新型Car-Feeling

新型車の徹底比較をしています!

レクサス RXシリーズ新型 RX450hLだけが マイナーチェンジで7人乗り(ロング)になる?

更新日:


【2018年1月発売予定】注目の的!レクサスRXシリーズ

自動車に詳しくない人でも、レクサスという高級車ブランドをご存知ですよね。

トヨタが展開する高級車に特化した車で、その中でもミドルクラス(大型クロスオーバー)のSUVがRXシリーズとなります。

これは、世界戦略車であるレクサスが国内市場も本気で奪いに来た、と思わせる会心の出来のオフロード走行も可能な高級車なのです。

初代は1998年に発売され、以降は2代目が2003年、3代目が2009年、4代目が2015年となり、そのレクサス RXがマイナーチェンジとなり2018年1月に投入される予定となっています。

この新型RXの最大の特徴は、高級セダンの快適性や乗り心地がありながら、かつオフロード車のような悪路も走れるスタイルです。

 

もっと簡単にいうと、タイヤを大きくして車高が高くなった事で、より運転しやすく目立つ車になったということです。

セダンはあまり売れなくなっているので、若者向けSUVの国内最高級車が登場すると思ってもらえればOKです。

なぜこんなにもレクサスRXは注目されるのか?

さて、今回のレクサスRXの大事なポイントは「マイナーチェンジ」という事です。

ボディや内装が劇的に変わったのではなく、その中身が変わったのです。

では、なぜこんなに話題や注目を浴びているのでしょうか?




それは、今までのRXシリーズは全て→5人乗り

新型は、”RXロング”となるので、初の3列シート導入→7人乗り

さらに大型なレクサスLXという8人乗りの車もありますが、まだまだレクサス車種では少ない貴重な7人乗りとして、大変注目を集めているのです。

レクサスRXシリーズのグレードは?

写真:RX200t

今回のレクサスRXシリーズには、3列シートのロングバージョンが2018年1月に導入される予定となっていますが、そのグレードを調べてみましょう。

その前に、2015年に発売された4代目のグレードは以下の通りです。

・RX200t   (2.0Lのダウンサイジングターボエンジン)
・RX350  (3.5Lガソリンエンジン)
・RX450h  (3.5Lガソリンエンジンと電気モーター)

これに加えて、RXロングバージョンとして、

・RX300   (2.0Lのダウンサイジングターボエンジン)
・RX450h   (3.5Lガソリンエンジンと電気モーター)
・RX450h L (3.5Lガソリンエンジンと電気モーター、7人乗り)

が追加されるのです。ここでやっと、お気付きだと思いますが、肝心なロングバージョンが「RX450h L」になるのです。

 

私はてっきり? 他グレードでも7人乗りが発売されると勘違いしたのですが、そんな事はないので気を付けて下さい。




RXロングは人気車になるのか?

今回のロングバージョンが発売することは、車好きの皆さんなら想定内のことでしょう。

なぜなら、海外メーカーだけでなく国内メーカーもレクサスに限らず、多くのライバル会社が人気のSUVを3列シートにして、6~8人乗りとして発売(予定)しているからです。

その背景には、セダンの人気が回復しない事や、新たな高級車路線としての活路をSUVに託しているのです。

また、国内に限れば軽自動車やコンパクトカーと高級車の二極化が、今後はさらに拍車がかかると予想しているからでしょう。

現状ではレクサスの中で、最も人気ある車種とされているのが、今回のRXシリーズです。それは車雑誌や車サイト、またはランキングなどを見れば一目でわかります。

国内では、6~8人乗れる車の定番がミニバンタイプとなっていますが、今回のレクサスRXロングは、そこに風穴を開ける代物になるか?注目や期待がされています。

まとめ

最後に、”RX450h L”の価格予想が様々なところからされているので、それらを平均すると、750~800万円となっています。

これは庶民には高嶺の花とされますが、もしこの価格でも大人気になれば、確実にSUVの3列シートが主流となっていくことでしょう。

※絶対に損をしない!新車の値引きの裏技」をすべてを見せます!

