新型Car-Feeling

新型車の徹底比較をしています!

ルノー アルピーヌ 新型 A110の口コミ評判や評価まとめ!2018【外観、内装、燃費など】

更新日:


アルピーヌ 新型 A110に対する関心が高まって来ていて、Twitterなどにも多くの評価口コミが投稿されているので、2018年に入るとますます関心が高まること間違いなしですね。

そこで、アルピーヌ 新型 A110にとても関心がある方に、外観や内装、燃費についての評判や評価をまとめましたので、お伝えします。

 

「アルピーヌ 新型 A110」外観への口コミ評判

車と言えば!見た目、外観ですよね!
これから、長く付き合う愛車となるかもしれないので、いつ見ても、飽きず、ずっと眺めていられるような素敵な外観がいいですよね!

そんなあなたにピッタリな外観を持っているのが、アルピーヌ 新型 A110です。

アルピーヌ 新型 A110の見た目についての評判や評価を聞いてみました・・・

 アルピーヌ新型A110の外観デザインは初代モデルアルピーヌA110の特徴であった4つの丸型ライトや曲面などをうまく現代的にアレンジしていますよね。

低くタイヤが大きく張り出したデザインも特徴的で、エンジンを座席後部に配置したミッドシップスポーツカーらしい窓やタイヤの配置バランス。

 高性能スポーツカーですが、最近のスポーツカーの傾向である大きな空気取り込み口や大型のエアロパーツを複数配置したデザインではなく、流麗さを持ったデザインだと思います。

初代アルピーヌA110のイメージカラーであったブルーのボディカラーも用意されていて、ホワイトも用意されているようです。

 

 フロントパンパーのした部分に赤いラインを入れたデザインなども現在のスポーツカーでは流行している外観デザインですが、アルピーヌ新型A110には赤いラインはないですね。

「アルピーヌ 新型 A110」内装への口コミ評判

 アルピーヌ新型A110の内装はミッドシップスポーツカーということもあり、独立した二人がけシートを装備した二人乗り仕様となっており、座席の後ろにエンジンがあります。

 

  メーター部分はマルチディスプレイ方式となっていて様々な表示が可能です。

さらにナビゲーションにも対応しているディスプレイも装備されており、現在のアルピーヌA110と感じられます。また、エンジンスタートボタンが装備されているところも現代的な内装と言えるでしょう。

 

 ドア付近のパネルにはボディカラーと同じ色の金属製パーツが採用されており、スポーツカーらしい雰囲気が高められています。

シートはスポーツカーに多く見られる形状とハイレベルな軽さを持っているものです。

なお、ミッドシップスポーツカーながら小型のトランクがボディ後部に用意されているため小さな荷物を積んでの旅行といった用途に使うことも出来ます。

「アルピーヌ 新型 A110」燃費についての口コミ評判

 アルピーヌ新型A110の燃費は新欧州サイクル・モード燃費で6.2L/100km、16.1km/lとされています。

この数値は欧州仕様ホンダシビックの182psエンジンのマニュアル車が欧州測定値から概算した数値が約17.4km/l近辺の数値となっており、アルピーヌ新型A110が255馬力ものハイパワーを誇っていることを考えると凄まじい低燃費であることがわかります。

なおアルピーヌ新型A110が日本に導入された場合には販売台数が非常に少ない車のため、JC08モード燃費が公表されることはないでしょう。

欧州仕様のシビックが欧州の計測で約17.4km/lの数値で、日本の燃費計測モードJC08モードでも同じ17.4km/lと数値となっていることから、アルピーヌ新型A110の推定JC08モード燃費は15.0km/lから16.5km/l程度の範囲と考えられます。

 

「アルピーヌ 新型 A110」その他の口コミ評判

これまで、燃費、外観、内装について、深く語らせていただきましたが、最後に思わず目を疑いたくなるような、魅力も少しお伝えします。

 アルピーヌ新型A110は、1.8リッターターボエンジンによって、255馬力のパワーを持ちながら、ボディが1080kgと非常に軽くなっており、0-100km/hの加速は4.5秒という強烈な加速力を誇っています。

変速機は6速マニュアルまたは7速デュアルクラッチ式自動変速機となっています。

自動変速機が選べる点は現代的といえます。

 旋回性能に特別な装備は用意されていませんが、ボディが軽いことと、エンジンの配置による重量バランスの良さ、後輪駆動であることから高い旋回性能を持っていると考えられます。

 アルピーヌ新型A110には予防安全装備・自動運転関係の装備は用意されていません。

走りを楽しむ軽くパワフルなスポーツカーという性質のため仕方のないところでしょう。

日本導入は2018年後半となっているそうで本国仕様の価格から判断して価格は750万円から850万円程度になると考えられます。

 

※絶対に損をしない!新車の値引きの裏技」をすべてを見せます!

