新型Car-Feeling

新型車の徹底比較をしています!

低年式車の車検、痛い話。

更新日:


低年式車の車検についての話題なんて、とくべつに面白い話は聞きません。

でも、たまにきっつい話もあったりするのでちょっとお耳をお貸しください。

これからの話は実話なので、当然実名は伏せます。

車の会社名も出るのでイニシャルも出しません。

そんな事もあるんだな・・と思いながらご自分カーライフの幸せをかみしめて下さい。

低年式車の車検は大変!

人は車に限らす何でも直してボロボロになるまで使います。

直す技術もそこそこ持ち合わせているので、なかなか物を捨てません。

で、乗っている車は20万キロ超え、20年くらいのものを一生乗るつもりで転がしていました。

他の物なら良いのですが、車には「車検」というものがあり、これに通らないと持ち主の情熱などおかまいなしに事実上廃車にしなければなりません。

新車ばかり乗り継いでいる人にとっては、車検なんて1〜2日車をあずけて少しきれいになって帰ってくるだけの、お金と書類だけの通過儀礼に過ぎないのでしょう。

「リストラ宣告」におびえるお父さん

ところが、古い低年式車に乗っている人にとっての車検とは、「リストラ宣告」におびえるお父さんのようなもので、それはそれは怖い響きなのです。

前々回の車検時に「もう次は買って下さい」、とディーラーに言われていたのを無視し、前回も強行突破で通しましたが、今回はディーラー側も確固たる態度で迫ってきました。

 

ディーラーマンいわく、「新しい部品を用意しても、取り付く場所のネジ穴がイカレてるところばっかりで、もう部品を交換出来ない。」

あげくの果て、「もういいじゃないですか」等とのたまうので、少なからず愛車精神もあり、とても気に入って乗っていた車なので、頭に来た私は、「いくらかかってもいいから通してくれ!」と言ってやりました。

するとしぶしぶメカニックに指示(悪意ある指示)を出し、2時間くらい待たされた挙げ句、5枚ほどびっしりと書かれた見積書を提示。

総額108万円(当時5%の税は別、強制保険込み)。

 

ボーナス全てはたいても追いつかない見積もりに少したじろぎながらも、大見得切った手前後にも引けず、さんざん切ったはったのあげく80万まで値引きし、その日は帰ってきました。

当然車検通しますので、2〜3日後に車を預け、ATMで2日に分けて現金をおろし(1日50万が限度みたいです)、無事(か?)納車の日、ディーラーもさすがにマズ過ぎると思ったのか、2万ほど値引きして(まだ十分マズいと思うが)、愛車は手元に戻ってきました・・・。

ボンネット開けたり下からのぞいたり、ピカピカの部品が崩れ落ちそうなサビサビの部品の隣に散在していて一種異様な雰囲気を醸し出していました。

実は冬はスキーに行くため各所が傷むようで、それまでもフロントのサスペンション付け根交換、リアも同じ、エキゾースト交換、スタビライザーのゴム腐れ落ち、としており、タイヤも冬用を何セットか交換しているので、外装で新車時の部品はボディーだけ、みたいな雰囲気ではありましたが・・・。

最後に・・

車検引き受ける側は、何かお客様に危険があってはなりませんから、慎重になるのはとてもよくわかります。

まあ、さすがに次の車検は通さずに違うメーカーの車を購入しました。

スキーから帰ると、即座にコイン洗車場で下回りを丹念に洗っています。
今度の車こそ一生ずっと乗るんだ、と気合いを込めて。

※絶対に損をしない!新車の値引きの裏技」をすべてを見せます!

新車を購入するなら安く買いたいですよね?

関西人の私は損をするのがイヤです。(ドケチでもあります。)

私もあなたと同じように損をせずに誰よりも安く買いたいので、いろいろ聞いたり調べてみました。

その結果は・・・

 

なんと!! 50万円値引き額が上がり、めちゃ安く買うことができたんです。

本当は値引き方法をナイショにしておこうと思ったのですが、ここまで記事を読んで頂いたお礼に、公開することにしました。

本当はは高く売れたことを自慢したいだけだったりして。。

 

・・・というわけで、

私が使った、3つの裏ワザを無料でプレゼントすることにしました。

誰でもカンタンにできる方法なので、実践して損はしません。

興味の無い方は、Yahoo!トップページに飛んでください。
https://www.yahoo.co.jp/

 

【裏ワザ1】購入候補の車よりも、安い価格帯ライバル車と競わせる!

まず、 購入候補車のライバル車を調べましょう。

 

ライバル車の選定ポイントは、 購入候補車よりも価格帯が若干低い車を選ぶことです。

そうすることで・・

「車としては 購入予定の車の方が魅力的なんですが、ライバル車(購入候補車よりも価格帯が若干低い車)の方が価格的に魅力的なので迷っているんです。」

という値引きへのアピールを意思表示できます。

そして、これから紹介する「裏技2と裏技3」の方法を使うことで、値引き交渉において、あなたが優位に立つことが出来ます。

 

【裏ワザ2】車メーカーのクレジットカードを使う!

ほとんど知られていない値引きテクとして、車メーカーのクレジットカードを使うという方法があります。

実はクレジットカードの売上も、ディーラーの成績に反映されるんですね。

ディーラーとしてはクレジットカードを使ってくれるなら、値引きしてもプラスになるので、大幅値引きが可能になります。

【裏ワザ3】無料一括査定で高額買取をしてもらう!

この中で、1番簡単で1番効果が高い方法です。

忘れがちだけど、現在乗っている愛車をそのままディーラーに下取ってもらってはいけません。

 

しっかりと他の買取店などでも見積もりを取って、下取り額を競合させましょう。

ただ、複数ある買取店で下取りを出してもらうのも、メンドクサイと思います。

そこでオススメなのが、「ネットの無料一括査定」です。

 

この方法ならカンタン3分で、あなたの車を最高額で売ることができます。

これなら、忙しいあなたでも出来ますよね。

買取査定は本当にピンきりで、最大で60万円くらい差がでることもあるそうです。

一番オススメなのが、「カーセンサーの簡単ネット査定」です。

私もこのサイトで、7年落ちのヴィッツを査定してもらったところ、50万円という見積が出てビックリしたのを覚えています。

一括見積りせずに、数万円程度で下取りに出して損しなくて本当によかったです。

ただ、疑い深い私は、あまりにも下取り価格が高かったのでいろいろ調べました。

 

どうやら高額買取してくれる店は、東南アジアに輸出してるみたいです。

だから、ボロボロの車でも、相場よりも高く買取ってくれるらしいです。

なので損したくない方は「カーセンサーの簡単ネット車査定」で、
無料一括見積りをすることをおすすめします。

最後に・・

私が調べに調べた値引きの裏ワザはいかがでしたか?

あなたも徹底的に値引きして、これからの相棒になる、新しい車を出来るだけ安く購入してくださいね。

そのはじめの一歩として、まずは車を無料一括査定してみましょう。

3分程度で、50万円もお得になる可能性がありますからね。。。

カーセンサーの簡単ネット査定の詳細はコチラ

買取額は毎日変動するので、すぐにでも査定を申し込んでおいた方がいいと思います。

翌日、10万円も買取額が下がってしまっていたら、ガッカリしますからね。

 

 

-低年式車

Copyright© 新型Car-Feeling , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.