新型Car-Feeling

新型車の徹底比較をしています!

MIRAIは2020年のフルモデルチェンジでどう変わる!【外観、エンジン、価格など】



トヨタ MIRAIは、2014年12月に世界初となるセダン型燃料電池自動車として販売が開始され、発売から約6年目となる2020年末には待望のフルモデルチェンジが予定さています。

では、2020年末にフルモデルチェンジが予定されている次期トヨタ・MIRAIはどの様な変化を遂げるのでしょうか。
ここでは、次期MIRAIはどの様に変わるのかについて予想していきます。

MIRAIはフルモデルチェンジ後、ボディサイズはどう変わるの?

現行モデルとなるトヨタ・MIRAIは、同じくトヨタ自動車から販売が行われているプリウスよりも、ボディサイズを一回り大きくし、環境性能だけでは無く居住性も重視された車です。

ボディの大きさは全長:4,890mm、全幅:1,815mm、全高:1,535mm、ホイールベース:2,780mmと旧世代モデルとなるクラウンとほぼ同サイズとなりますが、

次期MIRAIは更にボディが大型化され全長:4,975mm(プラス85mm)、全幅:1,885mm(プラス70mm)、全高:不明、ホイールベース:2,920mm(プラス140mm)となり、現行型MIRAIやクラウンよりも一回り大きくなる事が予想されています。

もし実現すれば、次期MIRAIはトヨタ車の中でも1・2位を争う上級サルーン車の仲間入りをすることも考えられますので、実質的には車格が引き上げられると言えるでしょう。

MIRAIはフルモデルチェンジ後の乗車定員はどうなるの?

2014年に販売が開始された現行型MIRAIの乗車定員はフロントシートに2席、リヤシートに2席で乗車定員は4人となっている事が大きな特徴ですが、

2020年末に予定されているフルモデルチェンジではリヤシートが3席となり、乗車定員は最大で5人となることが予想されています。

これは、プラグインハイブリッド車であるトヨタ・プリウスPHVと同じ構造となり、リヤシート部の中央に位置するアームレスト部分を格納型に変更する事で実現が可能になると言われています。

また、内装部分は昨今のトヨタ車で主流となりつつあるオーディオディスプレイがダッシュボード中央部に標準装着され、さらに未来感の高いデザインとる事も大きな特徴です。

次期MIRAIの航続距離は伸びるの?

トヨタ・MIRAIやプリウスPHVなどの車種は、環境性能や最新の技術を搭載する次世代車としても魅力の高い車ですが、燃料電池車という事もあり航続距離がどの様に伸びるのかと言う点も大きな焦点となります。

こちらは、現行モデルのMIRAIが度の燃料補給で約700km走行できるのに対して次期MIRAIの場合には、これよりも30%~35%航続距離が長くなり約900km~1,00kmに航続距離が伸びることが予想されています。

ただし、この数値は現段階でのコンセプトモデルとしての予想となり今後の開発次第では大きく航続距離が変化する可能性もありますので、あくまでも1つの目標値として参考にすると良いでしょう。

次期MIRAIの価格はどうなるの?

現行型MIRAIの販売価格は、政府から支給される補助金を除いた場合で約741万円と一般向け販売車両としてはかなり高額な価格で販売が行われていますが、

2020年末にフルモデルチェンジが予定されている次期MIRAIの場合には、量産型車両として販売が行われるため価格は大幅に引き下げられる事が予想されています。

具体的な価格は現在のところ不明ですが、ハイブリッド車であるプリウスやプラグインハイブリッド車であるプリウスPHVに近い価格、また車格が引き上げられる事によってクラウンなどの価格に近い金額に設定されると予想される為、総合的な金額としては約450円~550万円程度になる見込みとなるでしょう。

また、今後も補助金の支給が継続された場合には更に安い金額で次期MIRAIを購入する事も可能となりますので、購入を検討している場合には車両の価格だけではなく補助金に対しての情報収集を行う事をおすすめします。

次期MIRAIの予想についてのまとめ

今回は、2020年末にフルモデルチェンジが予定されているトヨタ・次期MIRAIの予想について説明をしてきましたが、次期MIRAIは現行型モデルと比べ様々な部分で大きな改良が行われる事が分かったと思います。

基本的にはキープコンセプトでフルモデルチェンジされる事が予想されますが、ボディサイズや価格など変更点も多いため興味のある方は今後の動向に注目すると良いでしょう。

※絶対に損をしない!新車の値引きの裏技」をすべてを見せます!

