新型Car-Feeling

新型車の徹底比較をしています!

ND系ロードスターのおすすめオプションパーツ5選&必要ないオプションパーツ2選

更新日:


MAZDA ロードスターを購入するときに、アクセサリーカタログから、オプションパーツを選ぶと思いますが、どのオプションパーツを選べばいいのか悩んでしまうと思います。

この記事では、おすすめオプションパーツを5つと、必要無いかな?と思うオプションを2つ紹介していきます。

 

おすすめ NO.1 BBS社製鍛造 アルミホイール ブラックメタリック塗装

 

おすすめのオプションパーツ1つ目は「BBS社製鍛造 アルミホイール ブラックメタリック塗装」です。

F1車やスポーツ車のホイールを数多く手掛けているBBS社がND系ロードスター専用に鍛造したアルミホールで、塗装カラーもロードスターをイメージした配色となっています。

BBS車のアルミホイールの特徴は、デザインと極限まで削られた重量にあります。デザイン面ではメッシュのような模様や細い骨組みの様な模様を組み合わせたモデルが多いですが、これはブレーキやタイヤなどの放熱を目的としたデザインだと言われており、機能とデザインを両立させているのです。

また、使用するアルミの量を減らすことでホイール全体の軽量化にも貢献しています。

ロードスターはND系にモデルチェンジした際に先代モデルよりも約80kg~100kgの軽量に成功しました。

これにより燃費も改善されましたが、このBBS社製鍛造 アルミホイールの装着でさらに軽量化が見込めます。

ドレスアップという名目であれば、同じオプションであるブレーキキャリパーペイントと組み合わせると、足回りのアクセントにもなります。

おすすめ NO.2 MAZDASPEED製 パフォーマンスバー

2つ目のオプションパーツは「MAZDASPEED製 パフォーマンスバー」です。


ロードスターの足回りはフロント部がダブルウィッシュボーン、リア部がマルチリンク式とスポーツ走行を行うのに適したサスペンションが採用されています。

このパフォーマンスバーを装着する事によってボディの剛性が強化され、走行時の車体のねじれを軽減する効果があります。

ねじれを軽減することによって、さらにサスペンションの能力を発揮させることが出来るためキビキビとしたステアリング操作が可能になり、同時に車の左右の揺れも抑える事が可能です。

高速域での運転がより安定するため、スポーツライクにロードスターを運転したいと考えている方におすすめのオプションです。

また、同じオプション品であるロアアームバーやストラットバーと組み合わせると、さらに効果が上がり快適に走行する事ができますが、サスペンションへの負担が多くなりタイヤの消耗も速くなることがあるため注意して下さい。

中古車の比較はこちらから↓

おすすめ NO.3 トランクルームトレイ

3つ目のオプションパーツは「トランクルームトレイ」です。


こちらはND系ロードスターのラゲッジルーム専用に形取られたアクセサリーとなっています。

現代の自動車は、軽量化とコストカットが多く行われているためにラゲッジルームなどの防音や吸音が簡素化される傾向にあります。

その結果、少しでも物が動いたりぶつかると音が車内に響きやすい構造となっています。

これを軽減してくれるのがトランクルームトレイなのです。

このトランクルームトレイは、間仕切りが付いており小さな物から大きな物まで用途によって収納方法を変化させることが可能で、走行中に積載物が移動したり遊んでしまうことを抑えてくれます。

その結果、車内に入ってくる異音を減らす事ができるのです。

また、防水加工もされているためレジャーなどで水分を含んだ物を積載する場合にも効果を発揮します。

専用設計と言う事でフィット感は申し分ありませんので、荷物を載せる機会が多い方におすすめのオプションです。

おすすめ NO.4 ボディーコーティング MGシリーズ

4つ目のオプションパーツは「ボディーコーティング MGシリーズ」です。

こちらのコーティングはサポート期間が1年・3年・5年となっており、サポート期間中に明かなコーティングの劣化が発覚した場合、無料で再施工を行ってもらえるオプションです。

コーティングはガラス系の物となっており、塗装面を傷や汚れから保護してくれます。

さらに撥水機能も付属されているため、メンテナンスキットで汚れを簡単に落とすことが可能です。

ND系ロードスターの場合、屋根となる部分にはコーティングなどが施工できないために、汚れが全てボディーへと流れ出てしまいます。

その結果、水垢などが付きやすい状態となっており、酷い場合にはシミなどになってしまう場合があります。

これを防ぐ意味でもボディーコーティングを行う事をおすすめします。

このボディーコーティング MGシリーズは、同じマツダ車の多くに採用されているボディーコーティングで、ユーザーからの評価も高いコーティングとなっています。

3年・5年のオプションを選択すると、年に1回点検時に販売店によるメンテナンスを受ける事もできるため、おすすめのオプションです。

おすすめ NO.5 ナビゲーション用SDカードPLUS

ND系ロードスターにおすすめのオプションアイテム5つ目は「ナビゲーション用SDカードPLUS」です。

通常、ナビを使用するときはモニターとナビがセットになっているものを購入します。

この点マツダの場合、あらかじめモニターはセットされており、ナビゲーション用SDカードPLUSをセットすることでナビを使うことができるようになります。価格は48600円と意外と割安です。

