新型Car-Feeling

新型車の徹底比較をしています!

【成功談&失敗談】特に燃費を重視したムーヴとアトレイの購入

投稿日:

 


【自動車購入体験談】30代後半男性 兵庫県在住

私は、外車や日本車もいくつか乗ってきましたが、ここ10年位は「燃費のよい車」「車内空間が広い車」「運転のし易さ」を中心に購入しています。

 

その中でも、最近は軽自動車を購入することが多いです。

 

とにかく燃費や税金が安く、小回りがきき運転がしやすいなどのメリットは、もちろんの事、車内空間が昔と比べ格段に広くなっています。

 

私の昔とは30年近く昔のことですので、今は軽自動車全般に広くなっている印象です。

 

とはいっても、当然乗用車やバンなどと比べると、見劣りしますし、実際全然違うといえます。

 

 

そんななか、以前購入したムーブとアトレイを例に挙げて、ムーヴのメリットと、アトレイのデメリットと購入時にこうすれば良かったと後悔している点について記事としてまとめました。

 

ムーヴを購入して良かった

ムーブはとにかく良かった。

まず「燃費が良い」です。

普通に運転していれば、リッター20kは余裕で走れます。

 

趣味などで長距離を運転することが多い自分にとっては、かなり嬉しいです。

 

よく何500K位離れた地域に旅行などに行きますが、途中ガソリンスタンドに一度立ち寄るだけで行けます。

 

しかも、3000円位でほぼ満タンになってしまうため、経済的にも何となくお得な感じがします。

次に、「運転がし易い」点

当然軽自動車なので、小回りがきくのは当たり前ですが、中のエアコンやら、ラジオやらといった機器の使用もかなり簡単で使いやすいです。

無駄な機能が付いていない所も気に入っています。

アトレーの購入は失敗だった

続いて同じダイハツ車のアトレイですが、やはりかなり「燃費面」がかなり悪いです。

当然分かっていて購入をしたのですが、ムーヴを先に買い乗り回していたので、  後でアトレイに乗ると、燃費の悪さを痛感させられます。

 

実際走った感じから言うと、平均してリッター10k程度とムーヴの半分の燃費効率となります。

普通に乗用車と変わらないと思えるほどの燃費です。

 

というか、現在はエコ化が進み、乗用車でもリッター30k近く走る車も増えてきています。

 

時代も徐々にではありますが電機自動車などにシフトしつつあります。

 

そして、燃費が悪い車の弱点である、坂道です。

 

やはり弱点でした、アトレイにターボがあったのかどうかわかりませんが、あったならつけていても良かった程です。

 

大きな重量のある車にとって、坂道はかなり燃費効率を下げます。

 

よく山道なども走行することが多い自分にとっては、「えっもうこんなにガソリン減ったの」と感じる事が多いです。

 

 

それから、車体が高い分、カーブの際も遠心力を強く受け、不安定になることもありますので、運転もしにくいといえます。

 

これも、ムーヴでかなり長い間慣れていた感覚が身に付いたためかもしれませんが、前者のムーヴの良い点が目立ちます。

 

次に「車内空間」の点ですが、かなり広々としています。

しかし、ムーヴでも十分な広さの空間があったため、わざわざアトレイにする必要があったのか、今になって少し後悔しています。

中古車の比較はこちらから↓

最後に

今回の2車の比較ですが、やはり購入時にもう少し時間をさいた方が良かったと後悔しています。

 

正直今回のアトレイ購入時は、仕事の関係上、時間が無く焦っていました。

 

購入する時に、人それぞれどういった車にしようなど、自分の車に対しての重視するところが何かしらあると思います。

 

私の場合ですと、「燃費効率」「走行のしやすさ」「車内空間」でしたが、購入時にもっと試乗してからでもよかったと反省しています。

※絶対に損をしない!新車の値引きの裏技」をすべてを見せます!

新車を購入するなら安く買いたいですよね?

関西人の私は損をするのがイヤです。(ドケチでもあります。)

私もあなたと同じように損をせずに誰よりも安く買いたいので、いろいろ聞いたり調べてみました。

その結果は・・・

 

なんと!! 50万円値引き額が上がり、めちゃ安く買うことができたんです。

本当は値引き方法をナイショにしておこうと思ったのですが、ここまで記事を読んで頂いたお礼に、公開することにしました。

本当はは高く売れたことを自慢したいだけだったりして。。

 

・・・というわけで、

私が使った、3つの裏ワザを無料でプレゼントすることにしました。

誰でもカンタンにできる方法なので、実践して損はしません。

興味の無い方は、Yahoo!トップページに飛んでください。
https://www.yahoo.co.jp/

 

【裏ワザ1】購入候補の車よりも、安い価格帯ライバル車と競わせる!

まず、 購入候補車のライバル車を調べましょう。

 

ライバル車の選定ポイントは、 購入候補車よりも価格帯が若干低い車を選ぶことです。

そうすることで・・

「車としては 購入予定の車の方が魅力的なんですが、ライバル車(購入候補車よりも価格帯が若干低い車)の方が価格的に魅力的なので迷っているんです。」

という値引きへのアピールを意思表示できます。

そして、これから紹介する「裏技2と裏技3」の方法を使うことで、値引き交渉において、あなたが優位に立つことが出来ます。

 

【裏ワザ2】車メーカーのクレジットカードを使う!

ほとんど知られていない値引きテクとして、車メーカーのクレジットカードを使うという方法があります。

実はクレジットカードの売上も、ディーラーの成績に反映されるんですね。

ディーラーとしてはクレジットカードを使ってくれるなら、値引きしてもプラスになるので、大幅値引きが可能になります。

【裏ワザ3】無料一括査定で高額買取をしてもらう!

この中で、1番簡単で1番効果が高い方法です。

忘れがちだけど、現在乗っている愛車をそのままディーラーに下取ってもらってはいけません。

 

しっかりと他の買取店などでも見積もりを取って、下取り額を競合させましょう。

ただ、複数ある買取店で下取りを出してもらうのも、メンドクサイと思います。

そこでオススメなのが、「ネットの無料一括査定」です。

 

この方法ならカンタン3分で、あなたの車を最高額で売ることができます。

これなら、忙しいあなたでも出来ますよね。

買取査定は本当にピンきりで、最大で60万円くらい差がでることもあるそうです。

一番オススメなのが、「カーセンサーの簡単ネット査定」です。

私もこのサイトで、7年落ちのヴィッツを査定してもらったところ、50万円という見積が出てビックリしたのを覚えています。

一括見積りせずに、数万円程度で下取りに出して損しなくて本当によかったです。

ただ、疑い深い私は、あまりにも下取り価格が高かったのでいろいろ調べました。

 

どうやら高額買取してくれる店は、東南アジアに輸出してるみたいです。

だから、ボロボロの車でも、相場よりも高く買取ってくれるらしいです。

なので損したくない方は「カーセンサーの簡単ネット車査定」で、
無料一括見積りをすることをおすすめします。

最後に・・

私が調べに調べた値引きの裏ワザはいかがでしたか?

あなたも徹底的に値引きして、これからの相棒になる、新しい車を出来るだけ安く購入してくださいね。

そのはじめの一歩として、まずは車を無料一括査定してみましょう。

3分程度で、50万円もお得になる可能性がありますからね。。。

カーセンサーの簡単ネット査定の詳細はコチラ

買取額は毎日変動するので、すぐにでも査定を申し込んでおいた方がいいと思います。

翌日、10万円も買取額が下がってしまっていたら、ガッカリしますからね。

 

 

-自動車購入体験談

Copyright© 新型Car-Feeling , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.