新型Car-Feeling

新型車の徹底比較をしています!

新型インプレッサG4(5代目)vs 旧型インプレッサG4を比較【燃費、価格、室内サイズ、外観など】

更新日:


現在、販売されているスバル「インプレッサG4」はインプレッサのセダンで、昔から販売されているモデルです。

現行型G4は2016年の10月にデビューしましたが、旧型とあまりデザインが変わっていないので、旧型も比較的人気があります。

そこで多少割高でも新型(5代目)が良いのか、旧型の中古を購入するのが良いのか比較してみたいと思います。

 

新型インプレッサG4 vs 旧型インプレッサG4 ボディサイズを比較

旧型インプレッサG4のボディサイズ


はじめに旧型インプレッサG4のボディサイズは、全長4580mm×全幅1740mm×全高1465mmです。

新型インプレッサG4のボディサイズ

新型は全長4625mm×全幅1775mm×全高1455mmとなっています。

 

新型となったインプレッサG4は、全長は約4cm長く、全幅は3.5cm広く、全高は1cm低くなっています。

ボディサイズは大きくなっていますが、デザインはあまり変わっていませんので、大きくなったという印象はあまり感じません。

新型インプレッサG4 vs 旧型インプレッサG4 外観を比較

新型インプレッサG4

 

旧型インプレッサG4

 

インプレッサG4はセダンボディですが、ボディサイズはとてもコンパクトですので全体的に全高が高く見えるデザインが特徴です。

これは旧型も新型にも共通していますので、見比べてみても気づかない人も多いと思います。

変わった点は、旧型のシンプルなボディラインに対して、新型はプレスラインが増えてより立体的なデザインになっていて、少し高級な車になった印象があります。

また、新型はLEDライトなどが付けられていますので、スバルファンなら気付くと思います。

新型インプレッサG4 vs 旧型インプレッサG4 室内サイズを比較

新型インプレッサG4

 

旧型インプレッサG4

旧型と新型の室内サイズですが、これは明らかに新型が広くなっています。

ホイールベースが伸びたことで、後席が広くなったことが特徴です。

旧型の後席はあまり広くありませんでしたが、新型はこのクラスのボディサイズの割には広くなっていますので大人4人がゆったり乗れると思います。

新型インプレッサG4 vs 旧型インプレッサG4 エンジンと燃費を比較

インプレッサG4に搭載されているのは、旧型も新型も水平対向4気筒、1.6リッターと2リッターの自然吸気エンジンの2種類です。

エンジンは基本的には同じものですが、いくつか変更が加えられており、新型の方が扱いやすくなっています。

低回転域で最大トルクが発生するように設定されていますので、扱いやすいのが特徴です。

旧型インプレッサG4の燃費

燃費は旧型の1.6リッターがリッターあたり、15.4~17.6kmで、2リッターが16.2~17.6kmとなっています。

新型インプレッサG4の燃費

一方、新型は1.6リッターが17.0~18.2km、2リッターが15.8~17.0kmとなっています。

これを比べると新型も旧型もあまり変わっていないことが分かります。

また、旧型にはMTグレードが設定されていましたが、新型はCVTのみが設定されています。

マンション探しは情報戦です!
未公開物件から探せば、
無駄な時間を使わなくて済みます。
▼     ▼

新型インプレッサG4 vs 旧型インプレッサG4 気になる価格を比較

新型インプレッサG4の価格

はじめに新型の価格は1.6リッターの2WDが約195万円、4WDが216万円です。

そして、2リッターの2WDが約218~約240万円、4WDが約240~約261となっています。

旧型インプレッサG4の価格

そして旧型は、中古の価格になりますが、2年落ち程度のもので150万円程度となっており、意外と割高な価格設定となっています。

そして、3年落ちくらいになるともう少し下がって、130万円台が多くなりますが、中には100万円以下で購入できる車も出てきます。

また、5年落ちくらいになると、もう少し下がり110万円くらいが平均的な価格帯となるようです。

比較まとめ

インプレッサG4の新型と旧型は、デザインはあまり変わっていませんが、シャーシーが刷新され、新型の走りは相当洗練されています。

特に乗り心地が良くなり、直進安定性も大幅に改善されています。

スバルは走りにこだわったメーカーですので、新型は多くの車好きを満足させてくれると思います。

また、インテリアの質感も大幅に良くなりました。

しかし、新型は旧型に比べると価格が上がったのが残念です。

一方、旧型も根強い人気があるモデルで、中古車市場でも一定の人気があるようなので、「余り予算がないけれど、走りがしっかりした車が欲しい」という人にはおススメのモデルだと思います。

特に2リッターモデルは結構速くて満足できると思います。

※絶対に損をしない!新車の値引きの裏技」をすべてを見せます!

