新型Car-Feeling

新型車の徹底比較をしています!

マツダ 新型 CX-8 エンジン・動力性能・サイズ・内装は?2018年

更新日:



新型CX-8は、マツダから12月14日に発売が開始されたSUVです。

SUVとは「スポーツ・ユーティリティー・ビーグル」の略称で、直訳するとスポーツ多目的車です。

SUVの特徴は、荷室が広くサーフィンのボードや自転車などの大きい荷物の積み込み可能なことと、悪路でも走行可能な走行性能を持ち合わせていることが特徴で、若い方を中心に日本では現在、最も旬な自動車のボディタイプと言えます。

 


元来のSUVは、荷室の広さを中心に設計されていた為、乗車定員が5人乗りの2列シートものが多かったのですが、昨今のSUVは乗車定員を増やした3列シートの車が中心となっています。

この3列シートを採用した最新SUVがマツダ 新型CX-8なのです。

新型CX-8のエンジン・動力性能は?


エンジンは全車「SKYACTIV-D2.2」を採用しています。

このエンジンはマツダが開発したクリーンディーゼルエンジンの進化・改良版で、ディーゼル車でありながら燃費と環境問題の両方に配慮したエンジンです。

基本性能は、2.2リッター・ディーゼルターボで、エンジンパワーは大きくは無いものの、それをターボ(過給器)で補うことで、2.2リッターエンジン以上のパワーを出すことが可能です。

また、元々ディーゼルエンジンは燃料の圧縮比が高いエンジンで、その圧縮比が高い事でエンジンパワーを発揮すると言う利点がありますが、その圧縮の課程で不完全燃焼を起こすことが多く、どうしても窒素酸化物や煤(すす)が発生してしまうと言う欠点がありました。

この新型CX-8に搭載されている「SKYACTIV-D」というエンジンは、従来の高い圧縮比で燃料を圧縮するのでは無く、圧縮点を低く設定する事で不完全燃焼を劇的に減らす事に成功し燃費の向上も実現しました。環境に配慮した優秀なエンジンなのです。

 

新型CX-8のボディーサイズはどのくらい?


新型CX-8のボディーサイズは、全長4900ミリ・横幅1840ミリ・全高1730ミリと、一般的な国産自動車と比べるとかなり大きい部類に入る車です。

 

これは、廃盤となったミニバン・マツダMPV(最終型)のボディーサイズとほぼ同じ大きさになるのですが、MPVが登場した当初、このカタログに表記してあるボディーサイズの大きさが理由で、販売が低迷したのではないかと言われた経緯があります。

 

また、ホールベースも2930ミリとMPVよりも広いことから、小回りは効かないと感じます。

日本の道路事情を考えた場合、少しでもボディーサイズが小さく小回りの効く車を選択ユーザーが多い傾向にある事から、CX-8の販売出だしが気になる所です。

 

新型CX-8の内装はどんな感じ?


マツダのフラグシップSUVと言うことで、内装は落ち着いた雰囲気でありながら高級感がある質感となっています。

またボディーサイズ通り、SUVとしてはかなりの広さが確保されています。
シート生地は、グレードによって異なりますが通気性に優れたクロスメッシュ素材や高級感あふれる※ナッパレザーを採用しています。

運転席には電動シートが装備されており機能面でも高級さが覗えます。

※ナッパーレザーは○○が凄いんです。
>>新型CX-8のナッパレザーとは?


メーターやシフトパネルの周りにはメッキのパーツが使用されている為、一つのアクセントとして落ち着いた雰囲気プラス高級感が演出されています。

最近では、コストダウンの影響からプラスチック感が否めないドアパネルにも革風の装飾が施されていて、これに縫い目のステッチが有るとこで、より高級感が演出さてていると感じました。

総評・CX-8は買いなのか?


マツダが自信を持って発表した理由が分かる質感でした。室内の高級感や使い勝手の良さ、人を乗せる為のシートアレンジや荷物を載せる為のシートアレンジなど、まさにSUVとしての役割をフルに発揮できる一台だと思います。

価格も319万円~と、あの高級感からは想像できない価格となっており、素晴らしい出来になっていると思います。

気になるのは、やはり大型なボディーサイズですが、乗っていくうちに慣れる事と思います。

今までのミニバンをSUVの形にした斬新な発想の車なので、興味のある方は1度、試乗してみてはいかがでしょうか。

※絶対に損をしない!新車の値引きの裏技」をすべてを見せます!