新車を購入するなら安く買いたいですよね?

関西人の私は損をするのがイヤです。(ドケチでもあります。)

私もあなたと同じように損をせずに誰よりも安く買いたいので、いろいろ聞いたり調べてみました。

その結果は・・・

 

なんと!! 50万円値引き額が上がり、めちゃ安く買うことができたんです。

本当は値引き方法をナイショにしておこうと思ったのですが、ここまで記事を読んで頂いたお礼に、公開することにしました。

本当はは高く売れたことを自慢したいだけだったりして。。

 

・・・というわけで、

私が使った、3つの裏ワザを無料でプレゼントすることにしました。

誰でもカンタンにできる方法なので、実践して損はしません。

興味の無い方は、Yahoo!トップページに飛んでください。
https://www.yahoo.co.jp/

 

【裏ワザ1】購入候補の車よりも、安い価格帯ライバル車と競わせる!

まず、 購入候補車のライバル車を調べましょう。

 

ライバル車の選定ポイントは、 購入候補車よりも価格帯が若干低い車を選ぶことです。

そうすることで・・

「車としては 購入予定の車の方が魅力的なんですが、ライバル車(購入候補車よりも価格帯が若干低い車)の方が価格的に魅力的なので迷っているんです。」

という値引きへのアピールを意思表示できます。

そして、これから紹介する「裏技2と裏技3」の方法を使うことで、値引き交渉において、あなたが優位に立つことが出来ます。

 

【裏ワザ2】車メーカーのクレジットカードを使う!

ほとんど知られていない値引きテクとして、車メーカーのクレジットカードを使うという方法があります。

実はクレジットカードの売上も、ディーラーの成績に反映されるんですね。

ディーラーとしてはクレジットカードを使ってくれるなら、値引きしてもプラスになるので、大幅値引きが可能になります。

【裏ワザ3】無料一括査定で高額買取をしてもらう!

この中で、1番簡単で1番効果が高い方法です。

忘れがちだけど、現在乗っている愛車をそのままディーラーに下取ってもらってはいけません。

 

しっかりと他の買取店などでも見積もりを取って、下取り額を競合させましょう。

ただ、複数ある買取店で下取りを出してもらうのも、メンドクサイと思います。

そこでオススメなのが、「ネットの無料一括査定」です。

 

この方法ならカンタン3分で、あなたの車を最高額で売ることができます。

これなら、忙しいあなたでも出来ますよね。

買取査定は本当にピンきりで、最大で60万円くらい差がでることもあるそうです。

一番オススメなのが、「カーセンサーの簡単ネット査定」です。

私もこのサイトで、7年落ちのヴィッツを査定してもらったところ、50万円という見積が出てビックリしたのを覚えています。

一括見積りせずに、数万円程度で下取りに出して損しなくて本当によかったです。

ただ、疑い深い私は、あまりにも下取り価格が高かったのでいろいろ調べました。

 

どうやら高額買取してくれる店は、東南アジアに輸出してるみたいです。

だから、ボロボロの車でも、相場よりも高く買取ってくれるらしいです。

なので損したくない方は「カーセンサーの簡単ネット車査定」で、
無料一括見積りをすることをおすすめします。

最後に・・

私が調べに調べた値引きの裏ワザはいかがでしたか?

あなたも徹底的に値引きして、これからの相棒になる、新しい車を出来るだけ安く購入してくださいね。

そのはじめの一歩として、まずは車を無料一括査定してみましょう。

3分程度で、50万円もお得になる可能性がありますからね。。。

カーセンサーの簡単ネット査定の詳細はコチラ

買取額は毎日変動するので、すぐにでも査定を申し込んでおいた方がいいと思います。

翌日、10万円も買取額が下がってしまっていたら、ガッカリしますからね。

少ない負担でどうしても新車を手に入れたいなら、

カーリースが良い選択です。

詳細はバナーをクリック!
↓        ↓

カーリースだと、車検基本料、自動車税、登録時・継続時の諸費用などが全部コミコミで、月々たったの8,000円から契約できます。

-TOYOTA

Copyright© 新型Car-Feeling , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.