新車を購入するなら安く買いたいですよね?

関西人の私は損をするのがイヤです。(ドケチでもあります。)

私もあなたと同じように損をせずに誰よりも安く買いたいので、いろいろ聞いたり調べてみました。

その結果は・・・

 

なんと!! 50万円値引き額が上がり、めちゃ安く買うことができたんです。

本当は値引き方法をナイショにしておこうと思ったのですが、ここまで記事を読んで頂いたお礼に、公開することにしました。

本当はは高く売れたことを自慢したいだけだったりして。。

 

・・・というわけで、

私が使った、3つの裏ワザを無料でプレゼントすることにしました。

誰でもカンタンにできる方法なので、実践して損はしません。

興味の無い方は、Yahoo!トップページに飛んでください。
https://www.yahoo.co.jp/

 

【裏ワザ1】購入候補の車よりも、安い価格帯ライバル車と競わせる!

まず、 購入候補車のライバル車を調べましょう。

 

ライバル車の選定ポイントは、 購入候補車よりも価格帯が若干低い車を選ぶことです。

そうすることで・・

「車としては 購入予定の車の方が魅力的なんですが、ライバル車(購入候補車よりも価格帯が若干低い車)の方が価格的に魅力的なので迷っているんです。」

という値引きへのアピールを意思表示できます。

そして、これから紹介する「裏技2と裏技3」の方法を使うことで、値引き交渉において、あなたが優位に立つことが出来ます。

 

【裏ワザ2】車メーカーのクレジットカードを使う!

ほとんど知られていない値引きテクとして、車メーカーのクレジットカードを使うという方法があります。

実はクレジットカードの売上も、ディーラーの成績に反映されるんですね。

ディーラーとしてはクレジットカードを使ってくれるなら、値引きしてもプラスになるので、大幅値引きが可能になります。

【裏ワザ3】無料一括査定で高額買取をしてもらう!

この中で、1番簡単で1番効果が高い方法です。

忘れがちだけど、現在乗っている愛車をそのままディーラーに下取ってもらってはいけません。

 

しっかりと他の買取店などでも見積もりを取って、下取り額を競合させましょう。

ただ、複数ある買取店で下取りを出してもらうのも、メンドクサイと思います。

そこでオススメなのが、「ネットの無料一括査定」です。

 

この方法ならカンタン3分で、あなたの車を最高額で売ることができます。

これなら、忙しいあなたでも出来ますよね。

買取査定は本当にピンきりで、最大で60万円くらい差がでることもあるそうです。

一番オススメなのが、「カーセンサーの簡単ネット査定」です。

私もこのサイトで、7年落ちのヴィッツを査定してもらったところ、50万円という見積が出てビックリしたのを覚えています。

一括見積りせずに、数万円程度で下取りに出して損しなくて本当によかったです。

ただ、疑い深い私は、あまりにも下取り価格が高かったのでいろいろ調べました。

 

どうやら高額買取してくれる店は、東南アジアに輸出してるみたいです。

だから、ボロボロの車でも、相場よりも高く買取ってくれるらしいです。

なので損したくない方は「カーセンサーの簡単ネット車査定」で、
無料一括見積りをすることをおすすめします。

最後に・・

私が調べに調べた値引きの裏ワザはいかがでしたか?

あなたも徹底的に値引きして、これからの相棒になる、新しい車を出来るだけ安く購入してくださいね。

そのはじめの一歩として、まずは車を無料一括査定してみましょう。

3分程度で、50万円もお得になる可能性がありますからね。。。

カーセンサーの簡単ネット査定の詳細はコチラ

買取額は毎日変動するので、すぐにでも査定を申し込んでおいた方がいいと思います。

翌日、10万円も買取額が下がってしまっていたら、ガッカリしますからね。

少ない負担でどうしても新車を手に入れたいなら、

カーリースが良い選択です。

詳細はバナーをクリック!
↓        ↓

カーリースだと、車検基本料、自動車税、登録時・継続時の諸費用などが全部コミコミで、月々たったの8,000円から契約できます。

-LEXUS

Copyright© 新型Car-Feeling , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.