新車を購入するなら安く買いたいですよね?

関西人の私は損をするのがイヤです。(ドケチでもあります。)

私もあなたと同じように損をせずに誰よりも安く買いたいので、いろいろ聞いたり調べてみました。

その結果は・・・

 

なんと!! 50万円値引き額が上がり、めちゃ安く買うことができたんです。

本当は値引き方法をナイショにしておこうと思ったのですが、ここまで記事を読んで頂いたお礼に、公開することにしました。

本当はは高く売れたことを自慢したいだけだったりして。。

 

・・・というわけで、

私が使った、3つの裏ワザを無料でプレゼントすることにしました。

誰でもカンタンにできる方法なので、実践して損はしません。

興味の無い方は、Yahoo!トップページに飛んでください。
https://www.yahoo.co.jp/

 

【裏ワザ1】購入候補の車よりも、安い価格帯ライバル車と競わせる!

まず、 購入候補車のライバル車を調べましょう。

 

ライバル車の選定ポイントは、 購入候補車よりも価格帯が若干低い車を選ぶことです。

そうすることで・・

「車としては 購入予定の車の方が魅力的なんですが、ライバル車(購入候補車よりも価格帯が若干低い車)の方が価格的に魅力的なので迷っているんです。」

という値引きへのアピールを意思表示できます。

そして、これから紹介する「裏技2と裏技3」の方法を使うことで、値引き交渉において、あなたが優位に立つことが出来ます。

 

【裏ワザ2】車メーカーのクレジットカードを使う!

ほとんど知られていない値引きテクとして、車メーカーのクレジットカードを使うという方法があります。

実はクレジットカードの売上も、ディーラーの成績に反映されるんですね。

ディーラーとしてはクレジットカードを使ってくれるなら、値引きしてもプラスになるので、大幅値引きが可能になります。

【裏ワザ3】無料一括査定で高額買取をしてもらう!

この中で、1番簡単で1番効果が高い方法です。

忘れがちだけど、現在乗っている愛車をそのままディーラーに下取ってもらってはいけません。

 

しっかりと他の買取店などでも見積もりを取って、下取り額を競合させましょう。

ただ、複数ある買取店で下取りを出してもらうのも、メンドクサイと思います。

そこでオススメなのが、「ネットの無料一括査定」です。

 

この方法ならカンタン3分で、あなたの車を最高額で売ることができます。

これなら、忙しいあなたでも出来ますよね。

買取査定は本当にピンきりで、最大で60万円くらい差がでることもあるそうです。

一番オススメなのが、「カーセンサーの簡単ネット査定」です。

私もこのサイトで、7年落ちのヴィッツを査定してもらったところ、50万円という見積が出てビックリしたのを覚えています。

一括見積りせずに、数万円程度で下取りに出して損しなくて本当によかったです。

ただ、疑い深い私は、あまりにも下取り価格が高かったのでいろいろ調べました。

 

どうやら高額買取してくれる店は、東南アジアに輸出してるみたいです。

だから、ボロボロの車でも、相場よりも高く買取ってくれるらしいです。

なので損したくない方は「カーセンサーの簡単ネット車査定」で、
無料一括見積りをすることをおすすめします。

最後に・・

私が調べに調べた値引きの裏ワザはいかがでしたか?

あなたも徹底的に値引きして、これからの相棒になる、新しい車を出来るだけ安く購入してくださいね。

そのはじめの一歩として、まずは車を無料一括査定してみましょう。

3分程度で、50万円もお得になる可能性がありますからね。。。

カーセンサーの簡単ネット査定の詳細はコチラ

買取額は毎日変動するので、すぐにでも査定を申し込んでおいた方がいいと思います。

翌日、10万円も買取額が下がってしまっていたら、ガッカリしますからね。

少ない負担でどうしても新車を手に入れたいなら、

カーリースが良い選択です。

詳細はバナーをクリック!
↓        ↓

カーリースだと、車検基本料、自動車税、登録時・継続時の諸費用などが全部コミコミで、月々たったの8,000円から契約できます。

-スバル

Copyright© 新型Car-Feeling , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.