新型Car-Feeling

新型車の徹底比較をしています!

新型スイフト おすすめオプションパーツ5選&必要ないオプションパーツ2選

更新日:


スズキ・新型スイフト」におすすめのオプションアイテムはたくさんありますが、おすすめと、あまり必要ないものをお伝えしていきたいと思います。

NO.1 コーナーセンサー

おすすめのオプションアイテム1つめは「コーナーセンサー」です。

車の四隅にセンサがーが付いており、障害物に接近するとアラームが鳴ってドライバーに知らせてくれるというモノです。

これは多くの車に採用されているオプションで、スイフトにもオプション設定されています。

また運転席の右側にインジケーターが設置されていますので、四隅のどこに障害物があるのか一目で分かる仕組みになっています。

価格はフロントリアの両方で約63000円、リアのみで約40000円です。

スイフトは角張ったボディなので必要ないと考える人もいるかもしれませんが、どうしても死角はできるので装着しておいた方が安心です。

NO.2 ハイドロフィリックミラー

おすすめのオプションアイテム2つめは「ハイドロフィリックミラー」です。

これはドアミラーに親水加工をするオプションです。

雨が降るとドアミラーの水滴で後方確認がしにくいという経験があると思いますが、親水加工してあるととても見やすくなるので安全のため是非とも装着したいオプションです。

ドアミラーにも撥水加工をする人がいますが、むしろ親水加工をしたほうが見やすいと思います。

このオプションは多くの車に設定されていますが、あまり認知度が高くなく装着していない人の方が多いと思います。

しかし、これを一度経験すると無しでは不安になるくらいなので、是非装着することをおすすめします。

価格は約12000円です。

またスイフトにはヒーテッドドアミラーを装着しているモデルがありますが、こちらは約14000円となっています。

No.3 リモート格納ミラー

おすすめのアイテム3つめは「リモート格納ミラー」です。

これはドアをロックすると自動的にドアミラーが格納され、ドアロックを解除すると自動的にドアミラーが開くというオプションで、高級車などには標準装備されていることが多いです。

狭い駐車場などに車を停めたときドアミラーを格納しておいた方が良いことが多いですが、ついつい格納するのを忘れてしまいがちです。

このオプションがあるとそうしたうっかりがありません。

価格は約42000円と若干割高ですが余裕があれば装着したいアイテムです。

またこちらにはオートドアロックシステムをセットで装着することも可能です。

これは車速が時速20kmになると自動的にドアがロックされるシステムで、価格は約44000円となっています。

この2つをセットで装着すると約55000円となり、単品で装着するよりも割安になります。

安全のためにはオートドアロックシステムを装着した方が良いので、是非ともセットで選びたいです。

NO.4 ナビゲーションシステム

おすすめのオプションアイテム4つめは「ナビゲーションシステム」です。

スイフトには8種類のナビがオプション設定されています。

スタンダードプラスモデルはパナソニックで、8インチが約19万円、7インチが約16万円です。

スタンダードモデルはパイオニアで8インチは約17万4千円、7インチは約14万7千円です。

そしてエントリーモデルはパナソニックで8インチが約16万6千円、7インチで約14万円です。

さらにケンウッドモデルもありこちらは8インチが約15万9千円、7インチは約12万2千円です。

>>ナビゲーションシステムの詳細はこちら

このケンウッドモデルはリアモニターには対応していません。

最近は8インチのモニターが増えてきているので是非8インチを装着したいですね。

NO.5 バックアイカメラ

おすすめのオプションアイテム5つめは「バックアイカメラ」です。

スイフトの場合、リアハッチの中央付近にカメラが設定されていますので、後方確認がしやすいのが特徴です。

カメラは標準画像、ワイド画像、俯瞰画像の切り替えが可能ですので使いやすくて便利です。

スイフトはあまり大きな車ではないので、こうしたカメラは必要ないと考える人も多いと思いますが、最近は軽自動車でも装着していますので、つけておいた方が安心です。

価格は約45000円と他の車に比べるとそんなに高くありません。

ここからは新型カローラスポーツに必要の無い、またはおすすめできないオプションをお伝えしていきます。

必要ない No.1 スペアタイヤ

必要ないオプションアイテム1つめは「スペアタイヤ」です。

最近の車はスペアタイヤを装備していないことが多く、パンク修理キットが装備されていることがほとんどです。

タイヤはスペースを取りますので結構邪魔です。

スペアタイヤがあった方が安心という人も多いと思いますが、今までタイヤがパンクしたことがある人ってほとんどいないと思いますので、特に必要ないと思います。

価格もタイヤ本体は約16000円ですが、これを固定するキットが約17000円、下敷きが3000円計37000円ほどになり意外と割高です。

必要ない NO.2 シートカバー

必要ないオプションアイテム2つめは「シートカバー」です。

スイフトには純正のシートカバーがオプション設定されており、革調シートカバーが約61000円、通常のカバーが約36000円です。

このシートカバーは純正なので、スイフトのシートにぴったりフィットするようになっており、特に座り心地が悪いと言うことはありません。

小さなお子さんがいる家庭ではシートが汚れますので、装着した方が良いかもしれませんが、そうではない場合特に必要ないと思います。

※絶対に損をしない!新車の値引きの裏技」をすべてを見せます!

