新型Car-Feeling

新型車の徹底比較をしています!

トヨタ C-HRのおすすめオプションパーツ5選&必要ないオプションパーツ2選

更新日:


トヨタ C-HRを購入するときに、アクセサリーカタログから、オプションパーツを選ぶと思いますが、どのオプションパーツを選べばいいのか悩むと思います。

この記事では人気のおすすめオプションパーツを5つと、必要無いかな?と思うオプションを2つ紹介していきます。

 

おすすめNO.1 リモートスタート(スマートキー一体タイプ)

1つ目のオプションパーツは、リモートスタート(スマートキー一体タイプ)です。

こちらのオプションは、車を解錠しエンジンスタートボタンを押さなくても、離れている場所からエンジンの始動が行えるリモコンです。

価格は66,960円です。

乗車前に予め車内の温度を調節できるなど、便利な機能となっています。

寒冷地にお住まいの方であれば、乗車前に車内を暖めておく事で車に乗り込んだときに、快適な気分を味わうことが出来ます。

また、暑い地域にお住まいの場合には、熱せられた車内の温度がリモートスタートにより、事前にエアコンを作動しておくことが出来るので、車内の熱気を適温にした状態で乗車する事が可能になります。

また、赤ちゃんや小さなお子さんは気温の変化に敏感だと言われていますので、乗車前に室内を適温にしてあげると言う意味でもおすすめのオプションです。

リモートスタートのベーシックタイプは、これとは別にスマートキーを別で持ち歩かなければならないので、携帯性に劣りますがこちらの一体型はこの二つを一つにまとめた物です。

携帯性にも優れているのでこちらのタイプをおすすめ致します。

おすすめNO.2 スポーティスタイルパッケージ

2つ目は、エアロパーツであるスポーティスタイルパッケージです。

こちらのパッケージは、フロントスポイラー・サイドマッドガード・リヤバンパーガーニッシュの3点セットとなっており、それぞれ単品で装着した場合には約15万2280円程掛かります。

しかし、こちらのセットの場合は、約14万400円なので、税込みながら約1万2000円程安く装着出来るため3点セットの方がおすすめと判断しました。

価格は、メタリックスタイルパッケージと比べ、約2万5000円程高くなります。

また、スポーティスタイルパッケージの場合には、赤いラインが入ったデザインとなっているため、ボディーカラーのアクセントとしてもおすすめのオプションです。

また、モデリスタ製エアロパーツや、TRD製エアロパーツと比べて、車高の下がり具合が少ない事も特徴で、「うっかり縁石などと、接触してしまうリスク」を避けたエアロパーツになっている点も魅力の一つと言えます。

おすすめNO.3 プロテクションフィルム(ドア・リヤバンパー)

3つ目は、プロテクションフィルム(ドア・リヤバンパー)です。

 

こちらのオプションはドア・リヤバンパーの単品オプションで、セット販売は行われていません。

このドアハンドルのプロテクションフィルム(価格3,240円)は、ドアの開閉時にどうしても付いてしまうドアハンドル部のひっかき傷の防止として、大いに役立つオプションとなっています。

出来るだけ傷を減らしたいと思っている方におすすめです。

 

また、リヤバンパー部のプロテクションフィルム(価格10,800円)は、ドア部の傷防止よりも大きな役割を果たしてくれます。

このC-HRと言う車はSUVなので、人や荷物を運ぶといった使い方以外にも、自転車などのロードバイクやサーフボード等の運搬にも使われる事が多い車種です。

そういった運搬時に、ぶつけて傷が付いてしまったりと言う事が多いと思います。

特に小さなお子さんが居るご家庭では、誤って子供さんが車を傷つけてしまうこともあると思いますので、プロテクションフィルムを装着する事をおすすめ致します。

おすすめNO.4 コーナーセンサー(ボイス4センサー)

4つ目はコーナーセンサー(ボイス4センサー)です。

こちらは、前後のセンサーがセットになった物で、前後別々に取り付けるよりもお得なのセット価格(50,760円)となっています。

 

C-HRのボディーサイズは全長4360mm・全幅1795mmで、一般的な自動車教習所で乗車する教習車と比べるとサイズ的にはほぼ変わらないサイズとなっており、全長に関しては教習車の規定よりも短くなっています。

この事から運転が苦手な人でも、運転がしやすいと評判なのがC-HRの特徴でもあります。

しかし、全体的に丸みを帯びたボディー形状や、着座位置が低い為、前方の車両感覚が掴みづらいと言う意見や、リヤハッチの形状から後方が見づらいと言った意見も多く見られます。

大きな事故を防ぐという意味からも、このコーナーセンサーを取り付ける事によって、リスクを減らす事が出来るのです。

また、このC-HRは特に後方の死角が多い車ですので、万が一を起こさない為にもこのセンサーを取り付ける事をおすすめ致します。

おすすめNO.5 バックカメラ

C-HRにオススメのオプションアイテム5つ目は「バックカメラ」です。

このバックカメラはメーカーオプションですので、モニターにガイドラインが表示されますのでバックの時に大変便利です。

C-HRはとてもスタイリッシュでモダンなデザインですが、後方視界があまり良くないというデメリットがあります。

このためバックカメラは必須ですので是非とも装着したいアイテムです。

バックカメラはディーラーオプションやカー用品店で装着することもできますが、見栄えが良くないことなどデメリットもあります。

この点、メーカーオプションは、造りもしっかりしており見栄えも悪くないので是非とも装着したいアイテムです。

価格はSグレードが27,000円で、Gグレードが37,800円です。

 

