新型Car-Feeling

新型車の徹底比較をしています!

中古輸入車の失敗しない選び方【故障が多いのは○○!】

更新日:


国産車よりも輸入車にあこがれる人は多いことでしょう。

中古なら新車では考えられないような、低価格で憧れの輸入車が手に入れることができる。

そういった理由で中古輸入車を購入する方もいらっしゃるでしょう。

しかし、中古輸入車の購入はリスクが伴います。

もちろん国産車であれ輸入車であれ、車を中古で買うということはノーリスクであることはあり得ませんが、相対的に見て輸入車の方がリスクは高いのです。

ここから、中古輸入車でも、これだけは知っておけば、車選びにときにリスクが軽減できるという方法をお伝えします。

正規輸入車と並行輸入車とは?

一言で輸入車といっても、日本国内の中古車市場に流通している中古輸入車には2種類のタイプがあります。

正規輸入車とは、海外自動車メーカーが日本国内向けに生産し、日本の型式認定を受けた上で、国内にある正規輸入車ディーラーで販売されていた輸入車のことです。

 

並行輸入車とは、一般の輸入業者やもしくは個人が現地で販売されている新車もしくは中古車を独自に日本国内に輸入した車のことです。

 

故障が多いのは圧倒的に並行輸入車の方だと言われています。

そもそも日本向けに作られた車ではないため、梅雨のような日本独特の湿気の多い気候を想定して生産されていません。

そのため電気系統が湿気でやられてしまうなどのトラブルが起こりやすく、故障が頻発しやすいのです。

また修理する部品も現地でないと調達できない場合も多く、修理工具も日本にはない工具が必要になることもあるのです。

つまりは並行輸入車でなく、正規輸入車を買うことがリスク軽減になるということです。

オーナーチェンジが頻繁な車は避けるべき

中古輸入車の場合は、その車に「何人のオーナーが乗っていたか?」も大事なチェックポイントです。

古い車であればあるほど、乗ったオーナーが多くなることは仕方ありませんが、短期間で頻発にオーナーチェンジが行われている車は避けましょう。

短期間で頻発にオーナーが変わるということは、「その車には何かがある!?」と考えるのが自然です。

理想はワンオーナーの中古車ですが、せめてツーオーナーの中古車くらいに留めておいた方が良いでしょう。

また、もちろん一概には言えませんが、前のオーナーが女性オーナーだった場合は丁寧に乗られている場合が多いので狙い目かもしれません。

中古車の比較はこちらから↓

アフターサービスのキチンと整っている中古輸入販売店を利用すべき!

輸入車を購入するのであれば、アフターサービスのキチンと整っている販売店で購入するべきでしょう。

その理由は、輸入車と国産車の違いのひとつに、タイミングベルトなどの消耗品の交換時期が、国産車に比べて短いスパンで交換しなければならないという点があります。

また交換部品も国産車と比較して高くなっているので、中古輸入車を維持するにはどうしても国産車よりも多く維持費が掛かってしまうことは覚悟しなければなりません。

つまりは中古輸入車は、メンテナンスにお金が掛かるということです。

そして、購入するときは必ず試乗するべきだと思います。

もしも試乗を断られたり、試乗を渋るような対応をする販売店ならば、その店舗からは購入しない方が良いです。

また試乗するのであれば、雨の日や風の強い日など、敢えてコンディションの悪い日を選んで行く方が良いです。

 

まとめ

いかがだったでしょうか。中古輸入車の購入を検討する上でお役に立つのであれば幸いです。

中古車情報サイトなどを見ていると、驚くほど安い中古輸入車を多く見かけます。

しかし安すぎる中古輸入車には何かあるのです。

中古輸入車は年式や走行距離だけでは測れない部分がたくさんあります。

そういったことを踏まえた上で、中古輸入車を購入してもらえればと思います。

中古輸入車ならgoo-net(グーネット) 中古車情報 中古車検索

※絶対に損をしない!新車の値引きの裏技」をすべてを見せます!

