新型Car-Feeling

新型車の徹底比較をしています!

新型MAZDA3(スポーツセダン)の値引きに有効なライバル車はこれだ!

投稿日:


MAZDAの最新スポーツセダン「新型MAZDA3」は人気スポーツセダンのアクセラの流れを汲みつつ、より「人間にとっての不自然な揺れ」を無くす事をコンセプトに、「走り易さを追求」したMAZDAの人気車種です。

新型MAZDA3(スポーツセダン)のライバル車はインプレッサG4!

新型MAZDA3(スポーツセダン)のライバル車と言えば、スバルのインプレッサG4でしょう。

スバルのインプレッサも新型MAZDA3同様に大人気のスポーツセダンとなっています。

ただし、総合的に見て新型MAZDA3の方が優勢なのではないでしょうか?

というのは次の理由です。走行性能、車体の安定感、不快な揺れ、などにおいて新型MAZDA3の方が一歩上だと感じます。

特に山道などを走る際に新型MAZDA3の走行安定性を強く感じることが出来るはずです。

視界の良好性

ただ、インプレッサが全ての点で劣るのか?といえばそうではありません。
まず、「視界」です。運転するうえで欠かせないのが「視界の良好性」です。

ようはよく見えるか見えないかの違いですね。前方の見え方は両車種ともそこまでの違いはありませんが、問題は後方の視界です。

後方の見え方に関してはスバルのインプレッサの方が若干優位ではないでしょうか?女性や車の運転が苦手な方は後方の視野の見え方は大変重要です。

そこはスバルのインプレッサの方がいい一つの理由になるかもしれません。

後部座席の広さ

もう一つの点が、「後部座席の広さ」です。こちらもお子さんがいらっしゃる方などは気になるポイントでしょう。

ただし、素晴らしいのはそのデメリットを覆すほどの新型MAZDA3の走行性能です。走りのクオリティにはMAZDAは非常に力を入れている会社です。

とういう観点から見比べた時にスバルインプレッサG4よりも新型MAZDA3の方がおすすめではないかと思います。

では、どうやって新型MAZDA3を購入するのがお得なのでしょうか?

新型MAZDA3の値引き交渉について

まずは、新型MAZDA3を扱っているディーラーを調べます。その時に必ず他社の車も見比べて検討するようにしましょう。

今回の場合は「スバルのインプレッサ」や「トヨタのカローラ」がいいでしょう。もちろん、今乗っている車種の下取り価格も事前にチェックしておきましょう。

MAZDAのディーラーへ行き、まずはとにかく営業マンの話をよく聞いて「物わかりのいい客」のふりをします。

その後、自分の価格の要望を伝えて段々具体的な話に移ります。

営業マンには「あれ?もう決めてくれるのかな?」くらいに思わせておいて、次のカードです。今まで見比べてきた「インプレッサ」などの話も出していきます。

「スバルの車も検討している」などの話をすると恐らく営業マンは先方の条件を聞いてきますので「少しづつ小出しにしながら」話していきましょう。

とにかく、最初から「安くならないの?」と言い続けることはNGです。「あ、このお客は良いお客だ」と思わせることが大切です。まさに人の心理ですね。

すぐに「ここで買います」とすぐに言わないのも一つのテクニックです。
最終的に決済する日は「平日の夕方付近」がおすすめです。

平日にゆったりとした時間の方が営業マンはしっかりと時間を空けてくれますし、夕方の方が「早く決済したい」という人間的心理が働くのです。

ここでは具体的な金額が出てきますので契約書をよく見ながら「もうちょっとでも安くなる方法」を営業マンと話しましょう。ボディコーティングのサービスなどを無料で付けて貰う様に促すのもテクニックです。

〇〇万円までに収まれば今すぐ決めます。というところが大変重要です。

最後に

いかがでしたでしょうか?
新型MAZDA3のライバル車種はスバルのインプレッサG4。

そして、そのライバル車種を上手く利用することで値引きの交渉も上手くいくはずです。

あなたのカーライフがよりよくなるように願っています。

※絶対に損をしない!新車の値引きの裏技」をすべてを見せます!

