新型Car-Feeling

新型車の徹底比較をしています!

BPレガシィ vs 新型レヴォーグ 比較【価格、燃費、外観デザイン、室内サイズなど】

更新日:


BPレガシィ新型レヴォーグの比較をしていきたいと思います。

 

BPレガシィ vs 新型レヴォーグ ボディーサイズを比較

BP型レガシィのボディーサイズ


2003年にフルモデルチェンジを行った、4代目BP型レガシィのボディーサイズは、全長4680mm×全幅1730mm×全高1470mmです。

先代である、3代目BE/BH型レガシィよりも全幅が35mmサイズアップされ、3ナンバーサイズ車となりました。

これは欧州への輸出や衝突安全性を向上させるためのもので、世界販売を視野に入れた処置でもありました。

新型レヴォーグのボディーサイズ


一方の新型レヴォーグですが、2017年7月に初めてのマイナーチェンジを行いました。

ボディーサイズは全長4690mm×全幅1780mm×全高1490~1500mmとなっており、BP型レガシィとほぼ同サイズとなっています。

BPレガシィ vs 新型レヴォーグ 外観を比較

BP型レガシィの外観


BP型レガシィは先代である3代目レガシィから、キープコンセプトでモデルチェンジを行っているため、基本的な外観は3代目とほぼ同じですが、ヘッドライトにプロジェクター式のライトを採用するなど、視界性の向上などが図られています。

独特のヘッドライトデザインが特徴で、BP型レガシィのトレードマークともなっています。

新型レヴォーグの外観

新型レヴォーグは基本的な設計が4代目であるBP型レガシィをモデルとしているため、両車とも外観に大きな差はありませんが、レヴォーグはヘッドライトやテールランプにLEDライトを採用するなど、時代に沿った先進の装備品が装着されています。

見た目の印象は新型レヴォーグの方が一回り小さく見えますが、スペック数字上はレヴォーグの方が大きいボディーサイズとなっています。

BPレガシィ vs 新型レヴォーグ 室内サイズを比較

BP型レガシィの室内サイズ


BP型レガシィの室内サイズは、室内長1840mm×室内幅1445mm×室内高1190mmとなっています。

新型レヴォーグの室内サイズ

一方の新型レヴォーグですが、室内長2005mm×室内幅1490mm×室内高1205mmとなっており、圧倒的に新型レヴォーグの方が広いと言うスペックになっています。

これは、ボディーに使われる鉄板が薄型になっている他、ガソリンタンクなどの位置を工夫した設計となっている為で、BP型レガシィの時代に課題だった、空間の拡張を見事に実現したと言う事になっています。

マンション探しは情報戦です!
未公開物件から探せば、
無駄な時間を使わなくて済みます。
▼     ▼

BPレガシィ vs 新型レヴォーグ エンジンと燃費を比較

BP型レガシィのエンジンと燃費

 

2代目・3代目のレガシィには、2ステージ・ツインターボエンジンが搭載されていましたが、加速の際にターボ特有の息つきが発生し、加速が伸びてこないと言う問題がありました。

そのため、4代目BP型レガシィには、シングルタービン・ターボエンジンが、初代レガシィ以来、ひさしぶりに搭載されました。

これにより、圧倒的なパワーを手に入れると同時に低燃費の実現したエンジンとなっています。

新型レヴォーグのエンジンと燃費

一方の新型レヴォーグは、直噴ターボであるDITエンジンを搭載しており、小排気量で有りながら最大170馬力を誇る高い動力性能のエンジンを搭載しています。

小排気量でもパワーのあるエンジンとなっている為、燃費も良く高速走行では平均15km/Lを記録するなど、ターボタイプのエンジンとしては上々の燃費となっています。

BPレガシィ vs 新型レヴォーグ 価格を比較

BP型レガシィの価格

BP型レガシィの新車価格は2.0Lのベース車で約200万円となり、マイナーチェンジ後に追加で設定された3.0Lアイサイト搭載車は約350万円となっています。

また、特別にチューンアップされた特別限定車のS402ワゴンというグレード車は、約550万円という車体価格となっていますが、通常車は約250~300万円が平均的な価格となっています。

新型レヴォーグの価格

新型レヴォーグの価格は、1.6Lのベース車であるスタンダードモデルで約260万円からとなっており、BP型レガシィと比べると約60万円ほど高い設定となっていますが、先進の安全装備などが充実している事を考えると価格差は、さほど気にならない金額だと感じます。

2.0STI Sportグレードは、最上級グレードとなっており価格は税抜きで375万円となっていますが、本革シートが採用されるなど専用装備も多い事から、人気の高いグレードとなっています。

比較まとめ

歴代レガシィの中でも、トップクラスの人気を誇るBP型レガシィと、最先端の技術が詰め込まれた新型レヴォーグを比較してきましたが、走行性能はどちらも優秀で人気の高い理由が分かります。

燃費面や先進の安産装備では後発のレヴォーグに軍配が上がりますが、両車とも車の作り込みがしっかりとしているため、どちらの車を選んでも後悔する事は無いと思います。

※絶対に損をしない!新車の値引きの裏技」をすべてを見せます!