ここからはC-HRに必要ないと思われるオプションをお伝えします。

必要ないオプション No.1 フェンダーランプ

逆にC-HRに必要ないと思われるオプションアイテム1つめは「フェンダーランプ」です。

これはボディの左側先端に取り付ける棒のようなもので、クルマの位置をダライバーに知らせるために装着します。

 

昔はフェンダーランプを装着しているクルマがたくさんありましたが、最近はコーナーセンサーやカメラが普及してきましたので装着している人は少なくなってきました。

またフェンダーランプは見栄えがあまり良くないというデメリットがあります。

運転に自信がないという人はフェンダーランプではなく、コーナーセンサーやカメラを装着するのが良いと思います。

価格は22,680円です。

必要ないオプション No.2 ストリートスタイルパッケージ

C-HRに必要ないとおもわれるオプション2つめは「ストリートスタイルパッケージ」です。

これはフロントスポイラー、サイドマッドガード、リヤバンパーガーニッシュガセットになったもので、価格は127,440円です。

C-HRはトヨタ車にしては十分スタイリッシュなデザインで、とても奇抜な印象を与えています。

ストリートスタイルパッケージを追加するとさらに奇抜な印象を与えてしまいますので、あまりオススメできないオプションです。

またこのオプションにはデカールなども含まれていますので、下品な印象を抱く人もいると思います。

 

※絶対に損をしない!新車の値引きの裏技」をすべてを見せます!

新車を購入するなら安く買いたいですよね?

関西人の私は損をするのがイヤです。(ドケチでもあります。)

私もあなたと同じように損をせずに誰よりも安く買いたいので、いろいろ聞いたり調べてみました。

その結果は・・・

 

なんと!! 50万円値引き額が上がり、めちゃ安く買うことができたんです。

本当は値引き方法をナイショにしておこうと思ったのですが、ここまで記事を読んで頂いたお礼に、公開することにしました。

本当はは高く売れたことを自慢したいだけだったりして。。

 

・・・というわけで、

私が使った、3つの裏ワザを無料でプレゼントすることにしました。

誰でもカンタンにできる方法なので、実践して損はしません。

興味の無い方は、Yahoo!トップページに飛んでください。
https://www.yahoo.co.jp/

 

【裏ワザ1】購入候補の車よりも、安い価格帯ライバル車と競わせる!

まず、 購入候補車のライバル車を調べましょう。

 

ライバル車の選定ポイントは、 購入候補車よりも価格帯が若干低い車を選ぶことです。

そうすることで・・

「車としては 購入予定の車の方が魅力的なんですが、ライバル車(購入候補車よりも価格帯が若干低い車)の方が価格的に魅力的なので迷っているんです。」

という値引きへのアピールを意思表示できます。

そして、これから紹介する「裏技2と裏技3」の方法を使うことで、値引き交渉において、あなたが優位に立つことが出来ます。

 

【裏ワザ2】車メーカーのクレジットカードを使う!

ほとんど知られていない値引きテクとして、車メーカーのクレジットカードを使うという方法があります。

実はクレジットカードの売上も、ディーラーの成績に反映されるんですね。

ディーラーとしてはクレジットカードを使ってくれるなら、値引きしてもプラスになるので、大幅値引きが可能になります。

【裏ワザ3】無料一括査定で高額買取をしてもらう!

この中で、1番簡単で1番効果が高い方法です。

忘れがちだけど、現在乗っている愛車をそのままディーラーに下取ってもらってはいけません。

 

しっかりと他の買取店などでも見積もりを取って、下取り額を競合させましょう。

ただ、複数ある買取店で下取りを出してもらうのも、メンドクサイと思います。

そこでオススメなのが、「ネットの無料一括査定」です。

 

この方法ならカンタン3分で、あなたの車を最高額で売ることができます。

これなら、忙しいあなたでも出来ますよね。

買取査定は本当にピンきりで、最大で60万円くらい差がでることもあるそうです。

一番オススメなのが、「カーセンサーの簡単ネット査定」です。

私もこのサイトで、7年落ちのヴィッツを査定してもらったところ、50万円という見積が出てビックリしたのを覚えています。

一括見積りせずに、数万円程度で下取りに出して損しなくて本当によかったです。

ただ、疑い深い私は、あまりにも下取り価格が高かったのでいろいろ調べました。

 

どうやら高額買取してくれる店は、東南アジアに輸出してるみたいです。

だから、ボロボロの車でも、相場よりも高く買取ってくれるらしいです。

なので損したくない方は「カーセンサーの簡単ネット車査定」で、
無料一括見積りをすることをおすすめします。

最後に・・

私が調べに調べた値引きの裏ワザはいかがでしたか?

あなたも徹底的に値引きして、これからの相棒になる、新しい車を出来るだけ安く購入してくださいね。

そのはじめの一歩として、まずは車を無料一括査定してみましょう。

3分程度で、50万円もお得になる可能性がありますからね。。。

カーセンサーの簡単ネット査定の詳細はコチラ

買取額は毎日変動するので、すぐにでも査定を申し込んでおいた方がいいと思います。

翌日、10万円も買取額が下がってしまっていたら、ガッカリしますからね。

 

 

-TOYOTA
-

Copyright© 新型Car-Feeling , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.