新型Car-Feeling

新型車の徹底比較をしています!

【動画あり!】ルノー 新型メガーヌ GTの魅力的なCシェイプのヘッドランプとスポールチューンとは?

更新日:


先日、2017年10月4日、4代目となるルノーの新型メガーヌが日本で発表されました。

11月9日からの販売となります。メガーヌはCセグメントと呼ばれるカテゴリーの車両になります。

 

Cセグメントには横綱であるWゴルフを筆頭に、同郷であるプジョーの308、スウェーデンのボルボV40、国産ではトヨタ オーリス、マツダ アクセラ、スバル インプレッサなど、ざっと挙げただけでも数多くの高性能なライバルがひしめき合っているカテゴリーです。

 

この中で新型メガーヌはどんな輝きを放って誕生したのか? 特徴をご紹介したいと思います。

新型メガーヌはスポーティーなフレンチデザイン


一目見てお分かりになると思います。スポーティーなエクステリアデザイン。曲線で構成されたフォルムの中にエッジラインを取り入れ、美しさと力強さが同居しているカタチを演出しています。

 

フロントは特徴的なCシェイプのヘッドランプが目を引きます。この類を見ないデザインはお洒落なフランスならではのデザインと言えるでしょう。

 

18インチホイールの仕様はダイヤモンドカットホイールと呼ばれ、削り出しの彫刻の様な、スポーティーで力強いイメージのデザインとなっています。

 

次にインテリアを見てみましょう。メーターは先進のフルカラーの液晶モニターです。色々な走行モードを表示してくれます。

 

ほかにもシャープな形状のパドルシフトレバーやアルミペダル、アルカンタラを使用したセミバケット形状のシートなど、スポーティーに走れることを強調しています。

黒を基調とし、青の挿し色を入れているのも走りを彷彿とさせてくれますね。 さらに見逃せないのがシートのヘッドレストにあるチェッカーフラッグの刺繍。

そう、この車はルノー スポールチューンなのです!




卓越した走りを実現する「ルノースポールチューン」とは?


まず、ルノースポールとは何か?説明していきます。ルノースポールとは、ルノーのモータースポーツ部門の事です。

F1にも参戦しているので、ご存知の方もいらっしゃると思います。メーカーのモータースポーツ部門というと国内では差し詰めトヨタのGAZOO Racing、日産のニスモ、スバルのSTIといったところでしょうか。

そのルノースポールがモータースポーツで培ってきた、高い技術を市販車にフィードバックした車が新型メガーヌです。

実は本国ではルノー本社が開発したインテンス、ゼン、アクティブというグレードと、ルノースポールチューンのGTライン、GT、RSがあるのですが、日本に導入されたのはGTラインGTになります。

過去のモデルから、ルノースポールによってチューニングされたモデルの走りは、軒並み評判が高いです。

なので、走りは折り紙付きです! GTというグレードなので、乗り心地の良いのに走る・曲がる・止まるがすこぶる気持ちよいクルマになります。より走りに特化したRSは今後のお楽しみですね。

新型メガーヌGTのランディングYouTube動画がこれ!




一体感のあるコーナリングを演出する4コントロール


今回のメガーヌの売りの一つとして4コントロールという機能があります。これは4輪操舵といって、ハンドルを回すと普通はフロントのタイヤが曲がっていくのですが、4コントロールは後ろのタイヤも曲がるのです。

むかーし、日本車でも採用されていた時期がありました。懐かしい・・・。

現代のクルマである新型メガーヌは後輪操舵が電子制御され、高速ではフロントのタイヤと同じ向きにリヤタイヤも曲がり、安定かつクルマと一体感あるコーナリングを提供してくれます。

一方、低速ではフロントタイヤと逆向きにリヤタイヤが曲がり、軽快に小回りしてくれます。駐車の時やUターンの時など、とっても便利です。

いかがでしたでしょうか。新型メガーヌの魅力のごく一部ですがご紹介させていただきました。もっと知りたいという方は、ぜひとも最寄りのディーラーまで行ってみてくださいね。

※絶対に損をしない!新車の値引きの裏技」をすべてを見せます!