ロードスターをはじめ、マツダのモニターはダッシュボードの中心付近に設置されており、目線移動があまりない状態でナビを見ることができます。

ですのでほとんどの人がこのオプションを装着します。また地図画面の更新もインターネット上ですることができます。

ここからはND系ロードスターに必要ないと思われるオプションをお伝えします。

必要ないオプション No.1 マッドフラップ

逆にND系ロードスターに必要ないと思われるオプションアイテム1つ目は「マッドフラップ」です。

マッドフラップとは泥よけで、タイヤ付近に装着するアイテムです。

マッドフラップはSUVなどには多く採用されていますが、ロードスターのようなオープンカーには必要ないと思います。

またロードスターのデザインは優れており、とてもスタイリッシュですが、マッドフラップを装着すると、きれいなデザインのバランスが崩れてしまいます。

価格はフロントが14472円、リヤが15336円です。

必要ないオプション No.2 デコレーションパネル(アルカンターラ)

ND系ロードスターに必要ないと思われるオプションアイテム2つめは「デコレーションパネル(アルカンターラ)」です。

【関連記事】「アルカンターラ」シートのメリット&デメリットは?【耐久性が気になる!】

 

これはダッシュボード付近のパネルをアルカンターラに変更するというオプションです。

アルカンターラは手触りが良いのが特徴で、高級車の天井などによく使われています。

また最近は、ハンドルグリップにも採用されていることがあります。

しかし、年月が経つとアルカンターラの手触りは悪くなってきます。

 

ですのであえて、アルカンターラのデコレーションパネルを装着する必要はないと思います。

価格も34992円と意外と割高です。

ND系ロードスターにはそのほかにも、アルカンターラのシフトノブブーツやサイドブレーキブーツが用意されていますが、こうしたオプションも必要ないと思います。

※絶対に損をしない!新車の値引きの裏技」をすべてを見せます!

新車を購入するなら安く買いたいですよね?

関西人の私は損をするのがイヤです。(ドケチでもあります。)

私もあなたと同じように損をせずに誰よりも安く買いたいので、いろいろ聞いたり調べてみました。

その結果は・・・

 

なんと!! 50万円値引き額が上がり、めちゃ安く買うことができたんです。

本当は値引き方法をナイショにしておこうと思ったのですが、ここまで記事を読んで頂いたお礼に、公開することにしました。

本当はは高く売れたことを自慢したいだけだったりして。。

 

・・・というわけで、

私が使った、3つの裏ワザを無料でプレゼントすることにしました。

誰でもカンタンにできる方法なので、実践して損はしません。

興味の無い方は、Yahoo!トップページに飛んでください。
https://www.yahoo.co.jp/

 

【裏ワザ1】購入候補の車よりも、安い価格帯ライバル車と競わせる!

まず、 購入候補車のライバル車を調べましょう。

 

ライバル車の選定ポイントは、 購入候補車よりも価格帯が若干低い車を選ぶことです。

そうすることで・・

「車としては 購入予定の車の方が魅力的なんですが、ライバル車(購入候補車よりも価格帯が若干低い車)の方が価格的に魅力的なので迷っているんです。」

という値引きへのアピールを意思表示できます。

そして、これから紹介する「裏技2と裏技3」の方法を使うことで、値引き交渉において、あなたが優位に立つことが出来ます。

 

【裏ワザ2】車メーカーのクレジットカードを使う!

ほとんど知られていない値引きテクとして、車メーカーのクレジットカードを使うという方法があります。

実はクレジットカードの売上も、ディーラーの成績に反映されるんですね。

ディーラーとしてはクレジットカードを使ってくれるなら、値引きしてもプラスになるので、大幅値引きが可能になります。

【裏ワザ3】無料一括査定で高額買取をしてもらう!

この中で、1番簡単で1番効果が高い方法です。

忘れがちだけど、現在乗っている愛車をそのままディーラーに下取ってもらってはいけません。

 

しっかりと他の買取店などでも見積もりを取って、下取り額を競合させましょう。

ただ、複数ある買取店で下取りを出してもらうのも、メンドクサイと思います。

そこでオススメなのが、「ネットの無料一括査定」です。

 

この方法ならカンタン3分で、あなたの車を最高額で売ることができます。

これなら、忙しいあなたでも出来ますよね。

買取査定は本当にピンきりで、最大で60万円くらい差がでることもあるそうです。

一番オススメなのが、「カーセンサーの簡単ネット査定」です。

私もこのサイトで、7年落ちのヴィッツを査定してもらったところ、50万円という見積が出てビックリしたのを覚えています。

一括見積りせずに、数万円程度で下取りに出して損しなくて本当によかったです。

ただ、疑い深い私は、あまりにも下取り価格が高かったのでいろいろ調べました。

 

どうやら高額買取してくれる店は、東南アジアに輸出してるみたいです。

だから、ボロボロの車でも、相場よりも高く買取ってくれるらしいです。

なので損したくない方は「カーセンサーの簡単ネット車査定」で、
無料一括見積りをすることをおすすめします。

最後に・・

私が調べに調べた値引きの裏ワザはいかがでしたか?

あなたも徹底的に値引きして、これからの相棒になる、新しい車を出来るだけ安く購入してくださいね。

そのはじめの一歩として、まずは車を無料一括査定してみましょう。

3分程度で、50万円もお得になる可能性がありますからね。。。

カーセンサーの簡単ネット査定の詳細はコチラ

買取額は毎日変動するので、すぐにでも査定を申し込んでおいた方がいいと思います。

翌日、10万円も買取額が下がってしまっていたら、ガッカリしますからね。

 

 

-マツダ

Copyright© 新型Car-Feeling , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.