新型Car-Feeling

新型車の徹底比較をしています!

レヴォーグが2020年にフルモデルチェンジ!【エンジンや外観はどうなる?】


スバルの人気ステーションワゴンであるレヴォーグが2020年の9月ごろにフルモデルチェンジを実施する可能性が高まっています。

今回は新型レヴォーグに関する情報を紹介します。

フルモデルチェンジ後の新型レヴォーグのエクステリアデザイン

新型レヴォーグのエクステリアデザインに関してはプロトタイプが東京モーターショーに出展されていたので、プロトタイプをベースにしたものとなり見込みです。

そのエクステリアデザインは基本的には現行モデルを踏襲した典型的なワゴンスタイルとなっています。

フロントマスクは現在のスバルがデザインテーマとしている「ダイナミック&ソリッド」を取り入れつつも、新たなデザインコンセプト「BOLDER(大胆な)」を始めて採用したモデルとなります。

ボディサイズに関してはスバルから公式発表されていませんが、新型レヴォーグのプラットフォームは現行型インプレッサ から採用が始まった「スバルグローバルプラットフォーム」を使用することが確定しており、それに伴ってホイールベースが拡大します。

しかし、レヴォーグは日本市場を中心に考えられたモデルでもあるので、極端な大型化はせずミドルサイズに収まる見込みです。

フルモデルチェンジ後の新型レヴォーグのインテリアデザイン

新型レヴォーグではホイールベースが若干の大型化が見込まれており、その分は後席空間やラゲッジルームの拡大に使用されます。

また、インパネデザインは現行モデルのようなマルチファンクションディスプレイを上部に配置するのではなく、より多くの情報を表示させる為に、新型レガシィのように縦長サイズの大型ディスプレイをインパネ中央部に配置すると考えられます。

その為、インテリアデザインは新型レガシィに近いものとなりますが、新型レヴォーグのキャラクターを考えるとレガシィよりもスポーティーなイメージのものとなる見込みです。

その他に新型レヴォーグに採用されている可能性が高い装備としては、ステアリングヒーターや後席シートヒーター、後席エアコン、乗降時の運転席自動後退機能、ドライバーモニタリングシステム、電動リアゲートなどが考えられます。

フルモデルチェンジ後の新型レヴォーグのパワートレイン

現行型レヴォーグには2000cc水平対向4気筒直噴ターボエンジンと、1600cc水平対向4気筒直噴ターボエンジンの2種類が設定されていますが、新型レヴォーグでは新開発された1800cc水平対向4気筒直噴ターボエンジンが搭載される見込みです。

この新型エンジンはパワーよりもトルクを優先したものとなっており、高速道路を含めた実用域での加速性能と環境性能を両立させた新世代エンジンとなります。

また、現行モデルの2000ccエンジンのようなスバルらしさを全開にしたスポーティーなモデルは反響次第で発売される可能性もあり、今後も強化される燃費規制を見越して、いずれかのタイミングでハイブリッドシステムのe-BOXERが搭載されることも予想されています。

フルモデルチェンジ後の新型レヴォーグの先進安全技術

現在型レヴォーグの運転支援システムはステレオカメラを用いた「アイサイトVer.3」を搭載していますが、新型レヴォーグでは次期運転支援システムとなる「アイサイトVer.4」が搭載される可能性が高いです。

アイサイトVer.4は従来のVer.3と比較すると、広角化した新型ステレオカメラや、前後4箇所にミリ波レーダーを採用することにより、作動範囲を大幅に拡大した360度センシング機能を得ることになります。

更にGPSと準天頂衛星みちびきによる高精度の自車位置特定や高精度マップを組み合わせることにより、高速道路上で自動での車線変更機能や一定条件下でのハンズオフ機能も加わる見込みです。

また、アイサイトVer.4の他にもスバルの国内モデル初採用の機能として、万が一の衝突事故発生時にクルマが自動的に緊急通報を発信し、

オペレーターによって警察や消防署に救援を要請すると共に、協力病院とも連携する先進の救急自動通報システムや、急病のような緊急時にSOSコールの発信機能を備えたコネクティッドサービスが装備されます。

まとめ

新型レヴォーグが発売日に関してスバルから公式発表はされていません。

しかし、限りなく市販モデルに近いプロトタイプが東京モーターショーで発表されていることを考えると、大きな技術的なトラブルが発生しなければ2020年後半に発売されることは確定しています。

新型レヴォーグはスバルの日本市場でのフラッグシップモデルであり、これからのスバルの方向性を指し示すモデルとなります。

※絶対に損をしない!新車の値引きの裏技」をすべてを見せます!

