新型Car-Feeling

新型車の徹底比較をしています!

低年式車の維持費は高い安い?気になる疑問をリサーチ!

更新日:


クルマの買い替えを考えている方にとって、低年式車の維持費はとても気になるもの。

低年式車を購入すると、一体どのくらいのキープ代が発生するのか一緒に見ていきましょう。

そもそも、低年式車とは?

クルマの業界でよく使われているのが、低年式と高年式という言葉。

低年式と聞くと「浅い?未熟?」と勘違いしてしまいそうなのですが、低年式とは年数が経った車という意味。高年式車は逆に新しく出たばかりの車種をあらわします。

低年式車を買うメリットとしては、年数の新しい車と比べて費用が格段に安いということ。

新車では手の届かない車種にチャレンジできること、などが挙げられます。

低年式車の気になる維持費は?

・まさかのときの保険代→1カ月に3,000~5,000円

・パーキング代→1カ月に1万円~2万円

・車検代→2年間ごとに1回 約9万円~11万円

・自動車税→1年間におよそ5万円(※車種によって異なる)

・ガソリン代→1カ月に5,000円

低年式の車にかかる維持費は上のようになります。お分かりの方もいるかもしれませんが、これらの金額は高年式の車であっても、同じようにかかってくるもの。

例えば自宅のマンションの駐車場を使う場合は、車の車種や年数に関係なく、コストがかかってきます。

 

新車の車を所有していても、低年式車を保有していても「パーキング代やガソリン代は同じようにかかる」算段になります。よく中古の車だと維持費がかかる…といわれていますが、あながち低年式車に替えたからといって

極端に維持費がアップすることは、まずあり得ない

ことを肝に銘じておきましょう。

メンテナンスは定期的におこなおう

とはいえ新車と比べて、使用歴が上がっている低年式の車は「バッテリーやタイヤが消耗しやすい」という注意点もあります。

こうした点をうまくカバーしてあげるためにも、低年式の車を乗るときには、定期的にメンテナンスをおこなってあげることが大切。

基本的に数年に一度の車検だけで大丈夫ですが「エンジンの調子がおかしい」「変な音がする」といつもと違う点が気になったらガソリンスタンドやディーラーなど、車のプロに相談してみること。

年数の重なった低年式の車でも、上手なお手入れを重ねることによって「新品同様のクルマに生まれ変わらせること」ができます。

低年式のクルマに乗ることを、怖がらないで!

安くてリーズナブルな低年式の車。欧米などの諸外国では、古いものほど価値がある…という認識が根付いています。

そのため真新しくてピカピカした新車を買うよりも、古くて愛着のある低年式の車種を選ぶ人が増えているのです。

低年式の車の維持費を計算してみると、それほど高年式の車と変わらないことがわかります。

初期投資が安くて済む低年式のクルマ、維持費がそれほど変わらないのなら「低年式のクルマ」に資金を投じた方がおトク。安い値段でリッチな車に挑戦することもできます。

大好きな車が一緒だと、どこまでも遠くまで行けるもの。

ぜひあなたにぴったりの低年式車を探してみてくださいね。

※絶対に損をしない!新車の値引きの裏技」をすべてを見せます!

新車を購入するなら安く買いたいですよね?

関西人の私は損をするのがイヤです。(ドケチでもあります。)

私もあなたと同じように損をせずに誰よりも安く買いたいので、いろいろ聞いたり調べてみました。

その結果は・・・

 

なんと!! 50万円値引き額が上がり、めちゃ安く買うことができたんです。

本当は値引き方法をナイショにしておこうと思ったのですが、ここまで記事を読んで頂いたお礼に、公開することにしました。

本当はは高く売れたことを自慢したいだけだったりして。。

 

・・・というわけで、

私が使った、3つの裏ワザを無料でプレゼントすることにしました。

誰でもカンタンにできる方法なので、実践して損はしません。

興味の無い方は、Yahoo!トップページに飛んでください。
https://www.yahoo.co.jp/

 

【裏ワザ1】購入候補の車よりも、安い価格帯ライバル車と競わせる!

まず、 購入候補車のライバル車を調べましょう。

 

ライバル車の選定ポイントは、 購入候補車よりも価格帯が若干低い車を選ぶことです。

そうすることで・・

「車としては 購入予定の車の方が魅力的なんですが、ライバル車(購入候補車よりも価格帯が若干低い車)の方が価格的に魅力的なので迷っているんです。」

という値引きへのアピールを意思表示できます。

そして、これから紹介する「裏技2と裏技3」の方法を使うことで、値引き交渉において、あなたが優位に立つことが出来ます。

 

【裏ワザ2】車メーカーのクレジットカードを使う!

ほとんど知られていない値引きテクとして、車メーカーのクレジットカードを使うという方法があります。

実はクレジットカードの売上も、ディーラーの成績に反映されるんですね。

ディーラーとしてはクレジットカードを使ってくれるなら、値引きしてもプラスになるので、大幅値引きが可能になります。

【裏ワザ3】無料一括査定で高額買取をしてもらう!

この中で、1番簡単で1番効果が高い方法です。

忘れがちだけど、現在乗っている愛車をそのままディーラーに下取ってもらってはいけません。

 

しっかりと他の買取店などでも見積もりを取って、下取り額を競合させましょう。

ただ、複数ある買取店で下取りを出してもらうのも、メンドクサイと思います。

そこでオススメなのが、「ネットの無料一括査定」です。

 

この方法ならカンタン3分で、あなたの車を最高額で売ることができます。

これなら、忙しいあなたでも出来ますよね。

買取査定は本当にピンきりで、最大で60万円くらい差がでることもあるそうです。

一番オススメなのが、「カーセンサーの簡単ネット査定」です。

私もこのサイトで、7年落ちのヴィッツを査定してもらったところ、50万円という見積が出てビックリしたのを覚えています。

一括見積りせずに、数万円程度で下取りに出して損しなくて本当によかったです。

ただ、疑い深い私は、あまりにも下取り価格が高かったのでいろいろ調べました。

 

どうやら高額買取してくれる店は、東南アジアに輸出してるみたいです。

だから、ボロボロの車でも、相場よりも高く買取ってくれるらしいです。

なので損したくない方は「カーセンサーの簡単ネット車査定」で、
無料一括見積りをすることをおすすめします。

最後に・・

私が調べに調べた値引きの裏ワザはいかがでしたか?

あなたも徹底的に値引きして、これからの相棒になる、新しい車を出来るだけ安く購入してくださいね。

そのはじめの一歩として、まずは車を無料一括査定してみましょう。

3分程度で、50万円もお得になる可能性がありますからね。。。

カーセンサーの簡単ネット査定の詳細はコチラ

買取額は毎日変動するので、すぐにでも査定を申し込んでおいた方がいいと思います。

翌日、10万円も買取額が下がってしまっていたら、ガッカリしますからね。

少ない負担でどうしても新車を手に入れたいなら、

カーリースが良い選択です。

詳細はバナーをクリック!
↓        ↓

カーリースだと、車検基本料、自動車税、登録時・継続時の諸費用などが全部コミコミで、月々たったの8,000円から契約できます。

-低年式車

Copyright© 新型Car-Feeling , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.