新型Car-Feeling

新型車の徹底比較をしています!

低年式車のオイル事情をズバリ知りたい!

更新日:

 


新品のクルマに比べて、安い値段で買うことができるのが低年式車。

丁寧に扱えば、新品同様のクルマを、末永く愛用することができます。

「けれども、低年式のクルマってメンテナンスが大変なんじゃ…?」

 

そんな心配はご無用。

 

今回は低年式車のオイルについてご紹介します。

ぜひ、参考にしてみてください。

低年式車のオイル、ずばり新しい?

低年式の車を購入するとき、注意しておきたいのが見た目では判断しづらい、内側のオイル。

クルマにはエンジンオイルやブレーキオイルなど、色々な種類のオイルが使われています。

新車のクルマを購入すれば、すべて真新しい状態で納品されますが、そう理想論ばかり言っていられないのが低年式のクルマ。

低年式車を販売するとき、どの程度までオイル交換をおこなうのかは、ディーラーや販売店のさじ加減に委ねられています。

法律で「低年式のクルマを販売するときに、オイルを交換しましょう」とは明確に定められていないため、それぞれのディーラーが独自の判断基準で交換するのか・しないのか決めているのです。

もし購入時にオイルについて不安があるようであれば、オイル交換の有無を担当者の方に聴いてみることが大切。

良心的なディーラーであれば、オイルの劣化や交換の是非について、丁寧に教えてくれるはずです。

クルマの達人は「整備記録」を読み解く

低年式車には安い値段で色々なブランドの車に挑戦できる…という嬉しいメリットがあります。

大金を払った新車だと「乗り続けなくては…」と欲が出ますが、気軽な低年式車であれば「飽きたら、また買い替えればイイ」と気持ちがやわらかくなります。

低年式の車に手慣れている人がよくおこなっているのが「購入前に整備記録をチェックする」というもの。

整備記録というのは、その車がどんな点検を過去に受けているのか記載してある、いわばクルマのプロフィールのようなもの。

エンジンオイルやブレーキオイルが交換してあるかも、こちらにすべて書かれているため、ひと目で車の状態を知ることができます。

中古車の比較はこちらから↓

意外に安くて早い、クルマのオイル交換

整備記録をチェックする以外にも

「車のオイルステッカーの有無をチェックする」

「エンジンオイルのフタを見て、お手入れの頻度を確認する」

などといった自分で確認する方法もあります。

けれども覚えておいて欲しいのは、車のオイル交換にそれほど時間やコストがかからないということ。

普通車の場合、スタンドでオイル交換を頼んでも「およそ5,000円、30分くらいでおこなってもらえる」ことが多いです。

またたとえ新車であっても、1年に1度はオイル交換をおこなうように推奨されているため「低年式のクルマだから、オイル交換が必要」とは限らなくなっています。

 

オイル交換をしたくないから低年式の車を選ばない…といった発想は、もったいないもの。

どんな車に乗っていても、定期的にオイルを交換する必要はあります。

たかが30分程度のメンテナンスで車の調子が良くなると考えれば、これほどコスパの良い作業はありません。

低年式車と上手に付き合って、理想のカーライフを実現させていきましょう。

※絶対に損をしない!新車の値引きの裏技」をすべてを見せます!

新車を購入するなら安く買いたいですよね?

関西人の私は損をするのがイヤです。(ドケチでもあります。)

私もあなたと同じように損をせずに誰よりも安く買いたいので、いろいろ聞いたり調べてみました。

その結果は・・・

 

なんと!! 50万円値引き額が上がり、めちゃ安く買うことができたんです。

本当は値引き方法をナイショにしておこうと思ったのですが、ここまで記事を読んで頂いたお礼に、公開することにしました。

本当はは高く売れたことを自慢したいだけだったりして。。

 

・・・というわけで、

私が使った、3つの裏ワザを無料でプレゼントすることにしました。

誰でもカンタンにできる方法なので、実践して損はしません。

興味の無い方は、Yahoo!トップページに飛んでください。
https://www.yahoo.co.jp/

 

【裏ワザ1】購入候補の車よりも、安い価格帯ライバル車と競わせる!

まず、 購入候補車のライバル車を調べましょう。

 

ライバル車の選定ポイントは、 購入候補車よりも価格帯が若干低い車を選ぶことです。

そうすることで・・

「車としては 購入予定の車の方が魅力的なんですが、ライバル車(購入候補車よりも価格帯が若干低い車)の方が価格的に魅力的なので迷っているんです。」

という値引きへのアピールを意思表示できます。

そして、これから紹介する「裏技2と裏技3」の方法を使うことで、値引き交渉において、あなたが優位に立つことが出来ます。

 

【裏ワザ2】車メーカーのクレジットカードを使う!

ほとんど知られていない値引きテクとして、車メーカーのクレジットカードを使うという方法があります。

実はクレジットカードの売上も、ディーラーの成績に反映されるんですね。

ディーラーとしてはクレジットカードを使ってくれるなら、値引きしてもプラスになるので、大幅値引きが可能になります。

【裏ワザ3】無料一括査定で高額買取をしてもらう!

この中で、1番簡単で1番効果が高い方法です。

忘れがちだけど、現在乗っている愛車をそのままディーラーに下取ってもらってはいけません。

 

しっかりと他の買取店などでも見積もりを取って、下取り額を競合させましょう。

ただ、複数ある買取店で下取りを出してもらうのも、メンドクサイと思います。

そこでオススメなのが、「ネットの無料一括査定」です。

 

この方法ならカンタン3分で、あなたの車を最高額で売ることができます。

これなら、忙しいあなたでも出来ますよね。

買取査定は本当にピンきりで、最大で60万円くらい差がでることもあるそうです。

一番オススメなのが、「カーセンサーの簡単ネット査定」です。

私もこのサイトで、7年落ちのヴィッツを査定してもらったところ、50万円という見積が出てビックリしたのを覚えています。

一括見積りせずに、数万円程度で下取りに出して損しなくて本当によかったです。

ただ、疑い深い私は、あまりにも下取り価格が高かったのでいろいろ調べました。

 

どうやら高額買取してくれる店は、東南アジアに輸出してるみたいです。

だから、ボロボロの車でも、相場よりも高く買取ってくれるらしいです。

なので損したくない方は「カーセンサーの簡単ネット車査定」で、
無料一括見積りをすることをおすすめします。

最後に・・

私が調べに調べた値引きの裏ワザはいかがでしたか?

あなたも徹底的に値引きして、これからの相棒になる、新しい車を出来るだけ安く購入してくださいね。

そのはじめの一歩として、まずは車を無料一括査定してみましょう。

3分程度で、50万円もお得になる可能性がありますからね。。。

カーセンサーの簡単ネット査定の詳細はコチラ

買取額は毎日変動するので、すぐにでも査定を申し込んでおいた方がいいと思います。

翌日、10万円も買取額が下がってしまっていたら、ガッカリしますからね。

 

 

-低年式車

Copyright© 新型Car-Feeling , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.