新車を購入するなら安く買いたいですよね?

関西人の私は損をするのがイヤです。(ドケチでもあります。)

私もあなたと同じように損をせずに誰よりも安く買いたいので、いろいろ聞いたり調べてみました。

その結果は・・・

 

なんと!! 50万円値引き額が上がり、めちゃ安く買うことができたんです。

本当は値引き方法をナイショにしておこうと思ったのですが、ここまで記事を読んで頂いたお礼に、公開することにしました。

本当はは高く売れたことを自慢したいだけだったりして。。

 

・・・というわけで、

私が使った、3つの裏ワザを無料でプレゼントすることにしました。

誰でもカンタンにできる方法なので、実践して損はしません。

興味の無い方は、Yahoo!トップページに飛んでください。
https://www.yahoo.co.jp/

 

【裏ワザ1】購入候補の車よりも、安い価格帯ライバル車と競わせる!

まず、 購入候補車のライバル車を調べましょう。

 

ライバル車の選定ポイントは、 購入候補車よりも価格帯が若干低い車を選ぶことです。

そうすることで・・

「車としては 購入予定の車の方が魅力的なんですが、ライバル車(購入候補車よりも価格帯が若干低い車)の方が価格的に魅力的なので迷っているんです。」

という値引きへのアピールを意思表示できます。

そして、これから紹介する「裏技2と裏技3」の方法を使うことで、値引き交渉において、あなたが優位に立つことが出来ます。

 

【裏ワザ2】車メーカーのクレジットカードを使う!

ほとんど知られていない値引きテクとして、車メーカーのクレジットカードを使うという方法があります。

実はクレジットカードの売上も、ディーラーの成績に反映されるんですね。

ディーラーとしてはクレジットカードを使ってくれるなら、値引きしてもプラスになるので、大幅値引きが可能になります。

【裏ワザ3】無料一括査定で高額買取をしてもらう!

この中で、1番簡単で1番効果が高い方法です。

忘れがちだけど、現在乗っている愛車をそのままディーラーに下取ってもらってはいけません。

 

しっかりと他の買取店などでも見積もりを取って、下取り額を競合させましょう。

ただ、複数ある買取店で下取りを出してもらうのも、メンドクサイと思います。

そこでオススメなのが、「ネットの無料一括査定」です。

 

この方法ならカンタン3分で、あなたの車を最高額で売ることができます。

これなら、忙しいあなたでも出来ますよね。

買取査定は本当にピンきりで、最大で60万円くらい差がでることもあるそうです。

一番オススメなのが、「カーセンサーの簡単ネット査定」です。

私もこのサイトで、7年落ちのヴィッツを査定してもらったところ、50万円という見積が出てビックリしたのを覚えています。

一括見積りせずに、数万円程度で下取りに出して損しなくて本当によかったです。

ただ、疑い深い私は、あまりにも下取り価格が高かったのでいろいろ調べました。

 

どうやら高額買取してくれる店は、東南アジアに輸出してるみたいです。

だから、ボロボロの車でも、相場よりも高く買取ってくれるらしいです。

なので損したくない方は「カーセンサーの簡単ネット車査定」で、
無料一括見積りをすることをおすすめします。

最後に・・

私が調べに調べた値引きの裏ワザはいかがでしたか?

あなたも徹底的に値引きして、これからの相棒になる、新しい車を出来るだけ安く購入してくださいね。

そのはじめの一歩として、まずは車を無料一括査定してみましょう。

3分程度で、50万円もお得になる可能性がありますからね。。。

カーセンサーの簡単ネット査定の詳細はコチラ

買取額は毎日変動するので、すぐにでも査定を申し込んでおいた方がいいと思います。

翌日、10万円も買取額が下がってしまっていたら、ガッカリしますからね。

少ない負担でどうしても新車を手に入れたいなら、

カーリースが良い選択です。

詳細はバナーをクリック!
↓        ↓

カーリースだと、車検基本料、自動車税、登録時・継続時の諸費用などが全部コミコミで、月々たったの8,000円から契約できます。

-スバル

Copyright© 新型Car-Feeling , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.