろ調べました。

 

どうやら高額買取してくれる店は、東南アジアに輸出してるみたいです。

だから、ボロボロの車でも、相場よりも高く買取ってくれるらしいです。

なので損したくない方は「カーセンサーの簡単ネット車査定」で、
無料一括見積りをすることをおすすめします。

最後に・・

私が調べに調べた値引きの裏ワザはいかがでしたか?

あなたも徹底的に値引きして、これからの相棒になる、新しい車を出来るだけ安く購入してくださいね。

そのはじめの一歩として、まずは車を無料一括査定してみましょう。

3分程度で、50万円もお得になる可能性がありますからね。。。

カーセンサーの簡単ネット査定の詳細はコチラ

買取額は毎日変動するので、すぐにでも査定を申し込んでおいた方がいいと思います。

翌日、10万円も買取額が下がってしまっていたら、ガッカリしますからね。

 

 

-TOYOTA

Copyright© 新型Car-Feeling , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.