新型Car-Feeling

新型車の徹底比較をしています!

フリード 季節別の車中泊の注意点は!?便利なアイテム3選はこれ!

更新日:


ホンダのコンパクトミニバン、フリードはファミリーカーとして比較的人気がありますが車中泊にも向いており、実際に使っている人もたくさんいます。

フリードで車中泊をする時のコツについて考えてみたいと思います。

フリードは車中泊に向いているのか?

フリードには3列シートの6/7人乗り仕様と2列シートの5人乗り仕様がありますが、5人乗り仕様2列目のシートを折りたたむとフルフラットになりますので、車中泊に最適です。

 

2列目シートを折りたたむと、1列目シートからリヤハッチまでの長さは約1.9mですのでほとんどの人が横になることができます。

また横幅は約1.45mですので2人寝ることができます。

 

一方、3列シートの場合はフルフラットにはなりませんので車中泊に向いているとは言えないと思います。

フリードの荷物スペースは十分?

フリードの2列仕様の荷物スペースは十分に確保されていると言えます。

 

フリードのトランク部分の床は大変低いため、この部分に荷物をたくさん載せることができます。

 

また荷室用ユーティリティボードが付いており、このボードでフラットな床に擦ることができます。

 

つまり荷物の上にボードを敷いてその上で寝ることができるというわけです。

 

また運転席と助手席にも荷物を載せることができますので、荷物スペースは十分い確保されていると言えます。

中古車の比較はこちらから↓

フリードで車中泊をするときの季節別の注意点は?

車中泊をするときに問題になるのが「暑さ」と「寒さ」です。

暑さと寒さをしのぐためにエアコンを作動させる人もいると思います。

ですが、エンジン音が周りに迷惑になってしまうことがありますので、注意が必要です。

 

エンジン音が気になるときは夏だと窓を開けますが、そのとき虫が入ってきますので注意が必要です。

 

また寒いときは寝袋や電気毛布などの装備が必要になってきます。この点は注意が必要だと思います。

フリードで車中泊を行うときに便利なアイテム 厳選1つ目

車中泊をするときにオススメのアイテム1つめは「網戸」です。

夏の暑い時期に窓を閉め切ると暑くて眠れませんので、窓を開けて網戸にするのがオススメです。

 

特に車中泊をする場所は山の中など涼しい場所が多いため、網戸にすると涼しくて気持ち良いと思います。

 

通販でフリード用に設計した網戸が販売されていますので、こうしたアイテムを購入するのがおオススメだと思います。

 

価格は前後それぞれ約1万円で購入することができます。

>>楽天通販に「網戸」の価格を見に行く

 

また純正オプションとして2列目の窓用に「スライドドアウインドゥメッシュ」というアイテムが用意されています。

 

こちらは11800円で意外買いと割安です。

>>楽天通販に「スライドドアウインドゥメッシュ」の価格を見に行く

2列目の窓で十分換気できますのでこれだけで十分かもしれません。

フリードで車中泊を行うときに便利なアイテム 厳選2つ目

フリードで車中泊するときにオススメのアイテム2つめは「サンシェード」です。

 

これは冬に車中泊をするときには必須のアイテムです。

冬になると外は寒いため車内の暖かい空気が外に逃げて、車内はドンドン寒くなってきます。

 

このためサンシェードを使って車内を保温します。

フリードには8枚のガラスがありますが、そのすべてのガラスにこのシェードを装着します。

 

通販でフリード専用の物が販売されており価格は15000~20000円です。

>>楽天通販に「サンシェード」の価格を見に行く

少し高価になっても高級な物を購入するのがオススメだと思います。

ちなみにフリードの純正オプションは用意されていません。

フリードで車中泊を行うときに便利なアイテム 厳選3つ目

フリードで車中泊をする時にオススメのアイテム3つめは「ポータブル電源」です。

 

冬に車中泊をする時に必須のアイテムは「電気毛布」ですが、これを動かすためにポータブルの電源を購入することをオススメします。

 

価格は容量によって異なりますが、安い物で4万円前後、大きな容量で6万円くらいになります。

 

容量が大きな物はサイズも少し大きくなりますが、もしもの時を考えて大きめのサイズを購入するのがオススメだと思います。

 

冬でも寝袋でしのぐ人がいますが、寒い地域で車中泊をする時は電気毛布の方が良いです。

>>楽天通販に「ポータブル電源」の価格を見に行く

まとめ

以上、フリードでの車中泊についてまとめてみました。

 

フリード2列仕様はフルフラットになりますので車中泊に向いていると言えます。

 

価格があまり高くないため気軽に車中泊ができるのも魅力です。

 

しかし、寒い場所で車中泊をする時にはそれなりにリスクもありますので、十分な備えをして楽しむことが重要だと思います。

※絶対に損をしない!新車の値引きの裏技」をすべてを見せます!