新車を購入するなら安く買いたいですよね?

関西人の私は損をするのがイヤです。(ドケチでもあります。)

私もあなたと同じように損をせずに誰よりも安く買いたいので、いろいろ聞いたり調べてみました。

その結果は・・・

 

なんと!! 50万円値引き額が上がり、めちゃ安く買うことができたんです。

本当は値引き方法をナイショにしておこうと思ったのですが、ここまで記事を読んで頂いたお礼に、公開することにしました。

本当はは高く売れたことを自慢したいだけだったりして。。

 

・・・というわけで、

私が使った、3つの裏ワザを無料でプレゼントすることにしました。

誰でもカンタンにできる方法なので、実践して損はしません。

興味の無い方は、Yahoo!トップページに飛んでください。
https://www.yahoo.co.jp/

 

【裏ワザ1】購入候補の車よりも、安い価格帯ライバル車と競わせる!

まず、 購入候補車のライバル車を調べましょう。

 

ライバル車の選定ポイントは、 購入候補車よりも価格帯が若干低い車を選ぶことです。

そうすることで・・

「車としては 購入予定の車の方が魅力的なんですが、ライバル車(購入候補車よりも価格帯が若干低い車)の方が価格的に魅力的なので迷っているんです。」

という値引きへのアピールを意思表示できます。

そして、これから紹介する「裏技2と裏技3」の方法を使うことで、値引き交渉において、あなたが優位に立つことが出来ます。

 

【裏ワザ2】車メーカーのクレジットカードを使う!

ほとんど知られていない値引きテクとして、車メーカーのクレジットカードを使うという方法があります。

実はクレジットカードの売上も、ディーラーの成績に反映されるんですね。

ディーラーとしてはクレジットカードを使ってくれるなら、値引きしてもプラスになるので、大幅値引きが可能になります。

【裏ワザ3】無料一括査定で高額買取をしてもらう!

この中で、1番簡単で1番効果が高い方法です。

忘れがちだけど、現在乗っている愛車をそのままディーラーに下取ってもらってはいけません。

 

しっかりと他の買取店などでも見積もりを取って、下取り額を競合させましょう。

ただ、複数ある買取店で下取りを出してもらうのも、メンドクサイと思います。

そこでオススメなのが、「ネットの無料一括査定」です。

 

この方法ならカンタン3分で、あなたの車を最高額で売ることができます。

これなら、忙しいあなたでも出来ますよね。

買取査定は本当にピンきりで、最大で60万円くらい差がでることもあるそうです。

一番オススメなのが、「カーセンサーの簡単ネット査定」です。

私もこのサイトで、7年落ちのヴィッツを査定してもらったところ、50万円という見積が出てビックリしたのを覚えています。

一括見積りせずに、数万円程度で下取りに出して損しなくて本当によかったです。

ただ、疑い深い私は、あまりにも下取り価格が高かったのでいろいろ調べました。

 

どうやら高額買取してくれる店は、東南アジアに輸出してるみたいです。

だから、ボロボロの車でも、相場よりも高く買取ってくれるらしいです。

なので損したくない方は「カーセンサーの簡単ネット車査定」で、
無料一括見積りをすることをおすすめします。

最後に・・

私が調べに調べた値引きの裏ワザはいかがでしたか?

あなたも徹底的に値引きして、これからの相棒になる、新しい車を出来るだけ安く購入してくださいね。

そのはじめの一歩として、まずは車を無料一括査定してみましょう。

3分程度で、50万円もお得になる可能性がありますからね。。。

カーセンサーの簡単ネット査定の詳細はコチラ

買取額は毎日変動するので、すぐにでも査定を申し込んでおいた方がいいと思います。

翌日、10万円も買取額が下がってしまっていたら、ガッカリしますからね。

少ない負担でどうしても新車を手に入れたいなら、

カーリースが良い選択です。

詳細はバナーをクリック!
↓        ↓

カーリースだと、車検基本料、自動車税、登録時・継続時の諸費用などが全部コミコミで、月々たったの8,000円から契約できます。

-スバル

Copyright© 新型Car-Feeling , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.