新車を購入するなら安く買いたいですよね?

関西人の私は損をするのがイヤです。(ドケチでもあります。)

私もあなたと同じように損をせずに誰よりも安く買いたいので、いろいろ聞いたり調べてみました。

その結果は・・・

 

なんと!! 50万円値引き額が上がり、めちゃ安く買うことができたんです。

本当は値引き方法をナイショにしておこうと思ったのですが、ここまで記事を読んで頂いたお礼に、公開することにしました。

本当はは高く売れたことを自慢したいだけだったりして。。

 

・・・というわけで、

私が使った、3つの裏ワザを無料でプレゼントすることにしました。

誰でもカンタンにできる方法なので、実践して損はしません。

興味の無い方は、Yahoo!トップページに飛んでください。
https://www.yahoo.co.jp/

 

【裏ワザ1】購入候補の車よりも、安い価格帯ライバル車と競わせる!

まず、 購入候補車のライバル車を調べましょう。

 

ライバル車の選定ポイントは、 購入候補車よりも価格帯が若干低い車を選ぶことです。

そうすることで・・

「車としては 購入予定の車の方が魅力的なんですが、ライバル車(購入候補車よりも価格帯が若干低い車)の方が価格的に魅力的なので迷っているんです。」

という値引きへのアピールを意思表示できます。

そして、これから紹介する「裏技2と裏技3」の方法を使うことで、値引き交渉において、あなたが優位に立つことが出来ます。

 

【裏ワザ2】車メーカーのクレジットカードを使う!

ほとんど知られていない値引きテクとして、車メーカーのクレジットカードを使うという方法があります。

実はクレジットカードの売上も、ディーラーの成績に反映されるんですね。

ディーラーとしてはクレジットカードを使ってくれるなら、値引きしてもプラスになるので、大幅値引きが可能になります。

【裏ワザ3】無料一括査定で高額買取をしてもらう!

この中で、1番簡単で1番効果が高い方法です。

忘れがちだけど、現在乗っている愛車をそのままディーラーに下取ってもらってはいけません。

 

しっかりと他の買取店などでも見積もりを取って、下取り額を競合させましょう。

ただ、複数ある買取店で下取りを出してもらうのも、メンドクサイと思います。

そこでオススメなのが、「ネットの無料一括査定」です。

 

この方法ならカンタン3分で、あなたの車を最高額で売ることができます。

これなら、忙しいあなたでも出来ますよね。

買取査定は本当にピンきりで、最大で60万円くらい差がでることもあるそうです。

一番オススメなのが、「カーセンサーの簡単ネット査定」です。

私もこのサイトで、7年落ちのヴィッツを査定してもらったところ、50万円という見積が出てビックリしたのを覚えています。

一括見積りせずに、数万円程度で下取りに出して損しなくて本当によかったです。

ただ、疑い深い私は、あまりにも下取り価格が高かったのでいろいろ調べました。

 

どうやら高額買取してくれる店は、東南アジアに輸出してるみたいです。

だから、ボロボロの車でも、相場よりも高く買取ってくれるらしいです。

なので損したくない方は「カーセンサーの簡単ネット車査定」で、
無料一括見積りをすることをおすすめします。

最後に・・

私が調べに調べた値引きの裏ワザはいかがでしたか?

あなたも徹底的に値引きして、これからの相棒になる、新しい車を出来るだけ安く購入してくださいね。

そのはじめの一歩として、まずは車を無料一括査定してみましょう。

3分程度で、50万円もお得になる可能性がありますからね。。。

カーセンサーの簡単ネット査定の詳細はコチラ

買取額は毎日変動するので、すぐにでも査定を申し込んでおいた方がいいと思います。

翌日、10万円も買取額が下がってしまっていたら、ガッカリしますからね。

 

 

-自動車あれこれ

Copyright© 新型Car-Feeling , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.