新車を購入するなら安く買いたいですよね?

関西人の私は損をするのがイヤです。(ドケチでもあります。)

私もあなたと同じように損をせずに誰よりも安く買いたいので、いろいろ聞いたり調べてみました。

その結果は・・・

 

なんと!! 50万円値引き額が上がり、めちゃ安く買うことができたんです。

本当は値引き方法をナイショにしておこうと思ったのですが、ここまで記事を読んで頂いたお礼に、公開することにしました。

本当はは高く売れたことを自慢したいだけだったりして。。

 

・・・というわけで、

私が使った、3つの裏ワザを無料でプレゼントすることにしました。

誰でもカンタンにできる方法なので、実践して損はしません。

興味の無い方は、Yahoo!トップページに飛んでください。
https://www.yahoo.co.jp/

 

【裏ワザ1】購入候補の車よりも、安い価格帯ライバル車と競わせる!

まず、 購入候補車のライバル車を調べましょう。

 

ライバル車の選定ポイントは、 購入候補車よりも価格帯が若干低い車を選ぶことです。

そうすることで・・

「車としては 購入予定の車の方が魅力的なんですが、ライバル車(購入候補車よりも価格帯が若干低い車)の方が価格的に魅力的なので迷っているんです。」

という値引きへのアピールを意思表示できます。

そして、これから紹介する「裏技2と裏技3」の方法を使うことで、値引き交渉において、あなたが優位に立つことが出来ます。

 

【裏ワザ2】車メーカーのクレジットカードを使う!

ほとんど知られていない値引きテクとして、車メーカーのクレジットカードを使うという方法があります。

実はクレジットカードの売上も、ディーラーの成績に反映されるんですね。

ディーラーとしてはクレジットカードを使ってくれるなら、値引きしてもプラスになるので、大幅値引きが可能になります。

【裏ワザ3】無料一括査定で高額買取をしてもらう!

この中で、1番簡単で1番効果が高い方法です。

忘れがちだけど、現在乗っている愛車をそのままディーラーに下取ってもらってはいけません。

 

しっかりと他の買取店などでも見積もりを取って、下取り額を競合させましょう。

ただ、複数ある買取店で下取りを出してもらうのも、メンドクサイと思います。

そこでオススメなのが、「ネットの無料一括査定」です。

 

この方法ならカンタン3分で、あなたの車を最高額で売ることができます。

これなら、忙しいあなたでも出来ますよね。

買取査定は本当にピンきりで、最大で60万円くらい差がでることもあるそうです。

一番オススメなのが、「カーセンサーの簡単ネット査定」です。

私もこのサイトで、7年落ちのヴィッツを査定してもらったところ、50万円という見積が出てビックリしたのを覚えています。

一括見積りせずに、数万円程度で下取りに出して損しなくて本当によかったです。

ただ、疑い深い私は、あまりにも下取り価格が高かったのでいろいろ調べました。

 

どうやら高額買取してくれる店は、東南アジアに輸出してるみたいです。

だから、ボロボロの車でも、相場よりも高く買取ってくれるらしいです。

なので損したくない方は「カーセンサーの簡単ネット車査定」で、
無料一括見積りをすることをおすすめします。

最後に・・

私が調べに調べた値引きの裏ワザはいかがでしたか?

あなたも徹底的に値引きして、これからの相棒になる、新しい車を出来るだけ安く購入してくださいね。

そのはじめの一歩として、まずは車を無料一括査定してみましょう。

3分程度で、50万円もお得になる可能性がありますからね。。。

カーセンサーの簡単ネット査定の詳細はコチラ

買取額は毎日変動するので、すぐにでも査定を申し込んでおいた方がいいと思います。

翌日、10万円も買取額が下がってしまっていたら、ガッカリしますからね。

 

 

-HONDA

Copyright© 新型Car-Feeling , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.