新車を購入するなら安く買いたいですよね?

関西人の私は損をするのがイヤです。(ドケチでもあります。)

私もあなたと同じように損をせずに誰よりも安く買いたいので、いろいろ聞いたり調べてみました。

その結果は・・・

 

なんと!! 50万円値引き額が上がり、めちゃ安く買うことができたんです。

本当は値引き方法をナイショにしておこうと思ったのですが、ここまで記事を読んで頂いたお礼に、公開することにしました。

本当はは高く売れたことを自慢したいだけだったりして。。

 

・・・というわけで、

私が使った、3つの裏ワザを無料でプレゼントすることにしました。

誰でもカンタンにできる方法なので、実践して損はしません。

興味の無い方は、Yahoo!トップページに飛んでください。
https://www.yahoo.co.jp/

 

【裏ワザ1】購入候補の車よりも、安い価格帯ライバル車と競わせる!

まず、 購入候補車のライバル車を調べましょう。

 

ライバル車の選定ポイントは、 購入候補車よりも価格帯が若干低い車を選ぶことです。

そうすることで・・

「車としては 購入予定の車の方が魅力的なんですが、ライバル車(購入候補車よりも価格帯が若干低い車)の方が価格的に魅力的なので迷っているんです。」

という値引きへのアピールを意思表示できます。

そして、これから紹介する「裏技2と裏技3」の方法を使うことで、値引き交渉において、あなたが優位に立つことが出来ます。

 

【裏ワザ2】車メーカーのクレジットカードを使う!

ほとんど知られていない値引きテクとして、車メーカーのクレジットカードを使うという方法があります。

実はクレジットカードの売上も、ディーラーの成績に反映されるんですね。

ディーラーとしてはクレジットカードを使ってくれるなら、値引きしてもプラスになるので、大幅値引きが可能になります。

【裏ワザ3】無料一括査定で高額買取をしてもらう!

この中で、1番簡単で1番効果が高い方法です。

忘れがちだけど、現在乗っている愛車をそのままディーラーに下取ってもらってはいけません。

 

しっかりと他の買取店などでも見積もりを取って、下取り額を競合させましょう。

ただ、複数ある買取店で下取りを出してもらうのも、メンドクサイと思います。

そこでオススメなのが、「ネットの無料一括査定」です。

 

この方法ならカンタン3分で、あなたの車を最高額で売ることができます。

これなら、忙しいあなたでも出来ますよね。

買取査定は本当にピンきりで、最大で60万円くらい差がでることもあるそうです。

一番オススメなのが、「カーセンサーの簡単ネット査定」です。

私もこのサイトで、7年落ちのヴィッツを査定してもらったところ、50万円という見積が出てビックリしたのを覚えています。

一括見積りせずに、数万円程度で下取りに出して損しなくて本当によかったです。

ただ、疑い深い私は、あまりにも下取り価格が高かったのでいろいろ調べました。

 

どうやら高額買取してくれる店は、東南アジアに輸出してるみたいです。

だから、ボロボロの車でも、相場よりも高く買取ってくれるらしいです。

なので損したくない方は「カーセンサーの簡単ネット車査定」で、
無料一括見積りをすることをおすすめします。

最後に・・

私が調べに調べた値引きの裏ワザはいかがでしたか?

あなたも徹底的に値引きして、これからの相棒になる、新しい車を出来るだけ安く購入してくださいね。

そのはじめの一歩として、まずは車を無料一括査定してみましょう。

3分程度で、50万円もお得になる可能性がありますからね。。。

カーセンサーの簡単ネット査定の詳細はコチラ

買取額は毎日変動するので、すぐにでも査定を申し込んでおいた方がいいと思います。

翌日、10万円も買取額が下がってしまっていたら、ガッカリしますからね。

少ない負担でどうしても新車を手に入れたいなら、

カーリースが良い選択です。

詳細はバナーをクリック!
↓        ↓

カーリースだと、車検基本料、自動車税、登録時・継続時の諸費用などが全部コミコミで、月々たったの8,000円から契約できます。

-スズキ
-

Copyright© 新型Car-Feeling , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.