新車を購入するなら安く買いたいですよね?

関西人の私は損をするのがイヤです。(ドケチでもあります。)

私もあなたと同じように損をせずに誰よりも安く買いたいので、いろいろ聞いたり調べてみました。

その結果は・・・

 

なんと!! 50万円値引き額が上がり、めちゃ安く買うことができたんです。

本当は値引き方法をナイショにしておこうと思ったのですが、ここまで記事を読んで頂いたお礼に、公開することにしました。

本当はは高く売れたことを自慢したいだけだったりして。。

 

・・・というわけで、

私が使った、3つの裏ワザを無料でプレゼントすることにしました。

誰でもカンタンにできる方法なので、実践して損はしません。

興味の無い方は、Yahoo!トップページに飛んでください。
https://www.yahoo.co.jp/

 

【裏ワザ1】購入候補の車よりも、安い価格帯ライバル車と競わせる!

まず、 購入候補車のライバル車を調べましょう。

 

ライバル車の選定ポイントは、 購入候補車よりも価格帯が若干低い車を選ぶことです。

そうすることで・・

「車としては 購入予定の車の方が魅力的なんですが、ライバル車(購入候補車よりも価格帯が若干低い車)の方が価格的に魅力的なので迷っているんです。」

という値引きへのアピールを意思表示できます。

そして、これから紹介する「裏技2と裏技3」の方法を使うことで、値引き交渉において、あなたが優位に立つことが出来ます。

 

【裏ワザ2】車メーカーのクレジットカードを使う!

ほとんど知られていない値引きテクとして、車メーカーのクレジットカードを使うという方法があります。

実はクレジットカードの売上も、ディーラーの成績に反映されるんですね。

ディーラーとしてはクレジットカードを使ってくれるなら、値引きしてもプラスになるので、大幅値引きが可能になります。

【裏ワザ3】無料一括査定で高額買取をしてもらう!

この中で、1番簡単で1番効果が高い方法です。

忘れがちだけど、現在乗っている愛車をそのままディーラーに下取ってもらってはいけません。

 

しっかりと他の買取店などでも見積もりを取って、下取り額を競合させましょう。

ただ、複数ある買取店で下取りを出してもらうのも、メンドクサイと思います。

そこでオススメなのが、「ネットの無料一括査定」です。

 

この方法ならカンタン3分で、あなたの車を最高額で売ることができます。

これなら、忙しいあなたでも出来ますよね。

買取査定は本当にピンきりで、最大で60万円くらい差がでることもあるそうです。

一番オススメなのが、「カーセンサーの簡単ネット査定」です。

私もこのサイトで、7年落ちのヴィッツを査定してもらったところ、50万円という見積が出てビックリしたのを覚えています。

一括見積りせずに、数万円程度で下取りに出して損しなくて本当によかったです。

ただ、疑い深い私は、あまりにも下取り価格が高かったのでいろいろ調べました。

 

どうやら高額買取してくれる店は、東南アジアに輸出してるみたいです。

だから、ボロボロの車でも、相場よりも高く買取ってくれるらしいです。

なので損したくない方は「カーセンサーの簡単ネット車査定」で、
無料一括見積りをすることをおすすめします。

最後に・・

私が調べに調べた値引きの裏ワザはいかがでしたか?

あなたも徹底的に値引きして、これからの相棒になる、新しい車を出来るだけ安く購入してくださいね。

そのはじめの一歩として、まずは車を無料一括査定してみましょう。

3分程度で、50万円もお得になる可能性がありますからね。。。

カーセンサーの簡単ネット査定の詳細はコチラ

買取額は毎日変動するので、すぐにでも査定を申し込んでおいた方がいいと思います。

翌日、10万円も買取額が下がってしまっていたら、ガッカリしますからね。

 

 

-マツダ

Copyright© 新型Car-Feeling , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.