新車を購入するなら安く買いたいですよね?

関西人の私は損をするのがイヤです。(ドケチでもあります。)

私もあなたと同じように損をせずに誰よりも安く買いたいので、いろいろ聞いたり調べてみました。

その結果は・・・

 

なんと!! 50万円値引き額が上がり、めちゃ安く買うことができたんです。

本当は値引き方法をナイショにしておこうと思ったのですが、ここまで記事を読んで頂いたお礼に、公開することにしました。

本当はは高く売れたことを自慢したいだけだったりして。。

 

・・・というわけで、

私が使った、3つの裏ワザを無料でプレゼントすることにしました。

誰でもカンタンにできる方法なので、実践して損はしません。

興味の無い方は、Yahoo!トップページに飛んでください。
https://www.yahoo.co.jp/

 

【裏ワザ1】購入候補の車よりも、安い価格帯ライバル車と競わせる!

まず、 購入候補車のライバル車を調べましょう。

 

ライバル車の選定ポイントは、 購入候補車よりも価格帯が若干低い車を選ぶことです。

そうすることで・・

「車としては 購入予定の車の方が魅力的なんですが、ライバル車(購入候補車よりも価格帯が若干低い車)の方が価格的に魅力的なので迷っているんです。」

という値引きへのアピールを意思表示できます。

そして、これから紹介する「裏技2と裏技3」の方法を使うことで、値引き交渉において、あなたが優位に立つことが出来ます。

 

【裏ワザ2】車メーカーのクレジットカードを使う!

ほとんど知られていない値引きテクとして、車メーカーのクレジットカードを使うという方法があります。

実はクレジットカードの売上も、ディーラーの成績に反映されるんですね。

ディーラーとしてはクレジットカードを使ってくれるなら、値引きしてもプラスになるので、大幅値引きが可能になります。

【裏ワザ3】無料一括査定で高額買取をしてもらう!

この中で、1番簡単で1番効果が高い方法です。

忘れがちだけど、現在乗っている愛車をそのままディーラーに下取ってもらってはいけません。

 

しっかりと他の買取店などでも見積もりを取って、下取り額を競合させましょう。

ただ、複数ある買取店で下取りを出してもらうのも、メンドクサイと思います。

そこでオススメなのが、「ネットの無料一括査定」です。

 

この方法ならカンタン3分で、あなたの車を最高額で売ることができます。

これなら、忙しいあなたでも出来ますよね。

買取査定は本当にピンきりで、最大で60万円くらい差がでることもあるそうです。

一番オススメなのが、「カーセンサーの簡単ネット査定」です。

私もこのサイトで、7年落ちのヴィッツを査定してもらったところ、50万円という見積が出てビックリしたのを覚えています。

一括見積りせずに、数万円程度で下取りに出して損しなくて本当によかったです。

ただ、疑い深い私は、あまりにも下取り価格が高かったのでいろいろ調べました。

 

どうやら高額買取してくれる店は、東南アジアに輸出してるみたいです。

だから、ボロボロの車でも、相場よりも高く買取ってくれるらしいです。

なので損したくない方は「カーセンサーの簡単ネット車査定」で、
無料一括見積りをすることをおすすめします。

最後に・・

私が調べに調べた値引きの裏ワザはいかがでしたか?

あなたも徹底的に値引きして、これからの相棒になる、新しい車を出来るだけ安く購入してくださいね。

そのはじめの一歩として、まずは車を無料一括査定してみましょう。

3分程度で、50万円もお得になる可能性がありますからね。。。

カーセンサーの簡単ネット査定の詳細はコチラ

買取額は毎日変動するので、すぐにでも査定を申し込んでおいた方がいいと思います。

翌日、10万円も買取額が下がってしまっていたら、ガッカリしますからね。

 

 

-ルノー

Copyright© 新型Car-Feeling , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.