新車を購入するなら安く買いたいですよね?

関西人の私は損をするのがイヤです。(ドケチでもあります。)

私もあなたと同じように損をせずに誰よりも安く買いたいので、いろいろ聞いたり調べてみました。

その結果は・・・

 

なんと!! 50万円値引き額が上がり、めちゃ安く買うことができたんです。

本当は値引き方法をナイショにしておこうと思ったのですが、ここまで記事を読んで頂いたお礼に、公開することにしました。

本当はは高く売れたことを自慢したいだけだったりして。。

 

・・・というわけで、

私が使った、3つの裏ワザを無料でプレゼントすることにしました。

誰でもカンタンにできる方法なので、実践して損はしません。

興味の無い方は、Yahoo!トップページに飛んでください。
https://www.yahoo.co.jp/

 

【裏ワザ1】購入候補の車よりも、安い価格帯ライバル車と競わせる!

まず、 購入候補車のライバル車を調べましょう。

 

ライバル車の選定ポイントは、 購入候補車よりも価格帯が若干低い車を選ぶことです。

そうすることで・・

「車としては 購入予定の車の方が魅力的なんですが、ライバル車(購入候補車よりも価格帯が若干低い車)の方が価格的に魅力的なので迷っているんです。」

という値引きへのアピールを意思表示できます。

そして、これから紹介する「裏技2と裏技3」の方法を使うことで、値引き交渉において、あなたが優位に立つことが出来ます。

 

【裏ワザ2】車メーカーのクレジットカードを使う!

ほとんど知られていない値引きテクとして、車メーカーのクレジットカードを使うという方法があります。

実はクレジットカードの売上も、ディーラーの成績に反映されるんですね。

ディーラーとしてはクレジットカードを使ってくれるなら、値引きしてもプラスになるので、大幅値引きが可能になります。

【裏ワザ3】無料一括査定で高額買取をしてもらう!

この中で、1番簡単で1番効果が高い方法です。

忘れがちだけど、現在乗っている愛車をそのままディーラーに下取ってもらってはいけません。

 

しっかりと他の買取店などでも見積もりを取って、下取り額を競合させましょう。

ただ、複数ある買取店で下取りを出してもらうのも、メンドクサイと思います。

そこでオススメなのが、「ネットの無料一括査定」です。

 

この方法ならカンタン3分で、あなたの車を最高額で売ることができます。

これなら、忙しいあなたでも出来ますよね。

買取査定は本当にピンきりで、最大で60万円くらい差がでることもあるそうです。

一番オススメなのが、「カーセンサーの簡単ネット査定」です。

私もこのサイトで、7年落ちのヴィッツを査定してもらったところ、50万円という見積が出てビックリしたのを覚えています。

一括見積りせずに、数万円程度で下取りに出して損しなくて本当によかったです。

ただ、疑い深い私は、あまりにも下取り価格が高かったのでいろいろ調べました。

 

どうやら高額買取してくれる店は、東南アジアに輸出してるみたいです。

だから、ボロボロの車でも、相場よりも高く買取ってくれるらしいです。

なので損したくない方は「カーセンサーの簡単ネット車査定」で、
無料一括見積りをすることをおすすめします。

最後に・・

私が調べに調べた値引きの裏ワザはいかがでしたか?

あなたも徹底的に値引きして、これからの相棒になる、新しい車を出来るだけ安く購入してくださいね。

そのはじめの一歩として、まずは車を無料一括査定してみましょう。

3分程度で、50万円もお得になる可能性がありますからね。。。

カーセンサーの簡単ネット査定の詳細はコチラ

買取額は毎日変動するので、すぐにでも査定を申し込んでおいた方がいいと思います。

翌日、10万円も買取額が下がってしまっていたら、ガッカリしますからね。

少ない負担でどうしても新車を手に入れたいなら、

カーリースが良い選択です。

詳細はバナーをクリック!
↓        ↓

カーリースだと、車検基本料、自動車税、登録時・継続時の諸費用などが全部コミコミで、月々たったの8,000円から契約できます。

-マツダ

Copyright© 新型Car-Feeling , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.