新車を購入するなら安く買いたいですよね?

関西人の私は損をするのがイヤです。(ドケチでもあります。)

私もあなたと同じように損をせずに誰よりも安く買いたいので、いろいろ聞いたり調べてみました。

その結果は・・・

 

なんと!! 50万円値引き額が上がり、めちゃ安く買うことができたんです。

本当は値引き方法をナイショにしておこうと思ったのですが、ここまで記事を読んで頂いたお礼に、公開することにしました。

本当はは高く売れたことを自慢したいだけだったりして。。

 

・・・というわけで、

私が使った、3つの裏ワザを無料でプレゼントすることにしました。

誰でもカンタンにできる方法なので、実践して損はしません。

興味の無い方は、Yahoo!トップページに飛んでください。
https://www.yahoo.co.jp/

 

【裏ワザ1】購入候補の車よりも、安い価格帯ライバル車と競わせる!

まず、 購入候補車のライバル車を調べましょう。

 

ライバル車の選定ポイントは、 購入候補車よりも価格帯が若干低い車を選ぶことです。

そうすることで・・

「車としては 購入予定の車の方が魅力的なんですが、ライバル車(購入候補車よりも価格帯が若干低い車)の方が価格的に魅力的なので迷っているんです。」

という値引きへのアピールを意思表示できます。

そして、これから紹介する「裏技2と裏技3」の方法を使うことで、値引き交渉において、あなたが優位に立つことが出来ます。

 

【裏ワザ2】車メーカーのクレジットカードを使う!

ほとんど知られていない値引きテクとして、車メーカーのクレジットカードを使うという方法があります。

実はクレジットカードの売上も、ディーラーの成績に反映されるんですね。

ディーラーとしてはクレジットカードを使ってくれるなら、値引きしてもプラスになるので、大幅値引きが可能になります。

【裏ワザ3】無料一括査定で高額買取をしてもらう!

この中で、1番簡単で1番効果が高い方法です。

忘れがちだけど、現在乗っている愛車をそのままディーラーに下取ってもらってはいけません。

 

しっかりと他の買取店などでも見積もりを取って、下取り額を競合させましょう。

ただ、複数ある買取店で下取りを出してもらうのも、メンドクサイと思います。

そこでオススメなのが、「ネットの無料一括査定」です。

 

この方法ならカンタン3分で、あなたの車を最高額で売ることができます。

これなら、忙しいあなたでも出来ますよね。

買取査定は本当にピンきりで、最大で60万円くらい差がでることもあるそうです。

一番オススメなのが、「カーセンサーの簡単ネット査定」です。

私もこのサイトで、7年落ちのヴィッツを査定してもらったところ、50万円という見積が出てビックリしたのを覚えています。

一括見積りせずに、数万円程度で下取りに出して損しなくて本当によかったです。

ただ、疑い深い私は、あまりにも下取り価格が高かったのでいろいろ調べました。

 

どうやら高額買取してくれる店は、東南アジアに輸出してるみたいです。

だから、ボロボロの車でも、相場よりも高く買取ってくれるらしいです。

なので損したくない方は「カーセンサーの簡単ネット車査定」で、
無料一括見積りをすることをおすすめします。

最後に・・

私が調べに調べた値引きの裏ワザはいかがでしたか?

あなたも徹底的に値引きして、これからの相棒になる、新しい車を出来るだけ安く購入してくださいね。

そのはじめの一歩として、まずは車を無料一括査定してみましょう。

3分程度で、50万円もお得になる可能性がありますからね。。。

カーセンサーの簡単ネット査定の詳細はコチラ

買取額は毎日変動するので、すぐにでも査定を申し込んでおいた方がいいと思います。

翌日、10万円も買取額が下がってしまっていたら、ガッカリしますからね。

少ない負担でどうしても新車を手に入れたいなら、

カーリースが良い選択です。

詳細はバナーをクリック!
↓        ↓

カーリースだと、車検基本料、自動車税、登録時・継続時の諸費用などが全部コミコミで、月々たったの8,000円から契約できます。

-ルノー

Copyright© 新型Car-Feeling , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.