新型Car-Feeling

新型車の徹底比較をしています!

【動画あり】アルピーヌ 新型 A110の価格やスペック、エクステリアは?

更新日:


フランスを代表する伝説的なスポーツカーメーカーであるアルピーヌから、新型A110が登場した事で話題となっています。

 

そもそもアルピーヌとは?

アルピーヌは1956年にフランスのレーシングドライバーであるジャン・レデレ氏によって設立されたメーカーです。

主にルノーのチューンナップやレース仕様車を手掛けており、1963年にはアルピーヌ社の名前を一躍有名にした「アルピーヌA110」が誕生しルマン24時間耐久レースやラリーで成功を収めました。

その後、1973年にはルノーの傘下へと入りポルシェといった高性能車をライバルに競争していましたが生産数が落ち込み、1995年以降は新型モデルが登場しておらず新型アルピーヌA110の登場はブランド復活を意味しており世界で話題となっているのです。




新型アルピーヌA110のスペックについて

アルピーヌの新型スポーツカーである、A110はジュネーブモーターショーで世界で初めて公開されました。

伝説の名車の名前を引き継ぐA110という名前からも分かるようにアルピーヌ社の復活を象徴するだけのスペックが与えられています。

大きな特徴としてはオールアルミ製によるプラットフォームと、上部ボディを採用することで車両重量を1103kgに抑えることに成功し、軽量化による運動性能の向上が図られたA110は運転する喜びを与えてくれると思います。

搭載されるエンジンに関しては1800cc直列4気筒ターボエンジンが用意されており、日産とルノーのアライアンス製のエンジンをベースにアルピーヌ社が、独自のチューニングを加えることで最高出力は252馬力・最大トルク320Nmを誇ります。

軽量ボディと強力なエンジンの組み合わせによって最高速度は250km/hで燃費は約16.1km/Lと発表されています。

新型A110のYouTube動画




中古車の比較はこちらから↓

新型アルピーヌA110のエクステリアについて

新型アルピーヌA110のエクステリアデザインは、かつて販売されたアルピーヌのミニカーを20種類買い集めスケッチや写真からデザインされました。

A110のデザインはコンパクトなサイズであることが特に意識され、シンプルかつエレガンスな車であることを目指しています。

また、エクステリアは一目でアルピーヌと分かる、先代A110を意識したスタイルに現代的な解釈が加えられたデザインとなっています。

特にフロントに備えられた4つのLEDデイタイム・ランニング・ライトとボンネットの隆起や、リアの回り込んだウインドウ等は、先代A100からのアイコンとして受け継いでいることが分かります。

新型アルピーヌA110のインテリアについて

新型アルピーヌA110のインテリアは軽量化に力が入れられており、サベルト製の軽量バケットシートを採用しているのが大きな特徴となります。

 

そして、機能主義的なインテリアは同時に快適なドライビング・ポジションを提供するというスポーツカーの基本を忠実に守りつつも、アルミニウムやカーボンファイバーといった構造体の素材を見せることで、軽量化を目指していることをドライバーに訴えかけてきます。




新型アルピーヌA110の価格について

新型アルピーヌA110のフランスでの価格は5万8500ユーロで日本円にすると約705万円となります。

2016年に先行予約された限定1995台で左ハンドル仕様となるA110プレミアエディションは販売開始から5日で完売されました。

日本での販売は未だ正式にアナウンスされていませんが、欧州から遅れて2017年か2018年前半には販売開始されることか予想されています。

また、通常モデルのA110には限定モデルとは異なり、パーソナライズの為に多彩なオプションが用意される予定となっているので、誰よりもアルピーヌA110を早く手に入れて、ナイショの温泉ドライブ?をしたいと考えている人以外は正式発表を待った方が良いと思います。

※絶対に損をしない!新車の値引きの裏技」をすべてを見せます!

新車を購入するなら安く買いたいですよね?

関西人の私は損をするのがイヤです。(ドケチでもあります。)

私もあなたと同じように損をせずに誰よりも安く買いたいので、いろいろ聞いたり調べてみました。

その結果は・・・

 

なんと!! 50万円値引き額が上がり、めちゃ安く買うことができたんです。

本当は値引き方法をナイショにしておこうと思ったのですが、ここまで記事を読んで頂いたお礼に、公開することにしました。

本当はは高く売れたことを自慢したいだけだったりして。。

 

・・・というわけで、

私が使った、3つの裏ワザを無料でプレゼントすることにしました。

誰でもカンタンにできる方法なので、実践して損はしません。

興味の無い方は、Yahoo!トップページに飛んでください。
https://www.yahoo.co.jp/

 

【裏ワザ1】購入候補の車よりも、安い価格帯ライバル車と競わせる!

まず、 購入候補車のライバル車を調べましょう。

 

ライバル車の選定ポイントは、 購入候補車よりも価格帯が若干低い車を選ぶことです。

そうすることで・・

「車としては 購入予定の車の方が魅力的なんですが、ライバル車(購入候補車よりも価格帯が若干低い車)の方が価格的に魅力的なので迷っているんです。」

という値引きへのアピールを意思表示できます。

そして、これから紹介する「裏技2と裏技3」の方法を使うことで、値引き交渉において、あなたが優位に立つことが出来ます。

 

【裏ワザ2】車メーカーのクレジットカードを使う!

ほとんど知られていない値引きテクとして、車メーカーのクレジットカードを使うという方法があります。

実はクレジットカードの売上も、ディーラーの成績に反映されるんですね。

ディーラーとしてはクレジットカードを使ってくれるなら、値引きしてもプラスになるので、大幅値引きが可能になります。

【裏ワザ3】無料一括査定で高額買取をしてもらう!

この中で、1番簡単で1番効果が高い方法です。

忘れがちだけど、現在乗っている愛車をそのままディーラーに下取ってもらってはいけません。

 

しっかりと他の買取店などでも見積もりを取って、下取り額を競合させましょう。

ただ、複数ある買取店で下取りを出してもらうのも、メンドクサイと思います。

そこでオススメなのが、「ネットの無料一括査定」です。

 

この方法ならカンタン3分で、あなたの車を最高額で売ることができます。

これなら、忙しいあなたでも出来ますよね。

買取査定は本当にピンきりで、最大で60万円くらい差がでることもあるそうです。

一番オススメなのが、「カーセンサーの簡単ネット査定」です。

私もこのサイトで、7年落ちのヴィッツを査定してもらったところ、50万円という見積が出てビックリしたのを覚えています。

一括見積りせずに、数万円程度で下取りに出して損しなくて本当によかったです。

ただ、疑い深い私は、あまりにも下取り価格が高かったのでいろいろ調べました。

 

どうやら高額買取してくれる店は、東南アジアに輸出してるみたいです。

だから、ボロボロの車でも、相場よりも高く買取ってくれるらしいです。

なので損したくない方は「カーセンサーの簡単ネット車査定」で、
無料一括見積りをすることをおすすめします。

最後に・・

私が調べに調べた値引きの裏ワザはいかがでしたか?

あなたも徹底的に値引きして、これからの相棒になる、新しい車を出来るだけ安く購入してくださいね。

そのはじめの一歩として、まずは車を無料一括査定してみましょう。

3分程度で、50万円もお得になる可能性がありますからね。。。

カーセンサーの簡単ネット査定の詳細はコチラ

買取額は毎日変動するので、すぐにでも査定を申し込んでおいた方がいいと思います。

翌日、10万円も買取額が下がってしまっていたら、ガッカリしますからね。

 

 

-アルピーヌ

Copyright© 新型Car-Feeling , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.